電池チェッカーおすすめ10選|電池残量がすぐにわかる・充電池対応の商品も

パナソニック 電子チェッカー FF991P-W
出典:Amazon
プロの家電販売員 兼 家電・ITライター
たろっさ

家電量販店、家電情報ブログ「家電損をしない買い方をプロの販売員が教えます」を運営するプロの現役家電販売員。 学生時代から家電に対する並々ならぬ興味を持ち、アルバイトを経てそのまま家電量販店の道へと進んで15年弱。 個人で年間2億円を売り上げ、数々の法人内コンテスト等で表彰された経験を持っています。 家電アドバイザーの資格を有し、家電と名の付く物全てに精通しています。家電で分からないことはありません。 現在は家電ライターの業務も通して「全ての人が平等に良い家電に巡り会える機会の提供」に尽力しています。

使っている電子機器が動かなくなって、故障か電池切れかわからないとき、買い置きをしてある電池のパフォーマンスを確認したいときに重宝するのが「電池チェッカー」です。使い方はいたってシンプル。ひとつもっていると電池を有効に活用でき、節約にもなります。ここでは、家電販売員のたろっささんに教えていただいた選び方のポイントと、編集部とともに選んだおすすめの商品を紹介します。通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


電池チェッカーとは 残量や自然放電の有無を確認、電池を使い切る

電池のチェッカー兼充電器
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

インジケーター(アナログ式・デジタル式)はバッテリー残量が目で見えるので無駄をなくすことができます。電池チェッカーを使って電池を有効に使いましょう。

電池チェッカーとは、乾電池やボタン電池の残量をひと目で確認できる機器です。電池チェッカーで残量を確認すれば、電池を最後まで無駄なく使い切ることが可能になります。これまで「もう使えないだろう」と判断して捨てていた電池が、有効に使えるようになって節約にもつながります。

電池チェッカーの選び方 タイプ、表示形式、対応電池、使い勝手など

電池と一緒に買っておくと便利な電池チェッカーですが、製品ごとにいろいろな特徴があります。まずは、どのタイプの電池を測定したいのかを明確にしてください。

さらに、電池交換が不要なタイプ、デジタル表示で正確な電池残量がわかるものなど、使いやすさに直結する大切なポイントもイメージして選んでみましょう。

電池チェッカーのタイプで選ぶ エコタイプと電池内蔵タイプのちがい

内蔵電池不要でメンテナンスいらずのエコタイプや、より正確な残量を測定できる電池内蔵タイプなどがあります。それぞれ長所や短所がありますので使い方によって便利なほうを選びましょう。

エコタイプ

エコタイプと呼ばれるものは、本体の電池が不要で、測定したい電池自体の電力で作動する便利さが魅力です。電池交換の必要がなく手軽に使えるので、家庭用にもおすすめです。

電池タイプ

こちらのタイプは、内蔵されている電池の電力で測定します。電池交換が必要なものや使い切りタイプのものがあり、コストはかかりますが、エコタイプよりも正確に電池の残量を計測できます。お仕事で使う場合やオフィスでの備品に向いています。

表示形式から選ぶ アナログ表示、デジタル表示、ランプ表示

電池の残量のわかりやすさはもっとも重要なポイントになります。どの程度の正確性が必要なのか、また自分が見やすい表示形式なのかを考えて選びましょう。

アナログ表示

Good、Low、Replaceなどに色分けされた表示板に針が振れて、残量を確認することができます。どのくらいの残量があるのかわかりやすいのが特徴です。

デジタル表示

残量を数値でわかりやすく表示します。正確な数値を確認できて、電池を最後まで有効活用できます。

ランプ表示

ランプが点灯することで、「使えます」「少し使えます」「使えません」のように、おおよその電池の状態を知ることができます。大まかな残量がわかればじゅうぶんという方におすすめ。

対応している電池の種類から選ぶ ボタン電池、コイン電池、充電池、リチウム電池など

電池にはたくさんの種類があります。単1や単2、単3タイプの 乾電池や四角い形状をした9V電池の006P型、ボタン電池までさまざま。さらにボタン電池のなかでも種類が分かれています。

