PR(アフィリエイト)

おしゃれなメンズジーンズおすすめ2選|最新トレンドを踏まえた厳選モデルを紹介

おしゃれなメンズジーンズおすすめ2選|最新トレンドを踏まえた厳選モデルを紹介
おしゃれなメンズジーンズおすすめ2選|最新トレンドを踏まえた厳選モデルを紹介

◆本記事はプロモーションが含まれています。

ジーンズはメンズファッションに欠かすことのできない定番アイテムです。ストレート、テーパード、スリムといったシルエットの違いがあるほか、近年ではいいとこ取りのスリムテーパードが主流となってきました。生地の違いでは、未洗いのリジッドデニム、ワンウォッシュ加工やヴィンテージ加工がされたもの、動きやすいストレッチデニムなど、さまざまな商品が販売されています。この記事では、メンズジーンズの選び方のポイントとポイントにもとづいて選んだおすすめ商品を紹介します。「リーバイス501」を筆頭に、王道とも言えるブランドのジーンズから、人気を伸ばしている海外ブランド、ジャパンブランドのジーンズまで幅広く紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。


この記事を担当するエキスパート

ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者
平 格彦
メンズファッションがメインのライター/編集者/コラムニスト。 AllAbout「メンズファッション」ガイド。[着こなし工学]提唱者。 また、メンサ (JAPAN MENSA) 会員。野菜ソムリエの資格も保有。 出版社から独立後、70ほどのメディアに関わり、客観的、横断的、俯瞰的なファッション分析を得意とする。そんな視点を活かした[着こなし工学]を構築中。 また、ライター向けのコミュニティを「DMMオンラインサロン」で運営中。 最近の「マイナビおすすめナビ」の記事においては、商品選びのアドバイスなど、監修者として携わる。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:ファッション
西原 みなみ

「ファッション」カテゴリーを担当。仕事と育児の両立に奮闘中の20代ママ編集部員。プチプラアイテムを活かしたきれいめコーデが得意で、オンオフ着まわせる洋服に飛びつきがち。最近のマイブームは、子供とリンクコーデをしてでかけること。

産地別メンズジーンズのメリット

さまざまなジーンズ
Pixabayのロゴ
さまざまなジーンズ
Pixabayのロゴ

ジーンズは国内産と海外産それぞれにメリットや特徴がありますので、見てみましょう。

国産のジーンズは高品質

岡山県倉敷市などで生産される国内産ジーンズは、染色や縫製がていねいで高品質なことが特徴です。江戸時代から岡山県や広島県のあたりで盛んだった藍染めを用いたジーンズは、細部にまで配慮されており、国内だけでなく海外でも高い評価を獲得しています。

また、国内産は日本人の体形にあったジーンズが多いのも魅力と言えるでしょう。

ブランド力の海外産ジーンズ

ジーンズといえばアメリカを中心とした海外産も人気です。世界的なジーンズメーカーであるリーバイスによって、今主流になっているジーンズの原型が広められました。

海外のジーンズはブランド力もあり、高い人気のジーンズです。なお、大手ブランドについては、人件費の低い途上国の工場での生産が大きな割合を占めており、現在は手に入れやすい価格の商品も多く出回っています。

メンズジーンズおすすめ2選

ジーンズ、メンズ、ファッション
Pixabayのロゴ
ジーンズ、メンズ、ファッション
Pixabayのロゴ

[着こなし工学]提唱者の平 格彦さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

エキスパートのおすすめ

Nudie Jeans(ヌーディージーンズ) 『Lean Dean(リーンディーン)』

NudieJeans(ヌーディージーンズ)『LeanDean(リーンディーン)』 NudieJeans(ヌーディージーンズ)『LeanDean(リーンディーン)』 NudieJeans(ヌーディージーンズ)『LeanDean(リーンディーン)』
出典:楽天市場 この商品を見るview item
ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者:平 格彦

ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者

大人なジーンスズタイルを目指したい人に

スウェーデン発のブランドが「ヌーディージーンズ」。王道ブランド「リー」のデザイナーが独立して立ち上げたブランドなので、ジーンズの完成度は圧巻です。

定番のひとつが『リーンディーン』。スリムテーパードフィットなモデルで、ウエストまわりは標準的、脚の部分が細身で全体的にテーパードが掛かっています。美麗なシルエットなので、大人なジーンスズタイルを目指したい人にぴったりです。

サイズ 28〜34、36インチ
素材 コットン99%、ポリウレタン1%
カラー L30、L32

サイズ 28〜34、36インチ
素材 コットン99%、ポリウレタン1%
カラー L30、L32

エキスパートのおすすめ

DENHAM(デンハム)『RAZOR(レイザー)』

DENHAM(デンハム)『RAZOR(レイザー)』 DENHAM(デンハム)『RAZOR(レイザー)』 DENHAM(デンハム)『RAZOR(レイザー)』
出典:楽天市場 この商品を見るview item
ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者:平 格彦

ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者

計算されたフォルムで着る服を選ばないデザイン

ここ数年で人気を高めているのが「デンハム」。オランダ発のデニムブランドで、シザー(はさみ)がアイコンになっています。

定番ジーンズのなかでもスリムなシルエットが美しいのが『レーザー』です。丹念に計算したカッティングによって完璧なフォルムを追求。イタリアのパターンメーカーとの共同開発によってパターンから縫製まで徹底しています。適度なバランスのテーパードシルエットは合わせるコーディネートを選ばず万能です。

