カゴ付き【クロスバイク】のおすすめ5選|オオトモ・あさひ・ホダカ製バイクを厳選

カゴ付き【クロスバイク】のおすすめ5選|オオトモ・あさひ・ホダカ製バイクを厳選
サイクリングアドバイザー/モデル
日向 涼子

モデル(シュルー所属) ダイエット目的で始めたクロスバイクをきっかけに自転車の魅力に心を奪われ、生活が一変。 レースでの優勝・入賞経験もあり、イベントのゲストライダーとしても活動するが、「初心者の気持ちを忘れない」をモットーに、クロスバイクやロードバイクはもちろん、E-BIKEも含めた幅広い自転車の訴求を得意とする。 現在では自治体との連携で自転車を活用したアドバイザーもしている。 <主な著書> 「〈坂バカ〉式 知識ゼロからのロードバイク入門」(SB新書) 「日向涼子のヒルクライムナビ」(エイ出版社) 「じてんしゃと泊まる宿」(ガイドワークス)

サイクリングアドバイザーの日向涼子さんが選ぶカゴ付きクロスバイクの選び方とおすすめ商品5選をご紹介します。荷物が多かったり、買い物に使いたい人にとって便利なカゴ付き自転車ですが、「ママチャリ」ではないスタイリッシュな自転車に乗りたいという人には「カゴつきクロスバイク」がおすすめです。クロスバイクにはカゴが付いていないことが多いのですが、この記事では最初からカゴが付いている「カゴ付きクロスバイク」を取り上げています。ぜひ参考にして、毎日の通勤通学に活用してみてください。最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


カゴ付きクロスバイクの選び方のポイント サイクリングアドバイザーが解説!

サイクリングアドバイザーの日向涼子さんに、カゴ付きクロスバイクを選ぶときのポイントを5つ教えてもらいました。

街中を自転車で颯爽と走る女性

Photo by bangbangcloud on Unsplash

クロスバイクは街中の買い物もおしゃれに乗りこなせそう……!

ママチャリよりずっと速い

サイクリングアドバイザー/モデル

ほかのカゴ付き自転車よりも速くて快適

カゴ付き自転車の代表格といえばシティサイクル(通称ママチャリ)ですが、カゴ付きクロスバイクは重量や走行性能が向上するため、目的地までの時間を短縮することができます。

5分程度の距離であればシティサイクルでも構わないでしょうが、それなりに距離がある通勤や通学に自転車を使う場合には「カゴ付きクロスバイク」に乗り換えることで、毎日を快適に過ごすことができるでしょう。また、これまで車や電車を利用していた人もカゴ付きクロスバイクを手に入れることで移動手段の幅が広がります。

サカモトテクノ『700Cコルテス6Sオート』

軽量アルミフレームに6段変速機能搭載で坂道もらくらく! ワイドバスケット付きで通勤通学にぴったり。

>> PayPayモールで詳細を見る

スポーティー過ぎないスマートさ

サイクリングアドバイザー/モデル

カゴ付きバイクなら服装を気にせず乗り回せる

いわゆる「ママチャリ」とは異なる高性能な自転車がほしいけれど、ロードバイクやクロスバイクはスポーティーすぎると感じている人には、スポーツバイクならではの性能とスマートさをもちながら普段使いしやすい見た目と機能をもつ「カゴつきクロスバイク」がオススメです。

スポーティーな自転車の場合はウエアも考えなくてはなりませんが、カゴ付きクロスバイクなら普段着にも合わせやすい点も人気があります。

ホダカ『NESTO UNIFY』

ダウンチューブ下のケーブルをフレーム内にスッキリ格納した無駄のないデザイン。低重心設計のカゴで安定した走行ができる。

>> 楽天市場で詳細を見る

販売ルートをチェック

サイクリングアドバイザー/モデル

国内の自転車専門ショップは信頼性が高い

自転車は快適で楽しいものですが、車と同様に命を預けるものでもあります。インターネットオークションで購入したものに乗っていたら走行中にフレームが折れたという話もあるので、安いからといって安易に手を出さないようにしましょう。売り手の顔が見えにくい商品には注意が必要です。

