【紫外線対策の必需品】ラッシュガードのおすすめ5選! スタイリストが解説

【紫外線対策の必需品】ラッシュガードのおすすめ5選! スタイリストが解説

スタイリスト:高橋 禎美
スタイリスト
高橋 禎美

大手アパレルメーカーを退職後、パーソナルカラーコンサルタント、スタイリストとして独立。 お客様に合わせたバランスの取り方やファッションを楽しむコツを分かりやすくアドバイス。パーソナルカラー診断も会社員時代から仕事の中で関わっており実績と定評がある。 また、ファイナンシャルプランナーとしても活動しており、個人FP相談や投資初心者の女性に向けた「はじめての投資セミナー」を開催中。お金とファッションに興味のある女性に支持されている。

ラッシュガードは、マリンスポーツやトレッキングなどの怪我対策や、ビーチやキャンプでも日焼け防止に活躍してくれるアイテム。さらりと羽織れるものから、しっかり体にフィットして動きやすさを重視したものまでさまざまなタイプがあるので、どんなものを選べばいいのか迷ってしまいますよね。本記事では、スタイリストの高橋禎美さんへの取材をもとに、ラッシュガードのおすすめ商品5つと目的に合わせた選び方のポイントをご紹介します。ラッシュガードを着用して、怪我や日焼けを気にすることなくアクティブに過ごしましょう!


【見た目だけじゃない】ラッシュガードの選び方|スタイリストに聞いた!

スタイリストの高橋禎美さんに、ラッシュガードを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。目的に合わせたラッシュガードを選ぶ際の参考にしましょう。

ヤシの木と空の画像
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

怪我や日焼け対策のアイテムとして、お気に入りのラッシュガードを手に入れましょう。

UVカットの効果で選ぶ

スタイリスト

海辺は太陽の日差しを遮るものが少なく、紫外線の影響を受けやすい場所です。さらに、日焼け対策で塗ったクリーム類も、汗や海やプールの水に濡れる影響で取れやすく、効果が薄くなりやすいといえます。

肌を紫外線から守るために、ラッシュガードを1枚羽織るのは効果的といえます。紫外線対策重視で選ぶなら、使用素材のUVカット率がどの程度なのかは確認したいですね。日焼けしたくない方は、UVカット率が高いものを選ぶといいでしょう。

Oceanpacific(オーシャンパシフィック)『ラッシュガード』

さらっと羽織れるパーカータイプ。UPF50+で日焼け対策もばっちりです。

>> Amazonで詳細を見る

スポーツか遊びか、用途によってデザインを選ぶ

スタイリスト

ラッシュガードは、本来は身体を自然環境から守るために着用するものです。海の岩場や底などとの接触でできるキズの予防や、気温や水温が低く冷えを感じるときに対する防寒に役立っています。またサーフボードや、ボディボード、ヨットや浮き輪などの道具と接触し、皮膚にこすれて知らないうちにキズができることも多いのです。海に入るときに着用するならば、水の中での動きを邪魔しない、身体にフィットしたプルオーバータイプがおすすめです。

ラッシュガードは、今では海辺でのファッションの一部としてとらえられているケースが多く、水着の上に着用し、身体のラインを隠す役目を果たすこともあります。ファッション性もあり着脱がラクなものを探すなら、パーカタイプがおすすめ。用途によってデザインを選びましょう。

マリンスポーツ用は見た目よりも性能重視で

スタイリスト

海辺のレジャーではなくウォータースポーツを楽しむなら、ファッション性よりも機能性を求める選び方をしたいですね。動きやすさ、軽さ、フィット感は重要ですので可能であれば試着しましょう。岩やサーフボードなどとの接触、こすれに対する耐性があるか、素材の丈夫さや生地の厚みなどもチェックしましょう。

クラゲ対策をしたい方は、夏場でも腕を覆う長袖を選ぶことをおすすめします。吸湿速乾加工された素材は、海から上がったあと乾きが速く、身体を冷やしにくいですよ。

また、ラッシュガードのお手入れですが、色落ちや変色、伸びを防ぐため、着用後の洗濯は手で押し洗いが基本です。洗濯機は生地に力がかかるので、ストレッチ性が損なわれる恐れがあります。漂白剤は使用できません。プールの塩素も繊維の劣化につながるので、海やプールで着用したラッシュガードはできるだけ早く水で洗うことをおすすめします。

ROXY(ロキシー)『UPF50+ 長袖ラッシュガード RASHIE L/S』

適度なフィット感で、動きやすさとスタイリッシュさを両立できます。

>> Amazonで詳細を見る

ラッシュガードのおすすめ5選|スタイリストが厳選!