電池チェッカーによっては、対応できないものもあるので、購入前に必ず確認しましょう。

ボタン電池やコイン電池などに対応しているか

ボタン電池と呼ばれるものには、CR型番のリチウムコイン電池、SR型番の酸化銀電池、LR型番のアルカリボタン電池があります。

ボタン電池対応機種には、同じ形状でもリチウムコイン電池に対応していない場合があります。

充電池に対応しているか

充電池は使い捨て乾電池とは性能が違うので、たとえチェッカーに設置できたとしても測定できないことがあります。充電池の測定をしたい方は、対応しているかどうかを購入前に必ず確認しましょう。

リチウム電池に対応しているか

ボタン電池と呼ばれるものには、SR型番の酸化銀電池、LR型番のアルカリボタン電池、CR型番のリチウムコイン電池があります。ボタン電池対応機種のなかには、同じ形状に見えてもリチウムコイン電池に対応していない場合があります。

現在、リチウムコイン電池を使用している機械はとても多いので、ボタン電池対応機種を選ぶときにはリチウムコイン電池に対応しているかどうかもポイントになります。

計測できる電圧の上限を確認

一般的な単1~単5電池の電圧は1.5Vと低いですが、ボタン電池のなかには、スマートキーや小型電子ゲーム用に使われる電圧3Vの電池もあります。またラジコンなどで使う006P型は9Vです。上限電圧を必ずチェックしましょう。

使い勝手から選ぶ コンパクトなものが使いやすい

使いたいときにサッと取り出してかんたんにチェックしたい方は、コンパクトで軽量、そして電池が不要でメンテナンスがらくなタイプがおすすめ。

オフィスで使用する場合は、より正確な残量がわかるデジタルタイプで持ち運びにも保管にも便利な、コンパクトサイズのものがいいでしょう。

電池残量の正確性と携帯性が重要 家電販売員からのアドバイス

プロの家電販売員 兼 家電・ITライター

どの程度正確に電池残量を知る必要があるか、携行性が高いかどうかというところの2点がとくに重要です。電池はバッテリーが摩耗してくると使用できない家電が多数ありますが、なかにはワイヤレスマウスなどの少ない電力で使用できるものもあります。賢く電池を使い切りたいのであれば、できるだけ正確に残量を計測できるものがいいでしょう。

携行性はサッと取り出して使えるかどうか。あまり大がかりだと部屋のオブジェになりかねませんので、利便性もあわせて考えるようにしましょう。

電池チェッカーのおすすめ|多種対応タイプ 幅広い電池に対応!

職場や家庭で使用している電池の種類はさまざまです。乾電池のほかにもボタン電池や、趣味でラジコンや音楽機器を使う方は、四角い6P型の電池も測定できると便利ですね。できるだけ多くの種類の電池に対応した商品を選ぶと使い方の幅も広がります。

プロの家電販売員 兼 家電・ITライター

enevolt basic『ユニバーサル電池チェッカー(3R-CHR01)』は、コスパと機能性にすぐれた電池チェッカーです。基本の乾電池はもちろんのこと、対応電圧が高いため006P型や3Vのボタン電池など幅広い電池に対応しているのが大きな特徴。

インジケーター表示で直感的にどれだけ残っているのかということがわかりやすくなっています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

enevolt basic『ユニバーサル電池チェッカー(3R-CHR01)』

enevoltbasic『ユニバーサル電池チェッカー(3R-CHR01)』 enevoltbasic『ユニバーサル電池チェッカー(3R-CHR01)』 enevoltbasic『ユニバーサル電池チェッカー(3R-CHR01)』 enevoltbasic『ユニバーサル電池チェッカー(3R-CHR01)』 enevoltbasic『ユニバーサル電池チェッカー(3R-CHR01)』 enevoltbasic『ユニバーサル電池チェッカー(3R-CHR01)』 enevoltbasic『ユニバーサル電池チェッカー(3R-CHR01)』

出典:Amazon

測定対象電池1.5V 単1~単5 、1.5Vボタン電池、 3Vボタン電池 、006P型、2CR5、CR-P2 ほか
表示方法 デジタル
本体サイズ(重量) (約)幅88×奥行23×高さ132mm(約102g)

10種類以上の電池の測定が可能

シンプルで使いやすい電池チェッカー。測定したい電池をそれぞれのスロットに差し込むだけ。デジタルで見やすいインジケーター式の段階表示で、電池の状態がひと目でわかります。

1.5V、3Vといったボタン電池にも幅広く対応しているので、一台備えておくと新品と使用済みの電池がごちゃまぜになったときや買いだめしておいた電池の整理にも大活躍してくれます。