実店舗でもインターネット通販でも、販売店が日本国内の自転車専門ショップの場合は信頼性が高いでしょう。また、インターネットで見つけた商品で不明な点があった場合、専門店であれば細かい質問にも答えてくれるはずですし、購入後に不具合があった場合も問い合わせをしやすいというメリットがあります。

あさひ『オフィスプレス トレッキング BAA-J2 クロスバイク』

全国に450店舗以上ある「サイクルベースあさひ」が運営するオンラインストアなら、お店で受取りが可能! くわしい説明を聞くこともできる。

>> 楽天市場で詳細を見る

配送方法や状態も事前に確認

サイクリングアドバイザー/モデル

組み立てが不安なら「完成車組み立て」のものを選ぶ

インターネットで自転車を購入する場合、どのような状態で届くのかは気になるところでしょう。自転車の組み立てに不安がある方は「完成車組み立て」の状態で届くものを選ぶことで解決します。組み立ては別途料金がかかる場合には、自転車本体と合計していくらになるのか、購入の前に計算しましょう。

また、自転車は大型荷物として取り扱われるため、送料のチェックも重要です。「自転車本体は安かったが配送料が高くついた」ということもありえるので、送料別の場合はもちろん、送料無料であっても、販売店から遠かったり、北海道・沖縄・離島にお住まいの場合は追加で料金がかかる場合もあるので、そちらの確認も必要です。

オオトモ『ARUN ACR-7006』

一度廃盤になったが、再販売の問い合わせが殺到して復刻をした人気商品。完成品での販売なので、組み立てる手間や料金がかかることがない。

>> 楽天市場で詳細を見る

付属品の有無のチェックも忘れずに

サイクリングアドバイザー/モデル

クロスバイクは仏式バルブに対応した空気入れが必要

自転車を買う際には、配送料同様、自転車本体以外に必要な付属品がついているか、ついていなければ、本体との合計が予算内におさまるのか計算しておくことも必要です。必要最低限の付属品は、ライト、ベル、泥除け、スタンド、鍵で、何を選ぶかにもよりますが、1万円ほどかかると考えてください。購入時に防犯登録が済ませられる場合には申し込んでおくと便利です。こちらの費用は600円(非課税)です。

また、購入する自転車のバルブが、自分が持っている空気入れの仕様に適応しているかも確認しましょう。多くのクロスバイクは仏式のバルブに対応した空気入れが必要です。洗濯ばさみのようなコネクターを使ったバルブ(英式)しかなく、購入する自転車が仏式バルブの場合は空気入れの購入も必要となります。こちらは3,000円前後で購入が可能です。

そのほか、クロスバイクはスピードが出やすいのでヘルメットの装着を推奨します。このように、自転車本体以外に必要なものがあるということを頭に入れて予算を立てましょう。

ホダカ『マルキン ノスタリア276-X』

カゴや泥除けのほか、荷台もついていて買い物に便利! ライトも暗くなると自動で点灯するLEDのオートライトで長く使える。

>> 楽天市場で詳細を見る

カゴ付きクロスバイクおすすめ5選 サイクリングアドバイザーが選ぶ

ここまでに紹介したカゴ付きクロスバイクの選び方のポイントをふまえ、サイクリングアドバイザーの日向涼子さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

オオトモ『ARUN ACR-7006』

出典:楽天市場

適応身長 160cm~
フレームサイズ 400mm
タイヤサイズ 700×32C
サドル地上高 820-950mm
重量 15.8kg
変速ギア シマノ6段
カラー ホワイト、ブラック
Thumb lg 5ff7a89b 9c9c 44dd 8526 f0e407791b03

サイクリングアドバイザー/モデル

人気につき再販!

