オリンパス望遠レンズおすすめ6選【マイクロフォーサーズの単焦点・ズームレンズ】

オリンパス望遠レンズおすすめ6選【マイクロフォーサーズの単焦点・ズームレンズ】
写真家、カメラ評論家
田中 希美男

多摩美術大学付属多摩芸術学園・写真科卒業。撮影分野は、おもにクルマを中心に人、モノ、料理、風景、スナップ、ファッション、ドキュメントなど被写体を問わない。 ほかに、カメラ雑誌などに新型カメラやレンズのテストのレポート、撮影技法などの解説をする。

写真家・カメラ評論家の田中 希美男さんへの取材をもとに、レンズの選び方のコツやおすすめのレンズをご紹介します。オリンパスの望遠レンズは、マイクロフォーサーズマウントという規格で、パナソニックの同規格に対応したレンズとも互換性があります。オリンパス交換レンズのシリーズには「PROシリーズ」、「PREMIUMシリーズ」、「STANDARDシリーズ」のラインナップがあり、ほかにもシグマやケンコー・トキナーといったレンズメーカーからも、同規格に沿った製品が販売されています。オリンパスの望遠レンズを購入したいけれど、迷っている人もいるのではないでしょうか。プロの目線による選び方をふまえて、ご自分に合ったものを見つけましょう。


オリンパス望遠レンズの選び方 写真家・カメラ評論家に聞く

写真家・カメラ評論家の田中 希美男さんに、オリンパスの望遠レンズを選ぶ際のポイントを3つ教えてもらいました。購入する際には、以下の3つのポイントを意識しながら購入するようにしましょう。

夕日の中で望遠レンズを使ってカメラを構える二人のフォトグラファー
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

オリンパスの望遠レンズはマイクロフォーサーズという規格で設計されています。

マイクロフォーサーズシステム規格で設計

写真家、カメラ評論家

マイクロフォーサーズ判センサー(17.3mm×13.0mm)を使用するミラーレスカメラとその交換レンズに共通した仕様がマイクロフォーサーズ規格です。同規格を採用したカメラやレンズは、同然、カメラマウントもレンズマウントもこの規格に沿って設計、製造されています。

この記事で紹介するオリンパスのレンズは、マイクロフォーサーズの規格に沿っており、また、パナソニックのカメラと交換レンズも同規格で作られています。ですから同規格のオリンパス、パナソニックのカメラとレンズは完全に互換性があります。

さらに、パナソニックだけでなくマイクロフォーサーズ規格に賛同する汎用レンズメーカーの製品であれば互換性はあります。オリンパスのカメラ用として交換レンズを選ぶときには、パナソニックの「おすすめレンズ」の項も参考にされるといいでしょう。

オリンパス『M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO』

優れた防塵、防滴、耐低温性能を備えているので、悪条件でも気にせずに撮影が可能。

>> Amazonで詳細を見る

オリンパスのレンズシリーズには3種類のライン

写真家、カメラ評論家

オリンパス交換レンズのシリーズには「PROシリーズ」、「PREMIUMシリーズ」、「STANDARDシリーズ」という3つのラインがあります。

「PROシリーズ」のレンズは、優れた光学性能と防塵、防滴、耐低温の構造をそなえ過酷な撮影シーンでもつねに高画質な写真が確実に得られるように設計されています。ハードな撮影環境でと高いクオリティを追求するプロ写真家でも満足して使えるように設計されたレンズシリーズです。

「PREMIUMシリーズ」は、おもに大口径(絞り値の明るい)単焦点レンズが揃っています。高解像力な描写とともにやわらかなぼけ描写も可能な小型で軽量タイプのシリーズです。

「STANDARDシリーズ」は、おもにズームレンズがラインナップされているラインです(将来、単焦点レンズが加わる可能性もありますが)。小型で軽量な、そして手頃な価格で購入できて撮影を愉しみたいユーザーに向けたズームレンズが揃っています。