SMILE KIDS『デジタル電池チェッカーII(ADC-07)』

SMILEKIDS『デジタル電池チェッカーII(ADC-07)』 SMILEKIDS『デジタル電池チェッカーII(ADC-07)』 SMILEKIDS『デジタル電池チェッカーII(ADC-07)』 SMILEKIDS『デジタル電池チェッカーII(ADC-07)』 SMILEKIDS『デジタル電池チェッカーII(ADC-07)』 SMILEKIDS『デジタル電池チェッカーII(ADC-07)』

出典:Amazon

測定対象電池1.5V 単1~単5 、1.5Vボタン電池
表示方法 デジタル
本体サイズ(重量) 幅69×奥行16×高さ104mm(40g)

ご家庭のほとんどの電池を測定できます

サッと使えて見やすいデジタル大型画面を採用。乾電池の残量電圧を18段階で表示してくれます。測定する電池から電池に応じた電流を消費しながら測定しており、電池本来の残量がわかります。

正確な残量がわかることで、資源の有効活用に効果的で、家計にも環境にもやさしい商品です。電源として電池を必要とするので、定期的に交換が必要ですが、シンプルな作りで壊れにくく、長く使えることが期待できる商品です。

TOSHIBA『バッテリーチェッカー(TBC-10(K))』

TOSHIBA『バッテリーチェッカー(TBC-10(K))』

出典:Amazon

測定対象電池1.5V 単1~単5、006P型
表示方法 ランプ
本体サイズ(重量) 幅90×奥行18×高さ95mm(約47g)

3段階の消耗度をランプで教えてくれます

消耗しているかどうかを調べたい電池をセットすると、「使えます」「少し使えます」「使えません」の3段階で知らせてくれます。手軽に使えて、あくまで目安程度に把握できればじゅうぶんという方におすすめ。

各電池ごとに測定する場所が決まっているので電池をはめ込むだけでOK。シンプルな設計なので故障の可能性も低く、丈夫で長期利用が期待できます。

電池チェッカーのおすすめ|エコタイプ 使用頻度が少ない方にも!

自宅にストックしている乾電池、災害用にと準備しているラジオなど、いざというときに使える状態で保管しておきたいものですよね。

電池チェッカーは頻繁には必要ないけど、あったら便利と思っている方におすすめなのが、こちらの小ぶりで低価格な3商品です。

プロの家電販売員 兼 家電・ITライター

Hapurs『バッテリーテスター(BT-168D)』は、デジタル表示がうれしい非常にリーズナブルな電池チェッカーになっています。数字で電池の残量がわかるため、弱ってきている電池を消費電力の少ない家電に組み替えて賢く使い切りたい場合などに重宝するでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Hapurs『バッテリーテスター(BT-168D)』

Hapurs『バッテリーテスター(BT-168D)』 Hapurs『バッテリーテスター(BT-168D)』 Hapurs『バッテリーテスター(BT-168D)』 Hapurs『バッテリーテスター(BT-168D)』 Hapurs『バッテリーテスター(BT-168D)』 Hapurs『バッテリーテスター(BT-168D)』 Hapurs『バッテリーテスター(BT-168D)』 Hapurs『バッテリーテスター(BT-168D)』

出典:Amazon

測定対象電池1.5V 単1~単5 、1.5Vボタン電池、006P型
表示方法 デジタル
本体サイズ(重量) 幅110×奥行25×高さ61mm(約48g)

エコモデル、本体は電池交換不要です

一家に一台、あったら便利。これひとつでご家庭にある電池の残量がひと目でわかります。見やすい液晶デジタルの表示を採用しています。

使いかけの電池も仕分けをすることで消費電力の少ない機器に再利用できたりと、電池を無駄なく賢く使えてとてもエコロジーです。本体は電池不要で使用できるので、この点でもとても使い勝手のいい商品です。

OHM『ミニ電池チェッカー(CV-05)』

OHM『ミニ電池チェッカー(CV-05)』

出典:Amazon

測定対象電池1.5V 単1~単5 、ボタン電池(スライドアーム部にはさめるもののみ)、006P型
表示方法 アナログ
本体サイズ(重量) -

便利なフックつき、1999年発売のロングセラー

うれしい低価格で超ミニサイズ。時計や懐中電灯などが急に動かなくなったり点灯しなくなったりしたときに、あると便利な電池チェッカー。たまにしか出番がないけれど、いざというときに機器の故障なのか電池の消耗が原因なのか、すぐチェックできたらとても便利ですよね。