うえで紹介したラッシュガードの選び方のポイントをふまえて、スタイリストの高橋禎美さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。デザインと機能の両方に注目しつつ、目的に応じて活躍してくれそうなラッシュガードを探してみてくださいね。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Hurley(ハーレー)『ラッシュ ジップ オープン フーデッド』

出典:楽天市場

タイプ
パーカー
UPF
50+
サイズ展開
US M、US L
カラー展開
ブラック、ホワイト
素材
ポリエステル100%
Thumb lg 5299c829 86a1 4025 bc37 839a3a1b8fdb
スタイリスト

海辺でさっと軽く羽織りたい、おしゃれパーカー

サーファーなら誰もが知っているハーレーのラッシュガード。シンプルなデザインで、かっこいいパーカです。

ポリエステル100%の薄くさらっとした素材で、フィット感があり、スマートなデザイン。また、紫外線対応でUPF値50+の素材を使用しており、海辺でも日焼けしたくない方にうれしい高機能素材です。手洗い可ですので、自宅に戻ったら早めに洗ってお手入れしてください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

FILA(フィラ)『ラッシュガード』

出典:Amazon

タイプ
フルジップ
UPF
-
サイズ展開
M、L
カラー展開
ネイビー
素材
本体:ポリエステル100%、切替部分:ポリエステル85%、ポリウレタン15%
Thumb lg 5299c829 86a1 4025 bc37 839a3a1b8fdb
スタイリスト

FILAのスマートなデザインの羽織ラッシュガード

スポーツウェアで有名なブランド、FILAのラッシュガードです。ストライプのラインと裾、袖口に白を使っていて、さわやかな印象。脱ぎ着しやすい前開きの羽織りタイプです。ジップアップが首元までしっかりと閉じるので、案外日焼けしやすい首を日差しからガードできます。

また、手の甲を日焼けからガードするため、指だけが出るような仕様です。水に濡れても速乾素材なので扱いもらくですよ。スポーツ時ではなく、水際での海水浴や浜辺でのレジャーの場で日焼け対策に活躍しそうですね。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ワイキキビーチボーイ×パタゴニア『ラッシュガード オレンジ』

出典:楽天市場

タイプ
プルオーバー
UPF
-
サイズ展開
XS、S、M
カラー展開
オレンジ
素材
ポリエステル94%、ポリウレタン6%
Thumb lg 5299c829 86a1 4025 bc37 839a3a1b8fdb
スタイリスト

パタゴニアが作るハワイブランドのラッシュガード

ワイキキビーチボーイは、ハワイのワイキキ発祥のサーフブランドです。ワイキキビーチボーイから、パタゴニアが手がけたラッシュガードを展開しています。ハワイらしい明るいオレンジがとてもポップでかわいいですね。胸元のサーフボードを描いたロゴマークもポイント。

手の甲までしっかりと覆うように、袖口の内側には親指に引っ掛けるゴムがついています。サーフィンを楽しんでいるときに、どうしてもできてしまうすりキズ防止に、また日焼け防止や、寒さ対策に……と、安心して使用できますね。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Oceanpacific(オーシャンパシフィック)『ラッシュガード』

出典:Amazon

タイプ
パーカー
UPF
50+
サイズ展開
M、L、XL
カラー展開
カーキ、ホワイト、イエロー、ブラック
素材
ポリエステル100%
Thumb lg 5299c829 86a1 4025 bc37 839a3a1b8fdb
スタイリスト

