【ミニバンタイヤ】の選び方&おすすめ7選|カージャーナリストが商品を解説

【ミニバンタイヤ】の選び方&おすすめ7選|カージャーナリストが商品を解説

カージャーナリスト:松村 透
カージャーナリスト
松村 透

輸入車の取扱説明書の制作を経て、2006年にベストモータリング/ホットバージョン公式サイトのリニューアルを担当し、Webメディアの面白さに目覚める。 その後、大手飲食店ポータルサイトでコンテンツ企画を経験し、2013年にフリーランスとして独立。現在はトヨタ GAZOO愛車紹介の監修・取材・記事制作、ベストカー誌の取材等で年間100人を超えるオーナーインタビューを行う。 また、輸入車専門の自動車メディア・カレントライフの編集長を務める。現在の愛車は、2016年式フォルクスワーゲン ゴルフ トゥーランと1970年式の古いドイツ車。妻と、平成最後の年に産まれた息子、動物病院から譲り受けた保護猫と平和に(?)暮らす日々。

カージャーナリストが選ぶミニバンタイヤ7選をご紹介します。タイヤはクルマ選びのとき同様に、人の命を乗せて走るうえで極めて重要な役割を担っていることを認識して選ぶ必要があります。また、ミニバンにはミニバン向け、あるいはミニバン専用タイヤを選ぶことが大切です。本記事では、カージャーナリストの松村 透さんにお話をうかがい、ミニバンタイヤの選び方とおすすめ商品について教えてもらいました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


ミニバンタイヤの上手な選び方|カージャーナリストが解説

カージャーナリストの松村 透さんに、ミニバンタイヤを選ぶときのポイントを5つ教えてもらいました。目的に合うミニバンタイヤ選びに松村さんの選び方を役立ててください。

白い車とタイヤ
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

ミニバンタイヤのスペックをしっかりチェックして、より快適なドライブを!

ミニバン専用設計のタイヤを選ぼう

カージャーナリスト

ひとくちにタイヤといっても、スポーツカーや、乗用車、トラック、低燃費タイヤなど、さまざまな種類や用途があります。現在の日本の路上はたくさんのミニバンが走っているだけに、各タイヤメーカーも「ミニバン向け(あるいはミニバン専用)タイヤ」を開発・販売しています。

ご自身の愛車、あるいはご家族のクルマがミニバンであった場合、できるだけミニバン向け(あるいはミニバン専用設計)タイヤを選んでください。そのクルマの特性にあったタイヤを選ぶことで、結果として快適かつ安全なドライブが実現できるのです。

BRIDGESTONE(ブリヂストン)『REGNO GRVII』

ミニバンとSUV専用タイヤ。高い静粛性を実現しているので、快適なドライブを楽しむことができる。

>> Amazonで詳細を見る

車体のふらつきを抑えるタイヤを選ぼう

カージャーナリスト

ミニバンといえば、乗用車と比較して重心が高く、また面積が多いため、とくに高速道路などを走行中に横風にあおられると、車体が左右に激しく揺れることもあります。その点、ミニバン向け(あるいはミニバン専用)タイヤは、車体のふらつきを抑えたり、軽減してくれる設計となっています。

また、コーナリング中などの車体のゆれも軽減してくれるので、お子さんなど同乗者が酔いやすい場面などで効果的なだけでなく、運転するうえでよりハンドルの応答性や直進安定性がえられるようになるためおすすめです。

燃費のよさもチェック

カージャーナリスト

一見すると、タイヤと燃費の関係性が想像できないかもしれません。しかし、運転中のタイヤはつねに路面と接し、回転しています。それはつまり、路面との摩擦や抵抗と戦っているのです。抵抗が大きければ大きいほど車体の進み具合が悪くなり、結果として動くための負荷が大きくなります。これが燃費の悪化につながるのです。

タイヤがスムーズに回転してくれると、その分路面との摩擦や抵抗が軽減され、燃費も向上します。ミニバンのタイヤ選びの際には、燃費向上に配慮されているかも気にかけてください。

