ポータブルオンダッシュナビおすすめ6選! 自動車生活ジャーナリストが選び方も解説

ポータブルオンダッシュナビおすすめ6選! 自動車生活ジャーナリストが選び方も解説

自動車生活ジャーナリスト:加藤 久美子
自動車生活ジャーナリスト
加藤 久美子

下関市出身 大学在学中に車に目覚め、大学時代は神奈川県内のトヨタディーラーで納車引き取りのアルバイトを経験。大学卒業後、日刊自動車新聞社に編集記者として入社。 1989年FIA 公認のクロスカントリーラリー「オーストラリアン・サファリ」に出場。 1995年会社を辞めてフリーランスの道へ。 1999-2000日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。 2000年に第一子出産後、妊婦のシートベルト着用を推進する会を立ち上げ、チャイルドシートと共に胎児と赤ちゃんの命を守る啓発活動を展開している。 月刊誌『MONOQLO』(晋遊舎)、All About、citrus、オートックワン、乗りものニュース、くるまのニュース、JAFMATEなどに自動車生活関連(運転マナー、車の税金、維持費、メンテナンス、カスタム、海外車事情など)の記事を年間300本以上寄稿している。 また、(一財)日本交通安全教育普及協会公認チャイルドシート指導員としてチャイルドシートの正しい装着や子連れドライブの楽しみ方と危険回避に関する講演、啓発活動なども積極的に行っている。

ポータブルオンダッシュナビは、どこにも取り付けや持ち運びできる徒歩などでも使えるナビのことです。利便性から人気のポータブルオンダッシュナビの選び方とおすすめ商品を、自動車生活ジャーナリストである加藤久美子さんに取材しました。通販で購入したオンダッシュナビのなかには、フロントガラスにも取りつけられる吸盤が同梱されている場合がありますが、日本ではフロントガラスの内窓に車検ステッカーやドライブレコーダーのカメラなど、認可されたもの以外は保安基準で貼りつけが禁止されています。たとえ視界に影響がない場合でも取り付けはやめておきましょう。


ポータブルオンダッシュナビの選び方とは? 自動車生活ジャーナリストが教える

自動車生活ジャーナリストである加藤久美子さんに、ポータブルオンダッシュナビを選ぶときのポイントを5つ教えてもらいました。ナビを使うシーンや用途に合わせた商品選びに、選び方を参考にしてください。

オンダッシュで取り付けられたタブレットの写真
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

ポータブルオンダッシュナビは商品によって特徴もさまざまです。

地図の更新は無料か? 更新できる期間も要チェック

自動車生活ジャーナリスト

近年は東京五輪の関係もあって、首都圏を中心に新たな高速道路や大規模なホテルなどのランドマークが次々と完成しています。カーナビ性能を左右する最重要ポイントのひとつとなる地図データが古いと、正確なナビゲーションができないこともあります。

購入の時点で地図が「最新版」であることを確認するのはもちろん、その後の更新についても有料か無料か? 無料なら何年間無料で行なえるのか? などを確認しましょう。なかには、地図更新に2万円以上かかることもあります。この場合は買い直したほうが賢明といえるでしょう。

パナソニック『ゴリラ SSD ポータブルカーナビゲーション (CN-G520D)』

どこでもつけられるのがメリットのポータブルオンダッシュナビ。運転操作の支障にならないように自動車に合った画面サイズのものを選びましょう。

>> Amazonで詳細を見る

画面のサイズは車の大きさや用途も考えて

自動車生活ジャーナリスト

現在販売されているポータブルナビの画面サイズは3.5インチ、5インチ、7インチ、9インチがあります。主流は7インチです。7インチ以上であれば画面が見やすく、パネルをタッチする場合もストレスなくできます。しかし、大きければ大きいほどいいかというそうではありません。

大きすぎて視界を遮るのは絶対に危険ですし、エアコンやオーディオなど、ナビ以外の操作スイッチに干渉するようであれば、操作がストレスになってしまうでしょう。なにより、運転に支障をきたす可能性もあります。

画面サイズを選ぶときには、同じサイズに紙を切り実際にダッシュボードなどに置いて、ほかの操作に影響しないかを確認するといいでしょう。

自転車や徒歩でも使いたい場合は?

