折りたたみバケツおすすめ7選|キャンプやアウトドアで大活躍!

折りたたみバケツおすすめ7選|キャンプやアウトドアで大活躍!
ワイルドライフクリエーター、山岳写真家
荒井 裕介

ブッシュクラフト、狩猟、ULスタイル、沢登りなど様々なアウトドアに取り組む。海外生活の経験もあり銃器やトイガンにも造詣が深い。 アウトドア料理やビンテージアウトドアアイテムのレストア、道具作りにも造詣が深く自作アイテムのみでの山行も行う。 フェールラーベンのアンバサダーとしても活動している。

アウトドアやキャンプでは、まとまった量の水が必要となるシーンがあります。そこで活躍するのが、折りたたみバケツです。自宅で使うようなポリバケツでは持ち運びが不便ですし、なんだか味気ないですよね。最近ではロゴス、スノーピーク、シートゥサミット、チャムスなどのブランドから、いろいろなサイズや容量、素材、強度の折りたたみバケツが販売されています。そこで山岳写真家の荒井裕介さんへの取材をもとに、最適な折りたたみバケツの選び方とおすすめ商品を5つご紹介します。


山岳写真家に聞く|折りたたみバケツの選び方

山岳写真家・荒井裕介さんに、折りたたみバケツを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

山でキャンプのイメージ画像
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

険しいアウトドアには必須、素材の強度に注目

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

折りたたみバケツを実際にアウトドアで使うとなると、不安定な地面に置かなくてはいけないときもあるでしょうし、摩擦や尖った小石などでバケツが傷がついてしまうこともあるでしょう。

そこで、折りたたみバケツを選ぶ際にまず注目すべきポイントは素材の強度です。折りたたみバケツのなかには、軽量さやコンパクトさを重視してそれほど剛性のない布などでできているものも多くありますので、石や枝が当たっても傷がつかないような、しっかりと強度がある素材のものを選びましょう。

水を入れることを前提に、長く使えるものを選ぶ

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

折りたたみといってもあくまでバケツ。やはり水を汲んで運ぶことを前提に選びましょう。水を汲む上で重要なポイントは、各部品の接着方法です。

シリコン製で取っ手やオケが溶接で接着されているものは耐久性もありおすすめですが、素材によっては溶接が難しいものもあります。その場合はシームテープでしっかりと接着されていて、縫われているのであれば、縫製部分のこまかいものがおすすめです。

また、破損してもシーラーなどで補修しやすいものを選ぶと、長期間使えてコスパがよくなります。

お手入れのしやすさで選ぶ

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

アウトドアで使用すればバケツはもちろん汚れます。外側だけではなく、物を入れる内側の汚れも気になってきますよね。そこで、折りたたみバケツを選ぶ際は、お手入れや乾燥が簡単にできるものがおすすめです。

キャンプで使う場合は、家で洗剤洗いができるものがいいでしょう。溶接タイプの製品で縫い目がないものは、汚れの蓄積も防げて衛生的にも安心です。

バックパッキングのことを考えると、裏返して乾燥させたり吊るしておけるタイプものをおすすめします。快適にストレスなく活用できるはずです。

折りたたみバケツのおすすめ商品7選|山岳写真家が選出

上で紹介した折りたたみバケツの選び方のポイントをふまえて、実際に山岳写真家・荒井裕介さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

キャンプで焚き火のイメージ画像

Photo by Chris Holder on Unsplash

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

シートゥサミット(SEATOSUMMIT)『フォールディング バケット(ST84091)』

シートゥサミット(SEATOSUMMIT)『フォールディングバケット(ST84091)』

出典:Amazon

素材 本体:210D TPUコーティングナイロン、底面:420D TPUコーティングナイロン、メインハンドル:420Dナイロン
容量 10L、20L
重量 10L:80g、20L:110g
収納時サイズ 10L:縦10.5×横10.0cm、20L:縦10.7×横10.5cm
使用時サイズ 10L:直径21.0×高さ26.0cm、20L:直径26.0×高さ33.0cm
接着方法 高周波溶着(メインハンドルと本体部分)