タウン着としても通用するデザイン性の高さが人気

さらっとした鹿の子織り(ポロシャツでよく使われる凹凸のある織組織)の羽織りタイプのラッシュガード。海やプールでの使用はもちろん、散歩など、普段使いの羽織物としても使えるかわいらしさが魅力です。

フードが付いていておしゃれ感がありますが、デザイン性が高いうえに、日差しが強いときや肌寒いときにフードを被って調節できるのもいいですね。UPF50+なのもうれしいポイントです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ROXY(ロキシー)『UPF50+ 長袖ラッシュガード RASHIE L/S』

出典:Amazon

タイプ
プルオーバー
UPF
50+
サイズ展開
S、M、L
カラー展開
ボーダー、ブラック、ホワイト
素材
ナイロン82%、ポリウレタン18%
Thumb lg 5299c829 86a1 4025 bc37 839a3a1b8fdb
スタイリスト

サーファー憧れブランドで見た目も機能性もばっちり

サーフガールに大人気のブランド、ROXYの長袖ラッシュガードです。身体に沿ったラインで、余分な生地が省かれているので海のなかでの動きを邪魔しません。胸元のロゴがとても目を引く、シンプルでかわいいデザインです。

紫外線対策もばっちりのUPF50+の素材を使用。 長袖で腕全体を日差しからガードし、半袖着用で日焼けするとできてしまう二の腕の色違いを防ぎます。海辺でのサーフファッションを楽しみたい方にすすめたい、おしゃれなラッシュガードです。

一覧表でおすすめ商品を比較する

画像

Hurley(ハーレー)『ラッシュ ジップ オープン フーデッド』
FILA(フィラ)『ラッシュガード』
ワイキキビーチボーイ×パタゴニア『ラッシュガード オレンジ』
Oceanpacific(オーシャンパシフィック)『ラッシュガード』
ROXY(ロキシー)『UPF50+ 長袖ラッシュガード RASHIE L/S』

商品

Hurley(ハーレー)『ラッシュ ジップ オープン フーデッド』 FILA(フィラ)『ラッシュガード』 ワイキキビーチボーイ×パタゴニア『ラッシュガード オレンジ』 Oceanpacific(オーシャンパシフィック)『ラッシュガード』 ROXY(ロキシー)『UPF50+ 長袖ラッシュガード RASHIE L/S』

特徴

海辺でさっと軽く羽織りたい、おしゃれパーカー FILAのスマートなデザインの羽織ラッシュガード パタゴニアが作るハワイブランドのラッシュガード タウン着としても通用するデザイン性の高さが人気 サーファー憧れブランドで見た目も機能性もばっちり

価格

楽天市場 : ¥ 5,875
Yahoo!ショッピング : ¥ 7,344
※各社通販サイトの 2019年8月20日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 4,212
楽天市場 : ¥ 4,212
Yahoo!ショッピング : ¥ 4,507
※各社通販サイトの 2019年8月20日時点 での税込価格
楽天市場 : ¥ 7,668
※各社通販サイトの 2019年8月20日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 4,212
楽天市場 : ¥ 2,730
Yahoo!ショッピング : ¥ 3,100
※各社通販サイトの 2019年8月20日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 5,940
楽天市場 : ¥ 5,346
Yahoo!ショッピング : ¥ 5,346
※各社通販サイトの 2019年8月20日時点 での税込価格

タイプ

パーカー フルジップ プルオーバー パーカー プルオーバー

UPF

50+ - - 50+ 50+

サイズ展開

US M、US L M、L XS、S、M M、L、XL S、M、L

カラー展開

ブラック、ホワイト ネイビー オレンジ カーキ、ホワイト、イエロー、ブラック ボーダー、ブラック、ホワイト

素材

ポリエステル100% 本体:ポリエステル100%、切替部分:ポリエステル85%、ポリウレタン15% ポリエステル94%、ポリウレタン6% ポリエステル100% ナイロン82%、ポリウレタン18%

商品情報

ECサイトのラッシュガードランキングを参考にする

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのラッシュガードの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ラッシュガードランキング
楽天市場:ラッシュガードランキング
Yahoo!ショッピング:ラッシュガードランキング