一度は廃盤になりましたが、再販売の問い合わせが殺到して復刻をした人気商品です。白と黒を基調としたシンプルなフォルムは街乗りに最適。フロントにはワイヤーバスケットを標準装備。前後に泥除けが標準装備されている点も嬉しいですね。

信頼性の高いシマノ製の変速ギア(6段)がついており、乗り心地抜群。700x32Cのロードタイヤにより軽快な走りを実現しました。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

あさひ『オフィスプレス トレッキング BAA-J2 クロスバイク』

出典:楽天市場

適応身長 155cm~、165cm~、175cm~
フレームサイズ 430mm、480mm、530mm
タイヤサイズ 700×32C
サドル地上高 -
重量 20.0kg(480mm)
変速ギア 外装7段変速
カラー オレンジ、パールホワイト、グリーン、マットオーシャン、グロスブラック
Thumb lg 5ff7a89b 9c9c 44dd 8526 f0e407791b03

サイクリングアドバイザー/モデル

直に商品を見たい・話を聞きたい人におすすめ

「お店で話を聞いてから購入したい」という人も少なくないでしょう。サイクルベースあさひは全国に476店舗(2020.01.21時点)を展開している自転車専門ショップなので、近隣の店舗で直接話を聞いてから検討したい派におすすめです。

「ネットで注文、お店で受取り」も可能なので、話を聞いてから家でじっくり検討をして注文、配達日時に在宅をしなくてはならないということもなく、ご自身の都合で店舗受け取りができます。直接店舗で受け取れば、開梱作業や梱包資材の廃棄などを気にする必要もありません。とはいえ、もちろん配送も可能ですよ。

なお、商品の話を聞く場合は、近隣店舗に在庫確認をしてから訪れた方がスムーズです。また、サイズやカラーバリエーションが豊富なのもおすすめできる理由のひとつです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ホダカ『マルキン ノスタリア276-X』

ホダカ『マルキン ノスタリア276-X』

出典:楽天市場

適応身長 156cm~
フレームサイズ -
タイヤサイズ 27×1-3/8
サドル地上高 81.0cm
重量 18.5kg
変速ギア 外装6段
カラー ダークブルー、マットブラック、ホワイト
Thumb lg 5ff7a89b 9c9c 44dd 8526 f0e407791b03

サイクリングアドバイザー/モデル

日本企業ならではの細やかな心配りが嬉しい

マルキンは自転車の開発や販売などを手掛けるホダカ株式会社が作るシティサイクルブランドで、専門家の間でも信頼性が高いと評判です。自転車本体の性能はもちろんのこと、付属品にもこだわりが。カゴや泥除けのほか、キャリア(後輪の上の荷台のこと)もついているので買い物にも便利。

暗くなると自動で点灯するコンパクト砲弾型LEDオートライト採用で長く使えるほか、肉厚な1.2mmチューブでパンクがしにくいため、自転車のメンテナンスが苦手な人にもおすすめできる商品です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

サカモトテクノ『700Cコルテス6Sオート』

出典:楽天市場

適応身長 155cm~
フレームサイズ 430mm
タイヤサイズ 700×35C E/V
サドル地上高 -
重量 17.3kg
変速ギア 外装6段
カラー ブラック、チタンシルバー
Thumb lg 5ff7a89b 9c9c 44dd 8526 f0e407791b03

サイクリングアドバイザー/モデル

とにかく乗り心地が抜群

この商品で一番おすすめできる点は、大きなカゴ。ワイドサイズのバスケットはブリーフケースも入る大きさがあり、通勤通学に使う人におすすめ。

また、LEDオートライトが標準装備され、前後のフェンダーにより雨が降っても泥はねから守ってくれます。タイヤサイズは700×35Cで乗り心地抜群。毎日乗る人に優しい設計となっています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ホダカ『NESTO UNIFY』

