サックスケースのおすすめ8選|サックスプレイヤー厳選&選び方解説

サックスケースのおすすめ8選|サックスプレイヤー厳選&選び方解説
サックスプレイヤー
加度 克紘

広島県尾道市出身。高校入学と同時に吹奏楽でサックスを始める。 甲陽音楽学院コンテンポラリーミュージック科で荒崎英一郎氏に師事。 甲陽音楽学院卒業後、渡米し、ボストンのBerklee College Of Music :Woodwind科 Performance学部に入学。 サックスをFred Lipsius, Dino Govoni, Bill Pierce, Jim Odgren, Walter Beasley, Shannon LeClair、フルートをWendy Rolfeに師事。 2000年にDean’s Listに登録される他、R&Bバンドへの参加など、現地での演奏活動も行う。 2001年に卒業し、日本へ帰国。自己のグループを率いての演奏だけでなく、作曲・編曲活動を行い、教育の方面でもサックス指導だけでなく、「一生使えるサックス基礎トレ本 サックス奏者のためのハノン」「ドレミで覚えるジャズ・アドリブの法則」など教則本の執筆、音楽理論や作曲の指導など多岐にわたり活動中。

サックスを外に持ち出すさいに気になるのは、運びやすさ。リュックのように背負えるものもあるなど、サックスケースにはさまざまな種類があります。見た目ももちろん重要ですが、頑丈さ、強度、重さなどもサックスケース選びの重要なポイントです。この記事では、サックスプレイヤー・加度克紘さんへの取材をもとに、サックスケースの選び方とおすすめ商品をご紹介します。目的によってケースの選び方も異なりますが、安全に大切に楽器を運べるようにするサックスケースを選びたいところです。


サックスケース選びのポイント|サックスプレイヤーに聞きました

サックスプレイヤー・加度克紘さんに、サックスケースを選ぶときのポイントを4つ教えてもらいました。持ち運びやすさ、強度、安全性などさまざまなポイントがありますが、自分の利用シーンにあったスペックかしっかり吟味しましょう。

サックスがしまってあるサックスケース
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

大切なサックスを守るため、サックスケース選びにもこだわりたいところです。

重量優先のフライトケース/ソフトケース

サックスプレイヤー

軽さを優先する場合は、サックスの形をしたフライトケースがおすすめです。コンパクトに設計されているため持ちやすく、ケース本体が軽くて持ち運びにかかる体の負担が少ないというメリットがあります。

ただしコンパクトな分、外はかたい素材でも、なかのクッション部分が薄く衝撃に弱かったり、収納部分が少ないため、小物類や楽譜を入れるバッグなどもうひとつ手荷物が必要になったりするデメリットもあります。

軽さ優先なケースには、フライトケースのほかにもソフトケースがあります。ソフトケースは布製のものが多く軽いのが特徴ですが、強度がないため、短距離の運搬のみに使用するといいでしょう。

野中貿易 NONAKA(ノナカ)『超軽量パックケース(アルトサクスフォン)』

アルト用のケースは約1.4kgと、フライトケースのなかでも抜群に軽量。

>> Amazonで詳細を見る

頑丈さ優先のハードケース/セミハードケース

サックスプレイヤー

楽器を安全に運ぶにはハードケースやセミハードケースが頑丈でおすすめです。

ケース外部がかたい素材なのはもちろん、ケース内部のクッション部分が大きく、その素材もしっかり考えられています。収納もじゅうぶんに確保されているものが多いので、ネックやマウスピースのほかに小物類もたくさん入ります。

欠点は大きくて重いこと。持ち運びやすさも考えられた背負うリュックタイプもありますが、ズシッときます。

肩がけタイプか背負うタイプか

サックスプレイヤー

フライトケースでもハードケースでも、肩がけタイプと背負うリュックタイプがあります。

徒歩移動がメインの場合は肩がけタイプ、背負うタイプのどちらでも大丈夫です。背中の暑さや振動が気になるのであれば肩がけタイプ、体の負担を減らすのであれば背負うタイプにするのがいいと思います。また、移動時に自転車を使う場合は両手の使える背負うタイプ一択ですね。