Thumb lg 5fb869a0 d2e3 4eda 9228 905b60d2faa5

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

軽量で自立する折りたたみバケツ

Sea to Summitが販売する折りたたみバケツは、ジッパーポーチ付きで携帯に便利。軽量でコンパクトなデザインが特徴で、溶着構造で水漏れの心配もありません。

容量も10Lと20Lのラインナップがあり、シーンによって選べるのも嬉しいですね。いずれもアウトドアで大活躍するサイズ。

軽くて持ち歩きやすくても水を入れると自立するので、キャンプや登山、マリンスポーツといった幅広いニーズに応えてくれるでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ロゴス(LOGOS)『アクアFDバケツ(88230160)』

ロゴス(LOGOS)『アクアFDバケツ(88230160)』 ロゴス(LOGOS)『アクアFDバケツ(88230160)』 ロゴス(LOGOS)『アクアFDバケツ(88230160)』 ロゴス(LOGOS)『アクアFDバケツ(88230160)』 ロゴス(LOGOS)『アクアFDバケツ(88230160)』

出典:Amazon

素材 EVA
容量 7.5L
重量 300g
収納時サイズ 直径24.5×高さ5.0cm
使用時サイズ 直径24.5×高さ27.5cm
接着方法 -

Thumb lg 5fb869a0 d2e3 4eda 9228 905b60d2faa5

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

A4サイズのなる折りたたみバケツ

フタ部分が半分だけ透明の覗き穴になっているLOGOSの折りたたみバケツ。運搬や作業中などに、中が見えるので安心です。

容量は7.5L、重量は300gほどで、女性やお子さんでも扱いやすいサイズです。普通のキャンプで川の水を汲むときや、オートキャンプで水場の水を車まで運ぶときなどにも活躍してくれます。

コンパクトなので荷室の小さい車に積んでおいても場所をとらないのもおすすめのポイント。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

グラナイトギア(GRANITE GEAR)『ウォーターバケット』

グラナイトギア(GRANITEGEAR)『ウォーターバケット』

出典:Amazon

素材 210Dコーデュラ
容量 7L
重量 136g
収納時サイズ -
使用時サイズ 直径34.3×高さ28.0cm
接着方法 -

Thumb lg 5fb869a0 d2e3 4eda 9228 905b60d2faa5

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

洗練された設計の折りたたみバケツ

GRANITE GEARの折りたたみバケツは、底面が大きく口が小さいという水がこぼれにくい形状を採用しており、抜群の安定感があります。

また、ボディー底部には逆さに吊るしておける乾燥用ループが。使用後の配慮もされている嬉しい機能です。

素材には、通常のナイロンの7倍もの強度をもつコーデュラナイロンが使用されており、タフな作りも高ポイント。キャンプやツーリングなど、動きが活発でハードなシーンも安心して使える折りたたみバケツです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

スノーピーク(Snow Peak)『キャンプバケツ(FP152)』

スノーピーク(SnowPeak)『キャンプバケツ(FP152)』 スノーピーク(SnowPeak)『キャンプバケツ(FP152)』 スノーピーク(SnowPeak)『キャンプバケツ(FP152)』

出典:楽天市場

素材 PVCナイロン
容量 12L
重量 200g
収納時サイズ -
使用時サイズ 直径24.1×高さ26.7cm
接着方法 高音波溶着

Thumb lg 5fb869a0 d2e3 4eda 9228 905b60d2faa5

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

機能性だけでなく見た目も楽しむバケツ

Snow peakらしい自然なカラーリングで、キャンプシーンでも違和感ないのが嬉しい折りたたみバケツ。強度の高い超音波溶着が施され、水漏れの心配もありません。

PVCナイロン製で耐候性があり、環境が変わりやすい登山や長期間のツーリングにピッタリです。

また、12Lと十分な容量でも、軽量で使いやすいのが特徴。バケツとしてだけはなく食材や機材の運搬にも使え、見た目もすっきりまとまります。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

