1歳向けベビーフードおすすめ7選|人気のオーガニック・無添加も【離乳食作りに活用】

1歳向けベビーフードおすすめ7選|人気のオーガニック・無添加も【離乳食作りに活用】

1歳頃になると、だんだん食への興味も湧いてよく食べるようになったり、逆に興味を示さず食べなくなったりと、個性が出てきます。3回食に慣れた子やこれから始める子にも便利なのがベビーフード。

市販されているベビーフードは多くありますが、塩分や糖分、添加物など、子どもに食べさせるものにはとくに注意して商品を選びたいものです。

この記事では食育スペシャリストのとけいじ千絵さんに取材のもと、そんな1歳児向けベビーフードの選び方とおすすめ商品をご紹介。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミを確認してみてくださいね。


目次

この記事を担当するエキスパート

フードアナリスト/食育スペシャリスト
とけいじ千絵

「審食美眼(=食に対する審美眼)を磨き、彩りある食生活を」をモットーに、『審食美眼塾』を主宰する食のスペシャリスト。 専門は、味覚&食育。企業の商品開発、飲食店コンサル業務の傍ら、「味覚」に特化した新しい食育に取り組む。 特に、離乳期・幼児期から味覚を育てることを目的とした「子どもの味覚の育て方」講座は、毎回募集開始すぐに満席という予約のとれない講座として人気を博し、情熱と理論を携えた独自の視点での講座は、多くの父母から支持されている。 現在は、セミナー講師、保育施設給食監修をはじめ、各種メディアで活躍中。企業向けのセミナー・研修、大規模講演も大変好評である。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:ベビー・キッズ
松林 麻衣

「ベビー・キッズ」カテゴリー担当。抱っこ紐、ヒップシート、妊婦&出産準備グッズがメイン。グッズ選びは、コスパ×機能×デザイン性のバランス重視。使い勝手に注目し、現役ママにしか書けない ”生きた記事を届ける" がモットー。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

1歳児向けベビーフードの選び方 離乳食作りや外出時にも便利!

ご飯を食べている赤ちゃん
ペイレスイメージズのロゴ

食育スペシャリストのとけいじ千絵さんに取材のもと、1歳児向けベビーフードの選び方を紹介します。

『1歳児向けベビーフード』のおすすめ商品を今すぐ見る

塩分・糖分控えめで優しい味を選ぶ

 

小さい子どもの味覚はとても敏感です。私たちのような大人よりも格段にいろいろな素材の味を敏感に感じとることができるので、素材本来の味を味わうことが一番大切なことです。

子どもの味覚や健康のためにも、塩分や糖分がなるべく少ないもの、できるかぎり優しい味のものを選びましょう。

また、塩分や糖分の多い食事が習慣になると健康をそこねる原因になる可能性もあります。化学調味料、香料、着色料が不使用かも確認するといいでしょう。

必要な栄養素が含まれているかチェック

野菜やフルーツ
ペイレスイメージズのロゴ

1歳頃の赤ちゃんになると、3回食も軌道にのり、食べる量も増え、栄養の大半を母乳やミルクではなく食事から摂るようになっていきます。そんなとき心配になるのが栄養の偏り。1つのベビーフードだけで、必要な栄養をすべてまかなうのは難しいのです。

そのため、鉄分やカルシウム不足が心配ならそれらを1食分配合した商品を選んだり、ビタミン不足が心配なら野菜を1食分配合した商品を選んだり、エネルギー不足が心配なら大容量タイプを選ぶなどして、1日の食事の中で必要な栄養素をまかなえるように心がけましょう。

ライフスタイルに合わせてタイプを選ぶ

 

ベビーフードはお出かけする際に使う人、普段家で使うことが多い人、離乳食を手作りできないとき用に備蓄する人などそれぞれ。食べさせる際のライフスタイルに合わせて、便利なパッケージのタイプを選びましょう。

たとえばお出かけの際は、袋を立てられるよう底が工夫されたパウチや、スプーン付きのプラスティックのカップ入りがあげやすく便利です。

また離乳食作りの手間を少し省いて不足しがちな栄養を補いたいなら、お湯と混ぜるだけでピューレになる粉末状の野菜や、フリーズドライのレバーなどを利用するのもおすすめです。

1歳児向けベビーフードのおすすめ7選 人気のオーガニックも! ギフトにもおすすめ!

