ストリンガーおすすめ5選|釣りライターが選び方も解説!

ストリンガーおすすめ5選|釣りライターが選び方も解説!
キャンプ/釣りライター
中山 一弘

青年期に始めた釣り新聞への寄稿を始めとして、サイトAllAboutでのフィッシングガイドを務める。 ほかにも雑誌『Salty!(ソルティ)』やアウトドア系の雑誌やWeb媒体などでの執筆多数。 今も休日には必ず海山湖を駆けまわっている自然派で、あらゆるジャンルの釣りを体験し、季節に合わせて日本中の旬な魚を追っている。 キャンプ用品は、あえて払い下げのミリタリー系ギアで揃えるマニアな一面も。

魚を釣ったけど、クーラーボックスは車のなか。「まだ釣りがしたいけど魚はどうしよう……」などと悩んだことはありませんか? そんなとき、一定時間魚を活かしておくことができるストリンガーがあれば、悩みは不要。魚を泳がせつつ、すぐに釣りを再開できます。どんな製品がよいのか、釣りライターの中山一弘さんにうかがってみましょう。


ストリンガーとは

ストリンガーとは、自分が釣った魚を水中で生かす為アイテムです。ストリンガーのロープに、数種類のフックが付属されていて、釣った魚に絡みつくことで魚を死なせることなくキープできます。

釣りの最中でも、バケツを持ち歩いて釣った魚を保存する必要がないので手軽に釣りを楽しむことができます。価格帯も安価なのでぜひご覧ください。

ストリンガーの選び方とは?|釣りライターが紹介

釣りライターの中山一弘さんに、ストリンガーを選ぶときのポイントを教えてもらいました。

ロック方式で選ぶ

フックのロック方式は2つのタイプが多く採用されています。それぞれに特徴があるので自分が使用しやすい方法を選ぶようにしましょう。

上級者に【バネ式】

バネ式は大物の魚でもしっかりキープすることができ、水中で魚が暴れてもロックが外れることが少ないので非常に人気のタイプです。

一方で、ロックする際にバネを回転させる作業が必要となるのでスムーズに作業が出来ないと魚が弱ってしまうので扱いには注意が必要です。

初心者には【インナーロックスナップ式】

スナップ式はロック操作が容易で、はじめての人や初心者の方でも簡単に魚を固定することが可能なので人気のタイプです。

固定力はバネ式に劣りますが簡単にロックが可能なので釣った魚が弱まる前に水中で泳がせやすいおすすめのタイプです。

フックの大きさと形状で決める

キャンプ/釣りライター

ストリンガーは魚の下あごにフックを通して、釣りが終わって帰るまでの間活かしておくために使う道具です。その際、対象魚のサイズに合ったフックでないと、魚が早く弱るので注意です。

フックのサイズは、下あごの刺す場所にもよりますが、13~15cmぐらいのものであれば大抵の魚種に使えます。釣れる魚のサイズを考えてフックサイズを合わせましょう

手早く魚をキープするには?

キャンプ/釣りライター

フックを通したあと、きちんとフックを閉じないと魚は逃げてしまいます。ストリンガーを使った魚は弱るので、なるべく逃がさないでキープしたいものです

とはいえ、帰る直前まではなるべく健康でいてもらいたいので、手早くきちんとホールドできる機構が必要です。機構は大きくバネ式とロック式の2つがありますが、操作のしやすさは個人の感覚で違います。暴れる魚をぶら下げても、ホールドしやすいものを選びましょう。

ロープは絡みにくいものを!

キャンプ/釣りライター

ストリンガーのフックを通しておくロープがあまりに細かったり、やわらかすぎると水中で絡むことがあります。特に魚の数が増えるに従い、暴れる方向もバラバラになるので絡みやすくなります。

1匹だけならやわらかいロープでも問題ありませんが、複数の魚をキープするときには、フックが入る部分はなるべく張りがあるもののほうが、そうしたトラブルを減らすことができます

ストリンガーのおすすめ5選|釣りライターが選ぶ

上で紹介したストリンガーの選び方のポイントをふまえて、釣りライターの中山一弘さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ゴールデンミーン『GMストリンガー M』