エイアンドエフ/シアトルスポーツ『シアトルスポーツ ジャンボキャンプシンク』

エイアンドエフ/シアトルスポーツ『シアトルスポーツジャンボキャンプシンク』 エイアンドエフ/シアトルスポーツ『シアトルスポーツジャンボキャンプシンク』 エイアンドエフ/シアトルスポーツ『シアトルスポーツジャンボキャンプシンク』 エイアンドエフ/シアトルスポーツ『シアトルスポーツジャンボキャンプシンク』 エイアンドエフ/シアトルスポーツ『シアトルスポーツジャンボキャンプシンク』 エイアンドエフ/シアトルスポーツ『シアトルスポーツジャンボキャンプシンク』 エイアンドエフ/シアトルスポーツ『シアトルスポーツジャンボキャンプシンク』

出典:Amazon

素材 19オンスビニールコーティングナイロン、30オンスビニール
容量 25L
重量 370g
収納時サイズ -
使用時サイズ 直径37.0×高さ25.4cm
接着方法 -

Thumb lg 5fb869a0 d2e3 4eda 9228 905b60d2faa5

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

驚きの容量とタフなボディー

折りたたみでバケツの中では決して軽量とはいえない約370gですが、25Lの大容量は魅力的で、業務用かと思えるほどにタフな作りとなっています。この容量でも折りたためますので、車に乗せる際も場所をとらないのが嬉しいですね。

シンクと呼ぶだけあって、水を汲むだけではなく氷を入れて飲み物を冷やしたり、食器を洗うためにも使えます。キャンプ道具などの重たい機材を入れて運べたり、多用途で非常に便利です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

チャムス(CHUMS)『バケツ14L(CH62-1168)』

チャムス(CHUMS)『バケツ14L(CH62-1168)』 チャムス(CHUMS)『バケツ14L(CH62-1168)』 チャムス(CHUMS)『バケツ14L(CH62-1168)』 チャムス(CHUMS)『バケツ14L(CH62-1168)』 チャムス(CHUMS)『バケツ14L(CH62-1168)』

出典:Amazon

素材 PVC
容量 30L
重量 -
収納時サイズ -
使用時サイズ 直径36.0cm×高さ28.5cm
接着方法 -

Thumb lg 5fb869a0 d2e3 4eda 9228 905b60d2faa5

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

機能性とデザイン性を備えた欲張りなバケツ

ウェアでも人気のCHUMSの折りたたみバケツです。真ん中にロゴが大きくプリントされたデザインで、置いておくだけでも可愛く、アレンジ次第でおしゃれなテントレイアウトを演出できます。

容量は驚きの30Lで、ドリンククーラー、食材・食器のストック、道具の持ち運びなどさまざまな用途で使えます。大容量のため物をざくっとラフに入れてもまとまりやすく、おすすめのアイテムです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

シートゥサミット(SEATOSUMMIT)『ウルトラシル キッチンシンク(ST84097)』

シートゥサミット(SEATOSUMMIT)『ウルトラシルキッチンシンク(ST84097)』 シートゥサミット(SEATOSUMMIT)『ウルトラシルキッチンシンク(ST84097)』 シートゥサミット(SEATOSUMMIT)『ウルトラシルキッチンシンク(ST84097)』 シートゥサミット(SEATOSUMMIT)『ウルトラシルキッチンシンク(ST84097)』 シートゥサミット(SEATOSUMMIT)『ウルトラシルキッチンシンク(ST84097)』

出典:Amazon

素材 本体:シリコン加工30Dコーデュラ、ハンドル:ハイパロン
容量 10L
重量 49g
収納時サイズ 直径11.0cm
使用時サイズ 直径38.0×高さ15cm
接着方法 完全シームシール処理