ここからは、食育スペシャリストのとけいじ千絵さんと編集部で選んだ、1歳頃におすすめのベビーフードを紹介します。レトルトやパウチなどのベビーフードをうまく活用し、離乳食のバリエーションを増やしてみましょう!

エキスパートのおすすめ

はくばく『ベビーそうめん』

はくばくベビーそうめん100g×10袋 はくばくベビーそうめん100g×10袋 はくばくベビーそうめん100g×10袋 はくばくベビーそうめん100g×10袋 はくばくベビーそうめん100g×10袋 はくばくベビーそうめん100g×10袋 はくばくベビーそうめん100g×10袋
出典:Amazon この商品を見るview item
フードアナリスト/食育スペシャリスト:とけいじ千絵

フードアナリスト/食育スペシャリスト

塩分なし・つるつる食感のおそうめん

1歳を過ぎて食べられるものが増えてきたり、大人用の料理からの取り分けが増えたりすると、塩分過多になりがちです。

そうめんはつるつるした食感で小さい子どもが大好きですが、塩が添加されているものが多いため、下ゆでや水洗いをしないと塩分過多が心配です。

こちらのそうめんは塩が入っていないので、ゆで汁ごと使えます。電子レンジ調理も可能でとても便利です。

5カ月からと記載がありますが、1歳頃でも変わらず使うことができます。できるかぎり食塩無添加のものを選んでいきましょう。

WAKODO(和光堂)『BIGサイズの栄養マルシェ 五目中華丼セット』

スプーンつきで安心!

ベビーフードではめずらしい、中華料理の「五目中華丼」と「根菜きんぴら」の詰め合わせ。おかずとごはんがセットになっているお弁当タイプです。

お皿いらずで便利なカップタイプで、中にはスプーンもついています。うっかり忘れてしまうという心配もなく、これだけでお出かけできます。

ビッグサイズなので、食欲旺盛な赤ちゃんにおすすめです。

エキスパートのおすすめ

イートウェル・ジャパン『Little One's(リトルワンズ)無添加 国産有機野菜・天然食材の離乳食 おかずシリーズ』

リトルワンズ無添加国産有機野菜・天然食材の離乳食(ベビーフード)12ヶ月頃から6個セット(3種×2袋)Cセット リトルワンズ無添加国産有機野菜・天然食材の離乳食(ベビーフード)12ヶ月頃から6個セット(3種×2袋)Cセット リトルワンズ無添加国産有機野菜・天然食材の離乳食(ベビーフード)12ヶ月頃から6個セット(3種×2袋)Cセット リトルワンズ無添加国産有機野菜・天然食材の離乳食(ベビーフード)12ヶ月頃から6個セット(3種×2袋)Cセット リトルワンズ無添加国産有機野菜・天然食材の離乳食(ベビーフード)12ヶ月頃から6個セット(3種×2袋)Cセット リトルワンズ無添加国産有機野菜・天然食材の離乳食(ベビーフード)12ヶ月頃から6個セット(3種×2袋)Cセット リトルワンズ無添加国産有機野菜・天然食材の離乳食(ベビーフード)12ヶ月頃から6個セット(3種×2袋)Cセット
出典:Amazon この商品を見るview item
フードアナリスト/食育スペシャリスト:とけいじ千絵

