フリップダウンモニターのおすすめ11選|【大画面でドライブを楽しむ!】

LOSKA『10.2インチデジタルフリップダウンモニター』
出典:Amazon
カーオーディオ・ライター
土田 康弘

二輪、四輪の編集部に在籍し編集者として実績を積んだ後フリーライターとして独立。クルマ関連の周辺パーツをメインにライティングを実施。その後、カーオーディオ専門誌の編集長を経験。 現在はカーオーディオ専門誌、カーオーディオ専門Web媒体での執筆を中心にオーディオライターとして活動中。オーディオユニットの持つパフォーマンスはもちろん、プロによる取り付けの現場も多数取材してきた関係から、オーディオの取り付けの重要性もよく知る。

車での長時間移動で、暇つぶしにもなるのがフリップダウンモニターですよね。大画面でテレビやDVDが楽しめるすぐれものです。車の天井に張りつけるタイプのモニターなので、圧迫感も感じません。この記事では、カーオーディオ・ライターの土田康弘さんと編集部が、フリップダウンモニターの選び方、おすすめ11選をご紹介します。


フリップダウンモニターの選び方 社内でテレビやDVDを楽しむ!

車が映された車内のモニター
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

フリップダウンモニターを選ぶポイントはどのようなものがあるのでしょうか?

車のなかでテレビやDVDを楽しむことができるフリップダウンモニターですが、アイテムによって特徴はさまざまです。サイズ感や機能だけではなく、対応している車種など選び方のポイントを確認しておきましょう。

自分の愛車にぴったりで、後部座席に乗った人が楽しめるフリップダウンモニターを選ぶために、しっかりと把握しておきたいポイントを解説いたします。自分のスタイルに合ったものを探して快適なドライブにしませんか?

自分の車に取りつけできるか確認!

走行している車内
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

せっかくフリップダウンモニターを買ったのに取り付けができない……なんてことがないように、事前に必ず確認しましょう!

フリップダウンモニターを選ぶ際にまず重要となるのは、自分の車に装着できるのかどうか、になります。フリップダウンモニターは、専用キットが必要なものとそうではないものに分かれます。

取付用のキットが必要としないならば車種を選びませんが、専用キットが必要となれば車種は限られてくるので注意です。

せっかく買っても自分の車に対応していなければ、損をしてしまうので、自分の車に取りつけ可能かを忘れずに確認をしましょう。

内装などにこだわりたい方は「専用キット商品」

内装にこだわりを持っているような方には専用キット商品がおすすめです。モニターとはまた別にいろいろとコストがかかってしまいますが、内装を自分のこだわりたいように設置できます。

取り付け時に必要な専用キットは、車種別に用意されているのが一般的です。興味のある方はぜひご確認ください。とことん内装をこだわり、気分の上がるような車にしましょう。

手軽に取りつけできる!「キット不要商品」

専用キットとは反対に、キット不要商品は取りつけ車種がとくに限られません。気軽に取りつけることができ、内装にこだわりのない方はキット不要タイプで問題ないでしょう。

また、初心者の方でも取りつけにそれほど苦労しないで済むため、専用キットに比べ、安価に抑えることができます。内装などにこだわりがなく、はじめて使用する方はキット不要の商品を選びましょう。

映像がきれいに見れるもので選ぼう

車に乗っている子ども
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

フリップダウンモニター映像がきれいだったら子どももドライブを楽しめそうですね。

せっかくフリップダウンモニターを購入するのですから、映像がどれほどきれいに映るものかもチェックしておきましょう。自分の車に取りつけられるもののなかでも、できる限りきれいな映像が楽しめるもののほうがいいですよね。

フリップダウンモニターの解像度やサイズについてまとめました。

10インチ以上がおすすめ! ミニバンなど大きい車なら15インチも

フリップダウンモニターを購入するときは、10インチ以上の大きさがベストです。天井に設置するものですから小さすぎても見づらく感じてしまうでしょう。

ミニバンなどの大きな車種の場合は、10インチでももの足りなさを感じるかもしれません。15インチ前後のフリップダウンモニターを購入すると、快適に映像を楽しむことができます。

