PR(アフィリエイト)

電源タップの寿命はいつ?寿命が近い傾向や寿命を迎える危険性を解説

電源タップの寿命はいつ?寿命が近い傾向や寿命を迎える危険性を解説
電源タップの寿命はいつ?寿命が近い傾向や寿命を迎える危険性を解説

◆本記事はプロモーションが含まれています。

電源タップは壁側のコンセントから離れた位置でも電気供給ができたり、複数の電気器具に接続できたりする便利なアイテムです。しかし、長年使用していると劣化が進み、接続不良による火災につながる危険性があります。

本記事では、電源タップの寿命はいつなのかについて解説します。また、電源タップの寿命が近づいている傾向や寿命を迎えた際に考えられる危険性についても解説するので、自宅で電源タップを利用している方はぜひ参考にしてみてください。


マイナビおすすめナビ編集部

担当:セール・クーポン、その他
花島 優史

モノ以外のサービス全般を担当。趣味~実用系のサブスクをはじめ、日常生活を快適かつ豊かにするおすすめ情報やハウツー情報までをカバーしている。

電源タップが寿命を迎えたらどうなる?

 

電源タップは長年使用していると、いつかは寿命を迎えます。寿命を迎えた電源タップの使用はできないため、新たな電源タップへの買い換えが必要です。

しかし、数年同じ電源タップを使用している方もいるでしょう。寿命を迎えた電源タップを使い続けると、どのような問題点があるのでしょうか。

まずは、電源タップが寿命を迎えたら起こり得る問題点について確認していきましょう。

劣化により使えなくなる

電源タップはほかの電化製品と同様に、使用年数や頻度により経年劣化が起こります。経年劣化した電源タップは、内部の故障によって接続しても電力が供給されずに使えなくなるケースが多いでしょう。

また、電源付きの電源タップは劣化でスイッチが効かなくなったり、形が潰れて切り替えが不可能になったりします。

さらに、プラグの差し込み口が劣化すると、対象の差し込み口でのみ、接触不良を起こす場合もあります。そのため、電源タップが使えなくなった場合は、寿命による劣化の可能性が考えられるでしょう。

破損により火災が起こる

電源タップが破損することで、発火による火災が発生する可能性があります。とくに、断線からの火災はよくある事例です。

断線はコードが家具の下敷きになっていたり、ペットがコードをかじったりすることで起こります。また、電源タップを誤って踏みつけることでカバーが割れてしまうケースもあります。

そのため、電源タップを使用する際は、断線防止のアクセサリーをつけるなどの対策をしておくと安全に使用できるでしょう。

電源タップの寿命はどれくらい?

 

電源タップの一般的な寿命は、製品にもよりますが5年程度といわれています。そのため、5年を経過した電源タップは買い替えを検討しましょう。

また、使用年数が5年に達していなかったとしても、定期的に点検することが大切です。点検は接触状況や、ケースやプラグのキズの状況などで判断しましょう。差し込み口の中など、目に見えない箇所に焦げた跡がある場合もあるため注意深く見ることが大切です。

また、電源タップの使い方によっては、コード部分の断線やスイッチ部分の破損が起こる可能性があります。

問題のある状態で使用を続けると予期せぬトラブルが発生する可能性もあるため、問題を発見した時点で早めに買い替えるようにしましょう。

電源タップの種類によって寿命は異なる?

 

電源タップは、主に直付けタイプと延長コード付きタイプの2種類があります。タイプごとに大きな寿命の差はないため、買い替えはどちらも5年程度を目安にするとよいでしょう。

しかし、延長コード付きの電源タップは、コード部分が折り曲げられたり引っ張られたりすることで断線するリスクがあるため、コードの状態や扱いには注意が必要です。また、使用状況や取り扱いによっても寿命は異なるため、定期的な点検と交換を心がけるようにしましょう。

電源タップの寿命サイン

 

電源タップの寿命が近いときは、見た目や機能面でいくつかの傾向が見られます。これらの傾向を知ることで、トラブルが発生する前に対処が可能です。

続いては、電源タップの寿命が近いときに現れる傾向について確認していきましょう。

接続が安定しない

電源タップの寿命が近づくと、接続が安定しなくなる傾向にあります。これは、使用年数が増えることでプラグの接触が悪くなったり、電力供給が不安定になったりしていることが原因です。