フードアナリスト/食育スペシャリスト

1歳を過ぎても食事はきちんとしたい人に

離乳食初期と比べると、1歳を過ぎたころは離乳食のメニューや食材選びが手抜きやマンネリになりがちです。そんなときこそ安心できるベビーフードに頼ってしまいましょう。

「1歳を過ぎても食材からこだわったメニューを食べさせたい! 」と考える人に強くおすすめしたいのが、こちらの商品。

食材は全て国産で、野菜は農薬・化学肥料不使用なだけでなく、固定種が中心です。

固定種とは、人工的に品種改良や遺伝子組み換えなどをせずに先祖代々同じ形質が受け継がれている伝統ある品種のこと。

もちろん食品添加物は完全無添加で、塩分も少なく、食材のエネルギッシュな味を存分に感じることができます。

エキスパートのおすすめ

Baby Orgente(ベビーオルジェンテ)『鯛と水菜おじやタイプ』

離乳食無添加ベビーフードオーガニック有機無農薬野菜天然だしBabyOrgente鯛と水菜おじやタイプ 離乳食無添加ベビーフードオーガニック有機無農薬野菜天然だしBabyOrgente鯛と水菜おじやタイプ 離乳食無添加ベビーフードオーガニック有機無農薬野菜天然だしBabyOrgente鯛と水菜おじやタイプ 離乳食無添加ベビーフードオーガニック有機無農薬野菜天然だしBabyOrgente鯛と水菜おじやタイプ 離乳食無添加ベビーフードオーガニック有機無農薬野菜天然だしBabyOrgente鯛と水菜おじやタイプ 離乳食無添加ベビーフードオーガニック有機無農薬野菜天然だしBabyOrgente鯛と水菜おじやタイプ 離乳食無添加ベビーフードオーガニック有機無農薬野菜天然だしBabyOrgente鯛と水菜おじやタイプ 離乳食無添加ベビーフードオーガニック有機無農薬野菜天然だしBabyOrgente鯛と水菜おじやタイプ 離乳食無添加ベビーフードオーガニック有機無農薬野菜天然だしBabyOrgente鯛と水菜おじやタイプ
出典:Amazon この商品を見るview item
フードアナリスト/食育スペシャリスト:とけいじ千絵

フードアナリスト/食育スペシャリスト

容器も中身も大充実なベビーフード

パウチのベビーフードは瓶タイプに比べて軽く、お出かけの際にぴったりです。しかし、いったん封を切ってしまうとフタができないのが不便と感じている方も多いのではないでしょうか。

こちらのベビーフードは、パウチタイプなのにフタがついている珍しい形状です。また、出し口が細くなっており、直接スプーンにだしやすくなっています。

旬の時期に収穫した国産野菜を使用。水菜などベビーフードとしては珍しい食材を使用しているのも特徴で、素材や味付けにもこだわった中身も大充実な一品です。

WAKODO(和光堂)『1食分の野菜が取れるグーグーキッチン』

1食分の野菜が取れるグーグーキッチン12か月~セット5種×2袋 1食分の野菜が取れるグーグーキッチン12か月~セット5種×2袋 1食分の野菜が取れるグーグーキッチン12か月~セット5種×2袋 1食分の野菜が取れるグーグーキッチン12か月~セット5種×2袋 1食分の野菜が取れるグーグーキッチン12か月~セット5種×2袋 1食分の野菜が取れるグーグーキッチン12か月~セット5種×2袋
出典:Amazon この商品を見るview item

主食とおかずのメニューをバランスよく揃えたセット

1歳頃になると歯も発達し、食べられるものが増えてくるので食べごたえのあるお魚やお肉料理も取り入れていきたいですよね。

忙しいママのために主食とおかずのメニューをバランスよく取り揃えたアソートセットです。人気のメニューを中心にお肉・お魚など、子どもに食べさせたいタンパク素材や味付けがバラエティに富んだ離乳食をセレクトしてありますよ♪

エキスパートのおすすめ

味千汐路『Ofukuro 有機まるごとベビーフード 野菜と鯛の炊き込みごはん』

フードアナリスト/食育スペシャリスト:とけいじ千絵

フードアナリスト/食育スペシャリスト

1歳を過ぎても、やっぱり便利な瓶詰め

12カ月以降を対象にした瓶詰ベビーフードはなかなかありませんが、瓶詰めはやっぱり便利。

フタができるので食事を中断したときなどもこぼれず安心、お家では短時間であれば冷蔵庫に戻すことも可能です。

口が広くスプーンですくいやすいので、外出先でもストレスなく食事を与えることができます。

このシリーズはすべて有機JAS認証! しかも国産の食材を使用しています。

1食で野菜もたんぱく質もとれるものもありますし、12カ月以上を対象にしたベビーフードが8種類近くある豊富さなので、手軽にオーガニックを楽しみたい人にもぴったりです。

