PR(アフィリエイト)

チェーンソーオイルおすすめ10選│高コスパ商品・服が汚れても落ちやすい商品も

チェーンソーオイルおすすめ10選│高コスパ商品・服が汚れても落ちやすい商品も
チェーンソーオイルおすすめ10選│高コスパ商品・服が汚れても落ちやすい商品も

◆本記事はプロモーションが含まれています。

チェーンソーをスムーズに回転させ、正常に動かすために必要不可欠な潤滑油であるチェーンソーオイル。チェーンが回るたびに起こる摩擦抵抗を軽減し、チェーンの摩耗を防ぐ役割があります。

本記事では、ガーデニング研究家のはた あきひろさんに取材のもと、チェーンソーオイルの選び方とおすすめ商品をご紹介。ぜひ本記事を参考に、オイルの種類や粘度、使用時期などを考慮して最適なものを選んでくださいね。


この記事を担当するエキスパート

ガーデニング研究家
はたあきひろ
1967年生。兵庫県西宮市出身。1991年に大手住宅メーカーに入社し、研究所(造園研究室)、マンション事業、本社設計部などを経験。現在は独立し、人と人、人と自然の繋がりを大切にし、毎日丁寧に暮らすことを提案する『庭暮らし研究所』を設立。 奈良市で草屋根の家に暮らしながら、家族5人分のお米と野菜をつくり、自給生活を送る。NHK総合テレビ「ぐるっと関西おひるまえ」では、野菜づくり講師として10年間毎月出演。NHK出版WEBサイト「みんなの趣味の園芸」でブログ担当。YouTubeチャンネル「園芸研究家はたさんの野菜づくりチャンネル」を発信。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:ファッション、本・音楽・映画
横尾 忠徳

「本・音楽・映画」「ファッション」カテゴリーを担当。本はkindle、音楽はSpotify、映像はNetflixを愛用、見たい映画は劇場にも通う。ドメブラからファストファッションまで、服とスニーカーが好きな50代編集者。

チェーンソーオイルの必要性

チェーンソーで丸太を切っている様子
Pixabayのロゴ
チェーンソーで丸太を切っている様子
Pixabayのロゴ

チェーンソーを動作させるとチェーン部分が回転しますが、だんだんと摩耗していきます。とくに先の部分の摩耗が激しくなり、オイルなしで使い続けていると最終的にガイドバーである「チェンバー」が刃に食い込み使えなくなってしまいます

長く快適にチェーンソーを使うためにも、チェーンソーオイルは必ず使用しましょう。

(※)注意:エンジンオイルでは代用しない方がいい

チェーンソーオイルの代用品として、エンジンオイルなどの機械用オイルを使うという話もありますが推奨はできません。

チェーンソーには適した粘度のオイルを使う必要があります。オイルの粘度が低すぎるとチェーンに着きにくく、動作時に油飛びしやすくなってしまうため、オイルの意味を成さないことも。チェーンソーに使うオイルを選ぶなら、粘度が高い専用のチェーンソーオイルを選びましょう

チェーンソーオイルの選び方

それでは、チェーンソーオイルの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の3つ。

【1】オイルのタイプ
【2】粘度
【3】容器の形状


上記の3つのポイントをおさえることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】オイルのタイプをチェック

チェーンソーオイルのタイプは、「鉱物性オイル」「植物性オイル」「生分解性オイル」「水溶性オイル」などさまざまな種類があります。

タイプによってそれぞれ成分や特徴が異なるので、必要なタイプをチェックしましょう。

▼鉱物性オイル|幅広く使えてコスパもいい!

 

鉱物性オイルは、現在販売されているチェーンソーオイルの主流となっているタイプです。石油や鉱物を原料としており、ほかの種類よりも安価なのが特徴。

粘度が高めなので、しっかりとチェーンに付着して油飛びを防ぐことができます。

▼植物性オイル・生分解性オイル|庭先での使用におすすめ

 

植物性オイルは植物由来の原料で作られたオイルです。環境にやさしいという特徴がありますが、価格が高めで粘度が低めです。

生分解性オイルも植物由来の原料を主成分としたオイルです。その名のとおり生分解性にすぐれているので分解速度が速く、使用中に飛び散ったとしても周囲の土壌への影響を抑えられるのが大きな特徴です。

▼水溶性オイル|詰まりにくく洗い落としやすい!