実際、差し込むプラグの角度によって接続できない場合があるなら、寿命が近づいているといえます。寿命が訪れると完全に電力供給ができなくなります。

接触不良によるショートなどのトラブルを引き起こす前に、電源タップの買い替えを検討しましょう。

プラグの抜き差しが緩い

プラグを差し込んでもすぐに抜けてしまう場合は、差し込み口の劣化が始まっている証拠です。差し込み口が劣化していると少しの衝撃でプラグが抜けてしまうため、電化製品側にも負荷がかかるでしょう。

また、電化製品の電源が入っている状態でプラグが抜けてしまうと、ほこりに水分が混じることで火花が出る「トラッキング現象」を引き起こす可能性があります。

そのため、プラグの抜き差しが緩くなっている場合も早めの買い替えを検討しましょう。

プラグや差し込み口に変色や焦げがある

プラグや差し込み口に変色や焦げがある場合は、電源タップを早めに交換することが大切です。変色や焦げが発生する原因は、電源がONの状態でプラグを差したり、ほこりが混入したりすることにあります。

この状態を放置しておくとトラッキング現象を引き起こす危険性があります。そのため、電源タップに変色や焦げを見つけた場合は、すぐに使用を中止するようにしましょう。

とくに、内部の変色や焦げは目視では見つけづらいため、注意深く観察することが大切です。

プラグが曲がっている

電源タップのプラグは、ものをぶつけたり踏みつけたりするなどの強い衝撃が加わったり、無理にコンセントに挿入したりすることで曲がってしまう場合があります。曲がった状態で強引にコンセントへ差し込むとショートによる火災の原因となるため、プラグが曲がった電源タップの使用は控えてください。

また、プラグの曲がりは電源タップの寿命というよりは扱い方の問題です。そのため、電源タップを日ごろから丁寧に扱うことで、長期的な利用も可能になるでしょう。

電源タップの危険な使い方

 

電源タップは便利な反面、火災を発生させる危険性のあるアイテムでもあります。そのため、間違った方法で使用している方は今すぐ改善が必要です。

電源タップを事故につながるような危険な使い方をしていないか確認していきましょう。

差し込み口やプラグにほこりが溜まった状態で使っている

差し込み口やプラグにほこりが溜まった状態で電源タップを使用していると、湿気が加わった際に発火が起こる可能性があります。ほかにも、髪の毛が絡まった状態で通電することでも発火の原因となります。

そのため、定期的に電源タップの差し込み口やプラグを掃除することが大切です。また、ほこりや髪の毛が少ない環境にするために部屋の掃除も怠らないようにしましょう。

定期的な掃除が難しい場合は、差し込み口にシャッターがついている製品を選ぶのもおすすめです。

水回りで使用している

キッチンや洗面所などの水回りで電源タップを使用することは、とても危険です。電源タップから発せられる電気と水が接触すると、感電や漏電の危険性が高まります。

また、水場は湿気が溜まりやすいため、湿気による火災のリスクもあります。そのため、安全性を考慮して水回りでは電源タップを使用しないようにしましょう。どうしても水回りで使用したい場合は、防水仕様の電源タップを選んで利用するのも選択肢のひとつです。

コードやプラグが熱くなったまま使用している

接続している電化製品の電力が電源タップの容量に迫っていると、コードやプラグが熱を帯びて熱くなります。その状態で使用を続けると発火の原因となるため、たいへん危険です。

そのため、コードやプラグに強い熱を感じる際は、速やかに容量が大きい電源タップに変更するようにしましょう。また、タコ足配線で複数の電化製品とつないでいる場合は、電源を取る箇所を分散させることが大切です。

しかし、コードに電気が流れることで熱を帯びるのは一般的であるため、ほんのり温かくなる程度では問題はありません。持てないほどの熱を帯びている際には、注意が必要です。

コードが家具の下敷きになっている

電源タップのコードが家具の下敷きになっていると、内部が損傷したり、絶縁が損なわれることで断線したりする危険性が高まります。その結果、感電や火災のリスクが増加します。

コードの周りにものを置かないようにしたり、コードを通す専用のクリップや配線ボックスを使用したりして、コード周りの整理と安全な配置に留意しましょう。コードがきちんと整理されていると、ものの下敷きになったり引っかかったりするリスクを低減できます。