エキスパートのおすすめ

WAKODO(和光堂)『具たっぷりグーグーキッチン レバーと野菜のうま煮 』

フードアナリスト/食育スペシャリスト:とけいじ千絵

フードアナリスト/食育スペシャリスト

不足しがちな鉄分とカルシウム入りベビーフード

ふだんの食事内容で栄養は足りているのか心配な場合は、栄養バランスが整ったこちらの商品がおすすめ。

幼児に特に不足しがちな、1食分の鉄とカルシウムがしっかり入ったものです。

レバーが苦手な子もいるかもしれませんが、甘味が強く子どもが大好きなコーンと一緒なら、ニコニコで完食できるかもしれませんね。

「1歳児向けベビーフード」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
はくばく『ベビーそうめん』
WAKODO(和光堂)『BIGサイズの栄養マルシェ 五目中華丼セット』
イートウェル・ジャパン『Little One's(リトルワンズ)無添加 国産有機野菜・天然食材の離乳食 おかずシリーズ』
Baby Orgente(ベビーオルジェンテ)『鯛と水菜おじやタイプ』
WAKODO(和光堂)『1食分の野菜が取れるグーグーキッチン』
味千汐路『Ofukuro 有機まるごとベビーフード 野菜と鯛の炊き込みごはん』
WAKODO(和光堂)『具たっぷりグーグーキッチン レバーと野菜のうま煮 』
商品名 はくばく『ベビーそうめん』 WAKODO(和光堂)『BIGサイズの栄養マルシェ 五目中華丼セット』 イートウェル・ジャパン『Little One's(リトルワンズ)無添加 国産有機野菜・天然食材の離乳食 おかずシリーズ』 Baby Orgente(ベビーオルジェンテ)『鯛と水菜おじやタイプ』 WAKODO(和光堂)『1食分の野菜が取れるグーグーキッチン』 味千汐路『Ofukuro 有機まるごとベビーフード 野菜と鯛の炊き込みごはん』 WAKODO(和光堂)『具たっぷりグーグーキッチン レバーと野菜のうま煮 』
商品情報
特徴 塩分なし・つるつる食感のおそうめん スプーンつきで安心! 1歳を過ぎても食事はきちんとしたい人に 容器も中身も大充実なベビーフード 主食とおかずのメニューをバランスよく揃えたセット 1歳を過ぎても、やっぱり便利な瓶詰め 不足しがちな鉄分とカルシウム入りベビーフード
内容量 100g 110g/80g 100g(1パックあたり) 80g 一食分100g 100g 80g
原材料 小麦粉 野菜(にんじん、たまねぎ、キャベツ、ピーマン、さやいんげん)、精白米(国産)、チキンブイヨン、豚肉、砂糖、しょうゆ、ほか 国産熟成牛、じゃがいも、玉ねぎ、にんじん、かぶ、かまぼこ(一部に卵白、えびを含む)片栗粉、醤油、砂糖、ほか 鯛(国産)、有機水菜(国産)、有機米(国産)、鰹節(枕崎産)、昆布(北海道産) 野菜(たまねぎ、にんじん、キャベツ)、肉(鶏肉、豚肉、牛肉)など 有機米、有機人参、有機大根、有機かぼちゃ、有機さつまいも、鯛、有機キャベツ、有機じゃがいも、有機玉ねぎ、有機醤油、ほか 野菜(にんじん、ごぼう、だいこん、さやいんげん)、じゃがいも(国産)、オニオンソテー、豆腐(大豆を含む)、かつお昆布だし、ほか
対象年齢(目安) 5、6~12カ月以降 12カ月頃から 1歳頃から 5カ月〜15カ月 1歳~ 12カ月頃から 12カ月頃から
商品リンク

※各社通販サイトの¥186 / 袋での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの¥860 / 袋での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの¥517 / 個での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月16日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ベビーフードの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのベビーフードの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ベビーフードランキング
楽天市場:ベビーフードランキング
Yahoo!ショッピング:ベビーフードランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

食育スペシャリストからのアドバイス

赤ちゃんとコップとごはん
ペイレスイメージズのロゴ

フードアナリスト/食育スペシャリスト

味覚の発達や健康を考えて選んで!

1歳頃は、食べられるものが増えてきて、栄養の大半を離乳食からとる子が増えてきます。

味覚の発達や健康のため、また好き嫌いを少なくするためにも、いろいろな味を経験するのがとても重要な時期です。

毎日の3回食がマンネリになってしまいがちな人は、幅広い味や食感を知るためにも、さまざまなベビーフードにチャレンジして、残り少ない離乳期を親子で楽しめたらいいですね。

そのほか離乳食・ベビーフードのおすすめはこちら 関連記事

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


レトルト幼児食のおすすめ10選【1歳半から】ストックしておけばアレンジもかんたん!