サイズ 27〜34、36インチ
素材 コットン99%、ポリウレタン1%
カラー フレッシュダークブルー、レイジーロサンゼルス ほか

サイズ 27〜34、36インチ
素材 コットン99%、ポリウレタン1%
カラー フレッシュダークブルー、レイジーロサンゼルス ほか

「メンズジーンズ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Nudie Jeans(ヌーディージーンズ) 『Lean Dean(リーンディーン)』
DENHAM(デンハム)『RAZOR(レイザー)』
商品名 Nudie Jeans(ヌーディージーンズ) 『Lean Dean(リーンディーン)』 DENHAM(デンハム)『RAZOR(レイザー)』
商品情報
特徴 大人なジーンスズタイルを目指したい人に 計算されたフォルムで着る服を選ばないデザイン
サイズ 28〜34、36インチ 27〜34、36インチ
素材 コットン99%、ポリウレタン1% コットン99%、ポリウレタン1%
カラー L30、L32 フレッシュダークブルー、レイジーロサンゼルス ほか
商品リンク

※各社通販サイトの 2023年2月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年2月2日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする メンズジーンズの売れ筋をチェック

Amazonでのメンズジーンズの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:メンズジーンズランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

メンズジーンズの選び方 [着こなし工学]提唱者に聞く

[着こなし工学]提唱者の平 格彦さんへの取材のもと、メンズジーンズを選ぶときのポイントを解説いたします。ジーンズ選びに悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。

【1】体形にあったジーンズを選ぶのが基本

ジーンズを選ぶうえで重要なことは、自分の体形に合ったシルエットを選ぶことです。ここでは、さまざまなタイプのジーンズを履きこなすポイントを説明します。

(※)ポイント:いいとこ取りのスリムテーパード型を本命に

ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者:平 格彦

ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者

ジーンズに限ったことではありませんが、最近はテーパードシルエットのパンツが主流。テーパードシルエットとは、裾に向かって細くなる形状のことです。ウエストや太ももまわりには余裕があってリラックスでき、裾が絞られているので足元はスッキリして見える「いいとこ取り」なフォルムが支持されています。

テーパードシルエットのなかでも、やや細身なタイプを選ぶとジーンズ全体がスマートに見え、あらゆるコーディネートで使用できます。

【2】動きやすくて快適なストレッチデニムも視野に

ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者:平 格彦

ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者

ジーンズはデニムパンツのことであり、デニム生地を使用しているのが基本条件。ひと昔前まではコットン以外の素材を使ったデニム生地は邪道という風潮もありましたが、今はまったく違います。ポリウレタンなどが混紡されたストレッチデニムでも、コットン100%のものと見わけがつかないほど生地感がナチュラルになっているからです。

伸縮性のあるストレッチデニムを使ったジーンズは動きやすく、はき心地も快適。耐久性はやや劣りますが、快適性を優先するならストレッチデニムのジーンズを選ぶのがおすすめです。

【3】エイジングが楽しめるタイプでデニムを育てる

ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者:平 格彦

ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者

コットン100%のデニム生地が好まれたのは、ほかにはない色落ち具合が楽しめるという理由も。かつては、はき込むことで色落ちさせたり経年変化させたりして味わいを深めることを「デニムを育てる」と表現するほど色落ちを楽しんでいました。

今はストレッチデニムでもエイジング(経年変化)を楽しめる生地が増えているため、どうせならそんなタイプを選んでデニムの醍醐味を楽しむのもおすすめです。色落ちしていないリジッドデニムなら、存分に色落ちが楽しめます。

【4】生地や加工感の特徴を把握してベストな1本を

 
ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者:平 格彦

ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者

色落ちが楽しめるという意味ではリジッドデニムがおすすめ。しかし、はじめての洗濯で生地が大きく縮む可能性もあるので要注意です。縮む度合いはある程度は推測できるので、購入時にショップスタッフに確認しましょう。

色落ちが楽しめて縮む幅が少ないという意味ではワンウォッシュ加工が狙い目。最初からこなれたジーンズがほしい場合は、ウォッシュ加工がヴィンテージ加工が施されたタイプが便利です。多種多様なので自分に合ったタイプが見つかるでしょう。ただし、色落ちや加工感は少ないほど汎用性が高くて上品。そんなジーンズがおすすめです。

さらに生地の厚みによって着用感や保温性は変わります。厚みは通常、生地の重さの単位である「オンス(OZ)」で表記されます。13.5オンス程度が標準、10オンス程度以下は薄手と覚えておきましょう。

そのほかのジーンズ関連の記事はこちら 【関連記事】

【最後に】エキスパートのアドバイス

ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者:平 格彦

ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者

シルエット重視で自分の体型に合うジーンズを!

この記事では、適度に細身なテーパードシルエットにこだわって、おすすめのジーンズをピックアップしました。ジーンズはディテールが注目された時代もありましたが、全体の印象を決める大切な要素はあくまでシルエット。最近はシルエットがスタイリッシュに進化しているので、その点を重視してジーンズを選ぶのがおすすめです。

ブランドによってこまかい違いもありますので、試着するなどして自分に最適なテーパードシルエットの1本を見つけ出してください。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button