コード付近は散らかりがちですが、日ごろから整理と掃除は怠らないことが大切です。

コードを束ねて使用している

電源コードを束ねて使用していると、発生した熱をじゅうぶんに放熱できずに配線被覆が溶けてショートする危険性があります。また、折り曲げによってコードに負荷がかかり、断線を引き起こす可能性もあるでしょう。ショートや断線は火災の原因となる危険な状態です。

そのため、延長コード付きの電源タップを購入する際は、必要以上の長さを持つ製品を選ばないようにし、使用時はしっかり伸ばして使用するようにしましょう。

電源タップの最大容量を超えた電力を使っている

電源タップの最大容量を超えた電力を使っている場合は、容量の大きい電源タップに変えましょう。最大容量を超えた電力を使用していると、電源タップから発火する恐れがあります。

コードや本体が異様に熱を帯びている場合は、最大容量を超えている可能性があるため、注意が必要です。

また、一般的な電源タップの最大容量は1500wです。この数値は、消費電力の大きい電子レンジなどをタコ足配線などで使用していると容易に超えてしまいます。

そのため、電力の大きな電化製品に電源タップを使う際は、最大容量を超えてしまわないか、事前にしっかりとチェックしておくことが大切です。

寿命が来た電源タップは買い換えよう!

 

寿命を迎えた電源タップを使い続けることはたいへん危険なため、必ず買い換えるようにしましょう。また、購入から5年が経過している電源タップは内部で劣化が進んでいる可能性があります。そのため、たとえ使用感に問題を感じていなかったとしても、長年使っている電源タップは定期的に交換することが大切です。

こちらの「電源タップおすすめ9選|デスク・家電周りをおしゃれにスッキリ!」では、用途にあわせた電源タップの選び方とおすすめ商品について紹介しています。電源タップの買い替えを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

電源タップを安全に使用できる機能

 

電源タップには火災の発生リスクがあるため、使い方には注意を払う必要があります。そこで、おすすめなのは安全機能がついた電源タップです。

続いては、電源タップを安全に使用できる機能について紹介します。電源タップを購入する際の参考にしてみてください。

トラッキング防止機能

電源タップによる火災のリスクを最小限に抑えたい方は、トラッキング防止機能つきの製品を選択しましょう。

トラッキング防止機能の電源タップには、使用しない差し込み口に溜まるほこりを防ぐためのシャッターや、プラグに火災を防ぐための絶縁キャップがついています。そのため、一般的な電源タップよりも安全に使用できます。

とくに、乾燥しやすく火災が起きやすい地域に住んでいる方や、ほこりが溜まりやすい環境で電源タップを使用する方におすすめです。安全面を考慮して、トラッキング防止機能付きの電源タップに買い替えてみてはいかがでしょうか。

抜け止め防止機能

抜け止め防止機能がついた電源タップは、プラグをロックすることで、使用中にプラグが抜けることを防止できます。そのため、コードが足に引っかかった際でも、プラグは抜けづらいでしょう。

ほかにも、抜け止め防止機能があることで、接続が安定したり差し込み口の隙間にほこりが混入したりすることを防げます。その結果、火災の防止につながるため、安全面を考慮するなら抜け止め防止機能のついた電源タップを購入するとよいでしょう。

防水機能

電源タップをキッチンや洗面台といった水回りで使用したいなら、防水機能付きの商品がおすすめです。防水機能付きの電源タップなら電気の天敵である水の侵入を防いでくれるため、漏電やショートが発生するリスクを低下できます。

しかし、防水性能は製品によって異なるため、使用予定の環境に適しているかを考慮して購入するようにしましょう。

電源タップのおすすめを見てみる

電源タップの寿命についてのまとめ

今回は、電源タップの寿命について紹介しました。電源タップは、長年使っていると経年劣化によってスムーズに通電できなくなったり、プラグが抜けやすくなったりします。

ほかにも、ケースの潰れやコードの断線が起こる可能性もあるでしょう。また、発火によって火災が発生する可能性もあるため、寿命が近づいたら新しい電源タップに買い換えることが大切です。

電源タップの寿命は製品によっても異なりますが、一般的には5年が寿命といわれています。そのため、購入から5年が経過した電源タップは、安全のためにも買い替えを検討するようにしましょう。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button