レトルト幼児食のおすすめ10選【1歳半から】ストックしておけばアレンジもかんたん!

「レトルト幼児食」とは年齢が1歳半~3歳頃を対象にしたレトルト食品のことです。幼児食は固形食品に慣れたり、食事の楽しさを感じたりと、健康な心身をはぐくむのに欠かせないステップとなります。成長が著しい幼児期は食事が大切になりますが、毎日3食の食事の準備は負担がかかりやすいものです。そこで活用したいのがレトルト幼児食。レトルトときくと、添加物の心配や手作りではないことへの罪悪感をもつ方もいるかもしれません。しかしレトルト幼児食を上手に利用すれば、食事準備の負担を軽減できたり、おでかけにも重宝したりと利点もたくさんです。この記事では「レトルト幼児食」のメリットや商品の選び方を解説。おすすめの商品やアレンジメニューもご紹介します。

tag icon 離乳食・ベビーフード , ベビー用品 , キッズ用品(就学前)

0歳児におすすめの市販おやつ10選|適正量や注意点も解説!《6‐12カ月》

0歳児におすすめの市販おやつ10選|適正量や注意点も解説!《6‐12カ月》

生後5カ月を過ぎると、離乳食がはじまるタイミング。そうなると、おやつの売り場にも立ち寄ってみたくなるのではないでしょうか? でも、虫歯や栄養も気になるし、赤ちゃんのお菓子との向き合い方って難しいですよね。この記事では、おやつデビューをする0歳児の赤ちゃん向けおやつの選び方や、おすすめの市販おやつをご紹介! なるべく栄養が摂れるおやつや、添加物が入っていないおやつを厳選しました。先輩ママの口コミや、赤ちゃんとってのおやつの必要性&適量についても解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

tag icon 離乳食・ベビーフード , ベビー用品 , 夏のレジャー

1歳児&2歳児におすすめの市販おやつ11選|栄養入り&着色料不使用など!

1歳児&2歳児におすすめの市販おやつ11選|栄養入り&着色料不使用など!

離乳食完了期をむかえ、食べられる食材が多くなる1~2歳児。「おやつは必要なの? 」「どんなおやつがいいの? 」と悩むママパパも多いかもしれません。赤ちゃんや子どもの胃はまだ小さく、消化機能も未発達です。三回の食事だけでは栄養が不足しがちなので、それをまかなうのが「おやつ」です。1~2歳児のおやつは、「第4の食事」「補食」という位置づけになり、必要な栄養素の摂取を補助する役割があります。この記事では1~2歳児のおやつについて詳しく説明し、おすすめの市販おやつをご紹介します。

tag icon 離乳食・ベビーフード , 食品 , ベビー用品

市販フリーズドライ&粉末の離乳食おすすめ8選|持ち運びにも便利なベビーフード

市販フリーズドライ&粉末の離乳食おすすめ8選|持ち運びにも便利なベビーフード

野菜をゆでて、つぶして、ママやパパにとって離乳食を作るのはひと苦労。そんなときに便利なのが、お湯や水をかけてのばすだけでできるフリーズドライ&粉末タイプ。この記事では、食育スペシャリストのとけいじ千絵さんへの取材をもとに、フリーズドライ&粉末タイプのベビーフードの選び方とおすすめ商品をご紹介! 通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせて参考にしてくださいね。

tag icon ベビーフード , 離乳食・ベビーフード , ベビー用品

【離乳食に】オーガニックベビーフード人気おすすめ11選|通販で買える&ギフトにも

【離乳食に】オーガニックベビーフード人気おすすめ11選|通販で買える&ギフトにも

身体がまだ敏感な赤ちゃんに食べさせるベビーフード。ママやパパとしては、なるべくオーガニックなど安心してあげられる商品を選んであげたいですよね。しかし、オーガニックベビーフードといっても種類が豊富なので、どれを選べばいいのか迷う方もいるのではないでしょうか。そこでこの記事では、食育スペシャリストのとけいじ千絵さんに取材のもと、オーガニックベビーフードを選び方と市販のおすすめ商品を紹介します。通販の人気ランキングや口コミも掲載するのでぜひチェックしてくださいね。

tag icon ベビーフード , 離乳食・ベビーフード , ベビー用品

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。