ちなみに、徒歩でも電車移動が多い場合は、一番荷物が多いシーン、たとえば雨の日に傘を持って改札を通るときのことなどを考えて選ぶといいでしょう。

グローバル『C.C.シャイニーケース2(アルトサクスフォン)』

肩がけにも、リュックにもできるタイプ。コンパクトで軽量、カラーバリエーションも豊富で人気のケースです。

>> Amazonで詳細を見る

あると便利な機能もチェック

サックスプレイヤー

自分の場合、ほかにもケースに求めていることがあります。ケース内にA4の楽譜が入ると、ケースとは別に持つカバンの大きさも小さくすることができます。

ちょっと手を離したいときに自立してくれる機能や、電車に乗っているときは立てて持つので、ケースの横と縦の2カ所に取っ手があると便利です。

また、ストラップの接合部分は一番負荷がかかるところなので、じゅうぶんな強度で接合してあること、できればパーツも金属製が望ましいです。

サックスケースのおすすめ8選|サックスプレイヤーが厳選

ご紹介したサックスケースの選び方のポイントをふまえて、サックスプレイヤー・加度克紘さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。いろいろなタイプのケースを紹介してくれているので、きっとご自身にぴったりのものが見つかるでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

野中貿易 NONAKA(ノナカ)『超軽量パックケース(アルトサクスフォン)』

野中貿易NONAKA(ノナカ)『超軽量パックケース(アルトサクスフォン)』

出典:Amazon

重量 1.4kg
外寸(サイズ) -
カラーバリエーション ブラック
Thumb lg 39f26fe8 cfc7 4b36 b29d f6b84e75881c

サックスプレイヤー

定番の軽さ重視のケース

頑丈ながらもアルト用で約1.4kg、テナー用でも約2.0kgとフライトケースのなかでも抜群の軽さです。肩がけタイプでとにかく軽いものと言えば、この商品が定番中の定番。

収納はポケットの有無を選べるので、楽器と一緒に小物類を持ち運びたい場合はポケットありを選ぶといいですし、別のバッグを持つ場合は軽さを優先してポケットなしを、という選び方でもいいと思います。カラーは1色(ブラック)のみですが、軽さを重視する場合はこのケースがおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

グローバル『C.C.シャイニーケース2(アルトサクスフォン)』

グローバル『C.C.シャイニーケース2(アルトサクスフォン)』

出典:Amazon

重量 約1.5kg
外寸(サイズ) -
カラーバリエーション サーモンピンク、ホットピンク、パステルピンク、レッド、パープル、ウィステリア、ラベンダー、ブラック、ブルーなど全20色
Thumb lg 39f26fe8 cfc7 4b36 b29d f6b84e75881c

サックスプレイヤー

カラーも豊富なコンパクトさ重視のケース

重量がアルト用で約1.5kg、テナー用で約2.4kgと軽く、ケースのなかでもコンパクトです。カラーも20色あり、肩がけにも、リュックにもできて人気があります。

コンパクトな分、収納もほとんどなく、内部のクッション性もほとんどないので衝撃には弱いのがデメリットですが、軽さを重要視する場合はこのケースがおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

BAM SAS bam『CABINE ALTO SAX CASE 4011S』

BAMSASbam『CABINEALTOSAXCASE4011S』

出典:Amazon

重量 2.4kg
外寸(サイズ) 630×250×150mm
カラーバリエーション ブラック、メタリックシルバー、レッド
Thumb lg 39f26fe8 cfc7 4b36 b29d f6b84e75881c

