Xperia 5 と Xperia 8、どっちが人気? おすすめXperiaの選び方【2019年11月最新版】

Xperia 5 と Xperia 8、どっちが人気? おすすめXperiaの選び方【2019年11月最新版】

モバイル情報ブロガー:伊藤 浩一
モバイル情報ブロガー
伊藤 浩一

モバイル関連情報を紹介するブログ「伊藤浩一のモバイルライフ応援団」を主宰するブロガー。 日本初のWindows Mobileスマートフォン「W-ZERO3」への思い入れが強い。 「Androidスゴ技BOOK」(共著、ソフトバンククリエイティブ)などの著書も持つ。

11/04情報更新|2019年10月に新しく発表された Xperia 5、Xperia 8の最新情報と、Xperia 1と10との新旧比較。Xperia 5と8とのスペック比較。ひと目でサイズ感の違いがわかる比較イラストや各モデルの相関図、気になる発売日や予想価格、専用ケース情報も掲載。さらに、まだまだ使える旧機種Xperiaの選び方とおすすめ機種も紹介します。選び方を教えてくれるのは、モバイル情報ブロガーの伊藤 浩一さん。ぜひ参考にしてみてください。


人気のXperia(エクスぺリア)はどれ? 2019年秋冬、最新機種

Xperia 5 8 比較。2019年秋冬、Xperia主要モデルランナップ

Photo by マイナビおすすめナビ

コンパクトハイスペックの「Xperia 5」とお手頃価格の「Xperia 8」がラインアップに加わりました。

デジタルイノベーションの先駆者、ソニーの底力を感じさせるXperiaシリーズに、強力な新機種が登場しました。現在の主要ラインアップの相関関係は上記のようになっています。この記事では、「今、買うべきXperiaは結局どれか」にフォーカスして、ご紹介していきます。結論を先に言ってしまえば、コンパクトハイスペックという絶妙なポジションの「Xperia 5」か、お手頃価格で必要充分スペックの「Xperia 8」のどちらにするかが検討の主軸になります。
※Xperia 5価格は、docomoで、新規契約、36回払い「スマホおかえしプログラム」を選択し、12回分の支払いが免除された価格です。Xperia 8の価格はワイモバイルで、新規契約、スマホベーシックプランS、一括払いを選択した場合の価格を実勢価格としています。

最新のXperia(エクスぺリア) 8とは? Xperia(エクスぺリア) 10とどう違う? 【2019年秋】

こちらでは、2019年の秋モデルとして登場したXperia 8 の注目ポイントについて、ご紹介します。非常に手頃なミッドレンジモデルとして登場したXperia 8の実力はいかに。

Xperia 5 8 比較。Xperia 8の画像

グローバル向けに発売されていたXperia 10を国内向けに仕様変更したのがXperia 8。Xperia 10と比較すると、ややスペックダウンしたところもあり、ガッカリ感も少しあります。それでも、国内キャリア販売機種の中で価格とスペックを見比べると、強力な選択肢の一つです。

新生Xperia(エクスぺリア)のコンセプトを受け継ぐミドルレンジモデル

ワイモバイルが初めてリリースするXperiaシリーズが「Xperia 8」となります。ソニーのXperiaシリーズは、Androidスマートフォンの黎明期から多くのユーザーが利用している人気端末です。2019年6月には、シリーズの新たなフラッグシップモデルとして一から設計された「Xperia 1」が登場し、それに合わせてエントリーモデルとなる「Xperia 10」もリリースされました(日本国内では未発売)。製品名に付けられた数字からわかるように、今回登場したXperia 8はエントリー寄りのミドルレンジモデルといった位置付けになります。

Xperia 5 8 比較。Xperia 8 とXperia 10のサイズを比較

Photo by マイナビおすすめナビ

Xperia 8 とXperia 10を比較すると、サイズは大きくなっているわりにスペックダウンしている点が残念。とはいえ、低価格ながらミッドレンジの機能はしっかり搭載していますから、auユーザー、ワイモバイルユーザーで手頃なスマートフォンが希望なら、候補にはいれたいですね。

アスペクト比21:9のディスプレイが生み出すユーザー体験

Xperia 8の魅力は、コストとパフォーマンスのバランスにあります。Xperia 1から続くシリーズの特徴となるアスペクト比21:9のディスプレイ(約6.0インチ)を採用。映画コンテンツを黒帯なしで鑑賞したり、マルチウィンドウで複数のアプリを同時に表示したりといった、フラッグシップモデル同様のユーザー体験を提供しながら、端末価格は税込54,000円(Y!mobileオンラインストア価格)と大変リーズナブルです。

デュアルカメラを採用、日常使いならば文句なしの性能を持つ

ディスプレイが有機ELではなかったり、解像度が4K HDRに対応していなかったりと、フラッグシップモデルのXperia 1に比べて物足りない面もありますが、日常的な利用では違いを感じることは少ないはずです。むしろ、幅が3mm、高さが9mmサイズダウンしたことで、操作性は向上しています。ただし、新生Xperiaシリーズの大きな魅力といえるカメラ機能は、トリプルレンズカメラではなくデュアルカメラとなっています。エントリーモデルとしては比較的高性能なカメラ機能といえますが、写真や動画撮影にこだわりを持つならば、フラッグシップモデルのXperia 1やXperia 5を選択するのもよいでしょう。

とはいえ、高度や写真・動画撮影や最新3Dゲームプレイなどに使わないのならば、端末コストから考えると非常に高いパフォーマンスを発揮してくれるオススメの1台といえます。最先端のスマホ体験を手軽に実感したいのならば、Xperia 8は見逃せない選択肢となるでしょう。