※上記リンク先のランキングは、各ECサイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

プールで使うなら塩素に耐えられる素材を選びましょう|スタイリストからのアドバイス

スタイリスト

ラッシュガードを着用する場面によって、つまり行く場所によって、その選び方もひとつ気にしたい点が増えます。紫外線対策は気をつけなければいけませんが、プールであれば、塩素に強いかどうかも気にしておきたいポイントです。製品の注意ラベルなどで確認しましょう。

そもそも塩素はすぐに洗い流すことが大切です。ラッシュガードを塩素がついたまま放置してしまうと、脱色したり変色したりするケースもあります。プールから上がったあとにはしっかりと塩素を洗い流すなどのお手入れをしてください。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:Mako、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/10/01 タグ修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 横塚枝緒里)

※2019/09/30 表示されている価格は税込価格ですが、消費税率は掲載時点、あるいは更新時点のものです。(マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ガジェット・家電ライターおすすめ【ひとり暮らしに最適なアイロン7選】|自宅でシワ取り

ガジェット・家電ライターおすすめ【ひとり暮らしに最適なアイロン7選】|自宅でシワ取り

ひとり暮らしに必要な家電のひとつ「アイロン」。クリーニング屋さんを使用しない分、おうちでYシャツやブラウスなども安上がりにすみます。ですが、アイロンといっても多くのメーカーが商品展開していて選ぶのが大変ですよね。この記事では、ガジェット・家電ライターとして長年家電をレビューしてきた、渡辺まりかさんに選び方やおすすめ商品についてうかがいました。


ガジェット・家電ライターおすすめ【簡易洗濯機5選】|汚れ物専用や2台目に

ガジェット・家電ライターおすすめ【簡易洗濯機5選】|汚れ物専用や2台目に

ちょっとだけの衣類や、洗濯機への汚れうつりが心配な洋服ってありますよね。かといって手動で洗うのもめんどう……。そんな方に最適なのが小さな洗濯機とも呼べる「簡易洗濯機」。さまざま種類があり、安価ながら洗浄力に強いモデルや、スピーディーに洗えるものまで幅広く商品展開されています。この記事では、ガジェット・家電ライターの渡辺まりかさんに、おすすめの商品や選び方をうかがいました。


ガジェット・家電ライターおすすめ【コードレスヘアアイロン6選】|外でも使える

ガジェット・家電ライターおすすめ【コードレスヘアアイロン6選】|外でも使える

コードレスタイプのヘアアイロンは各社が凝った商品を出す美容家電界の主戦場。持ち手を選ばないコードレスタイプは利便性が高く、旅行が多い方や髪が長い方から愛されています。そんなコードレスヘアアイロンは種類が多く、美容雑誌でもおすすめしている商品が異なります。ガジェット・家電ライターの渡辺まりかさんに、コードレスヘアアイロンのおすすめ商品をチョイスしてもらいました。最適なアイテムを選ぶ際に、参考にしてみてください。


【トレッキング用リュックおすすめ5選!】アウトドアライターに聞く|フィットする商品の選び方

【トレッキング用リュックおすすめ5選!】アウトドアライターに聞く|フィットする商品の選び方

アウトドアライターの夏野 栄さんに、トレッキング用リュックのおすすめ商品5選と選び方を教えてもらいました。山へ行くのに欠かすことができないアイテムといえば、まずはリュックですよね。疲れや身体への負担を軽くするためにも体型や目的に合ったものを使う必要がありますが、各ブランドから数多くのモデルが販売されていて選ぶのが難しいと感じている人も多いようです。そこで、アウトドアライターの夏野 栄さんにお話しをうかがい、トレッキング用リュックを選ぶポイントを解説していただきました。後半では各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひトレッキング用リュック選びの参考にしてください。


【アウトドアライターに聞く!】登山用のザックカバーおすすめ5選|軽量・防水

【アウトドアライターに聞く!】登山用のザックカバーおすすめ5選|軽量・防水

アウトドアライターの夏野 栄さんに登山用ザックカバーの選び方とおすすめの商品を教えていただきました。登山用のザックを購入するなら、あわせてそろえておきたいのがザックカバーです。山の天気は変わりやすいもの。ザックカバーは雨や雪はもちろん、ときにはホコリや砂からも大切な荷物を守ってくれます。後半では各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。備えあれば憂いなし。いざというとき頼りになる登山用ザックカバー選びの参考にしてください。


