【アウトドア用シャベル・スコップ7選】アウトドアカフェ「BASE CAMP」代表のおすすめ!

【アウトドア用シャベル・スコップ7選】アウトドアカフェ「BASE CAMP」代表のおすすめ!
アウトドアカフェBASE CAMP代表
A-suke

アウトドアをコンセプトにしたカフェ&バー「BASE CAMP」の店主。 雑誌などのアウトドア系メディアで活躍中。幅広いアウトドア経験と知識を持ち、元プロダクトデザイナーという経歴を生かしてコトやモノをプロデュースしている。調理人でもあるので燻製やダッチオーブン料理などにも造詣が深い。

登山やキャンプのときにアウトドア用のシャベルやスコップがあれば、すぐトイレに行かれないような状況になっても安心です。しかし、アウトドア用のシャベルやスコップと一口に言っても、素材や形などさまざまな種類の商品が販売されているため、どのような商品を選ぶべきか迷ってしまうのではないでしょうか。そこで本記事では、アウトドアカフェ「BASE CAMP」代表のA-sukeさんに聞いた、アウトドア用のシャベルやスコップの選び方とおすすめの商品を紹介します!


アウトドア用シャベル・スコップの選び方! アウトドアカフェ「BASE CAMP」代表に聞いた

シャベル
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

アウトドアカフェ「BASE CAMP」代表のA-sukeさんに、アウトドア用のシャベルやスコップを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。商品を選ぶ際に、ぜひプロの意見を参考にしてみてください!

重さで選ぶ

アウトドアカフェBASE CAMP代表

基本的にアウトドアでは重いものより軽いものが重宝します。軽い素材は剛性が低かったり、長い時間使い続ける耐久性がなかったりといったマイナス要素も持っていますが、きちんと穴が掘れて、数年使えるのであれば、軽いものをチョイスするのはひとつの正解といえるでしょう。

素材の質感にも影響することなので、目安としてとらえてバランスを取りましょう。

素材で選ぶ

アウトドアカフェBASE CAMP代表

アウトドア用のシャベルやスコップには、大きく分けるとプラスチックで作られているものと金属で作られているものがあります。プラスチック製は、ある程度の強度がありながら軽く、低価格というのが魅力。

金属製は、一度買ってしまえばなくさない限り、ほぼ一生使えるほどの耐久性があります。金属のなかでもチタンを使っているものは、軽さと耐久性のバランスがとれていますが、やや値段が高めになっています。

折りたたみが可能かどうかで選ぶ

アウトドアカフェBASE CAMP代表

ほとんどの商品は折りたたむことができませんが、折りたためる商品を選べば持ち歩くときにスペースを取らなくてすむため便利です。

また、ハンドルにトイレットペーパーなどを入れておける商品もあるので、効率的にトイレ用品を収納できるものを探すのもいいでしょう。

SEATOSUMMIT(シートゥサミット)『アロイポケット トロウェル 』

折りたためる商品なら、コンパクトに収納できます。

>> 楽天市場で詳細を見る

アウトドアカフェ「BASE CAMP」代表が厳選! アウトドア用シャベル・スコップのおすすめ7選

上で紹介したアウトドア用のシャベルやスコップの選び方をふまえて、アウトドアカフェ「BASE CAMP」代表のA-sukeさんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。素材や形など幅広い商品を紹介しているので、自分好みのものを見つけてみてください!