ワイモバイルでXperia 8 の詳細を見る
auでXperia 8 の詳細を見る
UQ mobileでXperia 8 の詳細を見る

最新のXperia(エクスぺリア) 5とは? Xperia(エクスぺリア) 1とどう違う? 【2019年秋】

2019年の10月に発売開始されるXperia 5は、ハイスペックかつギリギリまでコンパクト化された注目機種です。ここでは、機能の中でも特に進化したポイントについてご紹介します。

Xperia 5 8 比較。Xperia 5の画像

どんどんサイズが大きくなっていくスマートフォン。しかし、人間の手は大きくなるものではありません。「ハイスペックなのは嬉しいけど、デカすぎ!」と嘆いていた人の悩みを解決してくれるのが、このXperia 5です。

コンパクトフラッグシップという位置付けの新型ハイエンドモデル

2019-2020年冬春モデルとして発売される「Xperia 5」。製品名のナンバーから「1」と「10」の間、すなわちミドルレンジのモデルと考える人も多いかもしれません。確かに2019年6月に発売されたフラッグシップモデル「Xperia 1」と比較すると、ディスプレイのサイズ(6.5インチ→6.1インチ)と解像度(3,840×1,644ピクセル→2,520×1,080ピクセル)がダウンしていたり、960fpsでの「スーパースローモーション」に非対応(イメージセンサーがメモリー積層型でないため)だったりといった違いがありますが、逆にいえばそれ以外はほぼ同じ性能を備えています。

つまり、Xperia 5はXperia 1をグレードダウンしたミドルレンジモデルではなく、コンパクト化したフラッグシップモデルなのです。サイズと解像度が変わったといっても、アスペクト比21:9の有機EL液晶「シネマワイドディスプレイ」にはソニーの液晶テレビ「ブラビア」の技術が盛り込まれており、映像の美しさは遜色ありません。むしろ幅が72mmから68mm、高さが167mmから158mmへと小型化したことにより、Xperia 1よりも使い勝手が向上しているといえます。

Xperia 5 8 比較。Xperia 5 とXperia 1のサイズ比較

Photo by マイナビおすすめナビ

Xperia 5 とXperia 1を比較すると、まず目を引くのはサイズ感がコンパクトになったこと。この携帯性の良さは、持ってみるとしみじみいいな~と思えます。持ち歩きやすいハイスペック機、求めていたのはこれだったのかも。

Xperia(エクスぺリア) 1から各種機能が強化され、より完成度の高い端末に

最新モデルとなるXperia 5では、Xperia 1と比べ、さまざまな機能が追加・強化されているのも見逃せないポイントです。Xperia 1の魅力となっていたシネマ撮影専用機能「シネマプロ」は操作性が向上。快適なゲームプレイ環境を実現する「ゲームエンハンサー」も進化を果たしており、ボイスチェンジャーやオーディオミキサー、電話の通知オフ、高速連写のスクリーンショット機能などが追加されています。さらに、画像解析技術を使って撮影ミスを軽減する「撮影アドバイス」機能も新たに搭載されました。

Xperia 1と同じく、標準、光学2倍、超広角のトリプルレンズカメラを採用しており、写真・動画・ゲームといった用途においては、Xperia 1と同等かそれ以上のパフォーマンスを発揮してくれるでしょう。

使い勝手を考えるとXperia(エクスぺリア) 5がベストアンサーか

最先端の機能を搭載したAndroidスマートフォンを使い倒したいというニーズに対して、Xperia 5は極めて有力な選択肢となります。現状、Xperia 1も選ぶことができますが、小型化・軽量化による操作性の向上などを考えると、最新モデルであるXperia 5が最適解といえるかもしれません。

docomoでXperia 5 の詳細を見る
auでXperia 5 の詳細を見る
ソフトバンクでXperia 5 の詳細を見る

Xperia(エクスぺリア) 5とXperia(エクスぺリア) 8の発売日と価格は?

Xperia 5は、docomoでは本年11月1日に、auは10月下旬以降発売予定とされています。価格は約90,000円と予想されるとのことで、各キャリアのプログラムを使うと実勢価格約58,000円程度となりそうです。

Xperia 8は、auとワイモバイルとも10月下旬以降発売予定で、価格は54,000円ですが、新規購入の場合、ワイモバイルなら約35,000円程度になるようです。

Xperia(エクスぺリア) 5 / Xperia(エクスぺリア) 8 スペック比較、購入前の注意点

フラッグシップのXperia(エクスぺリア) 5か、手頃価格のXperia(エクスぺリア) 8か

下の表はXperia 5とXperia 8とスペックのうち、おもな相違点です。サイズやバッテリーはそれほど違いませんが、やはりSoCの違いは大きく、処理能力を必要とする機能の有無に影響しています。

Xperia 5 8 比較。Xperia 5とXperia 8のおもなスペック相違点

やはりフラッグシップのXperia 5 の機能は強力です。しかしXperia 8 は必要充分なレベルで、そして実勢価格3万円代というのは、なんとも手頃価格です。

カメラ、AV性能はどう違う?

デュアルカメラ(標準、光学2倍)のXperia 8でも表現力はなかなかですが、トリプルカメラ(標準、光学2倍、超広角)のXperia 5は、瞳AF、撮影アドバイス機能、そして光学式手ブレ補正を搭載と、さすがにフルフルの機能。超広角は、引きがない場所での撮影の強い味方ですから、この有無はかなり大きい違いです。ほかにも、これぞXperiaという、シネマプロやゲームエンハンサーは、8にはありません。さらには、ワンセグ機能もなかったりします。

SIMフリーかキャリアか

Xperiaには個人輸入(※)や楽天モバイルなどのMVNOから購入できるSIMフリー版と大手キャリアで購入できるキャリア版が販売されています。SIMロックの有無を除けば、どちらも機能的には変わりません。そのため、Xperiaを購入する際は、SIMフリー版がいいのか、キャリア版がいいのかを考慮する必要があります。※国内で使用する場合は、電波法に準拠していることを示す「技適マーク」付きの端末を選んでください。