便利なキーホルダーつきで、目に留まりやすいフックなどにかけて保管しておくことで、思い立ったときにすぐ手に取れます。

aday『乾電池チェッカー(BL0118CH)』

aday『乾電池チェッカー(BL0118CH)』 aday『乾電池チェッカー(BL0118CH)』 aday『乾電池チェッカー(BL0118CH)』 aday『乾電池チェッカー(BL0118CH)』

出典:Amazon

測定対象電池1.5V 単3、単4 、ボタン電池 、006P型
表示方法 アナログ
本体サイズ(重量) 幅53×奥行23×高さ55mm(32g)

手のひらサイズのアナログインジケータータイプ

対応電池は3種類とほかの商品と比べると多くはないですが、家庭で比較的よく使われる単3電池などに対応しているので、かけ時計やアラームなど限られたタイプの電池をおもに使用するという方にはぴったり。

なによりコンパクトでコロンとした形がかわいらしく、使い方もシンプル。ひとり暮らしをはじめる方への、ちょっとしたプレゼントにも実用的でおもしろいですね。

電池チェッカーのおすすめ|リチウム電池対応タイプ 腕時計・電子体温計などの電池も!

コイン型のリチウム電池にも対応できると、お使いのさまざまな機器の電池を測定でき利用の幅も広がります。リチウム電池を腕時計や電子体温計、スマートキー用に買い置きしている方も多いのではないでしょうか。最近では子どものおもちゃにも幅広く使われています。

プロの家電販売員 兼 家電・ITライター

YAZAWA(ヤザワ)『バッテリーテスター(MS128MS)』は、各種乾電池のほかにもリチウム電池、マンガン電池などの幅広い電池に対応しているコンパクトな製品です。壁にかけておくこともできるため、使いたいときにサッと取り出して使える利便性がウリです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

YAZAWA『バッテリーテスター(MS128MS)』

YAZAWA『バッテリーテスター(MS128MS)』 YAZAWA『バッテリーテスター(MS128MS)』 YAZAWA『バッテリーテスター(MS128MS)』

出典:楽天市場

測定対象電池1.5V 単1、単5 、3Vリチウム電池、6Vリチウム電池、3Vコイン電池、006P型(マンガン電池)、ボタン電池
表示方法 アナログ
本体サイズ(重量) 幅36×奥行23×高さ87mm(31g)

超ミニ、手のひらサイズ、壁かけ保管が可能です

小さいですが、電池の消耗具合が中央のメーターですぐにわかります。ボタン電池も計測でき、コストパフォーマンスが高いうえに、ポケットにもスッと入るコンパクトさで必要なときに素早く取り出せます。まさにシンプルイズベストなすぐれものです。

本体は電池不要なので、災害用非常備品のなかに入れておくと、いざというときにも活躍してくれます。

SMILE KIDS『コイン電池が測れる電池チェッカー(ADC-10)』

SMILEKIDS『コイン電池が測れる電池チェッカー(ADC-10)』 SMILEKIDS『コイン電池が測れる電池チェッカー(ADC-10)』 SMILEKIDS『コイン電池が測れる電池チェッカー(ADC-10)』 SMILEKIDS『コイン電池が測れる電池チェッカー(ADC-10)』 SMILEKIDS『コイン電池が測れる電池チェッカー(ADC-10)』

出典:Amazon

測定対象電池1.5V 単1~単4 、1.5Vボタン電池、 1.5Vアルカリボタン電池、3Vコイン型リチウム電池
表示方法 ランプ
本体サイズ(重量) 幅57×奥行13×高さ92mm(26g)

多様な測定が可能、カード型で持ち運びもかんたん

一般的な乾電池に加え、ボタン電池、さらに3Vのコイン型リチウム電池まで測定できます。軽量小型で邪魔にならず、家庭用にもオフィス用にも大活躍。

表面のイラストで使い方もひと目でわかるので、頻繁に使うことのない方も、必要なときに迷いなく使えます。非常にコスパもよく、見やすい2種類のランプ点灯で消耗状態がひと目でわかります。

