レーザー墨出し器おすすめ5選|屋内外兼用の商品も!

レーザー墨出し器おすすめ5選|屋内外兼用の商品も!
住まいづくりナビゲーター/一級建築士・インテリアコーディネーター
神村 さゆり

住宅メーカー、ゼネコン設計部、設計事務所等で約300棟の新築設計実績と女性としては希少な現場監督経験を生かしリフォーム物件も約70棟手がける。 住宅や暮らし方、環境整備をテーマに、これまで一般企業研修・公的機関・学校等にて講師としてこれまで述べ5000人以上を指導。 整理収納アドバイザー、ルームスタイリスト資格認定講師として600名余の資格者認定。二級建築士やインテリアコーディネーターの受験指導も行っている。 手描き図面やイラストでのプレゼンにも定評があり、多くの文具を試してきた。 趣味は手抜き。手抜きするための努力は惜しまない。 3人の子の母。A型・獅子座。

従来、垂直や水平ラインを出すことは、建築現場ではたいへん手間のかかる作業でした。水平器や下げ振りは慣れや技術が必要だったのです。これをかんたんにできるようにしたものがレーザー墨出し器です。レーザー墨出し器とは、一直線のレーザー光を壁や天井などに投影させてラインを出す機材です。ほとんどの製品はただ置くだけで自動的に垂直・水平ラインが出る構造のため、レーザーの調整方法や技術の必要なく誰でもかんたんに墨出しすることができるのが魅力でしょう。また、耐用年数も新しい商品が出る度に改良され、修理保証つきの商品も数多くあります。そこで、住まいづくりナビゲーター/一級建築士の神村さゆりさんにレーザー墨出し器の選び方とおすすめの商品をうかがいました。


レーザー墨出し器の選び方とは?|一級建築士が紹介

住まいづくりナビゲーター/一級建築士の神村さゆりさんに、レーザー墨出し器を選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。レーザー墨出し器を選ぶ際の参考にしてください。

模型と図面
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

レーザー墨出し器は建築などの現場で垂直・水平を出すときに大活躍します。

最適な照射ラインの数で選ぶ

住まいづくりナビゲーター/一級建築士・インテリアコーディネーター

照射するラインの数が多いほど便利ですが、高額になります。なかには垂直または水平ラインのみといったものもありますが、垂直・水平と地墨点(*1)の照射を備えているものがほとんどです。水平全周ラインを備えている機種は人気ですが、水平方向に回転できる機種であれば特別に必要というわけではありません。

大空間での作業の場合は大矩(*2)が取れる縦ライン3本以上の機種が理想です。天井の位置を正確に投影するためには天墨(*3)のある機種がおすすめです。

(*1)「地墨点(じずみてん)」とは、基準になる線のことで、X方向とY方向の地墨線が交わったポイントです。レーザー墨出し器では、本体の中心がどこにあるか一点照射される箇所を指します。

(*2)「大矩(おおがね)」とは、X方向とY方向の線が交わるところ。いわゆる90°の箇所です。

(*3)「天墨(てんずみ)」とは、そのままの位置で天井に当たるポイントを指します。

見やすいレーザー光の色で選ぶ

住まいづくりナビゲーター/一級建築士・インテリアコーディネーター

主なレーザー光は赤、もしくは緑です。同じような機種でも緑のほうが若干高額になります。緑色のほうが視認性がよいとのことですが、実際に使ってみて大きな違いは感じないでしょう。ただ、赤鉛筆でポイントチェックされている場合は赤レーザー光だとラインに隠れて見えなくなることもあります。

また、緑色のほうが目に優しい気がします。ほかにも、ドットラインなど見つけやすい工夫がされた機種もあります。ただし、晴天時に屋外での使用はどちらも見えなくなります。専用の受光器(音や光などでレーザー光を知らせるレシーバー)などでカバーする必要があります。また、高輝度レーザーという従来よりも明るいタイプもあります。

ヤマシン 『ドットエイリアン(RD-06)』

レーザー光には赤や緑が主流です。こちらの商品は、ドットラインが採用されているのが特徴。ドットラインは多少の凹凸や細かな模様があってもラインを見つけやすいので内装仕上げに適しています。

>> Amazonで詳細を見る

屋内外での使用に合わせて選ぶ

住まいづくりナビゲーター/一級建築士・インテリアコーディネーター

とくに屋外での使用は天候の不安定さがネックになります。急な雨や突風などに遭遇することもありますし、また粉塵、砂埃などもあり、どんなに気を付けていても思わぬアクシデントに見舞われることもあります。こんなときに安心できるのが国際基準の「IP54」です。