シャベルに咲いた植物
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9
Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

COGHLAN'S(コフラン) 『Back Packers Trowel(バックパッカーズトローウェル)』

COGHLAN'S(コフラン)『BackPackersTrowel(バックパッカーズトローウェル)』

出典:Amazon

全長 27.7cm
重量 55g
材質 耐衝撃性スチレン樹脂
折りたたみ -

Thumb lg 99dce706 87cf 491a b56f 984d13675890

アウトドアカフェBASE CAMP代表

機能性の高いお財布にやさしいシャベル

手軽に買える値段で、重量が55gと軽いのが魅力。値段のわりに意外なほど長く使えるし、燃えるようなオレンジ色はすぐに見つけやすいです。

ただし、サイズは大きめなので収納性はイマイチといえるかもしれません。また、先端も薄く鋭利なので、デリケートな生地との接触は避けたいところです。そのかわりスコップとしての使いやすさは抜群で、草の根を切りながら穴が掘れます。とてもバランスの取れたシャベルです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

モンベル『ハンディスコップ』

全長 -
重量 40g
材質 ステンレス
折りたたみ -

Thumb lg 99dce706 87cf 491a b56f 984d13675890

アウトドアカフェBASE CAMP代表

ステンレス製の持ち運びしやすいスコップ

ステンレス製ながら薄くて小さく、そして軽いスコップです。持ち手にゴム塗装がしてあり、使いやすい商品です。造形はシンプルで好感がもてます。丸みを帯びたスコップなので、木の根などがある場所だと無理がありますが、普通の地面であればトイレ用の小さな穴は充分掘ることができます。

全長が短いので、手の大きな人にとっては使いにくい一面もありますが、携帯性は高い1品です。軽くて持ち運びがしやすいスコップをお探しの方におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ミゾー『モグ』

ミゾー『モグ』

出典:Amazon

全長 15.8cm(幅:3.5cm)
重量 24g
材質 本体:チタン合金
折りたたみ -

Thumb lg 99dce706 87cf 491a b56f 984d13675890

アウトドアカフェBASE CAMP代表

シンプルで軽量かつ2つの用途で使えるスコップ

チタンで作られた軽量なスコップ。持ち手も金属のままで、シンプルの極みといった印象の商品です。ほかのスコップと比べると鋭利なデザインなので掘り出せる土の量は少ないですが、それでもトイレ用の小さな穴なら問題なく掘ることができます。

鋭利なデザインのため土に差し込みやすく、ペグとして使うことも可能。
スコップとしてだけではなく、ペグとしても使いたい方にはおすすめの商品です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

VARGO(バーゴ) 『チタニウム ディグディグツール 』

VARGO(バーゴ)『チタニウムディグディグツール』 VARGO(バーゴ)『チタニウムディグディグツール』 VARGO(バーゴ)『チタニウムディグディグツール』

出典:Amazon

全長 20.5cm(幅:4.4cm)
重量 36g
材質 チタン
折りたたみ -

Thumb lg 99dce706 87cf 491a b56f 984d13675890

アウトドアカフェBASE CAMP代表

持ち運びしやすく使い勝手もよい2刀流

スコップだけでなくペグとしても使えるように、ロープがひっかけられるデザインになっています。持ち手は手が痛くなりにくい形状になっていて、全長も約20cmと長いので穴が掘りやすいデザインになっています。スコップの刃にはギザギザがついており、植物の根を切りながら穴を掘ることが可能。

チタン製だけあって、使いやすい大きさにしては36gとかなり軽い1品です。軽量なだけでなく使い勝手もいいものをお探しの方におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SEATOSUMMIT(シートゥサミット) 『アロイポケット トロウェル 』

SEATOSUMMIT(シートゥサミット)『アロイポケットトロウェル』 SEATOSUMMIT(シートゥサミット)『アロイポケットトロウェル』

出典:楽天市場

全長 -
重量 100g
材質 6066-T6アルミニウムアロイ
折りたたみ ○(スライド式)

Thumb lg 99dce706 87cf 491a b56f 984d13675890

アウトドアカフェBASE CAMP代表

携帯性のよさと便利さが緊急時にうれしい

柄とシャベル状の部分をスライドして小さくすることが可能な商品。柄の部分には空洞があり、そこにトイレットペーパーが入れられます。ギミック好きにはたまらないものの、大きな力を加えるのには不向きな1品です。

ただし、本商品はあくまでトイレ用なので、よほど固い地面でなければ問題ないでしょう。カラーバリエーションがあるのも魅力的。シャベル部分がアルミではなく、プラスチックのバージョンもあります。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