自動車生活ジャーナリスト

ポータブルナビの醍醐味のひとつは、脱着が容易で持ち運びに便利ということ。かんたんに取り外せて、歩くときや自転車・バイクに乗る際にも便利に使えます。

そのため、持ち運びや取り外しを前提として選ぶなら、やはりコンパクトなものがおすすめです。徒歩や自転車で使う場合は、3.5~5インチまでの小さくて軽量なポータブルナビがいいでしょう。

自転車走行中では見やすい大きな画面がよさそうですが、あまり大きなナビはスペースを取って邪魔にもなり、安全な自転車走行ができなくなる危険性もあります。

ユピテル 『ポータブルカーナビゲーションMOGGY(WNL55ML)』

自動車以外にも使う場合は重量の軽いもの、道に迷いやすい人は自車位置検出精度が高いものなど、自分に合った商品を選びましょう。

>> Amazonで詳細を見る

自車位置検出精度が高いものを

自動車生活ジャーナリスト

「はじめての場所に行くにはカーナビなしでは走れない! 」というほどにナビに頼りっきりな人は、「自車位置検出」の精度が高いナビを選びましょう。

「自車位置検出」とは、自分の車が今どこにいるのかを検出してくれる機能です。これは、道に迷いやすい人、そしてスマートフォンのナビを使っていない人にはとくにおすすめの機能といえます。

テレビは「ワンセグ」「フルセグ」どっちがいい?

自動車生活ジャーナリスト

カーナビにテレビ機能はあたり前のようについている時代になってきました。カーナビのテレビ機能には、受信方法によってワンセグ・フルセグの2種類があり、両方に対応しているものもあれば、いずれか一方のものもあります。ポータブルナビを選ぶ際には、どちらに対応しているか確認しましょう。

停車してテレビを視聴するには、画質がきれいなフルセグがおすすめ。走行中に後部座席や助手席でドライバー以外の人が見る場合は、走行中でも電波を拾いやすいワンセグが向いています。

ポータブルオンダッシュナビおすすめ6選! 自動車生活ジャーナリストが厳選

上で紹介したポータブルオンダッシュナビの選び方のポイントをふまえて、自動車生活ジャーナリストの加藤久美子さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

すでに備え付けのナビを持っている人がポータブルに使えるナビを買い足したいときや、現在のナビから買い換えたいときも、エキスパートのおすすめ商品を参考に商品を選んでみましょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

パナソニック『ゴリラ SSD ポータブルカーナビゲーション(CN-G520D)』

出典:Amazon

ディスプレイ
5V型 ワイドVGA
搭載地図データ
2018年版
地図更新機能の有無
×
自車位置検出機能
Gロケーション、Gジャイロ、グロナス、みちびき対応
ワンセグ・フルセグの有無
ワンセグ
Thumb lg 215d8bc1 f953 429f ba05 2170e1bdcb32
自動車生活ジャーナリスト

重量わずか200gで徒歩や自転車にも使いやすい

ポータブルナビの元祖といえばゴリラシリーズ。使いやすさはもちろんのこと、コスパのよさでも高い評価を得ています。はじめてポータブルナビを使う場合や、固定式ナビの買い替えにもおすすめです。

こちらの製品は5インチサイズでスマホとほぼ同サイズなので、手狭な車中でも邪魔になりません。また、スマートタップなどのスマホ用車載ホルダーでガッチリ固定できるのも便利です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

カイホウジャパン『バックカメラ付 2018年最新地図搭載 7インチ ワンセグ ポータブルナビ カーナビ 7型』

出典:Amazon

ディスプレイ
9インチ
搭載地図データ
2018年版
地図更新機能の有無
×
自車位置検出機能
GPS、グロナス、みちびき
ワンセグ・フルセグの有無
ワンセグ/フルセグ
Thumb lg 215d8bc1 f953 429f ba05 2170e1bdcb32
自動車生活ジャーナリスト

バックカメラ付きでコスパ良。カーナビ入門に〇

約1万円という低価格で室内専用ながらバックカメラがついているコスパに優れた製品です。初めてポータブルナビを購入する人、バックカメラが欲しい人、できるだけ安く済ませたい人にはいい製品です。