 

粘度が高めのチェーンソーオイルは、衣服などに付着すると落としにくいという欠点があります。一方、水溶性オイルは水で流しやすいので、オイルがついた衣服などの汚れが落としやすいのがメリットです。

手や衣類への汚れが気になる方におすすめのタイプといえるでしょう。

【2】粘度をチェック

チェーンソーオイルの粘度は「VG」という規格で示され、数値が高いほど粘度が高くなります。チェーンソーオイルを選ぶ際は、VGの数値を参考にするといいでしょう。

一般的に、VG100は粘度が低め、VG110は粘度が高めとなっています。製品や季節によって適した粘度が変わるため、選ぶポイントをおさえておきましょう。

▼使用するチェーンソーに合わせて選ぶ

 

チェーンソーの説明書には、適したオイルの粘度が記載されています。基本的には、使いたいチェーンソーに適した粘度のオイルを選びましょう

同じ粘度の製品が複数あって悩んでしまったときは、使用しているチェーンソーメーカーの純正品を選ぶのもひとつの方法です。

▼チェーンソーを使用する季節に合わせる

 

チェーンソーオイルの粘度が高いほど、気温が低いと固まりやすくなります。反対に、気温が高いとオイルがやわらかくなる特徴を持ちます。

冬の寒い時期は高粘度のオイルは固まりやすいのでチェーンに付着しづらく、夏の暑い時期は粘度が低いオイルは付着しにくくなるのです。チェーンソーオイルが合っていないように感じるときは、使用する季節にあわせて粘度の違うオイルを選ぶのもひとつの手です。

気温に関係なく一定の粘度で使いたい方には、オールシーズンタイプのチェーンソーオイルがおすすめです。

【3】容器の形状をチェック

 

チェーンソーオイルの容器形状によって使いやすさが変わってきます。ノズル付きの容器なら、じょうごやオイルジョッキを使わずにそのまま注入できるため便利に使えるでしょう。

とくにノズル一体型の容器は、ノズルを取り付ける際のオイルたれの心配がなく、手間も少ないためおすすめです。

エキスパートのアドバイス

ガーデニング研究家:はたあきひろ

ガーデニング研究家

チェーンソーオイルを使用する際の注意点

チェーンソーオイルを給油して、チェーンソーを短時間動かしただけでオイルタンクが空になる場合は、粘度が低いなどの理由でチェーンにオイルが定着していない可能性もあります。

そのような場合は、より粘度の高い商品と交換してください。

チェーンソー使用中にオイル切れを起こすと、チェーンはもちろん、チェーンソー本体の故障の原因にもなります。

チェーンソーオイルおすすめ10選

それでは、チェーンソーオイルのおすすめ商品をご紹介いたします。ぜひ参考にしてくださいね。

Makita(マキタ)『純正チェーンオイル(A-58300)』

マキタのチェーンソーを使うなら純正品を

電動工具メーカー「マキタ」の純正品チェーンソーオイルです。マキタのチェーンソーにあわせて作られているので、相性は抜群。同メーカーのチェーンソーを愛用している方におすすめの製品です。どんなチェーンソーオイルを使えばいいか迷う方は、まずは純正品から試してみましょう。

使いやすい注入ノズル付きの1リットルサイズです。

容量 1L
オイルのタイプ -
粘度 -
容器タイプ ノズル付きポリタンク

容量 1L
オイルのタイプ -
粘度 -
容器タイプ ノズル付きポリタンク

TRUSCO(トラスコ中山)『チェーンソーオイル(TO-CHN-1)』

TRUSCO(トラスコ中山)『チェーンソーオイル(TO-CHN-1)』 TRUSCO(トラスコ中山)『チェーンソーオイル(TO-CHN-1)』
出典:Amazon この商品を見るview item

