PR(アフィリエイト)

溶接めがねおすすめ5選|アーク溶接・ガス溶接用まで、タイプごとに紹介

溶接めがねおすすめ5選|アーク溶接・ガス溶接用まで、タイプごとに紹介
溶接めがねおすすめ5選|アーク溶接・ガス溶接用まで、タイプごとに紹介

◆本記事はプロモーションが含まれています。
◆本記事は2019年04月23日に公開された記事です。

溶接をする際に発生する強い光や熱から目を保護する「溶接めがね」。DIYや仕事などで溶接作業をする方は、自分の身を守るためにもぜひ持っておきたいアイテムです。

この記事では、溶接めがねの選び方の説明とおすすめ商品を紹介。遮光度の確認方法や自動遮光の調節機能など詳しく説明しています。また商品はサングラスタイプなど、形状別に紹介しています。

記事の最後にはAmazonや楽天など通販サイトの最新人気ランキングも載せていますので、売れ筋や口コミもあわせてチェックしてみてください。


この記事を担当するエキスパート

芸術大学教員/DIYアドバイザー
野口 僚
徳島県の家具メーカーにて木製家具の製造に携わり、機械加工、仕上げ、組み立て、塗装など木工全般と家具製造ノウハウを培いました。 その後東京では業界新業態の体験型DIYショップで店長として勤務。店頭ではお客様の相談に乗りつつ、一人一人にぴったりのDIY用品を提案してきました。 同時にDIYレッスンの企画と講師を行い、日本のDIY文化発展のために努めてきました。 現在は大学のデザイン学部の助手として大学内工房に在中し、 学生に対しデザインやモノづくりの手法などを主に教えています。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:生活雑貨・日用品、住まい・DIY
平野 慎也

「生活雑貨・日用品」「住まい・DIY」カテゴリー担当。妻と娘が二人で料理をしているのをほほえましく眺めながら、息子と食べる担当になっている30代編集者。あると便利な日用品を買っても使わず、怒られているのは内緒。

溶接めがねの選び方

それでは、溶接めがねの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記。

【1】形状・タイプ
【2】遮光度
【3】自動遮光の調節機能があるか


上記のポイントをおさえることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】形状・タイプをチェック

溶接めがねの形状によって、取りつけ方と使い心地が変わってきます。

サングラスタイプ

 
TOYO SAFETY『No.1371-G』
TOYO SAFETY『No.1371-G』

サングラスタイプは一番手軽で使いやすく、短時間の溶接や軽作業に向いているタイプです。

ゴーグルタイプ

 
太陽電池 式 自動遮光 溶接ゴーグル
太陽電池 式 自動遮光 溶接ゴーグル

ゴーグルタイプは頭にしっかりと装着することができるため、動いてもめがねがずれにくく、作業性がよくなるでしょう。

クリップタイプ

 
TOYO 帽子取付用溶接メガネ
TOYO 帽子取付用溶接メガネ

クリップタイプは、つばのあるヘルメットにつけることができて比較的軽く、顔に直接めがねをつけたくない方におすすめです。

【2】遮光度をチェック

溶接中
溶接中
Pixabayのロゴ

溶接めがねには商品によって遮光度という表記があり、これは溶接時の光をどれだけ遮れるかの表記。DIYでよく使われるアーク溶接は光が強く、8~11番ほどの遮光度が必要です。ガス溶接はアーク溶接に比べると光が弱いため、3~5番ほどの遮光度が適切でしょう。

遮光度が適切でないと作業時に光をしっかりと遮れず、目を痛めてしまう危険があるかもしれません。逆に遮光度が高すぎると、溶接箇所が見えづらく作業精度が低下してしまいます。

どういった溶接方法を行うかによって適切な溶接めがねが変わるため、適切な遮光度の溶接めがねを購入するようにしましょう。

【3】自動遮光の調節機能があるかチェック

 
ROZZERMAN 溶接メガネ
ROZZERMAN 溶接メガネ

自動遮光機能がついた溶接めがねは、溶接箇所から光が出た瞬間を感知して、光っている間のみ遮光を行ってくれます。溶接時以外でも作業箇所を見ることができるため、非常に作業効率が高くなりますね。

また、自動遮光タイプには「遮光度調節」や「遮光タイミング」「遮光戻り速度」などを調節できるものも。自身の溶接作業に合わせた調節が可能なので使い勝手がよく、目に負担をかけにくいため、おすすめです。