SIMフリーは、通信速度が安定しなかったり、キャリアの「割引サービス」が利用できないというデメリットもありますが、使い方によっては携帯料金を安くおさえることができますので、SIMや携帯料金の仕組みに詳しい人に向いています。また2台目のスマホを持ちたい場合などにもいいかもしれません。

2019秋冬、他社Androidモデルとの比較

Xperia 5、Xperia 8を競合するスマホと比較してみましょう。

まずXperia 5の場合、Pixel 4(Google)やAQUOS zero2(シャープ)などが競合ではないでしょうか。Pixel 4は、Googleのフラグシックモデルで、最新技術を余すことなく搭載しているのが特徴です。しかし、ソフトバンクのみの取り扱いとなっているため、ソフトバンクユーザー以外が購入しにくい点はデメリットになります。

AQUOS zero2は有機ELディスプレイを搭載したスマートフォン。ソニーと同じ国内メーカーという安心感もありますね。パフォーマンスが高く大容量バッテリーを搭載するなど使い勝手がいいスマートフォンとなっています。ただしカメラは標準と広角のデュアルレンズのため、望遠の撮影は苦手です。

Xperia 8の場合は、AQUOS sense3 lite(シャープ)があたりが競合ではないでしょうか。AQUOS sence3 liteも4000mAhの大容量バッテリーを搭載し、長時間使えるのがウリです。こちらもカメラは超広角と標準カメラのデュアルレンズを採用しており、シンプルで使い勝手はいいのですが、やはり写真や音楽と行ったエンターテインメント機能はXperiaに軍配が上がります。

上記の長所短所をふまえて、Xperiaか上記機種などの他機種を選ぶか決めるといいでしょう。

SIMフリー価格比較|Xperia(エクスぺリア) 8、Xperia(エクスぺリア) Ace

ドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリアではなく、MVNO(仮想移動体通信事業者)が提供する格安SIMを選んで月額利用料金を抑えているユーザーも増えてきています。MVNOの事業者は、キャリアから通信回線を借りて自社のサービスとして提供しており、リーズナブルな料金でスマホを運用できます。導入するには、SIMフリーのスマホを入手してMVNOのSIMと組み合わせるか、MVNOが用意しているスマホとSIMのセットを購入する必要があります。ここでは、「Xperia」シリーズを格安SIMで利用する際のポイントについて、ご紹介します。

MVNOで購入可能なXperia(エクスぺリア)はどれ?

高性能な日本製スマホとして根強い人気を誇るXperiaシリーズを格安スマホで使いたいというニーズは以前からありましたが、ソニーモバイルコミュニケーションズはグローバル版(SIMフリー版)のモデルを国内に展開しておらず、キャリア版モデルのSIMロックを解除してMVNOの格安SIMと組み合わせるという面倒な作業が必要でした。ところが最近ではXperiaを提供するMVNO事業者が登場し、端末とSIMをセットで購入できるようになってきています。

現在はミドルレンジモデルの「Xperia 8」と「Xperia Ace」が複数のMVNO事業者で扱われています。どちらも最新モデルと同等の性能を持っていながら、手頃な価格設定です。ここからは、それぞれのモデルを扱っているMVNO事業者をチェックし、端末価格や各種キャンペーンを確認していきます。

Xperia 5 8 比較。Xperia 8、Xperia AceのフリーSIM、MNVO価格比較

Photo by マイナビおすすめナビ

Xperia 8とXperia Aceの2機種をお手頃価格で提供しているMNVO各社の価格比較です。キャンペーンもさまざまなので、一番お得なものを選んでください。

最新Xperia(エクスぺリア)のユーザー体験をMNVOで楽しみたいならXperia(エクスぺリア) 8

Xperia 8は、キャリアではauも扱っていますが、MVNOではワイモバイル(※)とUQ mobileから発売されています。ワイモバイルでは、Xperia 8の定価を54,000円に定めていますが、18,216円の端末価格割引があり、実質35,784円と非常にリーズナブルな価格で端末を購入できます。また、抽選でソニー製イヤホンがプレゼントされるキャンペーンや、PayPayボーナスポイントがもらえるキャンペーンも実施しています。

auの4G LTE回線利用した高速通信が魅力のUQ mobileでは、一括払いで税別50,400円、24回分割払いなら2,100円/月でXperia 8を購入できます。オンラインショップで購入すれば1万円を超える割引も用意されており、よりお得に最新Xperiaを利用することが可能です。ワイモバイル、UQ mobileともに回線品質には定評があり、Xperia 8の性能を存分に活用できるはずです。※ワイモバイルはソフトバンク回線だけでなく自社の通信回線も使用しているため、厳密にはMVNOとはいえないかもしれませんが、ここではMVNOとして紹介しています。

ワイモバイルでXperiaの詳細を見る
UQ mobileでXperiaの詳細を見る

コンパクトで基本性能も充実のXperia(エクスぺリア) Aceを扱うMNVO事業者は?

Xperia Aceは、IIJmio、goo Simseller/OCN モバイル ONE、楽天モバイル、mineo、nuromobileが取り扱っています。それぞれ一括払いで4万円台半ばから後半の価格設定ですが、goo Simseller(回線はOCN モバイル ONE)では2019年11月5日まで発売開始記念特価として税別34,000円で販売されています(ただし分割払いには非対応)。

事業者ごとにギフト券やイヤホン、ヘッドセットのプレゼントやキャッシュバックといったキャンペーンが用意されているので、格安SIMの通信プランとキャンペーン内容をチェックして選択基準にするとよいでしょう。nuromobileでドコモ回線のSIMを選択した場合は、高速・安定した通信を実現する「Xperia限定プレミアム帯域オプション」も利用できます。