サックスプレイヤー

軽くて頑丈。安全性重視のケース

基本的には背負うタイプのケースです。内部にBAM製品の特徴でもあるウレタンフォームを使用し、衝撃に強い性質があります。

コンパクトながら外側は硬質ABS素材が使用されているため頑丈であり、しかも軽量。重量はアルト用で約2.4kg、テナー用でも約3.5kgです。肩がけにもリュックにも対応しており、持ち運びやすさもじゅうぶんです。

通常の『CABINE』は3色のみですが、CABINEシリーズはほかにも多数の種類があり、個性的なケースも選ぶことができます。収納力がありませんが、楽器の安全性と軽さを重要視する場合はこのケースがおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

bags『EFAS』

bags『EFAS』

出典:Amazon

重量 2.15kg
外寸(サイズ) 約620×310×110mm
カラーバリエーション ブラック、ブルー、オレンジ、レッド、ホワイト、イエローなど全12色
Thumb lg 39f26fe8 cfc7 4b36 b29d f6b84e75881c

サックスプレイヤー

スタイリッシュながら収納力も考えられたケース

背負うタイプのケースです。外部はグラスファイバー、内部はポリスチレンで衝撃に強く、軽くて頑丈なケースです。

また背面部分にはA4サイズが入る大きいポケットがついているので、コンパクトながら収納もじゅうぶん。カラーも12色あり、スタイリッシュなケースです。

自立しないのがデメリットですが、収納力と軽さを兼ね備えたものならこのケースがおすすめ。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

protec(プロテック)『Alto Saxophone PRO PAC Case - Rectangular(PB304)』

protec(プロテック)『AltoSaxophonePROPACCase-Rectangular(PB304)』

出典:Amazon

重量 約3.5kg
外寸(サイズ) 約630×270×190mm
カラーバリエーション ブラック
Thumb lg 39f26fe8 cfc7 4b36 b29d f6b84e75881c

サックスプレイヤー

頑丈で機能性抜群のケース

頑丈で、内部に木製のフレームが入っており衝撃に強く設計されているほか、マジックテープで落下防止のための工夫が施されています。外側にA4の楽譜や小物類を収容できるポケットがついており、収納力も抜群。自立して使い勝手がいいのがこのケースの魅力です。

カラーは1色(ブラック)のみで、重量が約3.6kgとほかのケースと比べて重いのがデメリット。肩がけ用のストラップが付属していますが、背負う場合には別売のストラップが必要です。安全性、機能性を重要視する場合はこのケースがおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

GL CASES GLK SERIES『アルトサックス用ハードケース(GLK-A(S))』

GLCASESGLKSERIES『アルトサックス用ハードケース(GLK-A(S))』

出典:Amazon

重量 約2.35~3.30kg
外寸(サイズ) 650×280×160mm
カラーバリエーション グレー、パールグレイ
Thumb lg 39f26fe8 cfc7 4b36 b29d f6b84e75881c

サックスプレイヤー

収納力、軽さ、安全性を兼ね備えたケース

外部に耐熱性、耐衝撃性にすぐれたポリカーボネイトを使用しており、内部はクッション性が高く、取っ手部分も亜鉛合金で頑丈。

前面と背面にポケットをふたつ装着可能で、収納力もじゅうぶんなリュックタイプながら、アルト用はポケットをつけるなどのフル装備で約3.3kg、テナーでも約4.2kgという軽さが魅力のケースです。

カラーは2色。安全性と軽さ、さらに収納力も兼ね備えた質の高さを重要視する場合はこのケースがおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

BAM SAS bam『TREKKING ALTO SAX CASE』

BAMSASbam『TREKKINGALTOSAXCASE』

出典:Amazon

重量 3.3kg
外寸(サイズ) 670×310×230mm
カラーバリエーション ブラック、ネイビーブルー、グリーン
Thumb lg 39f26fe8 cfc7 4b36 b29d f6b84e75881c

サックスプレイヤー

収納力たっぷりなリュックタイプの定番ケース

BAMのリュックタイプのケースです。ウレタン素材の内部で楽器の安定性がよく、衝撃にも強いケースです。A4サイズもじゅうぶんに入る大型のポケットのほか、サイドにも小物類を収納できるポケットがついており、収納力はじゅうぶん。