DAC(ダック) 『The Deuce of spades(ザ デュースオブスペード)』

DAC(ダック)『TheDeuceofspades(ザデュースオブスペード)』

出典:Amazon

全長 17.3cm(幅16.6×厚さ2.0cm)
重量 17g
材質 アルミ(7075T-6)
折りたたみ -

Thumb lg 99dce706 87cf 491a b56f 984d13675890

アウトドアカフェBASE CAMP代表

DAC社製の超軽量で丈夫なスコップ

テントのアルミポールなどを手掛けるDAC社が作る、わずか17gのアルミ製スコップ。しっかりした強度が魅力的な製品です。幅が広めのデザインなので、掘り起こせる土の量は多めです。

また、幅の広いデザインを活かして砂地などでペグとしても活躍してくれそうです。きれいなアルマイトでカラーが5色あるのもうれしいところ。極限まで軽いものがほしい方におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

UST 『U-Dig-It Folding Shovel(ユーディグイット フォールディングショベル』

UST『U-Dig-ItFoldingShovel(ユーディグイットフォールディングショベル』 UST『U-Dig-ItFoldingShovel(ユーディグイットフォールディングショベル』 UST『U-Dig-ItFoldingShovel(ユーディグイットフォールディングショベル』

出典:楽天市場

全長 拡張時:約22cm、折りたたみ時:約14㎝
重量 約122g
材質 ステンレススチール
折りたたみ ○(折りたたみ式)

Thumb lg 99dce706 87cf 491a b56f 984d13675890

アウトドアカフェBASE CAMP代表

耐久性の高い折りたたみ式スコップ

かなり歴史のある折りたたみ式のスコップです。オールステンレス製で約122gと重量級ですが、だからこその耐久性が自慢の商品。

昔から変わらない情緒あるデザインは、ただのトイレスコップというよりは、遺跡発掘でもおこなえそうな本格的な見た目のスコップ。持ち前のタフネスとクラシカルなデザインで、飽きることもなくいつまでも使えるのがこの商品の魅力です。クラシカルな見た目にグッときた方におすすめです。

「アウトドア用シャベル・スコップ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
COGHLAN'S(コフラン) 『Back Packers Trowel(バックパッカーズトローウェル)』
モンベル『ハンディスコップ』
ミゾー『モグ』
VARGO(バーゴ) 『チタニウム ディグディグツール 』
SEATOSUMMIT(シートゥサミット) 『アロイポケット トロウェル 』
DAC(ダック) 『The Deuce of spades(ザ デュースオブスペード)』
UST 『U-Dig-It Folding Shovel(ユーディグイット フォールディングショベル』
商品名 COGHLAN'S(コフラン) 『Back Packers Trowel(バックパッカーズトローウェル)』 モンベル『ハンディスコップ』 ミゾー『モグ』 VARGO(バーゴ) 『チタニウム ディグディグツール 』 SEATOSUMMIT(シートゥサミット) 『アロイポケット トロウェル 』 DAC(ダック) 『The Deuce of spades(ザ デュースオブスペード)』 UST 『U-Dig-It Folding Shovel(ユーディグイット フォールディングショベル』
商品情報
特徴 機能性の高いお財布にやさしいシャベル ステンレス製の持ち運びしやすいスコップ シンプルで軽量かつ2つの用途で使えるスコップ 持ち運びしやすく使い勝手もよい2刀流 携帯性のよさと便利さが緊急時にうれしい DAC社製の超軽量で丈夫なスコップ 耐久性の高い折りたたみ式スコップ
全長 27.7cm - 15.8cm(幅:3.5cm) 20.5cm(幅:4.4cm) - 17.3cm(幅16.6×厚さ2.0cm) 拡張時:約22cm、折りたたみ時:約14㎝
重量 55g 40g 24g 36g 100g 17g 約122g
材質 耐衝撃性スチレン樹脂 ステンレス 本体:チタン合金 チタン 6066-T6アルミニウムアロイ アルミ(7075T-6) ステンレススチール
折りたたみ - - - - ○(スライド式) - ○(折りたたみ式)
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年12月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月10日時点 での税込価格