解像度は800×480以上がおすすめ

映像のきれいさは解像度によって異なります。画面が大きくなればなるほど映像の粗さというのは目立ってしまいますので、解像度の高さというのは重要です。

フリップダウンモニターの解像度は800×480以上がベスト。それ以下のものだと映像の粗さが目立ったり、激しい動きなどがよく見えない可能性があります。

追加機能で選ぶ

昨今販売されているフリップダウンモニターは、映像だけではなく追加機能も充実しています。

それぞれの使い方や生活スタイルによってもほしい追加機能が変わってきますので、見逃さないでおきましょう。

スマホと接続できる「HDMI端子搭載型」

スマートフォンと接続して使いたいなら、HDMI端子搭載型がおすすめです。テレビやDVDなどとは別にスマートフォンを接続することで、電波さえきちんと入っていれば動画・アプリ・ゲームなどが楽しめます。

とくに最近では、youtubeなどの動画配信サービスも充実していますので、ドライブ中の暇つぶしや渋滞のときにぴったりですね。

音声を楽しむなら「FMトランスミッター対応」

音楽が好きで車のなかで音声を楽しみたい方には、FMトランスミッター対応のものがいいですよ。接続している機器の音声をカーステレオに出力して楽しむことが可能です。

FMトランスミッター対応でない場合、別途シガーソケットなどにFMトランスミッターを取りつけ、音声をFMラジオの電波に乗せカーステレオに送る必要があります。

フロントとリアモニターで映像を変えるなら「ダブルゾーン対応」

ダブルゾーン対応のものであればフロントとリアモニターで映像を変えることができますよ。通常のものは前方のモニターやナビと連動しているため、前方でカーナビなどを起動させてしまうと後方のモニターも同じ映像となってしまいます。

しかし、ダブルゾーン対応を使えば前方はナビにして後方はテレビやDVDを映して別々に楽しめるというわけです。後ろに人を乗せたり家族で出かけるときにぴったりですね。

DVD視聴がメインなら「DVDプレーヤー内蔵型」

フリップダウンモニターを使用したい目的がDVD視聴でしたら、DVDプレーヤー内蔵型がおすすめです。コード類を接続させることでDVD視聴が可能となり、前方のモニターとは一切連動しません。

ただし、注意していただきたいのは、前方のモニターではDVD視聴ができなくなる点です。

車内環境をよくしたいなら「プラズマクラスター搭載型」

車内環境に気を配りたい方には、プラズマクラスター搭載型をおすすめします。空気を除菌してくれる機能のことで、プラズマクラスター異音を放出し車内の空気環境を改善してくれるのです。

たばこなどのにおいが残ってしまう付着臭を分解してくれる効果もあるので、車に乗る方のなかに喫煙者がいた場合あったほうが便利ですね。ただしコストがかかる傾向があります。

価格で選ぶ

どのような機能が搭載されているのかによって、フリップダウンモニターの価格はかなり変わってきます。上記でご紹介したプラズマクラスター搭載型などは、コストがやや高めです。

それほど使用頻度が高くないなら安価なものでもいいでしょう。自分の生活スタイルと合わせて価格から選ぶのも重要ですよね。せっかく高いものを買っても使わなくては意味がありませんから、価格も重要視してください。

対応メディアが何か確認する カーオーディオライターからのアドバイス

カーオーディオ・ライター

後席のエンタメ性能を一気に高めるフリップダウンモニターですが、注目したいポイントは対応メディアです。

DVD再生に加え、スマホ接続を前提としたHDMI入力を備えていれば、後席の乗員が自分のスマホを接続してYouTubeなどを試聴することも可能ですよ。

また接続するナビとフリップダウンモニターで別メディアが再生できるダブルゾーンもほしい機能でしょう。

フリップダウンモニターのおすすめ11選

数あるフリップダウンモニターのなかからぜひ見比べていただきたいおすすめをご紹介いたします。

それぞれの特徴やおすすめポイントなどを詳しくまとめました。

カーオーディオ・ライター

『RSA10S-L-B』は、アルパインのスタンダードモデルですが、同社のナビと組み合わすことが可能。

前席のナビでは音楽再生など、後席のリアビジョンではDVD再生と、前後で別メディアの再生ができるダブルゾーンが利用できるのがファミリーユースには便利です。

ALPINE『RSA10S-L-B』

ALPINE『RSA10S-L-B』 ALPINE『RSA10S-L-B』 ALPINE『RSA10S-L-B』 ALPINE『RSA10S-L-B』 ALPINE『RSA10S-L-B』 ALPINE『RSA10S-L-B』

出典:Amazon

画面サイズ 10.1型
画質 WSVGA(1024×600px)
FMトランスミッター -
端子 -
モニター部開閉角 175度
電圧 DC14.4V
備考 -

お子さまの長時間視聴対策になる休憩モード搭載

見た目にもこだわりたい方向けです。連続的な長時間視聴を予防する休憩モードを搭載していて、お子さまのいるご家庭にもぴったり。見た目も美しくインテリアと一体となった洗練されたデザインで見逃せません。