静粛性も確認

カージャーナリスト

高速道路や国道など、流れの速い道で聴こえてくる「ゴーッ」という音。これを「ロードノイズ」といいます。最近のクルマはエンジン音をはじめとする音を抑える静粛性・車内の密閉性が著しく向上してきているので、よけいにロードノイズが気になる傾向にあります。

大人数が快適に移動できるのもミニバンの大きな魅力のひとつです。このロードノイズを抑えたいのであれば「静粛性」にこだわったタイヤを選ぶことをおすすめします。ただし、高い静粛性を追求すると、タイヤ単体の価格も高価になりがちです。

偏摩耗を起こしにくいタイヤを選ぼう

カージャーナリスト

乗用車と比較して車体が高く、そしてさらに車重があるミニバン。それだけ1本あたりハガキ1枚分の面積でクルマを支えているタイヤにも、常に大きな負荷がかかっています。そのため、偏摩耗を起こしにくい設計のタイヤを選ぶようにしてください。

また、タイヤの組みつけ精度があまかったり、自動車メーカーがクルマごとに設定している「ホイールアライメントの基準値」に沿った調整がおこなわれていないと、タイヤの片面・両端・中央部分のいずれかが偏摩耗を起こしてしまいます。こうなると、タイヤの寿命を迎える前に交換することになったり、クルマの運転にも影響をおよぼしかないので注意が必要です。

YOKOHAMA(ヨコハマ)『BluEarth RV-02』

路面接地の面圧が均一になるように設計された、偏摩耗しにくいタイヤ。低燃費性能とウェットグリップ性能にもすぐれている。

>> Amazonで詳細を見る

ミニバンタイヤおすすめ7選|カージャーナリストが厳選

ここまで紹介したミニバンタイヤの選び方のポイントをふまえて、松村 透さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。プロの視点を参考に重視したい性能をチェックしながら商品を選んでみましょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

BRIDGESTONE(ブリヂストン)『Playz PX-RV』

出典:Amazon

静粛性
-
乗り心地
-
耐摩耗性
ドライ性能
-
ウェット性能
b
高速安定性
専用タイヤ
Thumb lg 33548410 686e 4f6b ad7e f5478b3d255a
カージャーナリスト

ミニバン特有のふらつきを抑制した専用設計タイヤ

ブリヂストンの「Playz(プレイズ)」といえば、「疲れにくいという安全性能」をコンセプトに展開している人気モデルです。そのなかでも「Playz PX-RV」は、ミニバン専用として設計・販売されているタイヤです(……といっても、サイズが適合していればそれ以外のジャンルのクルマにも使えます)。

重心が高いミニバンにたくさんの人が乗ると、さらにその傾向が強まります。コーナリング時や横風などで車体がふらつきやすくなるのを抑える高剛性のショルダーブロック、偏摩耗を抑制するティアドロップスロットの採用など、ミニバン特有のウィークポイントをカバーする性能をあわせもったタイヤといえます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

BRIDGESTONE(ブリヂストン)『REGNO GRVII』

出典:Amazon

静粛性
乗り心地
-
耐摩耗性
ドライ性能
-
ウェット性能
b
高速安定性
専用タイヤ
Thumb lg 33548410 686e 4f6b ad7e f5478b3d255a
カージャーナリスト

ブリヂストンタイヤの最高峰モデルといえば、レグノ

高級車やハイパフォーマンスモデル向けとして確固たる地位と人気を確立したタイヤといえば、「REGNO(レグノ)」を挙げる方が多いはず。一度このタイヤをはいてしまうとほかのモデルは選べないという話も耳にするほどです。そのなかでも「GRVII」は、ミニバンやSUVに特化したモデル。

ロードノイズはもちろん、タイヤのパターンノイズの軽減にまでこだわった設計は、サードシートにいたるまで高い静粛性を実現するほどです。タイヤに求められるあらゆる要素を高次元で融合したモデルだけに、減りが早いのが欠点といえますが、妥協したくない方にこそおすすめしたいモデルです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