ゴールデンミーン『GMストリンガーM』 ゴールデンミーン『GMストリンガーM』 ゴールデンミーン『GMストリンガーM』 ゴールデンミーン『GMストリンガーM』 ゴールデンミーン『GMストリンガーM』 ゴールデンミーン『GMストリンガーM』 ゴールデンミーン『GMストリンガーM』 ゴールデンミーン『GMストリンガーM』

出典:Amazon

フックサイズ 13cm
ロープ長さ(直径) 10m(1.5mm)
フック数 5本
スペアフックのオプション あり

Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

機能美を備えた使いやすさ満点のストリンガー

強化軽量ボディにロープ、スペアフックホルダー、カラビナが付いた高性能なストリンガーです。普段はタックルケースやベストに取り付けておき、キープ対象魚が釣れたらストリンガーを使う。いつも身に着けておけるので、いざというときに困らないのが魅力です。

また、釣り場でスペアフックのやり場に困ったりすることはよくありますが、この製品ならそんな心配は無用。キープしたい数だけホルダー部にスペアフックをぶら下げておくだけです。今までになかったタイプのストリンガーです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ベルモント『MP-092 ストリンガー130ロープ付セット5pcs』

ベルモント『MP-092ストリンガー130ロープ付セット5pcs』

出典:Amazon

フックサイズ 13cm
ロープ長さ(直径) 8m(-mm)
フック数 5本
スペアフックのオプション あり

Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

超定番で安心のストリンガー

ステンレス製のフック、張りがあって頑丈な8mロープ、ホールドしやすいバネ式機構など、まさにストリンガーとして理想的な製品です。これは13cmのタイプですが、10cm、15cmのタイプもあるので、対象魚に合わせて選べるのもポイントです。

必要な機能がすべて詰まっているにもかかわらずシンプルに使える、持っていて損のないおすすめストリンガーです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

釣武者『ワンタッチ ストリンガーセット』

釣武者『ワンタッチストリンガーセット』

出典:Amazon

フックサイズ -
ロープ長さ(直径) -
フック数 2本
スペアフックのオプション あり

Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

大物活かしの術を伝授

完璧にホールドできるブランチハンガーにワイヤー製のフック、さらにストリンガー手前にセットされたフロートなど、荒磯で大物をしっかりキープするノウハウをすべて注ぎ込んだストリンガーです。魚が沈みにくいので岩などに接触しづらく、魚体を傷つけずに守ります。

スペアフックも販売しているので、数釣りにも対応。タックルバッグに欠かせないアイテムです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

シマノ『ハンディーストリンガー3.0L (RP-212R)』

シマノ『ハンディーストリンガー3.0L(RP-212R)』

出典:Amazon

フックサイズ 10cm
ロープ長さ(直径) 約7.5m(約3mm)
フック数 3本
スペアフックのオプション あり

Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

コンパクト収納を極めたストリンガー

もともとストリンガーはコンパクトに収納できますが、この製品はさらにまとまりよく収納できるよう工夫されたアイテムです。フック形状は魚を扱いやすいように指が入りやすく、ロック機構も独自方式で外れにくいようになっているなど、随所(ずいしょ)に工夫が取り入れられています。

ロープ巻取り部にカラビナがあり、タックルやベストに取り付けられます。常に手元に置いておけるストリンガーです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

プロマリン『ATE200 ストリンガーセット』

プロマリン『ATE200ストリンガーセット』

出典:Amazon

フックサイズ -
ロープ長さ(直径) 2m(-mm)
フック数 8本
スペアフックのオプション -

Thumb lg 9e85a6da 7fe7 4063 b6de e73f47b48d34

キャンプ/釣りライター

コストパフォーマンス最高のストリンガー

インナーロック式のフックとロープだけのシンプルなセットですが、ストリンガーとしての機能は十分備わっています。これで実売価格が1,000円を切るのですからお得ですね。まずはストリンガーを試しに使ってみたい人や、予備として車に常備しておきたいというニーズにもぴったりです。