最初は低価格でバランスがよいものを! アウトドアカフェ「BASE CAMP」代表のアドバイス

アウトドアカフェBASE CAMP代表

まずは値段が安くてバランスにすぐれたものをおすすめします。はじめにベーシックなものを選ぶことで、だんだん自分の使い方が見えてきます。たとえほかの物を購入することになっても、ベーシックなものであればまた必ず使うときが来るはずです。

すぐにダメになったり極端な流行があるものではありません。アウトドア用シャベルは個性的なものも比較的安いので、気になったらいろいろ使ってみるのも楽しいでしょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/12/13 コンテンツ追加・修正と価格を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


スノーシューのおすすめ10選|初心者のためのサイズや機能の選び方

スノーシューのおすすめ10選|初心者のためのサイズや機能の選び方

新雪の上でも足が埋まらず、快適に歩くためのアイテム「スノーシュー」。バックカントリーや本格的な登山に最適です。モンベルやMSR、アトラスといったメーカーをはじめ、平地・傾斜用やヒールリフター機能つきなどさまざまなモデルが販売されています。そこで、アウトドアライターの夏野 栄さんに取材のもと、スノーシューの選び方とおすすめの商品を紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


【LEDライトおすすめ19選】登山・アウトドア・災害などに【タイプ別に紹介】

【LEDライトおすすめ19選】登山・アウトドア・災害などに【タイプ別に紹介】

IT&家電ライターの秋葉けんたさんと編集部がそれぞれ選んだLEDライトのおすすめ商品をご紹介します。LEDライトは、登山やアウトドア、また災害時に備えるなど使用目的により選ぶべきライトが変わってきます。必要な明るさやどのぐらいか、防水・防塵性能は必要か、電池式や充電式などの給電方式など、選ぶ基準はたくさんあります。そこで、秋葉さんにLEDライトの選び方についても教えてもらいましたので詳しく解説していきます。記事後半では各通販サイトの最新人気売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。


【2020年版】双眼鏡おすすめ23選|コンサートや天体観測・釣りなどで活躍

【2020年版】双眼鏡おすすめ23選|コンサートや天体観測・釣りなどで活躍

ガジェット関連に精通するIT・テックライターの石井英男さんへの取材をもとに、定番の人気メーカーから最新モデルまで、2020年版双眼鏡おすすめ23選をご紹介します。ドームなどのコンサートで見やすいおすすめ双眼鏡をご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


登山カメラおすすめ10選【持ち運びに便利】コンデジ、ミラーレスも!

登山カメラおすすめ10選【持ち運びに便利】コンデジ、ミラーレスも!

カメラマンの山下大祐さんに登山カメラの選び方とおすすめ商品を教えていただきました。低山ハイキングから2,000m級の登山まで、経験やレベルに関わらず、カメラは持っていきたいアイテムです。スマホよりもイメージセンサー(撮像素子)が大きいデジタルカメラなら、高解像で階調豊かな描写が可能です。とはいえ、むやみに大きく重いカメラは持ち運びに不便です。選び方のポイントとおすすめ商品を参考にご自身にぴったりな登山カメラを探しましょう。通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


マップケースおすすめ11選|登山時の持ち運びに! アウトドアライターが解説

マップケースおすすめ11選|登山時の持ち運びに! アウトドアライターが解説

防水性や耐水性を持ち、安全登山には欠かせない重要な地図をしっかり守ってくれるマップケース。ここでは、山岳・アウトドアライターの高橋庄太郎さんが選んだマップケースのおすすめと選び方のポイントについてご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