IP規格とはIP(International Protection)規格のことでIEC(国際電気標準会議)で防水・防塵の規格が定められています。防塵性規格は無保護の等級0から等級6まであり「5」は「機器の所定動作および安全性を阻害する量の塵埃は入らない」となります。

また、防水性規格は等級0から等級8まであり「4」は「水の飛まつ(あらゆる方向からの噴霧)に対して保護する」という試験に合格しなくてはなりません。

レーザー墨出し器のおすすめ5選|一級建築士が選ぶ

上で紹介したレーザー墨出し器の選び方のポイントをふまえて、住まいづくりナビゲーター/一級建築士の神村さゆりさんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。軽量&コンパクト設計で持ち運びに便利な商品も紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

FUKUDA(福田)『2ライン レーザー墨出し器(EK-153DP)』

FUKUDA(福田)『2ラインレーザー墨出し器(EK-153DP)』 FUKUDA(福田)『2ラインレーザー墨出し器(EK-153DP)』 FUKUDA(福田)『2ラインレーザー墨出し器(EK-153DP)』 FUKUDA(福田)『2ラインレーザー墨出し器(EK-153DP)』 FUKUDA(福田)『2ラインレーザー墨出し器(EK-153DP)』 FUKUDA(福田)『2ラインレーザー墨出し器(EK-153DP)』 FUKUDA(福田)『2ラインレーザー墨出し器(EK-153DP)』 FUKUDA(福田)『2ラインレーザー墨出し器(EK-153DP)』 FUKUDA(福田)『2ラインレーザー墨出し器(EK-153DP)』

出典:Amazon

照射ライン数 2
レーザーの色 レッド
本体サイズ 直径125×高さ175mm
重量 865g
電源 単3電池×3本、電源アダプター
Thumb lg df2280cc 0de0 46d1 8bdd e0d6273cf89d

住まいづくりナビゲーター/一級建築士・インテリアコーディネーター

とにかく安い。最低限の仕様でも十分に使用できる

垂直ラインと水平ライン、そして地墨ポイントとシンプルな構造です。高い精度を必要としない方におすすめです。とはいっても、棚の取付けなど、ひととおりの大工仕事にとくに問題があるわけではありません。必要な機能を備えていて1万円を切るコスパのよさは夢のようです。

はじめてレーザー墨出し器を使う方でも迷わず使えるシンプルな構造です。ポスターをまっすぐに貼りたい、フックを同じ高さに取付けしたいなど、日常のちょっとしたことにも気軽に使えます。どうしても不安が残る場合は、使用前に下げ振りと水平器で誤差を確認してから使うことをおすすめします。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

TJM Design(TJMデザイン)『ゼロジー TYZ』

TJMDesign(TJMデザイン)『ゼロジーTYZ』 TJMDesign(TJMデザイン)『ゼロジーTYZ』

出典:楽天市場

照射ライン数 1
レーザーの色 グリーン
本体サイズ 高さ174×幅112mm
重量 950g
電源 単3形アルカリ乾電池4本(単3形Ni-MH充電池も使用可)
Thumb lg df2280cc 0de0 46d1 8bdd e0d6273cf89d

住まいづくりナビゲーター/一級建築士・インテリアコーディネーター

垂直・水平・地墨のシンプル構造でグリーンレーザー

国内メーカータジマの製品です。鮮視度(明るさと見やすさを評価したもの)300のダイレクトグリーンレーザーで見やすさ抜群です。タジマはどこのメーカーよりメンテナンスに力をいれています。レーザー墨出し器には精度などの基準を規定する公的第三者機関はありません。メーカーが独自で基準を設け自社工場で測定しているわけです。

そのなかでもタジマは明確な基準を公表しています。ですから安心を購入するのなら断然タジマですね。一年間無償修理など安心のアフターサービスつきです。ただ、私の個人的な意見としては、価格も信頼性も一流のタジマを買うのなら最上位機種がおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Makita(マキタ)『充電式屋内・屋外兼用墨出し器(SK506GDZN)』

Makita(マキタ)『充電式屋内・屋外兼用墨出し器(SK506GDZN)』

出典:楽天市場

照射ライン数 フルライン
レーザーの色 グリーン
本体サイズ 直径101×高さ255mm
重量 1.9kg
電源 単4電池×4本
Thumb lg df2280cc 0de0 46d1 8bdd e0d6273cf89d