リアビジョンリンクにも対応しています。別売りのリモコンがあれば、リアビジョンから目的地やルートの設定をおこなうナビ操作も可能です。

取りつけには車種専用の取りつけキットが必要となるため、対応した車種かどうかも確認してくださいね。

カーオーディオ・ライター

ALPINE『PXH12X-R-B』は、フリップダウンモニターを数多くラインアップするアルパインの上位モデル。

高画質(WXGA)に加え、ALPINEプラズマクラスターなどほとんどの便利機能を備えた充実モデルです。最上級の使い勝手を求めるユーザーにおすすめ。

ALPINE『PXH12X-R-B』

ALPINE『PXH12X-R-B』 ALPINE『PXH12X-R-B』 ALPINE『PXH12X-R-B』 ALPINE『PXH12X-R-B』 ALPINE『PXH12X-R-B』 ALPINE『PXH12X-R-B』 ALPINE『PXH12X-R-B』 ALPINE『PXH12X-R-B』

出典:Amazon

画面サイズ 12.8型
画質 WXGA(1,280X 720px)
FMトランスミッター -
端子 HDMI
モニター部開閉角 173.5度
電圧 DC14.4V
備考 プラズマクラスター搭載

色鮮やかな映像とプラズマクラスターで上質な空間に

プラズマクラスター搭載型のフリップダウンモニター。車内の空気をきれいにしてくれるプラズマクラスターを搭載し、車内環境が気になる方に向いています。ARコーティングで色鮮やかな映像が楽しめるのも見逃せません。

スマホやネットの動画も楽しめる汎用型で、家族とつながりながらそれぞれの好きなコンテンツが楽しめます。静電気を抑える効果もあり、花粉が衣服に付着するのを防ぎます。

カーオーディオ・ライター

Pioneer『TVM-FW1100-B』は、専用取りつけキットを用意しているのでスマートな設置が可能なのが魅力でしょう。

LEDイルミを備えるなど、インテリアのドレスアップにも効果があるモデルです。WXGAの高解像度映像も魅力ですね。

Pioneer(パイオニア)『TVM-FW1100-B』

Pioneer(パイオニア)『TVM-FW1100-B』 Pioneer(パイオニア)『TVM-FW1100-B』 Pioneer(パイオニア)『TVM-FW1100-B』 Pioneer(パイオニア)『TVM-FW1100-B』 Pioneer(パイオニア)『TVM-FW1100-B』

出典:Amazon

画面サイズ 11.6V型
画質 XGA(1366×768px)
FMトランスミッター -
端子 HDMI、RCA
モニター部開閉角 180度
電圧 DC14.4V
備考 8連ホワイトLEDルームランプ

輝度を自動調整してくれていつでも快適に楽しめる

パイオニアのカーナビ、車内AV機器ブランドであるカロッツェリアから出ているフリップダウンモニター。

車種別に専用キットがあり、内装に違和感なく取りつけられます。内装やデザイン性にこだわりのある方は必見です。

また、車内の明るさに応じて輝度を自動調整してくれる点も見逃せません。

ナビはもちろんですが、HDMIにも対応しているので、さまざまな映像を楽しむことができるでしょう。他社製品のカーナビへの接続も可能なため、よりドライブが充実します。

LOSKA『12.1インチデジタルフリップダウンモニター』

LOSKA『12.1インチデジタルフリップダウンモニター』 LOSKA『12.1インチデジタルフリップダウンモニター』 LOSKA『12.1インチデジタルフリップダウンモニター』 LOSKA『12.1インチデジタルフリップダウンモニター』 LOSKA『12.1インチデジタルフリップダウンモニター』 LOSKA『12.1インチデジタルフリップダウンモニター』 LOSKA『12.1インチデジタルフリップダウンモニター』 LOSKA『12.1インチデジタルフリップダウンモニター』