出典:楽天市場

適応身長 155~170cm、170~185cm
フレームサイズ 420mm、480mm
タイヤサイズ 700×32C
サドル地上高 -
重量 14.1kg(480mm)
変速ギア 7段
カラー マットシルバー、マットブラック
Thumb lg 5ff7a89b 9c9c 44dd 8526 f0e407791b03

サイクリングアドバイザー/モデル

ハイエンドなカゴつきクロスバイク

通勤通学に必要なものが標準装備されたクロスバイクですが、おすすめできるポイントはそれだけではありません。カゴは荷物積載を考慮して低重心設計となっているため、一般的なカゴつきクロスバイクよりもふらつきが軽減されるでしょう。

また、ダウンチューブ下のケーブルがフレーム内に格納されており、見た目スッキリ! 通勤通学をスマートに、オシャレに街乗りもしたいという人におすすめしたい一台です。

「クロスバイク」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
オオトモ『ARUN ACR-7006』
あさひ『オフィスプレス トレッキング BAA-J2 クロスバイク』
ホダカ『マルキン ノスタリア276-X』
サカモトテクノ『700Cコルテス6Sオート』
ホダカ『NESTO UNIFY』
商品名 オオトモ『ARUN ACR-7006』 あさひ『オフィスプレス トレッキング BAA-J2 クロスバイク』 ホダカ『マルキン ノスタリア276-X』 サカモトテクノ『700Cコルテス6Sオート』 ホダカ『NESTO UNIFY』
商品情報
特徴 人気につき再販! 直に商品を見たい・話を聞きたい人におすすめ 日本企業ならではの細やかな心配りが嬉しい とにかく乗り心地が抜群 ハイエンドなカゴつきクロスバイク
適応身長 160cm~ 155cm~、165cm~、175cm~ 156cm~ 155cm~ 155~170cm、170~185cm
フレームサイズ 400mm 430mm、480mm、530mm - 430mm 420mm、480mm
タイヤサイズ 700×32C 700×32C 27×1-3/8 700×35C E/V 700×32C
サドル地上高 820-950mm - 81.0cm - -
重量 15.8kg 20.0kg(480mm) 18.5kg 17.3kg 14.1kg(480mm)
変速ギア シマノ6段 外装7段変速 外装6段 外装6段 7段
カラー ホワイト、ブラック オレンジ、パールホワイト、グリーン、マットオーシャン、グロスブラック ダークブルー、マットブラック、ホワイト ブラック、チタンシルバー マットシルバー、マットブラック
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年1月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月16日時点 での税込価格

通販サイトのランキングを参考にする カゴ付きクロスバイクの売れ筋をチェック

Amazon、Yahoo!ショッピングでのカゴ付きクロスバイクの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:自転車本体ランキング
Yahoo!ショッピング:クロスバイク カゴ付きランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

そもそもクロスバイクとは?

買い物袋を手に下げながら自転車に乗る老人

Photo by Raoul Croes on Unsplash

カゴがないと荷物が邪魔になり、走行の妨げになってしまいます。

オフロードのマウンテンバイクとオンロードのロードバイクを融合させたスポーツバイク。シティサイクルよりも機動力が高く、見た目がスマート。かといって、ロードバイクほど本格的なものは求めていないという汎用性を重視する人たちに選ばれています。

また、クロスバイクはロードバイクとくらべるとタイヤが太く走りが安定している点、ロードバイクよりも安価な商品が多いのでスポーツバイク初心者が最初に乗る自転車として選ばれることが多いです。

クロスバイクにはカゴなしとカゴ付きがある

シティサイクルとは違い、多くのクロスバイクはスポーツ仕様であり、カゴがついていないモデルが多いので、荷物はデイパックやメッセンジャーバッグと呼ばれる肩掛けバッグに入れることになります。