住まいづくりナビゲーター/一級建築士・インテリアコーディネーター

地墨合わせが自動でできるフルライン搭載機

単純に水平や垂直を見るだけでなく基準線を合わせるのは大変です。これを自動でやってくれる自動追尾装置がついています。地墨合わせの手間が省けるのです。細かな作業が苦手な方や近景が苦手な方(遠視・老眼等)のお助け機種になります。前方向だけでなく後方向まで伸びる垂直ライン、水平ラインといったフルライン搭載でこれ以上ないスペックです。

しかも明るい高輝度CXTレーザーのうえ、エコモードなど明るさも調整可能です。これは節電効果にもなりますね。節電といえば、電源も単三乾電池や家庭用電源のほか、リチウムイオンバッテリーにも対応しています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ムラテックDKS『ATL-23』

ムラテックDKS『ATL-23』 ムラテックDKS『ATL-23』 ムラテックDKS『ATL-23』 ムラテックDKS『ATL-23』 ムラテックDKS『ATL-23』

出典:Amazon

照射ライン数 2
レーザーの色 レッド
本体サイズ 100×98×160mm
重量 約0.8kg
電源 単3形アルカリ乾電池×3本
Thumb lg df2280cc 0de0 46d1 8bdd e0d6273cf89d

住まいづくりナビゲーター/一級建築士・インテリアコーディネーター

床を傷つけないゴムキャップを装備

スペックはいわゆる普通の垂直・水平・地墨点という基本形です。有名メーカーに比べて安価であるという以外におすすめする点をあげるとすれば、現場目線のモノ作りがあげられます。この製品は標準でゴムキャップがついています。これがなぜ安心かというと固い金属製の足と違って仕上げを傷つけないのです。

現場サイドでは仕上げを傷つけないよう気をつかっています。職人さんたちは脚立の足元にウエスを巻いたり、厚手の靴下を履いたりと誰に言われるわけでもなく自主的に対策しているのです。ちょっとしたことですが気遣いが嬉しいですね。現場を大事にする方におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

YAMASHIN(山真製鋸)『ドットエイリアン(RD-06)』

YAMASHIN(山真製鋸)『ドットエイリアン(RD-06)』 YAMASHIN(山真製鋸)『ドットエイリアン(RD-06)』 YAMASHIN(山真製鋸)『ドットエイリアン(RD-06)』 YAMASHIN(山真製鋸)『ドットエイリアン(RD-06)』 YAMASHIN(山真製鋸)『ドットエイリアン(RD-06)』

出典:Amazon

照射ライン数 フルライン
レーザーの色 レッド
本体サイズ 直径91 × 高さ185mm
重量 0.98kg
電源 単3アルカリ電池3本
Thumb lg df2280cc 0de0 46d1 8bdd e0d6273cf89d

住まいづくりナビゲーター/一級建築士・インテリアコーディネーター

ドットラインで見つけやすい。高スペックであるのに

ヤマシンは価格がお手頃で有名ですが、プロでも愛用者は多くいます。DIYで使用するのであれば不満はまったくありません。はじめてレーザー墨出し器を買う方にもおすすめです。また、これらの製品に愛称があるのも珍しいのですが、エイリアンという公式商品名がとにかく気になってしまいます。

フォルムを見るとなるほど、これは確かにエイリアンだと感心するでしょう。実力は申し分ないといえます。また、このシリーズはドットラインが採用されています。ドットラインは多少の凹凸や細かな模様があってもラインを見つけやすいので内装仕上げに適しているといえるでしょう。

「レーザー墨出し器」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
FUKUDA(福田)『2ライン レーザー墨出し器(EK-153DP)』
TJM Design(TJMデザイン)『ゼロジー TYZ』
Makita(マキタ)『充電式屋内・屋外兼用墨出し器(SK506GDZN)』
ムラテックDKS『ATL-23』
YAMASHIN(山真製鋸)『ドットエイリアン(RD-06)』
商品名 FUKUDA(福田)『2ライン レーザー墨出し器(EK-153DP)』 TJM Design(TJMデザイン)『ゼロジー TYZ』 Makita(マキタ)『充電式屋内・屋外兼用墨出し器(SK506GDZN)』 ムラテックDKS『ATL-23』 YAMASHIN(山真製鋸)『ドットエイリアン(RD-06)』
商品情報
特徴 とにかく安い。最低限の仕様でも十分に使用できる 垂直・水平・地墨のシンプル構造でグリーンレーザー 地墨合わせが自動でできるフルライン搭載機 床を傷つけないゴムキャップを装備 ドットラインで見つけやすい。高スペックであるのに
照射ライン数 2 1 フルライン 2 フルライン
レーザーの色 レッド グリーン グリーン レッド レッド
本体サイズ 直径125×高さ175mm 高さ174×幅112mm 直径101×高さ255mm 100×98×160mm 直径91 × 高さ185mm
重量 865g 950g 1.9kg 約0.8kg 0.98kg
電源 単3電池×3本、電源アダプター 単3形アルカリ乾電池4本(単3形Ni-MH充電池も使用可) 単4電池×4本 単3形アルカリ乾電池×3本 単3アルカリ電池3本
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年12月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月17日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする レーザー墨出し器の売れ筋をチェック