オリンパス『M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8』

柔らかくてきれいなぼけ味が美しい! 画面周辺でぼけのカタチが崩れず丸くて美しいぼけ描写が可能。ポートレート撮影やスタジオ撮影、スポーツ撮影などと相性がいいです。

>> Amazonで詳細を見る

オリンパス望遠系のみで交換レンズを揃える方法

写真家、カメラ評論家

オリンパスの望遠レンズも、広角レンズと同じようにズームレンズは「PROシリーズ」と「STANDARDシリーズ」にラインナップされています。いっぽう単焦点レンズは「PROシリーズ」と「PREMIUMシリーズ」にラインナップされ、現在のところ「STANDARDシリーズ」には単焦点レンズはありません。

もし自分には広角系や標準系レンズは必要ない、望遠系レンズだけでラインナップを揃えたいという希望であれば、おすすめしたい選び方は予算別にふたつあります。

ひとつめは、超望遠単焦点レンズと望遠ズームレンズの組み合わせです。600mm相当画角の「M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO」と、80mm~300mm相当画角の「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO」の"贅沢な"組み合わせですね。

ふたつめは、手ごろな価格での組み合わせです。150mm~600mm相当画角の「M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II」と75mm単焦点レンズの「M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8」とを組み合わせてみるという方法はどうでしょうか。

シグマ『56mm F1.4 DC DN マイクロフォーサーズ』

価格も約5万円以下で低価格! とてもお買い得なレンズ。画像処理では補正困難と言われる軸上色収差をしっかりと補正してくれます。ポートレートや夜景撮影など幅広く活躍できます。

>> Amazonで詳細を見る

オリンパス望遠レンズのおすすめ5選 写真家・カメラ評論家が厳選

うえで記載した望遠レンズの選び方の3つのポイントをふまえて、写真家・カメラ評論家の田中 希美男さんに選んでもらった6つの商品をご紹介します。風景撮影や子どもの運動会の撮影など、自分の使い方に合わせてプロの目線で選んだ望遠レンズを一つひとつチェックしましょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

オリンパス『M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO』

オリンパス『M.ZUIKODIGITALED40-150mmF2.8PRO』 オリンパス『M.ZUIKODIGITALED40-150mmF2.8PRO』 オリンパス『M.ZUIKODIGITALED40-150mmF2.8PRO』 オリンパス『M.ZUIKODIGITALED40-150mmF2.8PRO』 オリンパス『M.ZUIKODIGITALED40-150mmF2.8PRO』 オリンパス『M.ZUIKODIGITALED40-150mmF2.8PRO』 オリンパス『M.ZUIKODIGITALED40-150mmF2.8PRO』 オリンパス『M.ZUIKODIGITALED40-150mmF2.8PRO』 オリンパス『M.ZUIKODIGITALED40-150mmF2.8PRO』 オリンパス『M.ZUIKODIGITALED40-150mmF2.8PRO』 オリンパス『M.ZUIKODIGITALED40-150mmF2.8PRO』 オリンパス『M.ZUIKODIGITALED40-150mmF2.8PRO』 オリンパス『M.ZUIKODIGITALED40-150mmF2.8PRO』 オリンパス『M.ZUIKODIGITALED40-150mmF2.8PRO』 オリンパス『M.ZUIKODIGITALED40-150mmF2.8PRO』 オリンパス『M.ZUIKODIGITALED40-150mmF2.8PRO』

出典:Amazon

レンズ構成/絞り羽根枚数 10群16枚/9枚(円形絞り)
最小絞り F22
最短撮影距離 0.7m
最大撮影倍率 0.21倍(35mm判換算0.42倍相当)
フィルター径 72mm
最大径×長さ/重さ 79.4mm×160mm/【三脚座除く】760g、【三脚座含む】880g
手振れ補正

Thumb lg a48eb9b9 b586 4f5b 85bd cafc20b4f1dd

写真家、カメラ評論家

描写性能にすぐれた大口径望遠ズームレンズ

解像描写力が高く、とてもシャープな写りを可能にする高性能なズームレンズです。オリンパス自慢の高画質タイプで、さすがのPROレンズであると実感させられるレンズでもあります。マイクロフォーサーズのカメラを使っている方で、「良い望遠ズームがほしい」と考えているなら一番におすすめしたいズームレンズです。