IIJmioでXperiaの詳細を見る
mineoでXperiaの詳細を見る

格安SIMでXperia(エクスぺリア)を利用する、その他の方法を確認する

もしXperia 8、Xperia Ace以外のモデルを格安SIMで利用したいという場合は、海外からSIMフリーのグローバルモデルを購入する方法か、キャリアで購入した端末のSIMロックを解除する方法が考えられます。ただし前者は、日本の電波法に適用していることを示す「技適マーク」が付いている端末を選ぶ必要があり、海外からの購入輸入業者の選択という問題も含め難易度が高く推奨はできません。

後者の場合は、利用しているキャリアのSIMロック解除方法をチェックして手続きを行います。手数料がかかるケースもあるのでじっくりと確認し、適切な方法を選択しましょう。当然ながらキャリアからXperiaを購入するため、SIMロックを解除して格安SIMと組み合わせた場合はキャリアの契約を解除しなければならず、すでにキャリア版Xperiaを持っているユーザー向けの方法といえます。これからXperiaを購入して使いたいというユーザーには、前述したようにNVNO事業者からXperia 8かXperia Aceを購入するのがよいでしょう。

最新Xperia(エクスぺリア) 2019年秋冬モデル|Xperia(エクスぺリア) 8 / Xperia(エクスぺリア) 5

いよいよ発売された、Xperiaの最近2機種。ソニーのAV技術があますところなく注ぎ込まれたスマートフォンだけあり、Androidユーザーなら注目しておきたいところ。ぜひチェックしてみてください。

ソニーモバイルコミュニケーションズ『Xperia 8』

サイズ
158×69×8.1mm
画面サイズ
約6.0インチ
重量
約170g
カメラ画素数
1,200万画素 +800万画素
カラー
ホワイト、ブラック、オレンジ、ブルー
CPU
Snapdragon 630
内蔵メモリ/ストレージ
4GB/64GB

21:9のワイドディスプレイで新たなスマホ体験

使いやすいサイズ感と、ポップなカラー(ホワイト、ブラック、オレンジ、ブルー)を採用したスタイリッシュなデザインが特徴。新生Xperiaシリーズのエントリーモデルとなります。CPUにはオクタコアのQualcomm Snapdragon 630を採用。日本未発売のXperia 10と比べて内蔵メモリが増えている(3GB→4GB)など、性能向上が図られています。

また、アスペクト比21:9のフルHD+(2,520×1,080ピクセル)液晶ワイドディスプレイを採用しており、画面に表示可能な情報量が多いのもポイントです。カメラは約1,200万画素+約800万画素のデュアルカメラを採用。光学2倍ズームに対応し、背景をぼかした美麗な写真が撮影できます。IPX5・IPX8/IP6Xの防水/防塵機能も搭載しており、さまざまなシーンで利用することが可能。さらにハイレゾ音源の再生に対応しているほか、ヘッドホン端子も搭載しており、音楽ファンのニーズにも応えてくれます。

ソニーモバイルコミュニケーションズ『Xperia 5』

サイズ
158×68×8.2mm
画面サイズ
約6.1インチ
重量
約164g
カメラ画素数
約1,220万画素
カラー
ブラック、グレー、ブルー、レッド
CPU
Snapdragon 855
内蔵メモリ/ストレージ
6GB/64GB

コンパクトなボディに最高峰の機能が詰め込んだ

ソニーXperiaシリーズの新たなフラッグシップモデルとして2019年6月に発売された「Xperia 1」をコンパクト化し、各種機能をブラッシュアップしたのが「Xperia 5」です。Xpeia 1と同様、CPUにクアルコムのSnapdragon 855を採用しており、内蔵メモリは6GB、ストレージは64GBを搭載。アスペクト比21:9の6.1インチ有機EL液晶「シネマワイドディスプレイ」により、迫力の映像体験やマルチウィンドウによる複数アプリの同時利用など、他のスマホにはないユーザー体験を提供します。

通知からマルチウィンドウを起動できるようになるなど、Xperia 1から強化が図られています。標準、望遠、超広角のトリプルレンズカメラを採用したカメラ機能も魅力で、プロ向けの技術が盛り込まれたシネマ撮影専用機能「シネマプロ」も搭載。理想的なゲームプレイ環境を構築する「ゲームエンハンサー」機能も利用でき、ビジュアル・エンターテイメント用途での使い勝手は抜群です。

Xperia(エクスぺリア) 8 / Xperia(エクスぺリア) 5 純正ケース|最新機種をしっかりガード

買ったばかりのXperiaを傷つけてしまっては一大事。ここではXperia 8、Xperia 5を守るケースを一つずつ紹介します。

ソニーモバイルコミュニケーションズ『Style Cover View(SCVJ20)』

出典:Amazon

サイズ
約 72.3 × 161.1 × 12.0 mm(蓋閉時)
画面サイズ
--
重量
約 49 g
カメラ画素数
--
カラー
ブラック、グレー、ブルー、オレンジ
CPU
--
内蔵メモリ/ストレージ
--

ケースを閉じていても、通知が確認できる

新機種がでるとたくさんのケースが市場に登場しますが、よくあるのはボタンなどの操作がやりにくくなってしまうこと。その点、やはり安心なのは純正製品。このケースは、カバーを閉じた状態でも通知を確認できるようになっているのが優れもの。また、SDカードの出し入れの際に、カードトレイにアクセスするときもケースを装着したまま行えます。カラーリングも本体色にあわせた展開になっているのでベストマッチ。

ソニーモバイルコミュニケーションズ『Style Cover for Xperia 5(SCBJ10)』

出典:楽天市場

サイズ
約 72.5 × 162.0 × 14.5 mm(蓋閉時)
画面サイズ
--
重量
約 60 g
カメラ画素数
--
カラー
ブラック
CPU
--
内蔵メモリ/ストレージ
--

高級感ならこれ。まさにフラッグシップ向けケース

フラッグシップ機であるXperia 5に使うなら、ケースも高級感があるものがよいのでは。こちらは純正ケースだけあって、世界観を損なわないさすがのクオリティです。クロスなめし、という処理が施された牛本革を使用し、内側はスエード調。フリップカバーには、名刺や交通系カードをいれるポケットもあります。色は吸い込まれるような黒です。

Xperia(エクスぺリア)の選び方のコツとは? モバイル情報ブロガーが伝授!