ノズル付きで注入しやすい高粘度タイプ

使用時にオイル垂れを起こしにくい、注入ノズルが付属したチェーンソーオイルです。1リットルサイズなので持ち運びしやすく、取り扱いしやすい商品です。

チェーンへの付着性が高いオールシーズンタイプのオイルで、低温、高温時どちらでもしっかりと付着。使用時にかかるチェーンの摩擦をしっかり軽減してくれます。

容量 1L、4L
オイルのタイプ -
粘度 VG110
容器タイプ ノズル付きポリタンク(1L)、一斗缶(4L)

容量 1L、4L
オイルのタイプ -
粘度 VG110
容器タイプ ノズル付きポリタンク(1L)、一斗缶(4L)

ガレージ・ゼロ『チェーンソーオイル オールシーズンタイプ(GZAL88)』

油飛びしにくいオールシーズンタイプ

気温差や季節を問わず、どんな環境でも安定した潤滑性を発揮する、オールシーズンタイプのチェーンソーオイルです。油飛びを抑制する添加剤を配合しているため、チェーンソーの回転でもオイルが飛び散りにくく、チェーンの摩耗をしっかりと防いでくれます。

18リットルの大容量なので、使う機会が多い場合やまとめ買いをしたいときにおすすめです。

容量 18L
オイルのタイプ -
粘度 VG110
容器タイプ 一斗缶

容量 18L
オイルのタイプ -
粘度 VG110
容器タイプ 一斗缶

Osawa Wax(大澤ワックス)『BOLL チェーンソーオイル(C-1NA)』

OsawaWax(大澤ワックス)『BOLLチェーンソーオイル(C-1NA)』 OsawaWax(大澤ワックス)『BOLLチェーンソーオイル(C-1NA)』 OsawaWax(大澤ワックス)『BOLLチェーンソーオイル(C-1NA)』 OsawaWax(大澤ワックス)『BOLLチェーンソーオイル(C-1NA)』 OsawaWax(大澤ワックス)『BOLLチェーンソーオイル(C-1NA)』
出典:Amazon この商品を見るview item

コンパクトなノズル付き容器で使いやすい

容量1リットルの扱いやすいコンパクトサイズの容器にノズルが一体化した、持ち運びにも適したオイルです。使用頻度が少なく、大容量のオイルは必要ないという場合にも、使いやすいサイズでしょう。

VG100と比較的粘度が低めで冬期や寒冷地での使用に適していますが、高温下でも粘度を保てるので、オールシーズン使えます

容量 1L
オイルのタイプ -
粘度 VG100
容器タイプ ノズル付きポリタンク

容量 1L
オイルのタイプ -
粘度 VG100
容器タイプ ノズル付きポリタンク

ハスクバーナ・ゼノア『チェンオイル(HC63221M)』

ハスクバーナ・ゼノア『チェンオイル(HC63221M)』 ハスクバーナ・ゼノア『チェンオイル(HC63221M)』
出典:Amazon この商品を見るview item

大容量で1年を通して使えるメーカー純正品

チェーンソーなどの造園機器を製造する日本メーカー「ハスクバーナ・ゼノア」の純正品大容量チェーンソーオイルです。18リットルと大容量でコスパに優れており、業務などで複数台のチェーンソーを稼働する際におすすめ。

オールシーズンタイプで1年を通して使えるため、チェーンソーをよく使う方や業務用のストックにも適しています。

容量 18L
オイルのタイプ -
粘度 160~200
容器タイプ 一斗缶

容量 18L
オイルのタイプ -
粘度 160~200
容器タイプ 一斗缶

AZ(エーゼット)『チェーンソーオイル(NR201)』

サイズ豊富、安定した潤滑性で1年中使える

使用量に応じた量のオイルがほしいときに適したチェーンソーオイルです。少量の1リットルから大容量の18リットルまで、容量のバリエーションが多く揃っており、好みの容量を選べるでしょう。