80mm〜300mm相当の画角をカバーし、ズーム全域で最短撮影距離は70cmです。優れた防塵、防滴、耐低温性能を備えているので、悪条件でも気にせずに撮影が続けられます。ピントリングを前後することで瞬時にAF/MF(オートフォーカス/マニュアルフォーカス)の切り替えが可能です。オリンパスのカメラなら全てのボディに手ブレ補正の機能が備わっているので、ぶれを抑えてレンズの高い性能を充分に発揮することができます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

オリンパス『M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8』

オリンパス『M.ZUIKODIGITAL45mmF1.8』 オリンパス『M.ZUIKODIGITAL45mmF1.8』 オリンパス『M.ZUIKODIGITAL45mmF1.8』 オリンパス『M.ZUIKODIGITAL45mmF1.8』 オリンパス『M.ZUIKODIGITAL45mmF1.8』

出典:Amazon

レンズ構成/絞り羽根枚数 8群9枚(E-HRレンズ2枚)/7枚(円形絞り)
最小絞り F22
最短撮影距離 0.5m
最大撮影倍率 0.11倍(35mm判換算 0.22倍相当)
フィルター径 37mm
最大径×長さ/重さ 56mm x 46mm/116g
手振れ補正 -

Thumb lg a48eb9b9 b586 4f5b 85bd cafc20b4f1dd

写真家、カメラ評論家

小型軽量な90mm相当のF1.8レンズ

とても小型で軽量、明るい中望遠レンズです。フルサイズ判換算で90mm相当で、開放F値(小さいほど明るい)はF1.8の明るさです。また、価格は3万円以下で購入できることもあります。ちなみに、オリンパスのレンズで同じ45mmで開放F値がF1.2の『M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO』というレンズもあります。もし予算的に余裕があるようでしたら、こちらをおすすめしますが、価格はF1.8レンズの約4〜5倍します。

F1.2とF1.8では絞り値でたった一段分の差しかないので、それほど違いはありません。また、45mmのF1.8レンズは最初にも書いたとおり、シャツの胸ポケットにすっぽりと入れられるほど小型で軽量のうえに、写りはシャープです。ぼけを生かした手軽な撮影を楽しむのであればF1.8レンズがおすすめです。シルバーとブラックのふたつのカラーモデルが用意されています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

オリンパス『M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8』

オリンパス『M.ZUIKODIGITALED75mmF1.8』 オリンパス『M.ZUIKODIGITALED75mmF1.8』 オリンパス『M.ZUIKODIGITALED75mmF1.8』 オリンパス『M.ZUIKODIGITALED75mmF1.8』

出典:Amazon

レンズ構成/絞り羽根枚数 9群10枚(EDレンズ3枚、HRレンズ2枚)/9枚(円形絞り)
最小絞り F22
最短撮影距離 0.84m
最大撮影倍率 0.1倍(35mm判換算 0.2倍相当)
フィルター径 58mm
最大径×長さ/重さ 64mm x 69mm/305g
手振れ補正 -

Thumb lg a48eb9b9 b586 4f5b 85bd cafc20b4f1dd

写真家、カメラ評論家

小型で描写性能も良好な望遠レンズ

レンズの最大径が約6センチ、全長は約7センチで重さは約300グラムであり、フルサイズ判換算で150mm相当で、開放F値はF1.8と明るい望遠画角のレンズです。持ってみると中身には高性能な光学レンズがぎっしりと詰まった印象を受けます。

また、ぼけ味が美しいのがこのレンズの特徴でもあります。柔らかくてきれいなぼけ味で、画面周辺でぼけのカタチが崩れず丸くて美しいぼけ描写を可能にしてくれます。金属製の鏡枠でブラックとシルバーの二つのカラーモデルが用意されていますのでカメラボディの色に合わせて選ぶこともできます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