アルトで約3.3kg、テナー用で約4.1kgと四角いトレッキングタイプのなかでは比較的軽量なケースです。安全性と収納力を重視する場合はこちらのケースがおすすめです。

カラーは3色ありますが、ほかにもSAINT GERMAIN TREKKINGという縦のストライプが入ったモデルもあります。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

protec(プロテック)『Alto Saxophone PRO PAC Case – Contoured (PB304CT)』

protec(プロテック)『AltoSaxophonePROPACCase–Contoured(PB304CT)』

出典:Amazon

重量 約2.83kg
外寸(サイズ) 647.7×273.05×190.5mm
カラーバリエーション ブラック、ブルー、レッド、パープル
Thumb lg 39f26fe8 cfc7 4b36 b29d f6b84e75881c

サックスプレイヤー

安価ながらも衝撃に強い定番ケース

上記で紹介したPB304のサックス型のケースです。こちらも木製のフレームが入っており、頑丈な仕様になっています。コンパクトなのでアルト用で約2.8kg、テナー用で約4.0kgとPB304よりは軽いですが、それでもサックス型のケースのなかでは重い部類です。

小物類の収納もじゅうぶんにありますが、A4が入らないのが惜しいところ。カラーは4色で、背負う場合は別売のストラップが必要です。安全性を重視する場合はこのケースがおすすめです。

「サックスケース」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
野中貿易 NONAKA(ノナカ)『超軽量パックケース(アルトサクスフォン)』
グローバル『C.C.シャイニーケース2(アルトサクスフォン)』
BAM SAS bam『CABINE ALTO SAX CASE 4011S』
bags『EFAS』
protec(プロテック)『Alto Saxophone PRO PAC Case - Rectangular(PB304)』
GL CASES GLK SERIES『アルトサックス用ハードケース(GLK-A(S))』
BAM SAS bam『TREKKING ALTO SAX CASE』
protec(プロテック)『Alto Saxophone PRO PAC Case – Contoured (PB304CT)』
商品名 野中貿易 NONAKA(ノナカ)『超軽量パックケース(アルトサクスフォン)』 グローバル『C.C.シャイニーケース2(アルトサクスフォン)』 BAM SAS bam『CABINE ALTO SAX CASE 4011S』 bags『EFAS』 protec(プロテック)『Alto Saxophone PRO PAC Case - Rectangular(PB304)』 GL CASES GLK SERIES『アルトサックス用ハードケース(GLK-A(S))』 BAM SAS bam『TREKKING ALTO SAX CASE』 protec(プロテック)『Alto Saxophone PRO PAC Case – Contoured (PB304CT)』
商品情報
特徴 定番の軽さ重視のケース カラーも豊富なコンパクトさ重視のケース 軽くて頑丈。安全性重視のケース スタイリッシュながら収納力も考えられたケース 頑丈で機能性抜群のケース 収納力、軽さ、安全性を兼ね備えたケース 収納力たっぷりなリュックタイプの定番ケース 安価ながらも衝撃に強い定番ケース
重量 1.4kg 約1.5kg 2.4kg 2.15kg 約3.5kg 約2.35~3.30kg 3.3kg 約2.83kg
外寸(サイズ) - - 630×250×150mm 約620×310×110mm 約630×270×190mm 650×280×160mm 670×310×230mm 647.7×273.05×190.5mm
カラーバリエーション ブラック サーモンピンク、ホットピンク、パステルピンク、レッド、パープル、ウィステリア、ラベンダー、ブラック、ブルーなど全20色 ブラック、メタリックシルバー、レッド ブラック、ブルー、オレンジ、レッド、ホワイト、イエローなど全12色 ブラック グレー、パールグレイ ブラック、ネイビーブルー、グリーン ブラック、ブルー、レッド、パープル
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年8月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年8月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年8月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年8月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年8月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年8月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年8月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年8月14日時点 での税込価格

ECサイトのサックスケースランキングを参考にする

Yahoo!ショッピングでのサックスケースの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピング:サックスケースランキング

※上記リンク先のランキングは、各ECサイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

サックスプレイヤーが語るサックスケース購入の目的とは?