ただし、ロープが2mと若干短いので、足場の高い釣り場へ行く場合は予備のロープも持っていきましょうね。

「ストリンガー」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
ゴールデンミーン『GMストリンガー M』
ベルモント『MP-092 ストリンガー130ロープ付セット5pcs』
釣武者『ワンタッチ ストリンガーセット』
シマノ『ハンディーストリンガー3.0L (RP-212R)』
プロマリン『ATE200 ストリンガーセット』
商品名 ゴールデンミーン『GMストリンガー M』 ベルモント『MP-092 ストリンガー130ロープ付セット5pcs』 釣武者『ワンタッチ ストリンガーセット』 シマノ『ハンディーストリンガー3.0L (RP-212R)』 プロマリン『ATE200 ストリンガーセット』
商品情報
特徴 機能美を備えた使いやすさ満点のストリンガー 超定番で安心のストリンガー 大物活かしの術を伝授 コンパクト収納を極めたストリンガー コストパフォーマンス最高のストリンガー
フックサイズ 13cm 13cm - 10cm -
ロープ長さ(直径) 10m(1.5mm) 8m(-mm) - 約7.5m(約3mm) 2m(-mm)
フック数 5本 5本 2本 3本 8本
スペアフックのオプション あり あり あり あり -
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年12月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月12日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ストリンガーの売れ筋をチェック

Yahoo!ショッピングでのストリンガーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピング:ストリンガーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ストリンガーはキープする魚だけに使いましょう 釣りライターからのアドバイス!

キャンプ/釣りライター

ストリンガーは魚に大きなダメージを与えます。顎(あご)に穴をあけますし、ロープで魚体も傷つきます。ですから、ストリンガーに掛ける魚は持ち帰っておいしくいただけるものだけにしましょう

また、フックを掛ける際に鰓(えら)を通す人がいますが、それは誤りです。鰓とフックが直接触れれば魚は見る間に弱ります。ストリンガーは、短時間ではありますが魚を活かしておくための道具なので、正しく使うようにしてください。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/11/04  コンテンツ追加のため、記事を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 福本航大)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


タモのおすすめ13選|コンパクトタイプや折りたたみタイプも

タモのおすすめ13選|コンパクトタイプや折りたたみタイプも

タモは「玉網(たもあみ)」「タモ網」「ランディングネット」などさまざまな名前で呼ばれますが、共通していえるのは掛けた魚をすくうために使う道具だということです。加えて、名前のとおりさまざまな種類があるタモですが、どんな選び方、そして使い分けをすればよいのでしょうか。釣りライターの中山一弘さんに、タモの選び方のコツと代表的な製品を紹介してもらいました。また記事後半には、通販サイトの最新人気ランキングへのリンクもあるので売れ筋や評判・口コミなども確認してみましょう。


フィッシングプライヤーおすすめ10選|釣りスタイルにあった最強の1本を探す

フィッシングプライヤーおすすめ10選|釣りスタイルにあった最強の1本を探す

釣りをはじめたらまず購入したいアイテムのひとつが「フィッシングプライヤー」です。ライン切や針はずしなど、活用の幅が広いからこそ、商品選びは慎重に行いたいですよね。ダイワといった人気メーカーをはじめ、錆びないステンレスやアルミ、コスパ重視や多機能で高級など、種類はさまざまです。そこで本記事では、アウトドアライターの夏野 栄さんへの取材をもとに、フィッシングプライヤーの選び方とおすすめ商品をご紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


エギングラインのおすすめ10選!コスパ最強ラインの選び方【釣りライター厳選】

エギングラインのおすすめ10選!コスパ最強ラインの選び方【釣りライター厳選】

アオリイカをはじめ、イカやタコを狙う人気の釣り「エギング」。一度ハマれば奥深い面も見えてきますし、食べたら食通もうなるおいしい獲物が釣れるのですからたまりません。ハマり度120%の釣りですから、今でも入門者は増え続けています。しかし、PEとナイロン、太さや長さ、色など、種類が豊富で迷ってしまいますよね。そこで、エギングラインの選び方のコツとおすすめ商品を、釣りライターの中山一弘さんにうかがいました。リーダーとの結び方や通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


ショックリーダーのおすすめ7選!ナイロンとフロロカーボンの特徴、必要性を徹底解説

ショックリーダーのおすすめ7選!ナイロンとフロロカーボンの特徴、必要性を徹底解説

メインラインの先とルアーの間に結束することで、魚の歯や岩などで切れることを防ぐ「ショックリーダー」。PEラインのシーバス釣りなどにはとくに有効なアイテムです。人気のシマノをはじめ、太さや長さ、素材などさまざまな商品が販売されています。そこで、釣りライターの中山一弘さんに、ショックリーダーの選び方とおすすめの商品をうかがいました。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


【2020年】魚群探知機おすすめ5選|選び方を紹介! ホンデックス、シマノなど

【2020年】魚群探知機おすすめ5選|選び方を紹介! ホンデックス、シマノなど

魚群探知機は、音波の反射を利用して魚の群れや水底の様子を視覚化してくれる機器です。魚群探知機から得られる情報をうまく利用すれば、これまで以上に釣りを楽しめるようになるかもしれません。ここでは、釣りライターの中山一弘さんが選んだ魚群探知機のおすすめ商品と選び方をご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


新着記事


Amazonサイバーマンデー2020|ブラックフライデーから引き続き目玉商品を編集部が厳選紹介!