オリンパス『M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro』

オリンパス『M.ZUIKODIGITALED60mmF2.8Macro』 オリンパス『M.ZUIKODIGITALED60mmF2.8Macro』 オリンパス『M.ZUIKODIGITALED60mmF2.8Macro』 オリンパス『M.ZUIKODIGITALED60mmF2.8Macro』 オリンパス『M.ZUIKODIGITALED60mmF2.8Macro』

出典:Amazon

レンズ構成/絞り羽根枚数 10群13枚(EDレンズ、HRレンズ2枚、E-HRレンズ)/7枚(円形絞り)
最小絞り F22
最短撮影距離 0.19m
最大撮影倍率 1.0倍(35mm判換算 2.0倍相当)
フィルター径 46mm
最大径×長さ/重さ 56mm x 82mm/185g
手振れ補正 -

Thumb lg a48eb9b9 b586 4f5b 85bd cafc20b4f1dd

写真家、カメラ評論家

遠景風景から至近の虫まで自在に撮影可能

フルサイズ判換算で120mm相当の画角の望遠マクロレンズです。最短撮影距離で撮ると100円硬貨が画面からはみ出すほどクローズアップができます。その際、100円硬貨とレンズ先端部とは約10センチほどの距離があるので(これをワーキングディスタンスという)、照明を少し工夫するだけでレンズの影が画面に写り込むことなく撮影ができます。

また、レンズ鏡筒にはワンタッチで指定撮影距離や撮影倍率にセットできるダイヤルがあるので、素早く希望するクローズアップで撮影することができます。マクロレンズですので至近での描写性能は良いですが、当然ながら中距離も遠距離での撮影でも優れた描写性能を誇っています。近づいて撮影できない昆虫など小さな生き物、花壇の中の小さな草花を撮影するには最適なレンズです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

シグマ『56mm F1.4 DC DN マイクロフォーサーズ』

シグマ『56mmF1.4DCDNマイクロフォーサーズ』 シグマ『56mmF1.4DCDNマイクロフォーサーズ』 シグマ『56mmF1.4DCDNマイクロフォーサーズ』

出典:Amazon

レンズ構成/絞り羽根枚数 6群10枚/9枚 (円形絞り)
最小絞り F16
最短撮影距離 50cm
最大撮影倍率 1:7.4
フィルター径 55mm
最大径×長さ/重さ 66.5mm x 59.5mm/280g
手振れ補正 -

Thumb lg a48eb9b9 b586 4f5b 85bd cafc20b4f1dd

写真家、カメラ評論家

ハイコストパフォーマンスなレンズ

汎用の交換レンズメーカーであるシグマのマイクロフォーサーズ対応レンズです。56mmはフルサイズ判換算で112mm相当の中望遠レンズになります。APS-C判にも使用することができます。マイクロフォーサーズ判のカメラと組み合わせれば、カバーする画角の描写は本来のレンズが写せる画角(APS-C判画角)の周辺部をカットして、画面中央部の描写性能のいい部分だけを使うわけですから、大変に贅沢なレンズだといえます。

価格も約5万円以下で購入できることもありますから、とてもお買い得なレンズといえます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ケンコー・トキナー『Tokina Reflex 300mm F6.3 MF Macro マイクロフォーサーズ』

ケンコー・トキナー『TokinaReflex300mmF6.3MFMacroマイクロフォーサーズ』

出典:楽天市場

レンズ構成/絞り羽根枚数 3群7枚/-
最小絞り -
最短撮影距離 0.8m
最大撮影倍率 1:2
フィルター径 55mm
最大径×長さ/重さ 66mm×66mm/298g
手振れ補正 -