Thumb lg 5fb869a0 d2e3 4eda 9228 905b60d2faa5

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

登山者におすすめの軽量バケツ

キャップサイトから水場までが遠い登山時や、ソロキャンプの際にあると便利な10Lの容量ながらも、たった45gという折りたたみバケツ。

このコンパクトなデザインは、装備が限られてしまう登山やツーリングにもってこい。アウトドアのみならず、災害時の給水やちょっとした家事の場面でも役に立つアイテムとしておすすめです。

「折りたたみバケツ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
シートゥサミット(SEATOSUMMIT)『フォールディング バケット(ST84091)』
ロゴス(LOGOS)『アクアFDバケツ(88230160)』
グラナイトギア(GRANITE GEAR)『ウォーターバケット』
スノーピーク(Snow Peak)『キャンプバケツ(FP152)』
エイアンドエフ/シアトルスポーツ『シアトルスポーツ ジャンボキャンプシンク』
チャムス(CHUMS)『バケツ14L(CH62-1168)』
シートゥサミット(SEATOSUMMIT)『ウルトラシル キッチンシンク(ST84097)』
商品名 シートゥサミット(SEATOSUMMIT)『フォールディング バケット(ST84091)』 ロゴス(LOGOS)『アクアFDバケツ(88230160)』 グラナイトギア(GRANITE GEAR)『ウォーターバケット』 スノーピーク(Snow Peak)『キャンプバケツ(FP152)』 エイアンドエフ/シアトルスポーツ『シアトルスポーツ ジャンボキャンプシンク』 チャムス(CHUMS)『バケツ14L(CH62-1168)』 シートゥサミット(SEATOSUMMIT)『ウルトラシル キッチンシンク(ST84097)』
商品情報
特徴 軽量で自立する折りたたみバケツ A4サイズのなる折りたたみバケツ 洗練された設計の折りたたみバケツ 機能性だけでなく見た目も楽しむバケツ 驚きの容量とタフなボディー 機能性とデザイン性を備えた欲張りなバケツ 登山者におすすめの軽量バケツ
素材 本体:210D TPUコーティングナイロン、底面:420D TPUコーティングナイロン、メインハンドル:420Dナイロン EVA 210Dコーデュラ PVCナイロン 19オンスビニールコーティングナイロン、30オンスビニール PVC 本体:シリコン加工30Dコーデュラ、ハンドル:ハイパロン
容量 10L、20L 7.5L 7L 12L 25L 30L 10L
重量 10L:80g、20L:110g 300g 136g 200g 370g - 49g
収納時サイズ 10L:縦10.5×横10.0cm、20L:縦10.7×横10.5cm 直径24.5×高さ5.0cm - - - - 直径11.0cm
使用時サイズ 10L:直径21.0×高さ26.0cm、20L:直径26.0×高さ33.0cm 直径24.5×高さ27.5cm 直径34.3×高さ28.0cm 直径24.1×高さ26.7cm 直径37.0×高さ25.4cm 直径36.0cm×高さ28.5cm 直径38.0×高さ15cm
接着方法 高周波溶着(メインハンドルと本体部分) - - 高音波溶着 - - 完全シームシール処理
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年12月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月9日時点 での税込価格

ECサイトの折りたたみバケツランキングを参考にする

Yahoo!ショッピングでの折りたたみバケツの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピング:折りたたみバケツランキング

※上記リンク先のランキングは、各ECサイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

適切な折りたたみバケツを選ぶには、用途を定めて!