バックカメラの解像度はやや低めですが、安全確認には問題ないレベルです。防水機能などはない室内専用のバックカメラとなるので良く考えて設置しましょう。

徒歩で使いたい人にはウォーキングナビ機能が便利です。また、ワンセグ機能付きなので駐車時、休憩時などにテレビが見られるのも意外と便利です。

ドリームメーカー『7インチ液晶 フルセグポータブルナビ(PN0702A)』

出典:楽天市場

ディスプレイ
7インチ
搭載地図データ
2019年版
地図更新機能の有無
×
自車位置検出機能
GPS、みちびき、グロナス対応
ワンセグ・フルセグの有無
フルセグ/ワンセグ(自動切り替え)
Thumb lg 215d8bc1 f953 429f ba05 2170e1bdcb32
自動車生活ジャーナリスト

2019年地図搭載の最新ポータブルナビ

2019年4月発売の新しいポータブルナビで、『ゼンリン地図2019年春版』を搭載しており2019年3月までの主要道路情報を収録しています。フルセグ/ワンセグの自動切換機能もついており、高画質のフルセグ放送に加えて、受信エリアの広いワンセグ放送の両方を自動切り替えによって視聴することが可能です。

さらに、約6万件の『るるぶ』の観光データを収録しているので、観光地に出掛ける際の情報も万全。最新の地図情報がほしい人、またテレビ放送を良好な状態で視聴したい人にはおすすめのポータブルナビです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ダイアモンドヘッド『ROOMMATE ゼンリンマップ搭載 9インチワンセグポータブルナビゲーション(OT-91AK)』

出典:Amazon

ディスプレイ
9インチ
搭載地図データ
2019年版
地図更新機能の有無
×
自車位置検出機能
GPS
ワンセグ・フルセグの有無
〇 ワンセグ
Thumb lg 215d8bc1 f953 429f ba05 2170e1bdcb32
自動車生活ジャーナリスト

LサイズミニバンやSUVに最適の9インチ画面採用

ポータブルナビとしては珍しい9インチの大画面を採用しています。ミニバンやSUV、また運転席からダッシュボードまでが遠い車にも、この大画面は使いやすいでしょう。ただし、9インチの大画面で重量も約480gあるので、車以外で使うのは注意が必要です。

なお、この製品は2018年9月に発売されていますが、地図は『ゼンリンの最新2019年版』を搭載しています。一方通行表示やオービス設置の警告もあり、うっかりミスにも対応してくれます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ユピテル『ポータブルカーナビゲーションMOGGY(WNL55ML)』

出典:Amazon

ディスプレイ
5インチワイドQVGA液晶タッチパネル
搭載地図データ
2019年版
地図更新機能の有無
×
自車位置検出機能
GPS
ワンセグ・フルセグの有無
×
Thumb lg 215d8bc1 f953 429f ba05 2170e1bdcb32
自動車生活ジャーナリスト

4か国語対応! カーナビ特化のバリューモデル

2019年4月発売のユピテル最新のポータブルナビです。簡易パッケージとなりる、指定Web店の専売モデルです。取扱説明書をダウンロードすることでリーズナブルな価格を実現しています。また、4カ国語対応となっているのもユニークで、日本語のほか、英語・中国語・韓国語に対応しています。

ユピテルといえば、オービス取り締まりや交通違反の警告情報の充実で定評があるメーカーですが、こちらのナビには全国のオービス情報はもちろん、2019年より「一方通行進入禁止案内」「交差点対向車注意案内」を搭載しています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

A.I.D『ポータブルカーナビ フルセグ 7インチ(CKN7FP)』

出典:Amazon

ディスプレイ
7インチ
搭載地図データ
オープンストリートマップ最新製
地図更新機能の有無
〇(3年間無料)
自車位置検出機能
GPS
ワンセグ・フルセグの有無
フルセグ
Thumb lg 215d8bc1 f953 429f ba05 2170e1bdcb32
自動車生活ジャーナリスト

地図更新3年無料で新しい道路にも困らない

地図更新が3年間無料のポータブルナビです。約1カ月ごとに更新される地図が無償でダウンロードできるので、ふだん車で走りまわる場所に新しい道路が建設中などの場合でも、いち早く情報が得られる当製品はとくにおすすめです。

またテレビアンテナがついていたり、家庭で使えるAC電源用のコンセントがついていたりと、ほかのポータブルナビにはない特徴も多い製品です。車内はもちろん、キャンプ場や自宅に持って帰って視聴するなど、テレビ機能を重視したい人にもおすすめのポータブルナビです。