モバイル情報ブロガーの伊藤 浩一さんに、Xperiaを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

スマートフォンのイメージ
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

ソニーの技術を駆使したスマートフォン「Xperia」。選び方や、おすすめ製品を紹介します

スマホできれいな写真を撮影できる

モバイル情報ブロガー

Xperiaは、スマホの中でもきれいな写真を撮影できるスマホです。その理由はソニーが持つデジタルカメラの技術力。とくに高速AFとして人気の高い「瞳AF」など、デジタルカメラ並みの性能をXperiaで利用することができます。

その中でも、とくにおすすめなのがトリプルレンズを搭載した『Xperia 1』。「標準」「望遠」「超広角」の3角レンズを搭載しているので、どんなシーンにも対応可能。暗所撮影でも明るくくっきり撮影できます。また、4K動画を撮影するなら『Xperia XZ3』がおすすめ。美しい景色だけでなく、その場の空気感もきちんと記録できます。

音楽を楽しむのもXperia(エクスぺリア)がおすすめ

モバイル情報ブロガー

ソニーは、オーディオメーカーとしても歴史があることで知られています。その音作りは定評があり、今でも多くのファンを抱えています。Xperiaは、高音質な音楽を再生できるハイレゾ対応。音楽CDの約3倍から6倍の情報を持つため、ホールの響きや空気感まで忠実に再現します。

その中でも『Xperia XZ2』は、フロントスピーカー搭載で臨場感あるサウンドを楽しめるほか、音に合わせてXperia本体が振動する「ダイナミックバイブレーションシステム」を搭載。ミュージックビデオやゲームを思う存分楽しむことができます。

画質も◎。ブラビアの高画質エンジンを搭載

モバイル情報ブロガー

ソニーのハイエンドモニターブランド「ブラビア」の技術もXperiaに搭載しています。高画質エンジンを搭載することで、写真、動画をリアルに再生することができます。映画などを視聴すると、臨場感が高く、スマホであることすら忘れてしまいます。

たとえば、5.0インチ液晶を搭載した『Xperia Ace』は、色再現性が高い「トリルミナスディスプレイ」を搭載。幅広い色域のため、きれいに表示されます。『Xperia 1』は、4K HDR対応の有機ELディスプレイを搭載し、スマホとは思えない美しい映像を表示。4K動画の視聴などにはこの機種が最適です。

まだまだ使える、モバイル情報ブロガーが選ぶXperia(エクスぺリア)のおすすめ旧機種5選!

先ほど紹介したXperiaの選び方のポイントをふまえて、伊藤 浩一さんに選んでもらったおすすめ商品を5つ紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ソニーモバイルコミュニケーションズ『Xperia 1』

サイズ
167㎜×72㎜×8.2㎜
画面サイズ
6.5インチ
重量
178g
カメラ画素数
1220万画素
カラー
ブラック、ホワイト、グレー、パープル
CPU
Snapdragon 855
内蔵メモリ/ストレージ
6GB/64GB
Thumb lg f4683a76 e6c0 4324 904a 82da1c07a134
モバイル情報ブロガー

トリプルカメラ搭載のハイエンドスマホ

Xperia初のトリプルカメラを搭載したハイエンドスマートフォン。「標準」、「望遠」、「超広角」の3つのレンズに、ソニーデジタルカメラαの技術が投入されており、デジタルカメラに匹敵する写真、動画の撮影が可能です。ディスプレイは21:9の縦長表示で、横画面の動画の見やすさ、縦画面のWEBの見やすさを両立しています。写真や画質にこだわりがある人は、このモデルがおすすめ。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ソニーモバイルコミュニケーションズ『Xperia Ace』

サイズ
140㎜×67㎜×9.3㎜
画面サイズ
5.0インチ
重量
154g
カメラ画素数
1200万画素
カラー
ブラック、ホワイト、パープル
CPU
Snapdragon 630
内蔵メモリ/ストレージ
4GB/64GB
Thumb lg f4683a76 e6c0 4324 904a 82da1c07a134
モバイル情報ブロガー

小さな手の人でも片手で持てるコンパクトサイズ

Xperiaは、歴代コンパクトなモデルをリリースしています。コンパクトでありながらハイエンド機能を搭載したのがXperia Aceです。約5インチの片手で持てるサイズながらも、カメラ、サウンド、ディスプレイと充実した機能を搭載しています。とくにカメラ機能で約120度のセルフィ―撮影が可能となっています。コンパクトでありながら、パフォーマンスも重視する、というユーザーにおすすめの1台です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ソニーモバイルコミュニケーションズ『Xperia XZ3』

サイズ
158㎜×73㎜×9.9㎜
画面サイズ
6.0インチ
重量
193g
カメラ画素数
1920万画素
カラー
ブラック、ホワイト、グリーン、ボルドーレッド
CPU
Snapdragon 845
内蔵メモリ/ストレージ
4GB/64GB
Thumb lg f4683a76 e6c0 4324 904a 82da1c07a134
モバイル情報ブロガー

画質にこだわるならこの機種

Xperiaで初めて有機ELディスプレイを搭載した機種。ブラビアの高画質技術で、写真、映像をリアルに再現することができるハイエンドスマートフォンです。いたわり充電機能で、2年間使用してもバッテリーの劣化が少ない工夫がされています。映像を楽しみたい人や、長期間同じ機種を使い続けたい、という人に最適なモデルです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ソニーモバイルコミュニケーションズ『Xperia XZ2』