オールシーズンタイプなので、1年を通して安定した潤滑性を保てます。油飛びを抑える添加剤を配合しており、チェーンに付着したオイルが飛びにくいのも特徴です。

容量 0.2L、1L、2L、4L、18L
オイルのタイプ -
粘度 VG110
容器タイプ ノズル付きポリタンク(0.2L、1L)、ポリタンク(1L、2L、4L)、一斗缶(18L)

容量 0.2L、1L、2L、4L、18L
オイルのタイプ -
粘度 VG110
容器タイプ ノズル付きポリタンク(0.2L、1L)、ポリタンク(1L、2L、4L)、一斗缶(18L)

AZ(エーゼット)『生分解性チェーンソーオイル(221)』

環境にやさしい生分解性オイル

作業中にオイルが地面に垂れても分解しやすい生分解性のチェーンソーオイル。植物由来の成分に専用の添加剤を配合することにより、90%の分解性を持っています。近隣に畑や花壇がある場所や、森林で使用する際など、環境への影響をできるだけ抑えたい場合におすすめ。

粘度は低めのVG68で、気温が低い日に適したオイルです。

容量 1L
オイルのタイプ 生分解性
粘度 68cSt
容器タイプ ノズル付きポリタンク

容量 1L
オイルのタイプ 生分解性
粘度 68cSt
容器タイプ ノズル付きポリタンク

AZ(エーゼット)『 チェーンソーオイルDタイプ(TS201)』

オールシーズン使える万能オイル

潤滑油を多数製造するメーカー「エーゼット」のオールシーズンタイプのチェーンソーオイルです。粘度はVG100と低めですが、夏や冬の寒暖差にかかわらず安定した潤滑性を発揮してくれるので、周囲の環境に関係なくいつでも使いやすいでしょう。

1リットルタイプは、ノズル付き角型容器に入っており、利便性が高くなっています。

容量 1L、4L、18L
オイルのタイプ -
粘度 VG100
容器タイプ ノズル付きポリタンク(1L)、ポリタンク(4L)、一斗缶(18L)、エコパウチ(1L、4L)

容量 1L、4L、18L
オイルのタイプ -
粘度 VG100
容器タイプ ノズル付きポリタンク(1L)、ポリタンク(4L)、一斗缶(18L)、エコパウチ(1L、4L)

AZ(エーゼット)『水溶性チェーンソーオイル(W201)』

身体や服についても落としやすい水溶性オイル

特殊添加剤を配合した水溶性チェーンソーオイルで、衣類に付いても洗剤で落としやすいのが特徴です。また、油飛びを防ぐ添加剤を配合しているので、油が飛び散りにくくなっています。オイル汚れが気になる人に、とくにおすすめの商品です。

温度差を気にせず使用しやすいオールシーズンタイプなので、年間通して活躍してくれます。

容量 1L、4L、18L
オイルのタイプ 水溶性
粘度 VG110
容器タイプ ノズル付きポリタンク(1L)、一斗缶(4・18L)

容量 1L、4L、18L
オイルのタイプ 水溶性
粘度 VG110
容器タイプ ノズル付きポリタンク(1L)、一斗缶(4・18L)

AZ(エーゼット)『レギュラー チェーンソーオイル(RS201)』

油飛びしにくく気温差に関係なくしっかり付着

ベーシックなオールシーズンタイプの鉱物性チェーンソーオイルです。寒暖差に強く、しっかりとチェーンに付着するのでどんな環境でも安定して使えます。

油飛びを抑える添加剤を配合しているので、使用中に熱を持ったチェーンからの油飛びを抑えやすく、安定してチェーンソーを使えるでしょう。スキー、キャンプなどのスポーツ用品の防水や防汚にも使えます。

容量 1L、4L、18L
オイルのタイプ -
粘度 VG105
容器タイプ ポリタンク(1L、4L)、一斗缶(18L)、エコパウチ(1L、4L)

容量 1L、4L、18L
オイルのタイプ -
粘度 VG105
容器タイプ ポリタンク(1L、4L)、一斗缶(18L)、エコパウチ(1L、4L)