一覧表でおすすめ商品を比較する

画像

パナソニック『ゴリラ SSD ポータブルカーナビゲーション(CN-G520D)』
カイホウジャパン『バックカメラ付 2018年最新地図搭載 7インチ ワンセグ ポータブルナビ カーナビ 7型』
ドリームメーカー『7インチ液晶 フルセグポータブルナビ(PN0702A)』
ダイアモンドヘッド『ROOMMATE ゼンリンマップ搭載 9インチワンセグポータブルナビゲーション(OT-91AK)』
ユピテル『ポータブルカーナビゲーションMOGGY(WNL55ML)』
A.I.D『ポータブルカーナビ フルセグ 7インチ(CKN7FP)』

商品

パナソニック『ゴリラ SSD ポータブルカーナビゲーション(CN-G520D)』 カイホウジャパン『バックカメラ付 2018年最新地図搭載 7インチ ワンセグ ポータブルナビ カーナビ 7型』 ドリームメーカー『7インチ液晶 フルセグポータブルナビ(PN0702A)』 ダイアモンドヘッド『ROOMMATE ゼンリンマップ搭載 9インチワンセグポータブルナビゲーション(OT-91AK)』 ユピテル『ポータブルカーナビゲーションMOGGY(WNL55ML)』 A.I.D『ポータブルカーナビ フルセグ 7インチ(CKN7FP)』

特徴

重量わずか200gで徒歩や自転車にも使いやすい バックカメラ付きでコスパ良。カーナビ入門に〇 2019年地図搭載の最新ポータブルナビ LサイズミニバンやSUVに最適の9インチ画面採用 4か国語対応! カーナビ特化のバリューモデル 地図更新3年無料で新しい道路にも困らない

価格

Amazon : ¥ 21,200
楽天市場 : ¥ 22,480
Yahoo!ショッピング : ¥ 24,360
※各社通販サイトの 2019年6月25日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 10,480
楽天市場 : ¥ 13,066
Yahoo!ショッピング : ¥ 11,480
※各社通販サイトの 2019年6月25日時点 での税込価格
楽天市場 : ¥ 20,680
Yahoo!ショッピング : ¥ 20,680
※各社通販サイトの 2019年6月25日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 9,800
楽天市場 : ¥ 14,800
Yahoo!ショッピング : ¥ 14,800
※各社通販サイトの 2019年6月25日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 19,980
楽天市場 : ¥ 19,980
Yahoo!ショッピング : ¥ 19,980
※各社通販サイトの 2019年6月25日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 15,980
楽天市場 : ¥ 15,280
Yahoo!ショッピング : ¥ 15,000
※各社通販サイトの 2019年6月25日時点 での税込価格

ディスプレイ

5V型 ワイドVGA 9インチ 7インチ 9インチ 5インチワイドQVGA液晶タッチパネル 7インチ

搭載地図データ

2018年版 2018年版 2019年版 2019年版 2019年版 オープンストリートマップ最新製

地図更新機能の有無

× × × × × 〇(3年間無料)

自車位置検出機能

Gロケーション、Gジャイロ、グロナス、みちびき対応 GPS、グロナス、みちびき GPS、みちびき、グロナス対応 GPS GPS GPS

ワンセグ・フルセグの有無

ワンセグ ワンセグ/フルセグ フルセグ/ワンセグ(自動切り替え) 〇 ワンセグ × フルセグ

商品情報

ECサイトのポータブルオンダッシュナビランキングを参考にする

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのポータブルオンダッシュナビの売れ筋ランキングも参考してみてください。

Amazon:カーナビゲーションポータブルナビ ランキング
楽天市場: ポータブルナビ ランキング
Yahoo!ショッピング:ポータブルカーナビ ランキング

※上記リンク先のランキングは、各ECサイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】そのほかのカーナビのおすすめ商品はこちら

【自動車生活ジャーナリストが選ぶ】おすすめのカーナビ7選と選び方|カーライフを最適に

自動車生活ジャーナリスト・加藤久美子さんに、デンソーテン、ケンウッド、パナソニック、パイオニア、アルパインなどのメーカーから発売されているカーナビの中から、厳選したおすすめ商品を7つを教えてもらいました。またドラレコと連動するもの、コスパが高いものなど、いろいろなタイプのカーナビを紹介しています。

【ポータブルカーナビ】おすすめ5選|ITライターがこだわりの選び方を解説

ITライターの海老原 昭さんに、ポータブルカーナビを選ぶポイントとおすすめ商品を取材しました。プロの視点を参考にして、自分の使い道に合う機能が搭載された商品を探してみてください。

カーナビにどんな機能を最優先して求めるか?