サックスプレイヤー

サックスケースは楽器購入時に付属しているので、すぐに必要になるものではありません。しかし、付属のハードケースは運搬時の安全性を重視した頑丈で重いものが多く、サックスを外に持ち出すにはその重量が負担となります。

ケースを変えるということはその身体的な負担を軽減することがおもな目的となります。もちろん多機能重視で忘れ物を減らす目的もあったり、見た目的な要素(カッコイイ! )も重要ですね。

目的によってケースの選び方も異なりますが、安全に大切に楽器を運べるようにするサックスケースを選びたいところです。

閉め忘れには気をつけましょう|サックスプレイヤーのアドバイス

サックスプレイヤー

ケースを変えるだけでも演奏するモチベーションが上がりますね。最後に、ケースを変えたさいに注意することは、閉め忘れによる落下事故です。私自身も経験がありますが、修理代も高く、凹んだ楽器を見ると泣きそうになります。

ケースはファスナー型かラッチ型(パッチン錠)で閉めるものがほとんどです。ファスナー型の場合は閉め忘れ防止のためにキーホルダーをつけたり、ラッチ型は誤動作(服などにあたって開いてしまう)予防のために鍵を閉めたりするなど、楽器の落下予防にはじゅうぶん気をつけてください。

また誤ってケースが開くのを防ぐために、スーツケースに巻くようなベルトなどをつけておくと安全です。あとは好きな場所へ持っていき、たくさん演奏してください!

一般的には「サックス(Sax)」と呼ばれることが多いですが、正式には「サクソフォン(saxophone)」と言い、考案者であり開発及び製作者のアドルフ・サックス(Adolphe Sax)の名前が冠された楽器です。フルートやクラリネットなどの他の木管楽器に比べると新しい楽器で、クラシックはもちろ...

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:ピカルディ修士、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/09/13 タグ修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 横塚枝緒里)

※2019/09/30 表示されている価格は税込価格ですが、消費税率は掲載時点、あるいは更新時点のものです。(マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


初心者におすすめのアコギ16選|価格帯別、タイプ別ランキング

初心者におすすめのアコギ16選|価格帯別、タイプ別ランキング

音楽機材選びのプロ、田澤 仁さんに初心者に最適なアコギを価格帯別、タイプ別に16本選んでもらいました。ヤマハ、モーリスからマーチン、テイラーまで、厳選ピックアップ! また、プロならではの選び方のコツも伝授していますので、ぜひ参考にしてください。


キーボードケースおすすめ12選|ソフト・ハード・鍵盤のサイズで選ぶ!

キーボードケースおすすめ12選|ソフト・ハード・鍵盤のサイズで選ぶ!

キーボードの持ち運びや保管時には、キーボードケースに入れておく必要があります。タイプはハードとソフトの2タイプ。ほかに鍵盤のサイズや商品によって対応している機種も異ってきます。そこで、ピアノ講師・山野辺祥子さんと編集部が選んだキーボードケースのおすすめ商品12選と、キーボードケースの選び方をご紹介します。


キーボードスタンドおすすめ12選|【X型・Z型・テーブル型】タイプで選ぶ

キーボードスタンドおすすめ12選|【X型・Z型・テーブル型】タイプで選ぶ

自宅やライブイベントなどでキーボードを演奏するときに欠かせない、キーボードスタンド。X型やZ型、テーブル型など、さまざまな種類があります。そこで、ピアノ講師の山野辺祥子さんにお話をうかがい、キーボードスタンドを選ぶときのポイントと、山野辺祥子さんと編集部が選んだおすすめの商品を12選ご紹介します。