山とテントのイメージ画像

Photo by Dino Reichmuth on Unsplash

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

折りたたみバケツを選ぶ際は、どういう用途で使うかをまず考えると、選ぶべきバケツが見えてきます。

例えば容量に関しては、最低7Lあれば簡単な洗いものや飲み水の確保が可能で、道具の運搬やドリンククーラー、食品の一時的な保管を目的とするなら20L前後は必要、などと特定できます。目的を定めて選択すれば、持てあますこともないでしょう。

アウトドアでは必要最低限の道具を最大限に活用することが大事です。キャンプの中でバケツを活かす工夫も楽しんで行なえるといいですね。

※海外製の商品で国内正規代理店発の情報がないなど、正確に商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(マイナビおすすめナビ編集部 関口信太郎)

※2019/12/13 コンテンツ追加・修正と価格を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

※2020/04/07 タイトル変更のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 水貝英斗)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


アウトドア用の鉈(なた)おすすめ12選【キャンプの薪割りや焚き火用に】

アウトドア用の鉈(なた)おすすめ12選【キャンプの薪割りや焚き火用に】

キャンプや狩猟などでよく使われる鉈(なた)。おもに火おこしに使用する薪割りなどで重宝されています。キャンプではまず火をおこせるようにならないといけませんが、そのままの木材を燃料として使うのは困難です。木材を適切な大きさに切断・加工できる鉈は、キャンプではとても便利なアイテムです。しかし、鉈といっても形・大きさ・重量など、さまざまなものがあり、ベストなものを選ぶのはキャンプに慣れた上級者でないと難しいでしょう。本記事では山岳写真家として知られる荒井裕介さんへの取材をもとに、鉈の選び方やおすすめの商品をご紹介します。


アウトドア用高機能ダウンおすすめ11選|山でも街中でも使える機能性とデザイン性!

アウトドア用高機能ダウンおすすめ11選|山でも街中でも使える機能性とデザイン性!

軽量で保温性の高いアウトドア用の高機能ダウンジャケット。「ダウン」とはダックやグースの羽毛のことですが、世間一般では化学繊維の中綿のものまで「ダウン」と呼ぶこともあります。ダウンの特徴は、重量が軽く、収納時はかさばらないのに保温力が高いことです。アウトドアでは寒さを感じたときに着ることが多く持ち運ぶ時間のほうが長いため、ダウンはアウトドア用の防寒着に適しています。本記事では、山岳/アウトドアライター&プロデューサー・高橋庄太郎さんに取材して、高機能ダウンのおすすめ商品と選び方を教えてもらいました。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


ロストルおすすめ10選【焚き火やBBQで使いやすい】人気ランキングも

ロストルおすすめ10選【焚き火やBBQで使いやすい】人気ランキングも

ロストルとは金属でできた網状のキャンプ用品で、ゴトクや焼き網のように使える便利なアイテムです。使い方によって幅広く活躍してくれるので、ロストル1つで焚き火へのアプローチ方法がぐんと広がります。この記事では、作家でアウトドアライターの夏野 栄さんに聞いた、ロストルの選び方とおすすめの商品を紹介します! 通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


アウトドア用シャベル・スコップおすすめ12選【キャンプや園芸用に】折りたたみタイプも

アウトドア用シャベル・スコップおすすめ12選【キャンプや園芸用に】折りたたみタイプも

登山やキャンプのときにアウトドア用のシャベルやスコップがあれば、すぐトイレに行かれないような状況になっても安心です。本記事では、アウトドアカフェ「BASE CAMP」代表のA-sukeさんに聞いた、アウトドア用のシャベルやスコップの選び方とおすすめの商品を紹介します。通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


スキットルおすすめ6選|キャンプなどのアウトドアにも

スキットルおすすめ6選|キャンプなどのアウトドアにも

スキットルは、ウイスキーやウォッカなどのアルコール類を持ち運ぶボトル。登山やアウトドア用のグッズとしても人気が高く、材質や容量などのバリエーションも豊富にそろっています。今回は作家でアウトドアライターの夏野 栄さんに取材をし、スキットルの選び方のポイントや、おすすめの商品を紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