溶接めがねのおすすめ|サングラスタイプ

それでは、溶接めがねのおすすめ商品をご紹介いたします。

エキスパートのおすすめ

SUZUKID『ウェルディンググラス#8 P-498』

SUZUKID『ウェルディンググラス#8P-498』 SUZUKID『ウェルディンググラス#8P-498』
出典:Amazon この商品を見るview item
芸術大学教員/DIYアドバイザー:野口 僚

芸術大学教員/DIYアドバイザー

手軽でサッと、使い心地のよい電気溶接用めがね

スズキッドの「ウェルディンググラス」は非常に安価かつ、サングラスのように気軽に装着ができる溶接めがね。

DIYでよく使われるアーク溶接に適しており、めがね型なので両手で安定した作業ができます。耳にかけるフレーム部分の長さ調整ができ、肌との設置面はクッション素材がついているなど、使用者へのこまかな配慮がされている商品ですね。

ちょっとした電気溶接時に、手軽に使いたいときなどは、この溶接めがねがおすすめです。

遮光度 8番
遮光スピード -
材質 ポリカーボネート
メガネ併用 可能
重さ 81g
全てを見る全てを見る

遮光度 8番
遮光スピード -
材質 ポリカーボネート
メガネ併用 可能
重さ 81g
全てを見る全てを見る

エキスパートのおすすめ

TOYO SAFETY『No.1371-G』

TOYOSAFETY『No.1371-G』 TOYOSAFETY『No.1371-G』 TOYOSAFETY『No.1371-G』 TOYOSAFETY『No.1371-G』
出典:Amazon この商品を見るview item
芸術大学教員/DIYアドバイザー:野口 僚

芸術大学教員/DIYアドバイザー

遮光度の低い手軽なガス溶接用めがね

トーヨーセーフティーから発売されている、ガス溶接用の溶接めがね。遮光度は4番と低めで、光っていない状態でも溶接めがねをつけたまま作業をすることができるため、作業効率が高いです。

本体重量は45gと非常に軽いため、長時間使用をしても疲れません。

顔全体の保護はできませんが、目のまわりは火花からしっかりと守ってくれるため、手軽にガス溶接をしたい際に最適な溶接めがねですね。

遮光度 4番
遮光スピード -
材質 ポリカーボネート
メガネ併用 -
重さ 45g
全てを見る全てを見る

遮光度 4番
遮光スピード -
材質 ポリカーボネート
メガネ併用 -
重さ 45g
全てを見る全てを見る

溶接めがねのおすすめ|ゴーグルタイプ

Ladruph『太陽電池式 自動遮光溶接ゴーグル (グリーン)』

Ladruph『太陽電池式自動遮光溶接ゴーグル(グリーン)』 Ladruph『太陽電池式自動遮光溶接ゴーグル(グリーン)』 Ladruph『太陽電池式自動遮光溶接ゴーグル(グリーン)』 Ladruph『太陽電池式自動遮光溶接ゴーグル(グリーン)』 Ladruph『太陽電池式自動遮光溶接ゴーグル(グリーン)』 Ladruph『太陽電池式自動遮光溶接ゴーグル(グリーン)』 Ladruph『太陽電池式自動遮光溶接ゴーグル(グリーン)』 Ladruph『太陽電池式自動遮光溶接ゴーグル(グリーン)』 Ladruph『太陽電池式自動遮光溶接ゴーグル(グリーン)』
出典:Amazon この商品を見るview item

フィット感がおすすめのソーラー式自動遮光ゴーグル

顔にしっかりとフィットし、安定感のある作業ができる、ゴーグルタイプの溶接めがね。溶接時の光が発生したときのみ遮光効果のある、自動遮光機能がついているため、作業性がよく、長時間の溶接でもスムーズに行うことができます。

レンズ部分が広いので視認性がよく、溶接部分からその周辺まで見やすくなっています。

ガス溶接からアーク溶接まで使用することができ、安価で購入できる、おすすめの自動遮光めがねですね。

遮光度 作業前 ♯4~♯6/作業時 ♯9~♯13
遮光スピード -
材質 ABS
メガネ併用 -
重さ 250g
全てを見る全てを見る

遮光度 作業前 ♯4~♯6/作業時 ♯9~♯13
遮光スピード -
材質 ABS
メガネ併用 -
重さ 250g
全てを見る全てを見る

リケン『自動遮光溶接面 ゴーグル型 GMG2』

遮光スピードが速く安心して使える!