ドラムトレーニングパッドおすすめ10選|素材、リム・スタンドの有無で選ぶ

ドラムトレーニングパッドおすすめ10選|素材、リム・スタンドの有無で選ぶ

ドラムはバンドや吹奏楽などのリズムキープに欠かせない楽器ですが、自宅練習となると、スペースや音の問題などでドラムセットが設置できないこともあるでしょう。そんなときに役立つのがドラムトレーニングパッド。そこで、ドラムトレーニングパッドの選び方と、ピアノ講師で元大手楽器メーカー店員の山野辺祥子さんと編集部が選んだ10選をご紹介します。


トランペットマウスピースのおすすめ商品11選|YAMAHA、Bachなど厳選!

トランペットマウスピースのおすすめ商品11選|YAMAHA、Bachなど厳選!

トランペットを吹く際に必要な部品がマウスピースです。この記事では、ピアノ講師で元大手楽器メーカー店員の山野辺祥子さんと編集部が選んだおすすめのトランペットマウスピース11選をご紹介します。カップ容量・リムサイズなど商品の選び方についても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


関連するブランド・メーカー


グローバル

新着記事


デーツのおすすめ11選|食べやすい粒タイプや料理に使えるペーストタイプなど!

デーツのおすすめ11選|食べやすい粒タイプや料理に使えるペーストタイプなど!

日本ではあまりなじみのないデーツですが、世界ではメジャーなフルーツとして多くの人に食べられています。栄養価が高く強い甘みとクセになる味わいが特徴。ここでは、フードスタイリストの江口恵子さんと編集部で、デーツの選び方とおすすめのデーツをご紹介します。


スムージーシェイカーおすすめ12選|使いやすいシェイカーで【ダイエットにも】

スムージーシェイカーおすすめ12選|使いやすいシェイカーで【ダイエットにも】

毎日の健康をサポートするためにスムージーを飲む人が増えています。粉末タイプは溶けにくかったりしますが、そんなときに便利なのがスムージーシェイカー。ミキサーボール付きの便利な商品などもありますので、用途やシーンに合わせて選んでください。この記事では、管理栄養士の横川仁美さんと編集部が、スムージーシェイカーの選び方とおすすめ12選をご紹介します。


ボールプールおすすめ12選|子どもが喜ぶ多彩な遊び方【安心して遊べる】

ボールプールおすすめ12選|子どもが喜ぶ多彩な遊び方【安心して遊べる】

休園中や自宅待機などで外遊びができないと体力が有り余ってしまい、生活リズムが崩れてしまう場合も。そんなとき、子ども向けの遊具施設などにあるボールプールが自宅にあれば、体を動かして遊ぶことができます。商品によってサイズや仕様が異なるため、自宅に置けるものやどのように遊ばせるかで選ぶのが重要です。この記事では、保育士・武田優希さんと編集部でボールプールの選び方とおすすめ12商品を紹介します。


花粉対策メガネのおすすめ商品12選|紫外線カット・曇り止めなど

花粉対策メガネのおすすめ商品12選|紫外線カット・曇り止めなど

花粉が飛ぶシーズンになると悩まされるのが花粉性結膜炎。ゴロゴロとした不快な異物感も症状のひとつです。本記事では、花粉対策に役立つメガネの選び方をご紹介します。医療ライターの宮座美帆さんからのアドバイスと編集部が選んだおすすめ商品12選もチェックしていきましょう。


目打ちおすすめ12選|手芸やレザークラフトに!【美しい出来上がりを】

目打ちおすすめ12選|手芸やレザークラフトに!【美しい出来上がりを】

レザークラフト作家のHARUさんと編集部が、目打ちの選び方とおすすめ12選をご紹介します。目打ちはレザークラフトや刺繍、裁縫などの手芸で使う道具で、目打ちを使うことで、作品の出来上がりに差が出ます。こまかい部分まで美しく仕上げたい人は、ぜひ一度使ってみましょう。


人気の記事


>>総合ランキングを見る