出典:Amazon

画面サイズ 12.1型
画質 1280×800px
FMトランスミッター -
端子 HDMI、MicroSD
モニター部開閉角 180度
電圧 -
備考 LEDルームライト搭載

全視野だからどの角度からも綺麗な映像が楽しめる

高画質できれいな映像が楽しめるフリップダウンモニターです。全視野だからどの角度から見ても同じようにきれいにみえるのがポイントになります。また、高精細映像が車のなかでも感動を際立たせてくれます。

1280×800pixelで、大画面の12.1インチ。より鮮やかな美しい映像を車のなかで楽しみましょう。すぐ飽きてしまうお子さまの退屈しのぎのほか、大渋滞の暇つぶしにぴったりですよ。

LOSKA『10.2インチデジタルフリップダウンモニター』

LOSKA『10.2インチデジタルフリップダウンモニター』 LOSKA『10.2インチデジタルフリップダウンモニター』 LOSKA『10.2インチデジタルフリップダウンモニター』 LOSKA『10.2インチデジタルフリップダウンモニター』 LOSKA『10.2インチデジタルフリップダウンモニター』 LOSKA『10.2インチデジタルフリップダウンモニター』 LOSKA『10.2インチデジタルフリップダウンモニター』 LOSKA『10.2インチデジタルフリップダウンモニター』

出典:Amazon

画面サイズ 10.2型
画質 1024×600px
FMトランスミッター
端子 HDMI、MicroSD
モニター部開閉角 180度
電圧 -
備考 -

いろんな車に対応! ルームランプとしても

ルームランプとしても活躍してくれるフリップダウンモニターです。サイドについたブルーのイルミネーションは、両方同時またはどちらか一方ずつの点灯もできます。

HDMI端子が搭載されていて、スマートフォンなどの対応機器をつなげば動画の視聴、大画面でゲームをプレイしたりなどの楽しみ方も可能です(※「HDMIケーブルは別売りです)。

そのほか、microSDカードにも対応、ビデオカメラなどのデジタル映像機器を直接つなぐこともできますよ。

ALPINE『RXH12X2-L-B』

ALPINE『RXH12X2-L-B』 ALPINE『RXH12X2-L-B』 ALPINE『RXH12X2-L-B』 ALPINE『RXH12X2-L-B』 ALPINE『RXH12X2-L-B』 ALPINE『RXH12X2-L-B』 ALPINE『RXH12X2-L-B』 ALPINE『RXH12X2-L-B』 ALPINE『RXH12X2-L-B』 ALPINE『RXH12X2-L-B』

出典:Amazon

画面サイズ 12.8型ワイド
画質 WXGA(1280×720px)
FMトランスミッター -
端子 HDMI
モニター部開閉角 173.5度
電圧 DC14.4V
備考 -

迫力の大画面! HDMI対応で楽しみ方いろいろ

HDMI接続対応でさまざまな楽しみ方ができます。視野角の広い「スーパーマルチアングル液晶」を採用しており、座席のどの位置からでも問題なく視聴できるため、迫力ある大画面で、お子さまの退屈しのぎにもぴったりです。

液晶パネルには「ARコーティング」を採用していて、反射やにじみを抑え、映像の美しさに力を注いでいます

また、前席では音楽を聴きながら後席ではyoutubeを見るなどもできるので、それぞれ別の楽しみ方ができるのもポイントです。

(※ご利用の際は、対応するアルパインカーナビを接続してください)

DRIVE WORLD『フリップダウンモニター』

DRIVEWORLD『フリップダウンモニター』 DRIVEWORLD『フリップダウンモニター』 DRIVEWORLD『フリップダウンモニター』 DRIVEWORLD『フリップダウンモニター』 DRIVEWORLD『フリップダウンモニター』 DRIVEWORLD『フリップダウンモニター』 DRIVEWORLD『フリップダウンモニター』 DRIVEWORLD『フリップダウンモニター』 DRIVEWORLD『フリップダウンモニター』

出典:Amazon

画面サイズ 12.1型
画質 WXGA(1280×800px)
FMトランスミッター -
端子 HDMI、MicroSD
モニター部開閉角 160度
電圧 DC12V
備考 ルームランプ搭載