Thumb lg a48eb9b9 b586 4f5b 85bd cafc20b4f1dd

写真家、カメラ評論家

独特のぼけ味を出す軽量小型反射望遠レンズ

国内の汎用交換レンズメーカーであるトキナーのマイクロフォーサーズ対応の望遠レンズです。300mmはフルサイズ判換算にすると600mm相当の画角となる超望遠レンズになります。Reflexとは反射式の意味で、レンズ光学系の一部に反射鏡を使用することでレンズ内部で光を屈折させることで、超望遠レンズなのに小型で軽量なレンズに仕上げています。レフレックスレンズとか反射望遠レンズともいいます。

とても小型で軽量なレンズなのですが、絞り値がF6.3の固定式であること、ぼけ味がリング状(ドーナツ型)の独特のカタチをすること、AF対応でないことなどが、しいていえば欠点となるでしょうか。でも、その手軽さとリング状のぼけ味に魅力を感じる熱いレフレックスレンズファンも多いのです。このレンズの最短撮影距離は80cmです。600mm相当の超望遠で至近80センチまで近づいて撮影ができるのでレンズ名に「Mscro」と付いているというわけです。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
オリンパス『M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO』
オリンパス『M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8』
オリンパス『M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8』
オリンパス『M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro』
シグマ『56mm F1.4 DC DN マイクロフォーサーズ』
ケンコー・トキナー『Tokina Reflex 300mm F6.3 MF Macro マイクロフォーサーズ』
商品名 オリンパス『M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO』 オリンパス『M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8』 オリンパス『M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8』 オリンパス『M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro』 シグマ『56mm F1.4 DC DN マイクロフォーサーズ』 ケンコー・トキナー『Tokina Reflex 300mm F6.3 MF Macro マイクロフォーサーズ』
商品情報
特徴 描写性能にすぐれた大口径望遠ズームレンズ 小型軽量な90mm相当のF1.8レンズ 小型で描写性能も良好な望遠レンズ 遠景風景から至近の虫まで自在に撮影可能 ハイコストパフォーマンスなレンズ 独特のぼけ味を出す軽量小型反射望遠レンズ
レンズ構成/絞り羽根枚数 10群16枚/9枚(円形絞り) 8群9枚(E-HRレンズ2枚)/7枚(円形絞り) 9群10枚(EDレンズ3枚、HRレンズ2枚)/9枚(円形絞り) 10群13枚(EDレンズ、HRレンズ2枚、E-HRレンズ)/7枚(円形絞り) 6群10枚/9枚 (円形絞り) 3群7枚/-
最小絞り F22 F22 F22 F22 F16 -
最短撮影距離 0.7m 0.5m 0.84m 0.19m 50cm 0.8m
最大撮影倍率 0.21倍(35mm判換算0.42倍相当) 0.11倍(35mm判換算 0.22倍相当) 0.1倍(35mm判換算 0.2倍相当) 1.0倍(35mm判換算 2.0倍相当) 1:7.4 1:2
フィルター径 72mm 37mm 58mm 46mm 55mm 55mm
最大径×長さ/重さ 79.4mm×160mm/【三脚座除く】760g、【三脚座含む】880g 56mm x 46mm/116g 64mm x 69mm/305g 56mm x 82mm/185g 66.5mm x 59.5mm/280g 66mm×66mm/298g
手振れ補正 - - - - -
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月12日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする オリンパス望遠レンズの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのオリンパス望遠レンズの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:カメラ用交換レンズランキング
楽天市場:カメラ用交換レンズランキング
Yahoo!ショッピング:交換レンズランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

オリンパス望遠レンズを選ぶうえで 写真家・カメラ評論家からのアドバイス

写真家、カメラ評論家

マウントアダプターでクラシックレンズを使ってみる

オリンパスのカメラもパナソニックのカメラも、マイクロフォーサーズ規格のミラーレスカメラです。ミラーレスカメラはフランジバック(マウント部からイメージセンサー面までの距離のこと)がとても短いという特徴があります。ですので、マイクロフォーサーズ規格ではない他者の交換レンズでも、規格に見合ったマウントアダプターをカメラとレンズの間に接続させることによって、使用を可能にします。