「チェーンソーオイル」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Makita(マキタ)『純正チェーンオイル(A-58300)』
TRUSCO(トラスコ中山)『チェーンソーオイル(TO-CHN-1)』
ガレージ・ゼロ『チェーンソーオイル オールシーズンタイプ(GZAL88)』
Osawa Wax(大澤ワックス)『BOLL チェーンソーオイル(C-1NA)』
ハスクバーナ・ゼノア『チェンオイル(HC63221M)』
AZ(エーゼット)『チェーンソーオイル(NR201)』
AZ(エーゼット)『生分解性チェーンソーオイル(221)』
AZ(エーゼット)『 チェーンソーオイルDタイプ(TS201)』
AZ(エーゼット)『水溶性チェーンソーオイル(W201)』
AZ(エーゼット)『レギュラー チェーンソーオイル(RS201)』
商品名 Makita(マキタ)『純正チェーンオイル(A-58300)』 TRUSCO(トラスコ中山)『チェーンソーオイル(TO-CHN-1)』 ガレージ・ゼロ『チェーンソーオイル オールシーズンタイプ(GZAL88)』 Osawa Wax(大澤ワックス)『BOLL チェーンソーオイル(C-1NA)』 ハスクバーナ・ゼノア『チェンオイル(HC63221M)』 AZ(エーゼット)『チェーンソーオイル(NR201)』 AZ(エーゼット)『生分解性チェーンソーオイル(221)』 AZ(エーゼット)『 チェーンソーオイルDタイプ(TS201)』 AZ(エーゼット)『水溶性チェーンソーオイル(W201)』 AZ(エーゼット)『レギュラー チェーンソーオイル(RS201)』
商品情報
特徴 マキタのチェーンソーを使うなら純正品を ノズル付きで注入しやすい高粘度タイプ 油飛びしにくいオールシーズンタイプ コンパクトなノズル付き容器で使いやすい 大容量で1年を通して使えるメーカー純正品 サイズ豊富、安定した潤滑性で1年中使える 環境にやさしい生分解性オイル オールシーズン使える万能オイル 身体や服についても落としやすい水溶性オイル 油飛びしにくく気温差に関係なくしっかり付着
容量 1L 1L、4L 18L 1L 18L 0.2L、1L、2L、4L、18L 1L 1L、4L、18L 1L、4L、18L 1L、4L、18L
オイルのタイプ - - - - - - 生分解性 - 水溶性 -
粘度 - VG110 VG110 VG100 160~200 VG110 68cSt VG100 VG110 VG105
容器タイプ ノズル付きポリタンク ノズル付きポリタンク(1L)、一斗缶(4L) 一斗缶 ノズル付きポリタンク 一斗缶 ノズル付きポリタンク(0.2L、1L)、ポリタンク(1L、2L、4L)、一斗缶(18L) ノズル付きポリタンク ノズル付きポリタンク(1L)、ポリタンク(4L)、一斗缶(18L)、エコパウチ(1L、4L) ノズル付きポリタンク(1L)、一斗缶(4・18L) ポリタンク(1L、4L)、一斗缶(18L)、エコパウチ(1L、4L)
商品リンク

※各社通販サイトの 2023年8月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年8月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年8月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年8月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年8月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年8月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年8月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年8月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年8月18日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年8月18日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする チェーンソーオイルの売れ筋をチェック

Amazonでのチェーンソーオイルの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:チェーンソーバー・チェーンオイルランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】そのほかの関連アイテムもチェック

最後に|エキスパートからひとこと

ガーデニング研究家:はたあきひろ

ガーデニング研究家

使用するチェーンソーに合ったオイルを選ぼう

チェーンソーオイルを選ぶときは、まずは使用するチェーンソーの説明書をよく読んで、そのメーカーが推奨しているオイルや、性能が似たオイルを選ぶことをおすすめします。

作業服が汚れても洗濯しやすい水溶性のオイルや、環境にやさしい生分解性を重点ポイントにすると、チェーンソーの能力をじゅうぶん発揮しない場合もあるので注意しましょう。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button