最新の記事


【グリーンアドバイザーに聞く】おすすめの鉢5選|ガーデニングをオシャレに楽しむ

【グリーンアドバイザーに聞く】おすすめの鉢5選|ガーデニングをオシャレに楽しむ

グリーンアドバイザーのふじ えりこさんに鉢のおすすめ5選と選び方を教えてもらいました。鉢は、コンテナ、ポットとも呼ばれ、サイズが大きいプランターなどもある意味で鉢と呼ばれます。鉢の大きな役割は、地植えではなく、土を入れ植物を人工的に管理できる環境を作ることにあります。そのため、鉢は管理をしやすくするためのものと、植物をより美しく魅せるためのものと大きくふたつにわかれ、用途を使い分けることも大切です。この記事では、さまざまな鉢の中から厳選した商品をご紹介します。ぜひ参考にしてください。


50代におすすめの化粧下地7選【ヘア&メイクアップアーティストが選ぶ】

50代におすすめの化粧下地7選【ヘア&メイクアップアーティストが選ぶ】

年齢を重ねて、本格的に肌の悩みが気になってくる50代。そんな気になる悩みには美容成分がたっぷり入ったものや補色効果で肌の色を明るく見せてくれるもの、乾燥を防いで毛穴の開きをカバーしてくれるものや、UV効果のあるものなどの化粧下地を選んでメイク時間を楽しみたいものです。そこで、本記事ではヘア&メイクアップアーティスト・渡辺みゆきさんへの取材をもとに、50代に適した化粧下地の選び方とおすすめ商品を紹介していきます。


メガネスタンドのおすすめ5選|暮らし専門ライターが解説します

メガネスタンドのおすすめ5選|暮らし専門ライターが解説します

大切なメガネ、掛けていない時はどこに置いていますか。「あれ? どこに置いたっけ?」とすっかり忘れて慌ててしまうこともあることでしょう。こんなときもメガネスタンドがあれば、メガネを探す手間も省けて、より毎日を快適に過ごせるはず。部屋の雰囲気やインテリアに調和するオシャレなものや、キャラクタータイプのかわいらしいものまで、現在ではさまざまなタイプが発売されています。そこでで、本記事では「使い勝手のよさ」にフォーカスして、おすすめのメガネスタンドをご紹介します! 「家事中年男子」&家事ライターの東海林ミノルさんへの取材をもとにメガネスタンドの選び方を解説するとともにおすすめ商品を紹介します。


【美容に使える!】ベビーパウダーのおすすめ6選|美容ライターに取材

【美容に使える!】ベビーパウダーのおすすめ6選|美容ライターに取材

汗や皮脂を吸収して、赤ちゃんの敏感な肌をサラサラに保ってくれるベビーパウダー。最近は赤ちゃんだけではなく、美容アイテムとして大人の女性からも人気を集めています。この記事では、美容ライターの田島えり子さんへの取材をもとに、美容アイテムとしてベビーパウダーを使いたい人向けに、その選び方とおすすめ商品6つをピックアップして紹介。さらに記事の最後では、通販サイトのベビーパウダーランキングも掲載しています。ぜひ商品選びの参考にしてくださいね。


【モンブラン万年筆】おすすめ商品6選! 文具のプロに聞く

【モンブラン万年筆】おすすめ商品6選! 文具のプロに聞く

フリーランスライターで文具に詳しい出雲義和さんに聞いた、モンブラン万年筆の選び方のポイントとおすすめ商品を紹介します。万年筆といえばモンブランという答えがかえってくるほど、モンブランは万年筆にあまり詳しくない人にも知られている有名なブランドです。そんなモンブランの万年筆は「マイスターシュテュックシリーズ」が代表的でしょう。ペン先の仕様やインク補充の方式など、注目すべきポイントはたくさんあります。本記事を参考に、お気に入りの品をみつけてくださいね。記事の最後には、通販サイトの万年筆ランキングも紹介しています。