カゴがついていない場合、
・バッグに入る量しか買うことができない
・夏など暑い日でもバッグを背負って走らなくてはならない
・洋服をバッグに合わせることでファッションの幅が狭まる
……といったデメリットがあります。

サイクリングアドバイザーの「ここがポイント」 カゴ付きクロスバイク選びに迷ったら……

マウンテンバイクとロードバイクを融合させたクロスバイク。カゴがついている商品が少ない為、慎重に選びたいですよね。

サイクリングアドバイザー/モデル

カゴのサイズを確認しましょう

カゴ付きクロスバイクを選ぶ方は、「カゴに荷物を入れられる」点に魅力を感じていると思いますが、カゴ付きクロスバイクはシティサイクルにくらべてカゴのサイズが小さいことが多いです。

また、シティサイクルにくらべてカゴ付きクロスバイクは重量が軽いものがほとんどなので、カゴに入れる荷物のサイズが大きかったり重すぎるとバランスがとりにくくなることがあります。

カゴに荷物を入れる前提で購入を検討されている方は、使用する場合の荷物の大きさを確認した上で選ぶとよいでしょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/01/27 サムネイル画像の差し替えのため、記事を更新しました。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部 名原広雄)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


折りたたみ自転車の選び方とおすすめ4選【軽量・たたみやすい・コンパクト】

折りたたみ自転車の選び方とおすすめ4選【軽量・たたみやすい・コンパクト】

車輪径が小さく、折りたためるので人気が高い折りたたみ自転車。しかし、有名ブランドでも粗悪なものも多く、いい自転車を探すのは難しいです。小径ホイールや折りたたみ機構の長所短所を知り、用途を絞ることが最適解への近道といえます。折りたたみ自転車の後悔しない選び方とは? 自転車ジャーナリストの菊地武洋さんに選ぶときのポイントを教えてもらいました。おすすめ商品もご紹介します。


電動自転車おすすめ20選|坂道もスイスイ!【通勤・通学、送り迎え、スポーツ向けも】

電動自転車おすすめ20選|坂道もスイスイ!【通勤・通学、送り迎え、スポーツ向けも】

サイクリングアドバイザーの日向涼子さんに、電動アシスト自転車(電動自転車)について解説していただきました。電動アシスト自転車には、シティサイクルタイプ(ママチャリ)や車輪の口径が小さいタイプ、クロスバイクやマウンテンバイクなどのスポーツタイプ(e-Bike)があり、使用する場所や目的によって選ぶ商品が変わってきます。電動アシスト自転車のメーカーごとの特長や選び方、おすすめ商品をご紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。※正式には電動アシスト自転車ですが、この記事では一部を除き電動自転車に統一をさせていただきます。


【ロードバイク】おすすめ20選&選び方|ビアンキ/メリダ/ジオスなど全17メーカー

【ロードバイク】おすすめ20選&選び方|ビアンキ/メリダ/ジオスなど全17メーカー

自転車ジャーナリストのハシケンさんにお話をうかがい、ロードバイクのおすすめ20選と選び方についてご紹介します。ロードバイクには国内外の各メーカーから数多くのモデルがリリースされています。そのなかから「はじめてのロードバイク」として知っておきたい17メーカー・全20台を、ハシケンさんに選んでいただきました。後半に掲載した通販サイトの売れ筋ランキングとあわせて、ぜひ参考にしてみてください。


スクイズボトルおすすめ5選|スポーツ時の水分補給に!【保冷効果があるものも】

スクイズボトルおすすめ5選|スポーツ時の水分補給に!【保冷効果があるものも】

スクイズボトルについて、選び方のコツとおすすめ商品を、キャンプライターの中山一弘さんにうかがいました。片手でサッと取り出して、そのまま簡単に飲み口を開けて水分補給ができるのがスクイズボトルの特徴です。スポーツ飲料メーカーなども自社ロゴを大きくデザインして販売していたりするので、気になっている方も多いのではないでしょうか? そこでこの記事ではキャンプライターの中山一弘さんが、選ぶポイントやおすすめの商品を紹介しています。トレーニングの水分補給にぜひ役立ててみてください。