新着記事


独自の漂白活性化剤配合!『ワイドハイター EXパワー』ニオイの原因菌を分解!? 検証レビュー

独自の漂白活性化剤配合!『ワイドハイター EXパワー』ニオイの原因菌を分解!? 検証レビュー

タオルの生乾きのニオイ対策や黄ばみの漂白としても使用されることが多い『ワイドハイター EXパワー』。独自の漂白活性化剤がプラスされているので、ワイドハイターよりも洗浄力がアップ! さらにニオイや黄ばみ対策に期待ができますね。お店や通販でも、さまざまな種類の漂白剤が並んでいるので、どの汚れにどの漂白剤を使用したらいいのか迷ってしまいますが、汚れ落ちの効果はもちろんのこと、やはり日常的に使いやすいのは、「入れるだけ」の手軽さではないでしょうか? ニオイの原因菌の増殖を抑えたり、食べこぼし汚れにも期待できる『ワイドハイター EXパワー』を使用した後に感じたことをご紹介します!


ユニ アルファゲルは疲れにくい&集中が続く! グリップのかたさのちがいも試して検証

ユニ アルファゲルは疲れにくい&集中が続く! グリップのかたさのちがいも試して検証

『ユニ アルファゲル』は、三菱鉛筆が販売する握りやすさを追求したシャーペンです。やわらかなゲルグリップは疲れにくく、たくさん文字を書くひとにはぴったりのアイテム。集中力維持にも効果が期待できます。今回は、『ユニ アルファゲル』を実際に試したレビューをご紹介していきます。3種類ラインナップされたグリップのかたさも、すべて試して使い心地を比較。『ユニ アルファゲル』に興味があるひとや、どのかたさのグリップにするか悩んでいるひとは、ぜひ記事を読んで購入の際の参考にしてくださいね。


セラミックナイフもOK!『ダイヤモンドロールシャープナー』簡単な動作で使える研ぎ心地を検証レビュー

セラミックナイフもOK!『ダイヤモンドロールシャープナー』簡単な動作で使える研ぎ心地を検証レビュー

『ダイヤモンドロールシャープナー』は、セラミックナイフOKの両刃用手動シャープナーで、とても簡単に包丁を研ぐことができます。刃を傷めないバネ構造を採用しており、包丁研ぎになれていない人にも安心の商品です。しかし、口コミをみると「切れるようにならない」「刃がかけた」など悪い評価もあります。評判を気にして購入をためらっている人もいそうですね。そこで、口コミが正しいのか、実際に購入して試してみました。包丁の切れ味は復活するのか、安全性に問題はないのか、見極めてください!


鋭い切れ味が長持ち!『関孫六包丁』刃先にこだわった包丁の使い心地を検証レビュー

鋭い切れ味が長持ち!『関孫六包丁』刃先にこだわった包丁の使い心地を検証レビュー

『関孫六包丁』は、総合刃物メーカー「貝印」の包丁。大型スーパーやホームセンターなどでもみかける機会が多く、比較的身近な商品になります。有名メーカーの製品で、さらに安心の国産。信頼度は高そうですが、口コミをみると「切れない」などの悪い評価も挙がっています。口コミが気になって購入に踏み切れない人もいるかもしれませんね。実際のところはどうなのか、商品を実際に購入して試してみました。『関孫六包丁』を見極める材料にしてください。


【2021】『EDiT手帳』の口コミは本当? どんな使い方をする人に向いているかを徹底検証!

【2021】『EDiT手帳』の口コミは本当? どんな使い方をする人に向いているかを徹底検証!

『EDiT手帳』が気になっているけれど、どんな手帳なのかわからない人や、自分に合っているのかが事前にわかればいいのに! と思っている人もいるのではないでしょうか。インターネット上の口コミも気になるところですよね。そこでここでは、『EDiT手帳』の口コミを調査するとともに、『EDiT手帳』を実際に購入し、カバーや見た目、気になる手帳の中身を徹底レビューしていきます。『EDiT手帳』とはどんな手帳なのか、どんな使い方をする人に合っているのかどうかもくわしくお伝えします。最後までぜひお読みください。


アウトドア・キャンプの人気記事


>>もっと見る