DUNLOP(ダンロップ)『LE MANS V』

出典:Amazon

静粛性
乗り心地
耐摩耗性
ドライ性能
-
ウェット性能
b、c(サイズにより異なる)
高速安定性
-
専用タイヤ
-
Thumb lg 33548410 686e 4f6b ad7e f5478b3d255a
カージャーナリスト

転がり抵抗の軽減と燃費、耐摩耗性を高次元で融合

セダン・コンパクトカー・軽自動車、そしてミニバンと、幅広いジャンルのクルマに展開しているダンロップのコンフォートタイヤといえば「LE MAN(ル・マン)」シリーズです。タイヤの骨格(プロファイル&パターン)をいちから見直した「SHINOBI(しのび)テクノロジー」により、サイドウォール全体で振動を吸収することで快適性能が向上しています。

また、先代モデルと比較して、突起乗り越し時の入力を10.0%、ロードノイズを36.9%、パターンノイズを32.4%低減しているだけでなく、耐偏摩耗性能が27.0%も向上。最高級モデルは求めていないけれど、どうせならば高いパフォーマンスを望む方におすすめしたいモデルです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

BRIDGESTONE/ブリヂストン 『POTENZA Adrenalin RE003』

出典:Amazon

静粛性
-
乗り心地
-
耐摩耗性
ドライ性能
ウェット性能
b
高速安定性
-
専用タイヤ
-
Thumb lg 33548410 686e 4f6b ad7e f5478b3d255a
カージャーナリスト

ミニバンにスポーティーな走りを求める方に

走るよろこびに応えるストリート用スポーティータイヤとして、セダンやスポーツカー、コンパクトカー、軽自動車、そしてミニバンと、幅広いジャンルに展開されているモデルとして人気を博しているのが「Adrenalin(アドレナリン)RE003」です。

コンフォートタイヤと比較してパターンノイズや静粛性は劣ります。しかし、タイヤのパターンがスポーツタイヤであることをさりげなく主張しているだけでなく、ドライおよびウェットコンディションであっても運転する楽しさを味わいたいドライバー向けのタイヤといえます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

DUNLOP(ダンロップ)『エナセーブ RV505』

出典:Amazon

静粛性
乗り心地
-
耐摩耗性
ドライ性能
-
ウェット性能
b、c(サイズにより異なる)
高速安定性
専用タイヤ
Thumb lg 33548410 686e 4f6b ad7e f5478b3d255a
カージャーナリスト

ダンロップのミニバン専用タイヤといえばこのモデル

ダンロップが誇る「FUNBARI TECHNOLOGY(ふんばりテクノロジー)」により、先代のRV504と比較してタイヤの剛性をアップ。さらにタイヤ全体がたわむことによって、トレッド面全体がしっかりと路面に接することで、耐ふらつき性能も向上しています。

静粛性・直進安定性・低燃費・そしてタイヤそのものの寿命、これを高次元で融合したモデルがRV505といえそうです。RV専用タイヤで、コスパを含めたバランスを重視したい方におすすめしたい商品です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

YOKOHAMA(ヨコハマ)『ADVAN dB V552』

出典:Amazon

静粛性
乗り心地
耐摩耗性
ドライ性能
-
ウェット性能
a
高速安定性
-
専用タイヤ
-
Thumb lg 33548410 686e 4f6b ad7e f5478b3d255a
カージャーナリスト

ヨコハマタイヤ史上、もっとも静粛性が高いタイヤ

ヨコハマタイヤが誇るプレミアムコンフォートタイヤといえば「ADVAN dB V552」です。タイヤのブロックの大きさを最大限に小さくし、5種類のサイズのブロックを織り交ぜ、正確に配置することにより、タイヤと地面との間に発生するノイズを低減しています。

さらに、従来のモデルと比較して、騒音エネルギーが32%低減、ウェット制動性能が6%短縮、転がり抵抗性能も5%向上しているだけでなく、プレミアムカーに馴染む高級感あるサイドデザインも魅力。高品質な走りはもちろんのこと、さりげなくこだわりを主張したい方におすすめしたいモデルです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