サイズ
153㎜×72㎜×11.1㎜
画面サイズ
5.7インチ
重量
198g
カメラ画素数
1920万画素
カラー
ブラック、ホワイト、グリーン、ピンク
CPU
Snapdragon 845
内蔵メモリ/ストレージ
4GB/64GB
Thumb lg f4683a76 e6c0 4324 904a 82da1c07a134
モバイル情報ブロガー

アーチ型で持ちやすくなったXperia

本体のデザインがアーチ形に変更されて、持ちやすくなったモデル。Xperia初の18:9ディスプレイを搭載し、前モデルXZ1とサイズは変わらないものの、ディスプレイサイズが約5.2インチから約5.7インチにアップしました。動画撮影機能として、4K HDR動画撮影やフルHD画質のスーパースロー撮影を搭載。写真や動画撮影を重視するならこのモデルが最適です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ソニーモバイルコミュニケーションズ『Xperia XZ2 Compact』

サイズ
135㎜×65㎜×12.1㎜
画面サイズ
5.0インチ
重量
168g
カメラ画素数
1920万画素
カラー
ブラック、ホワイト、グリーン、ピンク
CPU
Snapdragon 845
内蔵メモリ/ストレージ
4GB/64GB
Thumb lg f4683a76 e6c0 4324 904a 82da1c07a134
モバイル情報ブロガー

人気があるコンパクトモデル

Xperiaで人気のComapctモデル。ディスプレイサイズが、従来の約4.6インチから約5インチにアップしましたが、縦長ディスプレイの採用により、本体サイズは変わらずに、ディスプレイのサイズアップを実現しています。ハイレゾ音源再生やフロントスピーカーで、音楽再生が楽しめるモデルです。カバンの中にもすっぽり収まるサイズなので、女性にもおすすめできる1台です。

一覧表でおすすめ商品を比較する

画像

ソニーモバイルコミュニケーションズ『Xperia 8』
ソニーモバイルコミュニケーションズ『Xperia 5』
ソニーモバイルコミュニケーションズ『Style Cover View(SCVJ20)』
ソニーモバイルコミュニケーションズ『Style Cover for Xperia 5(SCBJ10)』
ソニーモバイルコミュニケーションズ『Xperia 1』
ソニーモバイルコミュニケーションズ『Xperia Ace』
ソニーモバイルコミュニケーションズ『Xperia XZ3』
ソニーモバイルコミュニケーションズ『Xperia XZ2』
ソニーモバイルコミュニケーションズ『Xperia XZ2 Compact』

商品

ソニーモバイルコミュニケーションズ『Xperia 8』 ソニーモバイルコミュニケーションズ『Xperia 5』 ソニーモバイルコミュニケーションズ『Style Cover View(SCVJ20)』 ソニーモバイルコミュニケーションズ『Style Cover for Xperia 5(SCBJ10)』 ソニーモバイルコミュニケーションズ『Xperia 1』 ソニーモバイルコミュニケーションズ『Xperia Ace』 ソニーモバイルコミュニケーションズ『Xperia XZ3』 ソニーモバイルコミュニケーションズ『Xperia XZ2』 ソニーモバイルコミュニケーションズ『Xperia XZ2 Compact』

特徴

21:9のワイドディスプレイで新たなスマホ体験 コンパクトなボディに最高峰の機能が詰め込んだ ケースを閉じていても、通知が確認できる 高級感ならこれ。まさにフラッグシップ向けケース トリプルカメラ搭載のハイエンドスマホ 小さな手の人でも片手で持てるコンパクトサイズ 画質にこだわるならこの機種 アーチ型で持ちやすくなったXperia 人気があるコンパクトモデル

価格

ワイモバイル : ¥35,784 ~
au : ¥39,360~
UQ mobile : ¥38,940~
※各社通販サイトの 2019年11月04日時点 での税込価格
docomo : ¥58,608~
au : ¥60,480~
ソフトバンク : ¥67,440~
※各社通販サイトの 2019年11月04日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 6,248
楽天市場 : ¥ 7,748
Yahoo!ショッピング : ¥ 6,248
※各社通販サイトの 2019年10月31日時点 での税込価格
楽天市場 : ¥ 12,360
※各社通販サイトの 2019年10月31日時点 での税込価格
docomo : ¥69,168~
au : ¥69,611~
ソフトバンク : ¥62,160~
※各社通販サイトの 2019年11月04日時点 での税込価格
docomo : ¥49,896~
IIJmio : ¥49,800
※各社通販サイトの 2019年11月04日時点 での税込価格
docomo : ¥60,192~
ソフトバンク : ¥59,040~
※各社通販サイトの 2019年11月04日時点 での税込価格
ソフトバンク : ¥47,520~
※各社通販サイトの 2019年11月04日時点 での税込価格
docomo : ¥57,816 ~
※各社通販サイトの 2019年11月04日時点 での税込価格

サイズ

158×69×8.1mm 158×68×8.2mm 約 72.3 × 161.1 × 12.0 mm(蓋閉時) 約 72.5 × 162.0 × 14.5 mm(蓋閉時) 167㎜×72㎜×8.2㎜ 140㎜×67㎜×9.3㎜ 158㎜×73㎜×9.9㎜ 153㎜×72㎜×11.1㎜ 135㎜×65㎜×12.1㎜

画面サイズ

約6.0インチ 約6.1インチ -- -- 6.5インチ 5.0インチ 6.0インチ 5.7インチ 5.0インチ

重量

約170g 約164g 約 49 g 約 60 g 178g 154g 193g 198g 168g

カメラ画素数

1,200万画素 +800万画素 約1,220万画素 -- -- 1220万画素 1200万画素 1920万画素 1920万画素 1920万画素

カラー

ホワイト、ブラック、オレンジ、ブルー ブラック、グレー、ブルー、レッド ブラック、グレー、ブルー、オレンジ ブラック ブラック、ホワイト、グレー、パープル ブラック、ホワイト、パープル ブラック、ホワイト、グリーン、ボルドーレッド ブラック、ホワイト、グリーン、ピンク ブラック、ホワイト、グリーン、ピンク