電池チェッカーのおすすめ|表示がみやすいタイプ ランプ点灯タイプからデジタルタイプまで

使いやすさに直結する残量表示の見やすさを重視する方に。見やすいランプ点灯タイプからより正確な数値を知ることができるデジタルタイプまでさまざまです。

Panasonic『電池チェッカー(FF-991P-W)』

Panasonic『電池チェッカー(FF-991P-W)』

出典:Amazon

測定対象電池1.5V 単1~単5 、006P型(アルカリおよびマンガン電池)
表示方法 ランプ
本体サイズ(重量) (約)幅70×奥行23×高さ110mm(約53g〈コイン形リチウム電池を含む〉)

見やすい3段階表示で電池の消耗がひと目でわかる

電池式で電池交換が不可のタイプですが、その欠点をカバーできるほどの低価格と信頼の国内メーカーというのが魅力。特徴は、見やすいランプ点灯タイプで約5,000回は測定できることです。

見やすいですが、正確な消耗状態を知りたい方には不向きです。子どものおもちゃなど、おおよその残量が把握できればじゅうぶんという方におすすめです。

BATSOKU『バッテリーチェッカー』

BATSOKU『バッテリーチェッカー』 BATSOKU『バッテリーチェッカー』 BATSOKU『バッテリーチェッカー』

出典:Amazon

測定対象電池1.5V 単1~単5 、1.5Vボタン電池、006P型
表示方法 デジタル
本体サイズ(重量) (約)幅27×奥行-×高さ89mm(-g)

大きなデジタル表示でわかりやすい

電池を上部にセットするだけ、見やすいデジタル表示が電池の残量を教えてくれます。カラフルなデザインで、残量の低下を示すWEAKやPOORゾーンがわかりやすく色分けされています。

多様な電池に対応していて、使った電池を仕分けして省エネ機器で再利用したり、まだ使えるのに気づかずに捨ててしまっていた電池の救済にも有効です。

「電池チェッカー」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
enevolt basic『ユニバーサル電池チェッカー(3R-CHR01)』
SMILE KIDS『デジタル電池チェッカーII(ADC-07)』
TOSHIBA『バッテリーチェッカー(TBC-10(K))』
Hapurs『バッテリーテスター(BT-168D)』
OHM『ミニ電池チェッカー(CV-05)』
aday『乾電池チェッカー(BL0118CH)』
YAZAWA『バッテリーテスター(MS128MS)』
SMILE KIDS『コイン電池が測れる電池チェッカー(ADC-10)』
Panasonic『電池チェッカー(FF-991P-W)』
BATSOKU『バッテリーチェッカー』
商品名 enevolt basic『ユニバーサル電池チェッカー(3R-CHR01)』 SMILE KIDS『デジタル電池チェッカーII(ADC-07)』 TOSHIBA『バッテリーチェッカー(TBC-10(K))』 Hapurs『バッテリーテスター(BT-168D)』 OHM『ミニ電池チェッカー(CV-05)』 aday『乾電池チェッカー(BL0118CH)』 YAZAWA『バッテリーテスター(MS128MS)』 SMILE KIDS『コイン電池が測れる電池チェッカー(ADC-10)』 Panasonic『電池チェッカー(FF-991P-W)』 BATSOKU『バッテリーチェッカー』
商品情報
特徴 10種類以上の電池の測定が可能 ご家庭のほとんどの電池を測定できます 3段階の消耗度をランプで教えてくれます エコモデル、本体は電池交換不要です 便利なフックつき、1999年発売のロングセラー 手のひらサイズのアナログインジケータータイプ 超ミニ、手のひらサイズ、壁かけ保管が可能です 多様な測定が可能、カード型で持ち運びもかんたん 見やすい3段階表示で電池の消耗がひと目でわかる 大きなデジタル表示でわかりやすい
測定対象電池1.5V 単1~単5 、1.5Vボタン電池、 3Vボタン電池 、006P型、2CR5、CR-P2 ほか 単1~単5 、1.5Vボタン電池 単1~単5、006P型 単1~単5 、1.5Vボタン電池、006P型 単1~単5 、ボタン電池(スライドアーム部にはさめるもののみ)、006P型 単3、単4 、ボタン電池 、006P型 単1、単5 、3Vリチウム電池、6Vリチウム電池、3Vコイン電池、006P型(マンガン電池)、ボタン電池 単1~単4 、1.5Vボタン電池、 1.5Vアルカリボタン電池、3Vコイン型リチウム電池 単1~単5 、006P型(アルカリおよびマンガン電池) 単1~単5 、1.5Vボタン電池、006P型
表示方法 デジタル デジタル ランプ デジタル アナログ アナログ アナログ ランプ ランプ デジタル
本体サイズ(重量) (約)幅88×奥行23×高さ132mm(約102g) 幅69×奥行16×高さ104mm(40g) 幅90×奥行18×高さ95mm(約47g) 幅110×奥行25×高さ61mm(約48g) - 幅53×奥行23×高さ55mm(32g) 幅36×奥行23×高さ87mm(31g) 幅57×奥行13×高さ92mm(26g) (約)幅70×奥行23×高さ110mm(約53g〈コイン形リチウム電池を含む〉) (約)幅27×奥行-×高さ89mm(-g)
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年3月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月19日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 電池チェッカーの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの電池チェッカーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:電池チェッカーランキング
楽天市場:電池チェッカーランキング
Yahoo!ショッピング:電池チェッカーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