スリムデザインで使っていないときも邪魔にならない

microSDカード対応のHDMI接続可能なフリップダウンモニターです。スリムデザインで、使っていないとき邪魔にならないのが注目のポイントでしょう。

青いルームランプ搭載が雰囲気作りもなり、雰囲気を重視したい方には見逃せません。

モニター部分は約160度まで開閉でき、12V電源の普通車に対応しています。スタイリッシュでかっこよさをもたらすので、デザイン性にもこだわりたい方はぜひチェックしておきましょう。

EONON『フリップダウンモニター』

EONON『フリップダウンモニター』 EONON『フリップダウンモニター』 EONON『フリップダウンモニター』 EONON『フリップダウンモニター』 EONON『フリップダウンモニター』 EONON『フリップダウンモニター』 EONON『フリップダウンモニター』

出典:Amazon

画面サイズ 10.1型
画質 WSVGA(1024×600px)
FMトランスミッター -
端子 -
モニター部開閉角 180度
電圧 DC11~14V
備考 -

赤外線ヘッドホンを使えばワイヤレスで音声を間近に

180度展開できて寝ながらでも楽しめます。赤外線ヘッドホンを使えばワイヤレスで音声を楽しむこともできますよ。

タッチパネルにも対応していますが、ボタンは上部にあるため、お子さまが誤って操作してしまう心配もありません。

操作音がなるため、わかりやすく操作が可能です。全体が丸みを帯びた形状をしていて、万が一お子さまなどぶつかってしまっても安全なのがうれしいですね。

内臓のブルーライトをつけると映画館のような気分が楽しめます。

液晶王国『DVD内蔵フリップダウンモニター』

液晶王国『DVD内蔵フリップダウンモニター』 液晶王国『DVD内蔵フリップダウンモニター』 液晶王国『DVD内蔵フリップダウンモニター』 液晶王国『DVD内蔵フリップダウンモニター』 液晶王国『DVD内蔵フリップダウンモニター』 液晶王国『DVD内蔵フリップダウンモニター』 液晶王国『DVD内蔵フリップダウンモニター』 液晶王国『DVD内蔵フリップダウンモニター』 液晶王国『DVD内蔵フリップダウンモニター』

出典:Amazon

画面サイズ 15.6型
画質 WXGA(1366×768px)
FMトランスミッター
端子 USB、SD、HDMI
モニター部開閉角 130度
電圧 DC12V
備考 ルームランプ搭載

お気に入りのDVDを見ながら素敵なドライブ空間を

お手持ちのお気に入りDVDも車の中で視聴できます。車のラジオから直接音声を流すことができる、FMトランスミッター搭載な点も見逃せません。

大迫力の大画面は、後部座席がまるでシアタールームにのように早変わりします。

1366×768pixelの高解像度があるため。、映像が乱れることもありません。きめこまやかな映像を楽しめるでしょう。

USBやSDカードスロットルも搭載されているので、DVDだけではなくデータの再生もできます。

XTRONS『C28M156HD』

XTRONS『C28M156HD』 XTRONS『C28M156HD』 XTRONS『C28M156HD』 XTRONS『C28M156HD』 XTRONS『C28M156HD』 XTRONS『C28M156HD』 XTRONS『C28M156HD』 XTRONS『C28M156HD』