CPU

Snapdragon 630 Snapdragon 855 -- -- Snapdragon 855 Snapdragon 630 Snapdragon 845 Snapdragon 845 Snapdragon 845

内蔵メモリ/ストレージ

4GB/64GB 6GB/64GB -- -- 6GB/64GB 4GB/64GB 4GB/64GB 4GB/64GB 4GB/64GB

商品情報

ECサイトのXperia(エクスぺリア)関連ランキングを参考にする

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでも、XperiaのSIMフリー機が販売されています。キャリア版とは違いオウンリスクにはなりますが、国内未発売のXperia 10などの価格は参考にしてもいいかもしれません。

Amazon:スマートフォン本体 ランキング
楽天市場:スマートフォン本体 ランキング
Yahoo!ショッピング:アンドロイドスマートフォンランキング

※上記リンク先のランキングは、各ECサイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ソニーの技術をつめこんだ、Xperia(エクスぺリア)の魅力とは?

Xperia(エクスぺリア)とは? ブランドの歴史

ソニーモバイルコミュニケーションズのデジタルデバイスシリーズ「Xperia(エクスペリア)」は、Androidスマートフォン黎明期の2008年より販売を開始。国内のAndroidスマートフォンとしては、高いシェアを占める人気シリーズでした。その後は、ほかのアジアメーカーにおされる形で、シェアを落としています。

しかし、手放してしまったPC関係の事業と違い、2020年に本格稼働と見られている5G(第5世代移動通信システム)での復活を狙っているためスマートフォン関係の事業は撤退していません。かつてはデジタルイノベーションの先頭を走っていたといわれるソニー直系のXperiaは、まさにここ数年が一番おもしろいブランドだといえるかもしれません。

Xperia(エクスぺリア)の魅力は、注ぎ込まれたソニーのAV技術

テレビ、オーディオ製品などで高い技術力を誇るソニーのDNAが投入されているのがXperiaの魅力の一つでしょう。ビジュアル面では、映画のスクリーンのような21:9というアスペクト比(画面のタテヨコ比)や有機ELディスプレイ、トリプルカメラ、サウンド面では、ハイレゾサウンドを当然のようにサポートするなど、エッジのたった機能美を感じます。また国内メーカーというポイントもあります。数年は使う商品ですから、サポート面での安心感も国内で選ばれる理由の一つといえるでしょう。

スマホゲーム端末としてのXperia(エクスぺリア)の魅力

Xperiaは映像や音楽などのエンターテインメント機能を重視しているため、動画や音楽、ゲームなどを楽しみたい人に適したスマートフォンとなっています。また、ゲームをプレイする際の邪魔になる「メッセージの通知」をオフにしたり、ゲーム前に「メモリを解放」したりして、より快適にゲームをできる機能が搭載されています。

また、ゲームプレイをキャプチャしたり録画したりすることもできるので、ゲームの実況・解説にも使える端末となっています。3Dを多用した画面がきれいなアクションゲームやサウンドを楽しむ音ゲーなどをストレスなくプレイすることができます。

ソニーデジタルカメラαとの連携機能が使いやすい

モバイル情報ブロガー

Xperiaは、ソニー製デジカメとの連携機能にも注目です。「Imaging Edge Mobile」アプリを使えば、デジタルカメラから、かんたんに写真を転送したり、Xperiaからデジカメのシャッターをリモート操作することもできます。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※当記事に掲載されている情報を利用することによって引き起こされた結果について、執筆者および当社は一切責任を負いませんのでご了承下さい。製品のご購入、サービスのご加入に際しては、販売サイトの情報を必ずご確認ください。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※各キャリア価格は、それぞれ以下条件で価格表示したものを実勢価格としています。変更になる場合もありますので、購入前にご確認ください。docomoは新規契約、36回払い「スマホおかえしプログラム」を選択し、12回分の支払いが免除された価格。auは新規契約、36回払い「アップグレードプログラムNX」を選択し、12回分の支払いが免除された価格。ソフトバンクは、48回払い「トクするサポート」を選択し、24回分の支払いが免除された価格。ワイモバイルは、新規契約、一括払い、スマホベーシックプランSを選択した場合の価格。UQ mobileは、新規契約、スマホプランS、一括払い、通話オプションなしを選択した場合の価格。11月よりauがプログラム変更して、価格が変わっていますので、ご注意ください。

※2019/11/04 主に商品情報の追加のため、記事を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 関口信太郎)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【子ども向けタブレットのおすすめ9選!】ガジェットライター厳選|機能制限で安心

【子ども向けタブレットのおすすめ9選!】ガジェットライター厳選|機能制限で安心

ガジェットライターの渡辺まりかさんに、子ども用タブレットの選び方や商品選びのコツを伺いました。You Tubeの閲覧や学習、ゲームといろいろ楽しめるタブレット。最近では年齢を問わず使いこなせるデジタルガジェットとなりつつあります。せっかくプレゼントするのであればセキュリティやトラブルに巻き込まれにくいものを選びたいもの。機能制限のほか、年齢や興味関心にあったキッズモデル選びの参考にしてください。


ITライターおすすめ【静音キーボード】6選|快適&スムーズな入力ができる

ITライターおすすめ【静音キーボード】6選|快適&スムーズな入力ができる

ITライターの酒井麻里子さんに静音キーボードのおすすめ6選と選び方を教えてもらいました。静かなオフィスや深夜のリビングなど、タイピングの音が気になったことがある方も多いのではないでしょうか。この記事では、さまざまな種類があるキーボードの中から、便利で使いやすい、静音タイプのキーボードを厳選してご紹介します。記事の最後には通販サイトの売れ筋ランキングもありますので、ぜひ参考にしていただき、自分にぴったりの静音キーボードを見つけてください。


【スマホ充電器】選び方&おすすめ商品7選|ガジェットレビュアーが商品を厳選!