YOKOHAMA(ヨコハマ)『BluEarth RV-02』

出典:Amazon

静粛性
乗り心地
耐摩耗性
ドライ性能
-
ウェット性能
a、b(サイズにより異なる)
高速安定性
専用タイヤ
Thumb lg 33548410 686e 4f6b ad7e f5478b3d255a
カージャーナリスト

低燃費性能とウェット性能を両立した専用タイヤ

ヨコハマのミニバン/SUV専用タイヤとしては初となる、低燃費タイヤグレード「A/a」を獲得したのが、この「RV-02」です。また、高い低燃費性能とウェットグリップ性能を両立したRV-02専用の「ナノブレンドゴム」を採用することで、ウェット性能を向上しています。

さらに、タイヤが偏摩耗しにくいマウンド・プロファイルを採用することで、路面へ接地する際の面圧が均一になるように設計されています。ただし、年間走行距離が多く、タイヤ交換の頻度が多い方には耐久性が気になるところかもしれません。

一覧表でおすすめ商品を比較する

画像

BRIDGESTONE(ブリヂストン)『Playz PX-RV』
BRIDGESTONE(ブリヂストン)『REGNO GRVII』
DUNLOP(ダンロップ)『LE MANS V』
BRIDGESTONE/ブリヂストン 『POTENZA Adrenalin RE003』
DUNLOP(ダンロップ)『エナセーブ RV505』
YOKOHAMA(ヨコハマ)『ADVAN dB V552』
YOKOHAMA(ヨコハマ)『BluEarth RV-02』

商品

BRIDGESTONE(ブリヂストン)『Playz PX-RV』 BRIDGESTONE(ブリヂストン)『REGNO GRVII』 DUNLOP(ダンロップ)『LE MANS V』 BRIDGESTONE/ブリヂストン 『POTENZA Adrenalin RE003』 DUNLOP(ダンロップ)『エナセーブ RV505』 YOKOHAMA(ヨコハマ)『ADVAN dB V552』 YOKOHAMA(ヨコハマ)『BluEarth RV-02』

特徴

ミニバン特有のふらつきを抑制した専用設計タイヤ ブリヂストンタイヤの最高峰モデルといえば、レグノ 転がり抵抗の軽減と燃費、耐摩耗性を高次元で融合 ミニバンにスポーティーな走りを求める方に ダンロップのミニバン専用タイヤといえばこのモデル ヨコハマタイヤ史上、もっとも静粛性が高いタイヤ 低燃費性能とウェット性能を両立した専用タイヤ

価格

Amazon : ¥ 23,835
楽天市場 : ¥ 13,081
Yahoo!ショッピング : ¥ 12,350
※各社通販サイトの 2019年9月26日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 12,541
楽天市場 : ¥ 22,939
Yahoo!ショッピング : ¥ 22,127
※各社通販サイトの 2019年9月26日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 8,520
楽天市場 : ¥ 7,470
Yahoo!ショッピング : ¥ 16,609
※各社通販サイトの 2019年9月26日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 21,000
楽天市場 : ¥ 13,200
Yahoo!ショッピング : ¥ 8,800
※各社通販サイトの 2019年9月26日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 7,055
楽天市場 : ¥ 9,950
Yahoo!ショッピング : ¥ 12,680
※各社通販サイトの 2019年9月26日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 15,500
楽天市場 : ¥ 14,780
Yahoo!ショッピング : ¥ 10,150
※各社通販サイトの 2019年9月26日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 9,069
楽天市場 : ¥ 8,229
Yahoo!ショッピング : ¥ 9,500
※各社通販サイトの 2019年9月26日時点 での税込価格

静粛性

- -

乗り心地

- - - -

耐摩耗性

ドライ性能

- - - - - -

ウェット性能

b b b、c(サイズにより異なる) b b、c(サイズにより異なる) a a、b(サイズにより異なる)

高速安定性

- - -

専用タイヤ

- - -

商品情報

通販サイトのミニバンタイヤランキングを参考にする

Yahoo!ショッピングでのミニバンタイヤの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピング:ミニバンタイヤランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