出典:Amazon

画面サイズ 15.6型
画質 1920×1080px
FMトランスミッター
端子 HDMI、USB、SD
モニター部開閉角 180度
電圧 DC12V
備考 -

大画面と超高画質で圧巻の臨場感が楽しめる

超高画質で圧巻の臨場感が楽しめます。ドアの開閉に連動したルームランプが、夜間の乗り降りにも便利ですね。

最新の15.6インチ超薄型のフリップダウンモニターで、臨場感のある映像をドライブで楽しめます

1920×1080pixelの高解像度があり、映像にも申し分ありません。HDMIだけではなくmicroSDカードやUSBも対応しています。タッチボタンはグリーンに光り、使い心地も快適です。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
ALPINE『RSA10S-L-B』
ALPINE『PXH12X-R-B』
Pioneer(パイオニア)『TVM-FW1100-B』
LOSKA『12.1インチデジタルフリップダウンモニター』
LOSKA『10.2インチデジタルフリップダウンモニター』
ALPINE『RXH12X2-L-B』
DRIVE WORLD『フリップダウンモニター』
EONON『フリップダウンモニター』
液晶王国『DVD内蔵フリップダウンモニター』
XTRONS『C28M156HD』
商品名 ALPINE『RSA10S-L-B』 ALPINE『PXH12X-R-B』 Pioneer(パイオニア)『TVM-FW1100-B』 LOSKA『12.1インチデジタルフリップダウンモニター』 LOSKA『10.2インチデジタルフリップダウンモニター』 ALPINE『RXH12X2-L-B』 DRIVE WORLD『フリップダウンモニター』 EONON『フリップダウンモニター』 液晶王国『DVD内蔵フリップダウンモニター』 XTRONS『C28M156HD』
商品情報
特徴 お子さまの長時間視聴対策になる休憩モード搭載 色鮮やかな映像とプラズマクラスターで上質な空間に 輝度を自動調整してくれていつでも快適に楽しめる 全視野だからどの角度からも綺麗な映像が楽しめる いろんな車に対応! ルームランプとしても 迫力の大画面! HDMI対応で楽しみ方いろいろ スリムデザインで使っていないときも邪魔にならない 赤外線ヘッドホンを使えばワイヤレスで音声を間近に お気に入りのDVDを見ながら素敵なドライブ空間を 大画面と超高画質で圧巻の臨場感が楽しめる
画面サイズ 10.1型 12.8型 11.6V型 12.1型 10.2型 12.8型ワイド 12.1型 10.1型 15.6型 15.6型
画質 WSVGA(1024×600px) WXGA(1,280X 720px) XGA(1366×768px) 1280×800px 1024×600px WXGA(1280×720px) WXGA(1280×800px) WSVGA(1024×600px) WXGA(1366×768px) 1920×1080px
FMトランスミッター - - - - - - -
端子 - HDMI HDMI、RCA HDMI、MicroSD HDMI、MicroSD HDMI HDMI、MicroSD - USB、SD、HDMI HDMI、USB、SD
モニター部開閉角 175度 173.5度 180度 180度 180度 173.5度 160度 180度 130度 180度
電圧 DC14.4V DC14.4V DC14.4V - - DC14.4V DC12V DC11~14V DC12V DC12V
備考 - プラズマクラスター搭載 8連ホワイトLEDルームランプ LEDルームライト搭載 - - ルームランプ搭載 - ルームランプ搭載 -
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年7月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月28日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする フリップダウンモニターの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのフリップダウンモニターの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:車載用フリップダウンモニターランキング
楽天市場:フリップダウンモニターランキング
Yahoo!ショッピング:フリップダウンモニターランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

フリップダウンモニターは自分で取りつけできるか

車の後部座席
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

フリップダウンモニターを自分で取りつける場合は注意が必要です!

フリップダウンモニターを自分で取りつけできる方は問題ありませんが、取りつけを頼む場合には注意が必要です。

ディーラー(※)に頼む場合、たとえば同じトヨタであっても、持ち込み部品を取りつけてくれるかどうかはお店次第です。これはカーショップでも変わりません。

このため、最寄りのディーラーやカーショップに、取りつける部品やキットの内容を事前に説明し、取りつけしてもらえるか確認してから購入するようにしましょう。

※特定の自動車メーカーと契約を結び、販売やメンテナンスをする業者です。

そのほかの関連商品

1台あれば保温と保冷のどちらにも対応できる「ポータブル冷温庫」。電源方式によっては自宅に限らず、アウトドアや車内でも利用することができます。そんな、ポータブル冷温庫ですが、容量や保温・保冷温度が商品によって異なります。そこで、ポータブル冷温庫の選び方のポイント、おすすめ商品を IT・家電ジャー...

カージャーナリストの松村 透さんに、車載用空気清浄機の選び方とおすすめ8選を教えていただきました。窓やドアを開け閉めしたり、走行中にベンチレーターから外気を取り入れたりして、クルマのなかは意外と空気が汚れているもの。せっかくなら車内の空気をキレイにして快適に移動したいですよね。この記事では、カ...

チャイルドシートに長時間赤ちゃんや子どもを座らせていると、汗のむれやあせもが気になる人も多いのではないでしょうか。赤ちゃんや子どもを座らせるときに、チャイルドシート用汗取りマットを使うと過ごしやすくなるでしょう。本記事では、チャイルドシート用汗取りマットの上手な選び方とおすすめ商品を、自動車生...