ロードバイク用チューブおすすめ商品5選【ブチルチューブ・ラテックスチューブ】

ロードバイク用チューブおすすめ商品5選【ブチルチューブ・ラテックスチューブ】

自転車ジャーナリストの菊地武洋さんに、ロードバイクに適したチューブについてうかがいました。走りに特化したロードバイクに乗っているなら、インナーチューブにもぜひとも気を使いたいところです。チューブは決して目立つ部分ではありませんが、交換することによってロードバイクの走行性能をさらに引き出してくれる大切なパーツです。この記事では菊地さんに、ロードバイクに使ってみたいチューブを選ぶポイントとおすすめの商品を教えていただきました。後半には各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。合わせてロードバイク用チューブを選ぶ際の参考にしてみてください。


新着記事


カッティングマシンおすすめ8選|初心者でもかんたん【コスト削減にも】

カッティングマシンおすすめ8選|初心者でもかんたん【コスト削減にも】

自宅でオリジナルステッカーやオリジナルTシャツを作るときに重宝するのが「カッティングマシン」です。別名、「カッティングプロッター」とも呼ばれているカッティングマシンは、各メーカーからさまざまな種類のものが販売されており、機能やサイズがそれそれ異なります。今回はそんなカッティングマシンをプロの家電販売員のたろっささんと編集部がご紹介します。この記事をじっくりと読み、あなたにとっての最高の1台を見つけてください。


USBヘッドセットのおすすめ12選|タイプ別に解説! 音質・マイク性能もチェック

USBヘッドセットのおすすめ12選|タイプ別に解説! 音質・マイク性能もチェック

ハンズフリーで通話やゲームを楽しめるUSBヘッドセット。BUFFALO・プラントロニクス・LOGICOOL・ゼンハイザーなど、メーカーが多数あり、選ぶのに迷ってしまいますよね。そこで、ゲームキャスターの吉﨑智宏さんと編集部が選ぶUSBヘッドセットのおすすめ商品をご紹介します。また、選び方のポイントについても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


工具セットおすすめ11選|用途別に紹介【家庭用、DIY用、整備用】

工具セットおすすめ11選|用途別に紹介【家庭用、DIY用、整備用】

流行りのDIYをしたり、ちょっとした家具の組み立てや修理、バイクや自動車の整備をするときに便利な「工具セット」は、ひとつ持っているととても役立ちます。プロ仕様のセットや初心者でも使えるようなセットまで、さまざまな種類があるので、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。そこで、工具セットの選び方のポイントとおすすめの11商品を、DIYアドバイザーの野口 僚さんと編集部がご紹介します。ぜひ、選ぶときの参考にしてみてください。


アウトドア用まな板おすすめ12選|木・樹脂・ゴム製・折りたたみ式も

アウトドア用まな板おすすめ12選|木・樹脂・ゴム製・折りたたみ式も

アウトドアでの調理で必需品となるまな板。アウトドア用まな板には、機能的でコンパクトなもの、おしゃれで素材にこだわったものまでさまざまあります。そこで、アウトドアライターの大森弘恵さんと編集部が厳選した商品12選をご紹介します。また、素材や機能を含め、使用シーンを踏まえた選び方についてもくわしく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


【騒音計】おすすめ11選│精度・測定範囲・機能について解説!

【騒音計】おすすめ11選│精度・測定範囲・機能について解説!

音の大きさを数値化して測定してくれる「騒音計」。オフィスや自宅まわりで、工事などの騒音に悩まされている場合などに役立つでしょう。そこで、DIYクリエイターの網田真希さんと編集部が厳選した商品11選をご紹介します。あわせて、騒音計のタイプや機能についても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


人気の記事


>>総合ランキングを見る