【スマホ充電器】選び方&おすすめ商品7選|ガジェットレビュアーが商品を厳選!

ガジェットレビュアーが選ぶスマホ充電器7選をご紹介します。スマートフォンやタブレットなどを充電するために使用するスマホ充電器。スマホ本体を買ったときについてきたもの、家にもともとあったものを使っている人は少なくないことと思います。スマホ充電器には、急速充電に対応した商品、小型で持ち運びしやすい商品などさまざまあります。本記事では、ガジェットレビュアーの東雲八雲さんに、おすすめのスマホ充電器と選び方を教えてもらいました。新しく買い換える前に、ぜひ参考にしてみてください。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもあわせてチェックしてみてくださいね。


【携帯料金をお得に!】 ITライターおすすめの格安スマホ5選

【携帯料金をお得に!】 ITライターおすすめの格安スマホ5選

ITライターの松村武宏さんに聞いた、格安スマホの選び方とおすすめの商品を紹介します。月額料金が安い通信サービスの「格安SIM」と、いろいろな価格帯の端末から選べる「SIMフリースマホ」を組み合わせた製品のことをいう「格安スマホ」。通信サービスの月額料金は大手携帯キャリア(NTTドコモ、au、ソフトバンク)よりも安く、AndroidだけではなくiPhoneも選べるようになり、選択の幅が広いのが魅力です。本記事を参考に、自分にあう格安スマホをみつけてくださいね。


スマホコントローラーおすすめ5選+番外編|ガジェット・家電ライターが選び方を解説

スマホコントローラーおすすめ5選+番外編|ガジェット・家電ライターが選び方を解説

ガジェット・家電ライターが選ぶスマホコントローラー5選+番外編をご紹介します。スマホでのゲームプレイに活躍してくれるスマホコントローラー。『荒野行動』や『PUBG』などのFPSゲームから、FFシリーズなどのリマスターRPGなど色々なゲームで使用できます。そこで、ガジェット・家電ライターの渡辺まりかさんにお話をうかがい、スマホコントローラーの選び方とおすすめ商品について教えてもらいました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


最新の記事


パーソナルトレーナーがおすすめ【フィットネスシューズ5選】|ジム通いに必須

パーソナルトレーナーがおすすめ【フィットネスシューズ5選】|ジム通いに必須

パーソナルトレーナーの田子政昌さんに、フィットネスシューズの選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。フィットネスシューズも、そのほかのスポーツシューズに近い構造となっている場合が多いですが、野外の運動シューズを室内で使うと、床に跡が残ってしまったりして迷惑がかかってしまいます。また、動作の際の適切なクッション性も感じることができ安全性も高まるので、やはりジムに通う際はフィットネスシューズを使用した方が無難です。パーソナルトレーナーの田子政昌さんの意見を参考にして、自分に合ったシューズで快適なフィットネスライフを楽しみましょう。


40代におすすめの化粧下地7選【ヘア&メイクアップアーティストに取材】

40代におすすめの化粧下地7選【ヘア&メイクアップアーティストに取材】

40代になるとホルモンバランスの乱れなどから肌の変化を感じやすくなりますが、流行のファッションやメイクを取り入れ、若々しさを維持したいという願望を持つ方も多いですよね。ファンデーションだけでカバーするのではなく、ツヤ感のある化粧下地を上手に取り入れて素肌が輝いていきき見えるベース作りを目指しましょう。そこで、本記事ではヘア&メイクアップアーティストの渡辺みゆきさんへの取材をもとに、40代用化粧下地の選び方とおすすめ商品を紹介していきます。


【振動スピーカー】の選び方&おすすめ5選|家電コンシェルジュが商品を厳選!

【振動スピーカー】の選び方&おすすめ5選|家電コンシェルジュが商品を厳選!

家電コンシェルジュが選ぶ振動スピーカー5選をご紹介します。机や棚の振動を利用して音を増幅する振動スピーカー。一度使えば、自宅使用だけでなく旅行などにも手放せない存在になるでしょう。しかし、振動スピーカーを販売しているのは日本では無名なメーカーが多いため、選ぶのに困ることも。そこで、家電ライターの松本レイナさんにお話をうかがい、おすすめの選び方から厳選した商品までをご紹介いただきました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


【名刺スキャナー】の選び方&おすすめ6選|ガジェットレビュアーが商品を厳選!

【名刺スキャナー】の選び方&おすすめ6選|ガジェットレビュアーが商品を厳選!

ガジェットレビュアーが選ぶ名刺スキャナー6選をご紹介します。名刺は捨てることがあまりないので、たまる一方ですよね。名刺スキャナーがあれば、ファイルにまとめる必要はなく、大量の名詞を手軽に管理することが可能です。本記事では、大くのガジェットをレビューしている東雲八雲さんに、名刺スキャナーのおすすめ商品を教えてもらいました。かんたんに使える商品もたくさんありますので、ぜひお気に入りの1台を見つけてみてください。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてくださいね。


【スマートキーケース】のおすすめ商品8選|カージャーナリストが選び方を解説

【スマートキーケース】のおすすめ商品8選|カージャーナリストが選び方を解説

カージャーナリストが選ぶスマートキーケース8選をご紹介します。スマートキーの持ち運びと保護に役立つスマートキーケースですが、リレーアタック対策が施されているタイプや、防水加工が施されているタイプなど、商品によって機能が異なります。本記事では、スマートキーケースのおすすめ商品と選び方について、カージャーナリストの松村 透さんにお話をうかがいました。各商品の特徴を見比べて、用途に合ったスマートキーケースを選びましょう。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。