カージャーナリストの松村 透さんに自動車ドライバー向けクッションのおすすめ商品10点と、プロが着目する選び方のポイント4つをうかがいました。自動車の運転中に体をホールドする、腰痛持ちの方であれば腰への負担を軽減してくれる、ドレスアップやかっこいいファッションアイテムとして車内に置きたいなど、幅...

自家用車の車内での喫煙に欠かせない車用の灰皿。最近は、標準装備として車用灰皿がつかない車も多いようです。明るいLEDライト付きのもの、蓋と本体が密着しニオイ漏れを抑える密閉機能があるもの、詰まり防止機能がある火消し穴などの各機能はもちろん、カップホルダーで使うドリンクホルダー型タイプ、スペース...

長距離ドライブが待ち遠しくなる!

今回はフリップダウンモニターの選び方やおすすめ商品をご紹介しました。気になる商品は見つかりましたか?

映画やテレビのほか音楽やゲーム、動画などさまざまな楽しみ方があります。本記事を参考にどういった目的で使用したいのかを把握しつつ、選び方をしっかり見てあなたにぴったりのフリップダウンモニターを見つけてみてください。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


車用防犯ブザーおすすめ6選| 振動センサー・大音量・誤作動対策がされた商品も紹介

車用防犯ブザーおすすめ6選| 振動センサー・大音量・誤作動対策がされた商品も紹介

カーアラームとも呼ばれる「車用防犯ブザー」。車上狙いや盗難から車を守ってくれる頼もしいアイテムですが、センサーの種類や機能、対応車種が多彩なので選び方が難しいところです。そんな車用防犯ブザーの選び方とおすすめ商品を、防犯アドバイザーの京師美佳さんに取材しました。ぜひ参考にして愛車を守るための車用防犯ブザーを見つけてください。


エンジンスターターおすすめ10選|夏場の暑い日でも涼しい車に乗り込める!

エンジンスターターおすすめ10選|夏場の暑い日でも涼しい車に乗り込める!

遠隔でクルマのエンジンをかけられるため、冬場は事前にクルマを温められ、夏場は事前に車内を冷やせる……そんな便利なエンジンスターターですが、自動車メーカーやモデル専用品と汎用品があるので商品を選ぶときには注意が必要です。本記事では、カージャーナリストの松村 透さんへの取材をもとに、エンジンスターターの選び方とおすすめ商品をご紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


ドライブレコーダーおすすめ人気ランキング16選|信頼できるドラレコの選び方も紹介

ドライブレコーダーおすすめ人気ランキング16選|信頼できるドラレコの選び方も紹介

クルマにドライブレコーダーを装置する方が増えている一方、有名・無名さまざまなメーカーからドライブレコーダーが発売されており「どれを選べばよいか?」の判断が難しい状況です。本記事では、初めてドライブレコーダーを購入するという方に向け、家電流通のプロ・近藤克己さんとへの取材のもと、撮影範囲別のおすすめドライブレコーダーをご紹介いたします。また、人気メーカーや近年流行しているミラー型まで、各ドラレコの解説と失敗しない選び方もご紹介いたします。初めて購入する方でも確実に分かる内容なので、ぜひ確認してください。


タイヤワックスおすすめ11選|強力洗浄剤入りや合成ゴム配合品まで幅広く紹介

タイヤワックスおすすめ11選|強力洗浄剤入りや合成ゴム配合品まで幅広く紹介

タイヤのツヤだしが期待できるタイヤワックスは、ただ光沢を得られるだけでなく、タイヤをコーティングすることにより、オゾンや紫外線が原因の劣化を防ぐ役割も。そんな便利なタイヤワックスですが、特徴をよく理解して使用しないと後にトラブルの要因となることがあります。この記事では、フリーエディター&SUV生活研究家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめ商品をご紹介。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


カーセキュリティおすすめ7選|人気のユピテル製ほか、車上荒らし・盗難対策に

カーセキュリティおすすめ7選|人気のユピテル製ほか、車上荒らし・盗難対策に

クルマの防犯対策に欠かせないカーセキュリティ。警報、アラーム通知、ハンドルロック、ホイールロック、タイヤロックなどいろいろな機能があるため、どれが自分に必要で適切なのか判断のむずかしい商品でもあります。この記事では、カージャーナリストの松村 透さんへの取材をもとに、カーセキュリティの必要性、選び方とおすすめ商品をご紹介します。自分のクルマに合うカーセキュリティで、しっかり自衛しましょう!