自動車生活ジャーナリスト

最近のナビはポータブルで2万円以下のリーズナブルなものが多数流通しています。ひと昔前に比べるとリーズナブルで多機能なナビが増えていますが、どんな機能を重視するかによって選び方が変わってきます。

ポータブルナビの場合、携帯性(小さいほうがいい)やテレビ機能を重視する人も多いでしょう。また、肝心のカーナビ機能はいまいちでも、スマホのナビアプリと併用することで欠点を補完することも可能です。リーズナブルな価格帯のなかで選ぶなら、自分が絶対に必要で重視したい機能を基準に選ぶのが賢明です。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:森野ミヤ子、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/09/30 タグ修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

※2019/09/30 表示されている価格は税込価格ですが、消費税率は掲載時点、あるいは更新時点のものです。(マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【ミニバンタイヤ】の選び方&おすすめ7選|カージャーナリストが商品を解説

【ミニバンタイヤ】の選び方&おすすめ7選|カージャーナリストが商品を解説

カージャーナリストが選ぶミニバンタイヤ7選をご紹介します。タイヤはクルマ選びのとき同様に、人の命を乗せて走るうえで極めて重要な役割を担っていることを認識して選ぶ必要があります。また、ミニバンにはミニバン向け、あるいはミニバン専用タイヤを選ぶことが大切です。本記事では、カージャーナリストの松村 透さんにお話をうかがい、ミニバンタイヤの選び方とおすすめ商品について教えてもらいました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


SUVタイヤおすすめ9選! カージャーナリストがこだわりの選び方も解説

SUVタイヤおすすめ9選! カージャーナリストがこだわりの選び方も解説

SUVタイヤは、オンロードのみか、オフロード走行も視野に入れているかで選び方がまったく異なります。さらに、スポーティーなタイヤとコンフォート向けのタイヤでも選択肢が大きく変わります。本記事では、カージャーナリストの松村 透さんへの取材をもとに、SUVタイヤの選び方とおすすめ商品を紹介します。SUVタイヤ選びで迷っている方は、ぜひ参考にしてください。


バックカメラおすすめ5選|カージャーナリストが選ぶ後づけも可能な製品

バックカメラおすすめ5選|カージャーナリストが選ぶ後づけも可能な製品

後方の安全確認やバックでの駐車時のサポートに活躍するバックカメラ。カーナビ同様、後づけが可能なカーアクセサリーのひとつです。このバックカメラ選びについて、カージャーナリストの松村 透さんに具体的な選び方のポイントとおすすめ製品を教えていただきました。松村さんによると「ドライブレコーダーとは異なり、バックカメラは車外への設置が基本。水やホコリ、紫外線など、あらゆる自然の脅威にさらされるので、過酷な環境でも故障せず、長く使えるものを選びましょう(つまりは、有名メーカー品を選ぶのが結果的に安心だし、壊れる確率も低くなります)」。とはいえ、メーカー品でも製品ごとの特徴や機能の違いがあります。ぜひこの記事をバックカメラ選びに役立ててください。


ドライブレコーダー(前後)のおすすめ6選|カージャーナリストが商品を解説

ドライブレコーダー(前後)のおすすめ6選|カージャーナリストが商品を解説

カージャーナリストが選ぶドライブレコーダー(前後)6選をご紹介します。交通事故に備えて購入しておきたいドライブレコーダーですが、商品によってどんな違いがあるか知っておきたいですよね。そこで、カージャーナリストとして活躍中の松村 透さんにドライブレコーダー(前後)の選び方とおすすめ商品について教えてもらいました。気になるドライブレコーダー(前後)があれば詳しくチェックしてみましょう。また、最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