現在、マイクロフォーサーズ規格に合わせたマウントアダプターはたくさんの種類が販売されています。購入の際には、カメラボディ側にマイクロフォーサーズマウントをセット、もう片方に使用しようとしているレンズが取り付けられるマウントを選ぶ必要があります。しかし、AFは作動しません。MF撮影のみであること、露出モードとしては多くのレンズで絞り優先オートやマニュアル露出での撮影はできますが、その他のモードは不可です。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/02/10 一部本文の修正のため記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 名原広雄)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


シグマレンズおすすめ10選【広角や望遠ほか】キヤノン・ニコン・ソニー対応製品

シグマレンズおすすめ10選【広角や望遠ほか】キヤノン・ニコン・ソニー対応製品

プロカメラマンの武石 修さんと編集部が選んだ、シグマレンズのおすすめ商品を紹介します。ニコン、キヤノン、ソニーなどの純正レンズではなく、サードパーティの対応レンズとして評価が高いシグマのレンズ。Contemporary、Art、Sportsの3シリーズを中心に、さまざまな機能を搭載したものや、コストパフォーマンスが高い製品が販売されています。レンズ選びの参考にしてください。


ニコン望遠レンズおすすめ8選|一眼レフ・ミラーレス純正レンズを厳選

ニコン望遠レンズおすすめ8選|一眼レフ・ミラーレス純正レンズを厳選

キヤノンと並ぶ2大カメラメーカーのひとつ、ニコン。ニコンのレンズの特徴は、自然な色合いと表現力の高さ、防塵防滴などすぐれた耐久性にあるといわれています。ここでは、写真家の田中希美男さんが選んだニコンの望遠レンズ8選と選び方のポイントをご紹介します。他社製ニコンマウントの望遠レンズもありますよ!


望遠レンズおすすめ8選|【ミラーレス・一眼レフ】キヤノン・ニコンなど厳選

望遠レンズおすすめ8選|【ミラーレス・一眼レフ】キヤノン・ニコンなど厳選

遠くの被写体をクッキリ撮影したり、近くの被写体を大きく撮影したりできる望遠レンズ。望遠レンズは決して安い買い物ではありませんので、間違いのない商品を選びたいですよね。そこで、写真家/カメラ評論家の田中希美男さんと編集部が選んだ望遠レンズのおすすめと選び方についてご紹介します。


ミラーレスカメラ用レンズおすすめ6選【きれいに撮れるズーム・単焦点レンズ】

ミラーレスカメラ用レンズおすすめ6選【きれいに撮れるズーム・単焦点レンズ】

この記事では、写真家・カメラ評論家の田中希美男さんへの取材をもとに、ミラーレスカメラ用レンズを選ぶ際に知っておきたいポイントを解説し、おすすめのレンズを紹介していきます。一眼レフカメラよりもボディが小さく軽い点はミラーレスカメラの利点のひとつです。ミラーレスカメラ用のレンズに多いのは、ボディに合わせた小型のレンズ。しかし、ミラーレスカメラで使用可能な大口径のレンズや長大な望遠レンズも存在します。メーカー各社が、ユーザーの作画意図に対応するレンズラインナップを取りそろえています。カメラのボディをレンズなしで購入した方も、レンズキットを一緒に購入した方も、両方これから購入する方も、レンズやボディを選ぶ際の参考にしてください。


【2020年】ミラーレス&一眼レフダブルズームキットおすすめ7選|標準+単焦点も

【2020年】ミラーレス&一眼レフダブルズームキットおすすめ7選|標準+単焦点も

ミラーレス一眼カメラのボディとレンズがセットになったレンズキット商品のなかでも、かなりの撮影シーンをカバーでき、個別に買うよりもお得なダブルズームキット。一眼&ミラーレスビギナーにうってつけの商品です。ここでは、カメラ評論家・田中希美男さんと編集部が選んだミラーレス一眼ダブルズームキットのおすすめと選び方のポイントについてご紹介します。