Amazonサイバーマンデー2020|ブラックフライデーから引き続き目玉商品を編集部が厳選紹介!

Amazonの3大セールのひとつ「サイバーマンデー」。ゲーム機、家電、日用品などを特価で購入できるイベントです。毎年趣向を凝らした限定商品や、目玉アイテムが展開!ブラックフライデーに出遅れたひとや、クリスマスプレゼントを探している人。まだ間に合います。数量限定のおすすめセール攻略法などを参考にしてみましょう。


【2020年】Amazonブラックフライデーの目玉商品33選|今年最後のBigSaleを編集部が厳選

【2020年】Amazonブラックフライデーの目玉商品33選|今年最後のBigSaleを編集部が厳選

2019年に続き2020年のAmazonの大規模セールAmazon Black Friday(ブラックフライデー)セール。今年はサイバーマンデーも同時期開催の運びとなり、5日間のロングセールとなります。攻略方法などの紹介に加え、事前に発表されているセール対象商品だけでなく、限定公開品をおすすめナビ編集部が厳選紹介していきます。


独自の漂白活性化剤配合!『ワイドハイター EXパワー』ニオイの原因菌を分解!? 検証レビュー

独自の漂白活性化剤配合!『ワイドハイター EXパワー』ニオイの原因菌を分解!? 検証レビュー

タオルの生乾きのニオイ対策や黄ばみの漂白としても使用されることが多い『ワイドハイター EXパワー』。独自の漂白活性化剤がプラスされているので、ワイドハイターよりも洗浄力がアップ! さらにニオイや黄ばみ対策に期待ができますね。お店や通販でも、さまざまな種類の漂白剤が並んでいるので、どの汚れにどの漂白剤を使用したらいいのか迷ってしまいますが、汚れ落ちの効果はもちろんのこと、やはり日常的に使いやすいのは、「入れるだけ」の手軽さではないでしょうか? ニオイの原因菌の増殖を抑えたり、食べこぼし汚れにも期待できる『ワイドハイター EXパワー』を使用した後に感じたことをご紹介します!


ユニ アルファゲルは疲れにくい&集中が続く! グリップのかたさのちがいも試して検証

ユニ アルファゲルは疲れにくい&集中が続く! グリップのかたさのちがいも試して検証

『ユニ アルファゲル』は、三菱鉛筆が販売する握りやすさを追求したシャーペンです。やわらかなゲルグリップは疲れにくく、たくさん文字を書くひとにはぴったりのアイテム。集中力維持にも効果が期待できます。今回は、『ユニ アルファゲル』を実際に試したレビューをご紹介していきます。3種類ラインナップされたグリップのかたさも、すべて試して使い心地を比較。『ユニ アルファゲル』に興味があるひとや、どのかたさのグリップにするか悩んでいるひとは、ぜひ記事を読んで購入の際の参考にしてくださいね。


セラミックナイフもOK!『ダイヤモンドロールシャープナー』簡単な動作で使える研ぎ心地を検証レビュー

セラミックナイフもOK!『ダイヤモンドロールシャープナー』簡単な動作で使える研ぎ心地を検証レビュー

『ダイヤモンドロールシャープナー』は、セラミックナイフOKの両刃用手動シャープナーで、とても簡単に包丁を研ぐことができます。刃を傷めないバネ構造を採用しており、包丁研ぎになれていない人にも安心の商品です。しかし、口コミをみると「切れるようにならない」「刃がかけた」など悪い評価もあります。評判を気にして購入をためらっている人もいそうですね。そこで、口コミが正しいのか、実際に購入して試してみました。包丁の切れ味は復活するのか、安全性に問題はないのか、見極めてください!


アウトドア・キャンプの人気記事


>>もっと見る