新着記事


ファッションアイテム感覚で持ち歩きたい! シャーペン『ジョッター』のおしゃれさや魅力を検証レビュー

ファッションアイテム感覚で持ち歩きたい! シャーペン『ジョッター』のおしゃれさや魅力を検証レビュー

『ジョッター』は、英国王室御用達(ロイヤルワラント)の称号をふたつも獲得する高級筆記具ブランド「パーカー」のコレクションのひとつ。万年筆やボールペンだけでなく、シャーペンもラインナップされています。「パーカー」の象徴である矢羽をモチーフにしたクリップをそなえたシャーペンは、上質な雰囲気でスタイリッシュ。特別感があって、所有するよろこびを感じさせてくれます。しかも、1,000円台で販売されており手を出しやすいのがうれしいところ。本記事では、『ジョッター』のシャーペンを実際に試したレビューをご紹介していきます。手に取ってみないと分からない持ち心地や書き心地もくわしく見ていくので、ぜひ記事を読んで購入の参考にしてくださいね。


コスパ良しのフェイスパウダー!『キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー』のカバー力を徹底検証

コスパ良しのフェイスパウダー!『キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー』のカバー力を徹底検証

フェイスパウダーは、ベースメイクの仕上げに欠かせないアイテムのひとつ。たくさんの種類のアイテムがあり、カバー力やキープ力などその特徴もさまざまです。そこで今回は、プチプラコスメの『マシュマロフィニッシュパウダー』をご紹介。カバー力や使い心地などについて、徹底検証してみました!


汗に強いフェイスパウダー「チャコット フィニッシングパウダー」キープ力など人気の秘密を徹底検証

汗に強いフェイスパウダー「チャコット フィニッシングパウダー」キープ力など人気の秘密を徹底検証

メイクの仕上がりを左右するといっても過言ではない、フェイスパウダー。選ぶアイテムによって仕上がる肌の質が異なり、販売されている種類もさまざまです。そこで今回は、汗に強くキープ力が高いと評価されているチャコットの『フィニッシングパウダー』をご紹介。カバー力や使用感などの評価について、実際に検証してみました。ぜひ参考にしてみてください。


【2021】『クオバティス手帳』はビジネスシーンで使いやすい? 徹底レビューしてみました!

【2021】『クオバティス手帳』はビジネスシーンで使いやすい? 徹底レビューしてみました!

2021年度の手帳をどうしようかいろいろ情報収集していくなかで、よく見かける「クオバディス」のビジネス手帳。海外製の手帳で自分に合っているのかどうか不安に思っていたり、どのように使えばいいのかわからず購入をためらっている人もいるのではないでしょうか。そこで、ここでは『クオバディス手帳』の「ビジネスプレステージ・クラブ」を実際に購入したので、カバーの質感や気になる手帳の中身を、写真を交えながら徹底レビューします。『クオバディス手帳』の中身や機能性が気になる人は、当記事を参考にしてみてくださいね。


乾燥性敏感肌のための保湿ケア『キュレル 潤浸保湿 フェイスクリーム』ベタつきのない軽やかな使い心地を検証レビュー

乾燥性敏感肌のための保湿ケア『キュレル 潤浸保湿 フェイスクリーム』ベタつきのない軽やかな使い心地を検証レビュー

毎日のスキンケア。保湿力が高くても、なかには肌トラブルを起こしてしまう刺激の強いものもあり、購入したものの肌に合わず使用を中止した経験がある方もいるのではないでしょうか。とくに敏感肌の方などは、スキンケアのアイテム選びはなかなか難しいですよね。そんな方におすすめなのが、乾燥性敏感肌のためにつくられた『キュレル 潤浸保湿 フェイスクリーム』。肌へのやさしさを考慮しつつも、しっとり保湿し軽やかな使い心地が魅力の保湿クリームですが、なかには残念なレビューも。この記事では、実際に使って、商品の特徴や使用感を詳しく検証。気になっているけど購入を迷っているという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


アウトドア・キャンプの人気記事


>>もっと見る