カージャーナリストの「ここがポイント」|選ぶなら国産タイヤメーカーが安心

カージャーナリスト

最近では「アジアンタイヤ」などと呼ばれる低価格のタイヤが普及しつつあります。このタイヤの魅力はなんといっても「低価格であること」につきます。実際に通常の走行では問題なく使えますし、コスパ重視の方を中心に愛用者が増えつつあるようです。

しかし、タイヤの選び方ひとつで、クルマの快適性や走行性能、燃費にいたるまで大きな影響をおよぼします。高価なタイヤはこれらの要素を高次元で実現している分、溝の減りが早い場合もあります。

さらに気をつけたいのは、タイヤの溝が少なくなってきたときの性能維持です。国産タイヤメーカーはそのあたりの配慮も抜かりないのです。命を乗せて走るタイヤだけは妥協せず、国産タイヤメーカーを選ぶようにしてください。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:山岡光、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/09/30 表示されている価格は税込価格ですが、消費税率は掲載時点、あるいは更新時点のものです。(マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連するタグ


カー用品

関連する記事


SUVタイヤおすすめ9選! カージャーナリストがこだわりの選び方も解説

SUVタイヤおすすめ9選! カージャーナリストがこだわりの選び方も解説

SUVタイヤは、オンロードのみか、オフロード走行も視野に入れているかで選び方がまったく異なります。さらに、スポーティーなタイヤとコンフォート向けのタイヤでも選択肢が大きく変わります。本記事では、カージャーナリストの松村 透さんへの取材をもとに、SUVタイヤの選び方とおすすめ商品を紹介します。SUVタイヤ選びで迷っている方は、ぜひ参考にしてください。


バックカメラおすすめ5選|カージャーナリストが選ぶ後づけも可能な製品

バックカメラおすすめ5選|カージャーナリストが選ぶ後づけも可能な製品

後方の安全確認やバックでの駐車時のサポートに活躍するバックカメラ。カーナビ同様、後づけが可能なカーアクセサリーのひとつです。このバックカメラ選びについて、カージャーナリストの松村 透さんに具体的な選び方のポイントとおすすめ製品を教えていただきました。松村さんによると「ドライブレコーダーとは異なり、バックカメラは車外への設置が基本。水やホコリ、紫外線など、あらゆる自然の脅威にさらされるので、過酷な環境でも故障せず、長く使えるものを選びましょう(つまりは、有名メーカー品を選ぶのが結果的に安心だし、壊れる確率も低くなります)」。とはいえ、メーカー品でも製品ごとの特徴や機能の違いがあります。ぜひこの記事をバックカメラ選びに役立ててください。


ドライブレコーダー(前後)のおすすめ6選|カージャーナリストが商品を解説

ドライブレコーダー(前後)のおすすめ6選|カージャーナリストが商品を解説

カージャーナリストが選ぶドライブレコーダー(前後)6選をご紹介します。交通事故に備えて購入しておきたいドライブレコーダーですが、商品によってどんな違いがあるか知っておきたいですよね。そこで、カージャーナリストとして活躍中の松村 透さんにドライブレコーダー(前後)の選び方とおすすめ商品について教えてもらいました。気になるドライブレコーダー(前後)があれば詳しくチェックしてみましょう。また、最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


【コードレスも!】車用掃除機おすすめ6選|カージャーナリストが選び方も解説

【コードレスも!】車用掃除機おすすめ6選|カージャーナリストが選び方も解説

車内の掃除に役立つ車用掃除機ですが、コードレス、シガーソケットからつなぐタイプのほか、砂や小石を吸える吸引力をもつものなどがあります。本記事では、カージャーナリスの松村 透さんへの取材のもと、車用掃除機の選び方とおすすめの商品6選をご紹介します。車専用の掃除機は1台あると意外と便利です。そんなにすぐに買い換えるものではないからこそ、しっかり選びたいものですよね。購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。