関連するブランド・メーカー


Pioneer(パイオニア)

新着記事


ファッションアイテム感覚で持ち歩きたい! シャーペン『ジョッター』のおしゃれさや魅力を検証レビュー

ファッションアイテム感覚で持ち歩きたい! シャーペン『ジョッター』のおしゃれさや魅力を検証レビュー

『ジョッター』は、英国王室御用達(ロイヤルワラント)の称号をふたつも獲得する高級筆記具ブランド「パーカー」のコレクションのひとつ。万年筆やボールペンだけでなく、シャーペンもラインナップされています。「パーカー」の象徴である矢羽をモチーフにしたクリップをそなえたシャーペンは、上質な雰囲気でスタイリッシュ。特別感があって、所有するよろこびを感じさせてくれます。しかも、1,000円台で販売されており手を出しやすいのがうれしいところ。本記事では、『ジョッター』のシャーペンを実際に試したレビューをご紹介していきます。手に取ってみないと分からない持ち心地や書き心地もくわしく見ていくので、ぜひ記事を読んで購入の参考にしてくださいね。


コスパ良しのフェイスパウダー!『キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー』のカバー力を徹底検証

コスパ良しのフェイスパウダー!『キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー』のカバー力を徹底検証

フェイスパウダーは、ベースメイクの仕上げに欠かせないアイテムのひとつ。たくさんの種類のアイテムがあり、カバー力やキープ力などその特徴もさまざまです。そこで今回は、プチプラコスメの『マシュマロフィニッシュパウダー』をご紹介。カバー力や使い心地などについて、徹底検証してみました!


汗に強いフェイスパウダー「チャコット フィニッシングパウダー」キープ力など人気の秘密を徹底検証

汗に強いフェイスパウダー「チャコット フィニッシングパウダー」キープ力など人気の秘密を徹底検証

メイクの仕上がりを左右するといっても過言ではない、フェイスパウダー。選ぶアイテムによって仕上がる肌の質が異なり、販売されている種類もさまざまです。そこで今回は、汗に強くキープ力が高いと評価されているチャコットの『フィニッシングパウダー』をご紹介。カバー力や使用感などの評価について、実際に検証してみました。ぜひ参考にしてみてください。


【2021】『クオバティス手帳』はビジネスシーンで使いやすい? 徹底レビューしてみました!

【2021】『クオバティス手帳』はビジネスシーンで使いやすい? 徹底レビューしてみました!

2021年度の手帳をどうしようかいろいろ情報収集していくなかで、よく見かける「クオバディス」のビジネス手帳。海外製の手帳で自分に合っているのかどうか不安に思っていたり、どのように使えばいいのかわからず購入をためらっている人もいるのではないでしょうか。そこで、ここでは『クオバディス手帳』の「ビジネスプレステージ・クラブ」を実際に購入したので、カバーの質感や気になる手帳の中身を、写真を交えながら徹底レビューします。『クオバディス手帳』の中身や機能性が気になる人は、当記事を参考にしてみてくださいね。


乾燥性敏感肌のための保湿ケア『キュレル 潤浸保湿 フェイスクリーム』ベタつきのない軽やかな使い心地を検証レビュー

乾燥性敏感肌のための保湿ケア『キュレル 潤浸保湿 フェイスクリーム』ベタつきのない軽やかな使い心地を検証レビュー

毎日のスキンケア。保湿力が高くても、なかには肌トラブルを起こしてしまう刺激の強いものもあり、購入したものの肌に合わず使用を中止した経験がある方もいるのではないでしょうか。とくに敏感肌の方などは、スキンケアのアイテム選びはなかなか難しいですよね。そんな方におすすめなのが、乾燥性敏感肌のためにつくられた『キュレル 潤浸保湿 フェイスクリーム』。肌へのやさしさを考慮しつつも、しっとり保湿し軽やかな使い心地が魅力の保湿クリームですが、なかには残念なレビューも。この記事では、実際に使って、商品の特徴や使用感を詳しく検証。気になっているけど購入を迷っているという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


自動車・バイクの人気記事


>>もっと見る