新着記事


独自の漂白活性化剤配合!『ワイドハイター EXパワー』ニオイの原因菌を分解!? 検証レビュー

独自の漂白活性化剤配合!『ワイドハイター EXパワー』ニオイの原因菌を分解!? 検証レビュー

タオルの生乾きのニオイ対策や黄ばみの漂白としても使用されることが多い『ワイドハイター EXパワー』。独自の漂白活性化剤がプラスされているので、ワイドハイターよりも洗浄力がアップ! さらにニオイや黄ばみ対策に期待ができますね。お店や通販でも、さまざまな種類の漂白剤が並んでいるので、どの汚れにどの漂白剤を使用したらいいのか迷ってしまいますが、汚れ落ちの効果はもちろんのこと、やはり日常的に使いやすいのは、「入れるだけ」の手軽さではないでしょうか? ニオイの原因菌の増殖を抑えたり、食べこぼし汚れにも期待できる『ワイドハイター EXパワー』を使用した後に感じたことをご紹介します!


ユニ アルファゲルは疲れにくい&集中が続く! グリップのかたさのちがいも試して検証

ユニ アルファゲルは疲れにくい&集中が続く! グリップのかたさのちがいも試して検証

『ユニ アルファゲル』は、三菱鉛筆が販売する握りやすさを追求したシャーペンです。やわらかなゲルグリップは疲れにくく、たくさん文字を書くひとにはぴったりのアイテム。集中力維持にも効果が期待できます。今回は、『ユニ アルファゲル』を実際に試したレビューをご紹介していきます。3種類ラインナップされたグリップのかたさも、すべて試して使い心地を比較。『ユニ アルファゲル』に興味があるひとや、どのかたさのグリップにするか悩んでいるひとは、ぜひ記事を読んで購入の際の参考にしてくださいね。


セラミックナイフもOK!『ダイヤモンドロールシャープナー』簡単な動作で使える研ぎ心地を検証レビュー

セラミックナイフもOK!『ダイヤモンドロールシャープナー』簡単な動作で使える研ぎ心地を検証レビュー

『ダイヤモンドロールシャープナー』は、セラミックナイフOKの両刃用手動シャープナーで、とても簡単に包丁を研ぐことができます。刃を傷めないバネ構造を採用しており、包丁研ぎになれていない人にも安心の商品です。しかし、口コミをみると「切れるようにならない」「刃がかけた」など悪い評価もあります。評判を気にして購入をためらっている人もいそうですね。そこで、口コミが正しいのか、実際に購入して試してみました。包丁の切れ味は復活するのか、安全性に問題はないのか、見極めてください!


鋭い切れ味が長持ち!『関孫六包丁』刃先にこだわった包丁の使い心地を検証レビュー

鋭い切れ味が長持ち!『関孫六包丁』刃先にこだわった包丁の使い心地を検証レビュー

『関孫六包丁』は、総合刃物メーカー「貝印」の包丁。大型スーパーやホームセンターなどでもみかける機会が多く、比較的身近な商品になります。有名メーカーの製品で、さらに安心の国産。信頼度は高そうですが、口コミをみると「切れない」などの悪い評価も挙がっています。口コミが気になって購入に踏み切れない人もいるかもしれませんね。実際のところはどうなのか、商品を実際に購入して試してみました。『関孫六包丁』を見極める材料にしてください。


【2021】『EDiT手帳』の口コミは本当? どんな使い方をする人に向いているかを徹底検証!

【2021】『EDiT手帳』の口コミは本当? どんな使い方をする人に向いているかを徹底検証!

『EDiT手帳』が気になっているけれど、どんな手帳なのかわからない人や、自分に合っているのかが事前にわかればいいのに! と思っている人もいるのではないでしょうか。インターネット上の口コミも気になるところですよね。そこでここでは、『EDiT手帳』の口コミを調査するとともに、『EDiT手帳』を実際に購入し、カバーや見た目、気になる手帳の中身を徹底レビューしていきます。『EDiT手帳』とはどんな手帳なのか、どんな使い方をする人に合っているのかどうかもくわしくお伝えします。最後までぜひお読みください。


PC・スマホ・カメラの人気記事


>>もっと見る