TIG溶接(30A以下はNG)、アーク溶接、被覆アーク溶接など幅広い溶接に使用可能なゴーグルです。作業前の明るさは3番、作業後は11番の遮光度に自動で変化、その反応スピードはなんと1/3000秒で、瞬時に切り替わります。安心して使える商品を探している方におすすめです。

遮光度 作業前:3番、作業時:11番
遮光スピード 1/3000秒
材質 -
メガネ併用 -
重さ 367g
全てを見る全てを見る

遮光度 作業前:3番、作業時:11番
遮光スピード 1/3000秒
材質 -
メガネ併用 -
重さ 367g
全てを見る全てを見る

溶接めがねのおすすめ|クリップタイプ

エキスパートのおすすめ

TOYO SAFETY『帽子取付用メガネ』

TOYOSAFETY『帽子取付用メガネ』 TOYOSAFETY『帽子取付用メガネ』 TOYOSAFETY『帽子取付用メガネ』 TOYOSAFETY『帽子取付用メガネ』
出典:Amazon この商品を見るview item
芸術大学教員/DIYアドバイザー:野口 僚

芸術大学教員/DIYアドバイザー

独特な使い心地のクリップ溶接めがね

帽子やヘルメットのツバ部分に装着することができる、クリップタイプの溶接めがねです。

ほかの溶接めがねと違って、肌に直接触れなくても使用することができるのが特徴。

普段メガネをかけている方でも、メガネの上から被せるように使うことができます。レンズが曇る心配や、メガネに接触する心配がなく、楽に使うことができますよ。

遮光度 8番
遮光スピード -
材質 レンズ:ポリカーボネート樹脂
メガネ併用 可能
重さ 85g
全てを見る全てを見る

遮光度 8番
遮光スピード -
材質 レンズ:ポリカーボネート樹脂
メガネ併用 可能
重さ 85g
全てを見る全てを見る

「溶接めがね」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
SUZUKID『ウェルディンググラス#8 P-498』
TOYO SAFETY『No.1371-G』
Ladruph『太陽電池式 自動遮光溶接ゴーグル (グリーン)』
リケン『自動遮光溶接面 ゴーグル型 GMG2』
TOYO SAFETY『帽子取付用メガネ』
商品名 SUZUKID『ウェルディンググラス#8 P-498』 TOYO SAFETY『No.1371-G』 Ladruph『太陽電池式 自動遮光溶接ゴーグル (グリーン)』 リケン『自動遮光溶接面 ゴーグル型 GMG2』 TOYO SAFETY『帽子取付用メガネ』
商品情報
特徴 手軽でサッと、使い心地のよい電気溶接用めがね 遮光度の低い手軽なガス溶接用めがね フィット感がおすすめのソーラー式自動遮光ゴーグル フィット感がおすすめのソーラー式自動遮光ゴーグル 独特な使い心地のクリップ溶接めがね
遮光度 8番 4番 作業前 ♯4~♯6/作業時 ♯9~♯13 作業前:3番、作業時:11番 8番
遮光スピード - - - 1/3000秒 -
材質 ポリカーボネート ポリカーボネート ABS - レンズ:ポリカーボネート樹脂
メガネ併用 可能 - - - 可能
重さ 81g 45g 250g 367g 85g
商品リンク

※各社通販サイトの 2023年12月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年12月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年12月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年12月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年12月15日時点 での税込価格

各通販サイトのランキングを見る 溶接めがねの売れ筋をチェック

Yahoo!ショッピングでの溶接めがねの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピング:溶接めがねランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】そのほかの関連アイテムもチェック

まとめ:適切な遮光度:

溶接光を直接見続けると、目に重大な症状が出てしまうことがあります。そのため、溶接作業に遮光用の溶接めがねは必需品。作業中はつねに使用する必要があるため、溶接作業のストレスにならない、使いやすい溶接めがねを選ぶようにしましょう。

とくに適切な遮光度については、つい確認漏れしてしまいがちです。長く作業する方は適切な遮光度にすることで、作業の快適さを上げることができますよ。

自身の溶接作業にあった、使いやすい溶接めがねを見つけて、楽しく快適な溶接DIYライフを送りましょう。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button