電池が使われている便利商品の記事はこちら 【関連記事】

測定したい電池のタイプを明確に!

いろいろなタイプの電池チェッカーのおすすめ商品を紹介しました。最後に選び方のポイントをおさらいしましょう。

まず、測定したい電池のタイプを明確にします。リチウム電池や充電池に非対応の商品もありますので注意が必要です。残量確認の正確性と表示方法や付加機能として、コンパクトサイズ、電池交換不要タイプ、保管にも便利なキーホルダーつきのものなど使う場面をイメージしながら、お気に入りの電池チェッカーを選んでみてくださいね。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/12/10 一部コンテンツ修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 横尾忠徳)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ハンドストラップおすすめ5選|カメラ固定・落下防止に! レザー素材も

ハンドストラップおすすめ5選|カメラ固定・落下防止に! レザー素材も

カメラの落下防止・固定の役割をもつストラップ。なかでも手に巻きつけ使用するハンドストラップは、歩きながらカメラを使用するときにも重宝するアイテムです。ハクバやエツミなどのメーカーからたくさんの商品が発売されています。そこで、フォトグラファー・瀬川陣市さんと編集部が選んだハンドストラップのおすすめと選び方のポイントについてご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


カメラ用ブロアーおすすめ10選|空気の調節がしやすいモデルもご紹介

カメラ用ブロアーおすすめ10選|空気の調節がしやすいモデルもご紹介

フォトグラファーの瀬川陣市さんへの取材をもとに、おすすめのカメラ用ブロアーをご紹介します。カメラを使うにあたって欠かせないのがレンズのケア。ブロアーはカメラ以外ではなかなか使用することのないアイテムなので、いざ選ぼうとしてもどの商品がいいのかわからないのではないでしょうか。本体の大きさやノズルの形状の違いによって、持ち運びやすさや適した使い方が変わってきます。ぜひ参考にしてください。


カメラ用ネックストラップのおすすめ7選|おしゃれでかわいい、疲れない、痛くない

カメラ用ネックストラップのおすすめ7選|おしゃれでかわいい、疲れない、痛くない

フォトグラファーである高月 優さんのアドバイスのもと、ネックストラップの選び方とおすすめ商品を紹介します。カメラの持ち運びに便利なネックストラップ。カメラには重いものもあり、一日中持っていると腕に負担がかかります。ネックストラップがあれば負担が軽減でき、落下対策にも。旅行先でもネックストラップがあれば、撮りたいときにすぐカメラを構えることができます。かんたんに長さ調整ができる機能的なものや、幅が広いもの、狭いものなどさまざまな種類を紹介しているので、ぜひ参考にしてください。記事後半には比較一覧表、通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


カメラマングローブおすすめ5選|防寒極寒対応・防水性、ミトンタイプも

カメラマングローブおすすめ5選|防寒極寒対応・防水性、ミトンタイプも

フォトグラファーの瀬川陣市さんへの取材をもとに、カメラマングローブの選び方とおすすめ商品をご紹介します。雨の降るなかや冬の寒い時期でも、カメラでの撮影を快適にしてくれるのがカメラマングローブです。撮影するときのことを考えて、シャッターを押す際にじゃまにならないよう指先が出せるようになっているものや、大事なカメラをしっかりと持つことができるように工夫されたものが販売されています。


カメラの防水ケースおすすめ9選|iPhoneスマホ、Gopro、一眼、デジカメ別に紹介!プロカメラマンが厳選!