【カージャーナリストに聞いた!】ヘッドライトクリーナーおすすめ10選

【カージャーナリストに聞いた!】ヘッドライトクリーナーおすすめ10選

カージャーナリストの松村 透さんへの取材をもとに、ヘッドライトクリーナーの選び方とおすすめの商品をご紹介します。自動車の樹脂製ヘッドライトは、長年使用していると知らず知らずの間に黄ばんでしまいます。ボディがきれいに磨かれていてもヘッドライトが黄ばんだままでは、ちょっと残念。ライト本来の明るさにも影響してきます。そんなヘッドライトをよみがえらせてくれるのがヘッドライトクリーナーです。用途や施工方法など、商品を選ぶポイントを松村 透さんにうかがい、おすすめの10品を厳選していただきました。各ECサイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。


最新の記事


パーソナルトレーナーがおすすめ【フィットネスシューズ5選】|ジム通いに必須

パーソナルトレーナーがおすすめ【フィットネスシューズ5選】|ジム通いに必須

パーソナルトレーナーの田子政昌さんに、フィットネスシューズの選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。フィットネスシューズも、そのほかのスポーツシューズに近い構造となっている場合が多いですが、野外の運動シューズを室内で使うと、床に跡が残ってしまったりして迷惑がかかってしまいます。また、動作の際の適切なクッション性も感じることができ安全性も高まるので、やはりジムに通う際はフィットネスシューズを使用した方が無難です。パーソナルトレーナーの田子政昌さんの意見を参考にして、自分に合ったシューズで快適なフィットネスライフを楽しみましょう。


40代におすすめの化粧下地7選【ヘア&メイクアップアーティストに取材】

40代におすすめの化粧下地7選【ヘア&メイクアップアーティストに取材】

40代になるとホルモンバランスの乱れなどから肌の変化を感じやすくなりますが、流行のファッションやメイクを取り入れ、若々しさを維持したいという願望を持つ方も多いですよね。ファンデーションだけでカバーするのではなく、ツヤ感のある化粧下地を上手に取り入れて素肌が輝いていきき見えるベース作りを目指しましょう。そこで、本記事ではヘア&メイクアップアーティストの渡辺みゆきさんへの取材をもとに、40代用化粧下地の選び方とおすすめ商品を紹介していきます。


【振動スピーカー】の選び方&おすすめ5選|家電コンシェルジュが商品を厳選!

【振動スピーカー】の選び方&おすすめ5選|家電コンシェルジュが商品を厳選!

家電コンシェルジュが選ぶ振動スピーカー5選をご紹介します。机や棚の振動を利用して音を増幅する振動スピーカー。一度使えば、自宅使用だけでなく旅行などにも手放せない存在になるでしょう。しかし、振動スピーカーを販売しているのは日本では無名なメーカーが多いため、選ぶのに困ることも。そこで、家電ライターの松本レイナさんにお話をうかがい、おすすめの選び方から厳選した商品までをご紹介いただきました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


【名刺スキャナー】の選び方&おすすめ6選|ガジェットレビュアーが商品を厳選!

【名刺スキャナー】の選び方&おすすめ6選|ガジェットレビュアーが商品を厳選!

ガジェットレビュアーが選ぶ名刺スキャナー6選をご紹介します。名刺は捨てることがあまりないので、たまる一方ですよね。名刺スキャナーがあれば、ファイルにまとめる必要はなく、大量の名詞を手軽に管理することが可能です。本記事では、大くのガジェットをレビューしている東雲八雲さんに、名刺スキャナーのおすすめ商品を教えてもらいました。かんたんに使える商品もたくさんありますので、ぜひお気に入りの1台を見つけてみてください。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてくださいね。


【スマートキーケース】のおすすめ商品8選|カージャーナリストが選び方を解説

【スマートキーケース】のおすすめ商品8選|カージャーナリストが選び方を解説

カージャーナリストが選ぶスマートキーケース8選をご紹介します。スマートキーの持ち運びと保護に役立つスマートキーケースですが、リレーアタック対策が施されているタイプや、防水加工が施されているタイプなど、商品によって機能が異なります。本記事では、スマートキーケースのおすすめ商品と選び方について、カージャーナリストの松村 透さんにお話をうかがいました。各商品の特徴を見比べて、用途に合ったスマートキーケースを選びましょう。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。