【コードレスも!】車用掃除機おすすめ6選|カージャーナリストが選び方も解説

【コードレスも!】車用掃除機おすすめ6選|カージャーナリストが選び方も解説

車内の掃除に役立つ車用掃除機ですが、コードレス、シガーソケットからつなぐタイプのほか、砂や小石を吸える吸引力をもつものなどがあります。本記事では、カージャーナリスの松村 透さんへの取材のもと、車用掃除機の選び方とおすすめの商品6選をご紹介します。車専用の掃除機は1台あると意外と便利です。そんなにすぐに買い換えるものではないからこそ、しっかり選びたいものですよね。購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。


最新の記事


ロッキングチェアおすすめ6選【インテリアのプロ厳選】ゆったり読書

ロッキングチェアおすすめ6選【インテリアのプロ厳選】ゆったり読書

ロッキングチェアに座ってゆったり読書。そんな生活に憧れる方も多いのではないでしょうか。飛騨産業、EAMES(イームズ)やIKEA(イケア)などブランドも多く、モダンなタイプから、映画などでよくみかけるカントリースタイルまでさまざまなデザインもあります。そんなに安い買い物でもないし、サイズも小さいものでもないため、慎重に選びたいところですが、どのように選べばいいか悩んでしまうのではないでしょうか。この記事では、インテリアコーディネーターの嶋﨑都志子さんへの取材をもとに、ロッキングチェアのおすすめ6選と選び方を教えてもらいました。お気に入りのロッキングチェアを見つけて、ゆったりとテレビを見たり、読書をしたり、のんびりとくつろぎましょう。


サーマレストマットおすすめ7選|キャンプ専門家に聞く! 登山やテント泊を快適に

サーマレストマットおすすめ7選|キャンプ専門家に聞く! 登山やテント泊を快適に

サーマレスト(THERMAREST)はキャンプや登山で使用するマットレスの専門ブランド。多くのユーザーに支持されている定番のサーマレストマットの選び方のコツとおすすめ商品を、キャンプライターの中山一弘さんに伺いました。オートキャンプや登山などでテント泊をするとき、地面の凸凹や冷気を遮断して快適な睡眠をえるためにマットは必要です。自動膨張式のタイプや軽量なクローズドセルなど、さまざまなラインナップがあります。売れ筋ランキングも参考にしながら、軽さ、パッキングのしやすさなどを考慮し、自分に合う製品を選んでください。


釣りライターがおすすめする【ショアジギングリール5選】岸から大物を狙う!

釣りライターがおすすめする【ショアジギングリール5選】岸から大物を狙う!

ショアジギングは、岸からメタルジグなどを投げて青物をメインに狙うゲームです。サーフや堤防、磯などさまざまなシチュエーションで手軽に大物が狙えるため、とても人気が高まっている釣りです。ただ、見るからにリールには過酷な釣りに見えますが、実際はどうなのでしょう。釣りライターの中山一弘さんに、ショアジギング用のリールの選び方とおすすめ製品を聞いてみました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


通販でお取り寄せしたい桃のおすすめ5選|料理研究家に取材

通販でお取り寄せしたい桃のおすすめ5選|料理研究家に取材

料理研究家の松本葉子さんに通販でお取り寄せして食べたい桃のおすすめ商品を教えてもらいました。桃は夏ごろにスーパーなどでも見かけますが、粒の大きさや値段の幅が広く、どれを選べばいいか悩みますよね。この記事ではさまざまな品種のなかから、厳選した桃をご紹介します。自分へのご褒美に、お世話になった人への贈答用に、ぴったりの一品をぜひ見つけてください。


【マスキングテープ】選び方&おすすめ7選|文房具ライターが商品を厳選

【マスキングテープ】選び方&おすすめ7選|文房具ライターが商品を厳選

文房具ライターが選ぶマスキングテープ7選をご紹介します。メモを貼りつけたり、封筒に使ったり、インデックスにしたりと、マスキングテープは文房具好きにとって必須アイテムのひとつになりました。元々は塗装工の方々が塗装の際に塗ってはいけない部分を覆い隠すための仕事道具だったのです。また、かんたんな識別の印としても使われていたようです。本記事では、文房具ライターの猪口フミヒロさんにお話をうかがい、マスキングテープにはどんなものがあるのか、マスキングテープを選ぶときにはどんなところに気をつければいいのか、そして、おすすめ商品について教えてもらいました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。