カメラの防水ケースおすすめ9選|iPhoneスマホ、Gopro、一眼、デジカメ別に紹介!プロカメラマンが厳選!

雨の日や水辺、ダイビング時において、カメラ防水ケースを使うことで、非日常の風景を撮影できます。一眼レフ、デジカメなどカメラの種類によりカメラケースも専用のものが販売されています。この記事では、フォトグラファーの瀬川陣市さんおすすめのカメラの防水ケースを紹介します。記事後半にはAmazonやヤフー、楽天の人気売れ筋ランキングや口コミもありますので参考にしてみてくださいね!


新着記事


鮮やかで濃い発色って本当?『ポスカ』の使い勝手や書きやすさを検証レビュー

鮮やかで濃い発色って本当?『ポスカ』の使い勝手や書きやすさを検証レビュー

カラーマーカーを使うときは、その発色も気になるところ。その発色の鮮やかさを特徴としているサインペンのひとつに、『ポスカ』があります。下地の色に関わらずきれいな発色ができるともいわれており、重ね書きも可能です。しかし鮮やかとはいわれても、実際にどのような色になるのかも気になりますよね。そこで今回は、『ポスカ』の使い勝手や発色性の検証を実際にチェックしてみました。気になる方はぜひ参考にしてみてください!


さっぱり飲みやすい!「ヨーグルッペ」の後味や風味などの詳しい味を検証レビュー

さっぱり飲みやすい!「ヨーグルッペ」の後味や風味などの詳しい味を検証レビュー

今回は『ヨーグルッペ』を実際に購入して試してみました。アルプスのような山脈と絶妙にリアルな女の子のパッケージで、一度見かけたら思わず調べずにはいられないほどのインパクトですよね。映画やゲームに登場しているのを見かけたり、九州出身のひとにすすめられて気になっているひとも多いのではないでしょうか。そこで、商品の紹介から、どんな味なのかを口コミを元に検証しました! ぜひ参考にしてみてください。


汚れもニオイも解消?『パイプユニッシュ』強力な分解力を検証レビュー

汚れもニオイも解消?『パイプユニッシュ』強力な分解力を検証レビュー

お風呂の排水溝、キッチンシンクの排水溝などが詰まったときに使用される『パイプユニッシュ』。濃厚なジェルが排水溝にとどまりやすいので、目視することが難しい髪の毛の詰まりなどを解消してくれるすぐれもの。お風呂やキッチンは毎日掃除しても、排水溝まで毎日掃除するのはなかなかハードルが高いものです。とはいえヘドロがたまるとニオイの原因にもなりうるので、注ぐだけでかんたんに掃除ができる『パイプユニッシュ』はとっても手軽。ニオイや詰まりを解消してくれる『パイプユニッシュ』を使用してみて感じたことをご紹介します!


顔も身体もしっとり! 『ザーネクリームE』を徹底レビュー! 【口コミ&成分も】

顔も身体もしっとり! 『ザーネクリームE』を徹底レビュー! 【口コミ&成分も】

空気が乾燥することで起こる全身の肌トラブルをどうにかしたい! と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。手荒れやニキビ、部位によりさまざまな肌トラブルを抱えている人もいますよね。そんな悩みを抱えている人にぴったりなクリームが、大手製薬会社から発売されている『ザーネクリームE』。お肌をしっかり保湿しつつベタつかないので、肌質を問わず適切なスキンケアをすることができますよ。この記事では『ザーネクリームE』の口コミや成分について紹介するとともに、実際に使用して得られたメリットなどを写真を交えて分かりやすく説明していきます。


『明治 ブルガリアヨーグルト』シンプルでなめらかな味わいのヨーグルトを実際に食べて検証レビュー

『明治 ブルガリアヨーグルト』シンプルでなめらかな味わいのヨーグルトを実際に食べて検証レビュー

さまざまなメーカーから販売されているヨーグルト。最近ではフルーツやアロエといった味がついているものもありますよね。でも、プレーン味となると違いがわからず、ついどれを買おうか悩んでしまうのではないでしょうか。CMでもお馴染みの『明治 ブルガリアヨーグルト』。この記事では数多くのヨーグルトを食べ比べた筆者が、実際に試食し検証していきます! まだ食べたことない方だけでなく、食べたことある方も参考にしてみて下さいね!


家電・AV機器の人気記事


>>もっと見る