楽天市場、Yahoo!ショッピングでのレーザー墨出し器の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

楽天市場:墨出し器ランキング
Yahoo!ショッピング:レーザー墨出し器・レーザーレベルランキング
Yahoo!ショッピング:墨出し器、レーザー墨出し器ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

使用目的に合わせた機能を選ぶことが大切

住まいづくりナビゲーター/一級建築士・インテリアコーディネーター

使用する目的に合ったものを選びましょう。多くの機能がついているからといって高クラスのものを購入してしまうと重くなったり、取り扱いが複雑になったり、いいことはありません。プロの職人さんには用途に応じて複数のレーザー墨出し器を所有し、使い分けている人も珍しくありません。尚、レーザー墨出し器は正式に認証された測定器ではなく、補助機器であることも付け加えておきます。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:ヨッシー、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/12/17 コンテンツ追加のため、記事を更新しました。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部 平野慎也)

※2020/04/16 タイトル変更のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 水貝英斗)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


花粉対策メガネのおすすめ商品12選|紫外線カット・曇り止めなど

花粉対策メガネのおすすめ商品12選|紫外線カット・曇り止めなど

花粉が飛ぶシーズンになると悩まされるのが花粉性結膜炎。ゴロゴロとした不快な異物感も症状のひとつです。本記事では、花粉対策に役立つメガネの選び方をご紹介します。医療ライターの宮座美帆さんからのアドバイスと編集部が選んだおすすめ商品12選もチェックしていきましょう。


アクセサリー接着剤のおすすめ商品9選|液の種類・接着時間で選ぶ

アクセサリー接着剤のおすすめ商品9選|液の種類・接着時間で選ぶ

アクセサリー接着剤には1液タイプと2液タイプがあり、用途によって使い分ける必要があります。それ以外にも、固定までにかかる時間や固定したあとの色の変化など商品による違いも。そこで、購入するときに役立つアクセサリー接着剤の選び方とともに、インテリアコーディネーター・神村さゆりさんと編集部が選んだおすすめの9選をご紹介します。


テスターのおすすめ12選|デジタル式? アナログ式? 用途に合った商品をご紹介

テスターのおすすめ12選|デジタル式? アナログ式? 用途に合った商品をご紹介

この記事では、DIYクリエイターの網田真希さんにお話をうかがい、テスターの選び方とおすすめ商品12選をご紹介します。通電や電圧、電流や抵抗を調べるために使われるテスターですが、アナログやデジタルなど、アイテムによって使い勝手が異なります。サイズや種類も豊富ですから、しっかりと選び方を把握しておく必要があるでしょう。ぜひこの記事を参考にして、使いやすいテスターを選んでくださいね。


【騒音計】おすすめ11選│精度・測定範囲・機能について解説!

【騒音計】おすすめ11選│精度・測定範囲・機能について解説!

音の大きさを数値化して測定してくれる「騒音計」。オフィスや自宅まわりで、工事などの騒音に悩まされている場合などに役立つでしょう。そこで、DIYクリエイターの網田真希さんと編集部が厳選した商品11選をご紹介します。あわせて、騒音計のタイプや機能についても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


DIYブロアーおすすめ11選│充電・電源・エンジン式など種類や機能で選ぶ

DIYブロアーおすすめ11選│充電・電源・エンジン式など種類や機能で選ぶ

DIYブロアーは庭の落ち葉清掃やDIYなどに便利なアイテム。木工で出た木くずや金属のカスも、空気の力でパワフルに吹き飛ばしラクに掃除できます。そこで、DIYクリエイターの網田真希さんと編集部が選ぶDIYブロアーのおすすめ商品11選をご紹介します。選び方のポイントも解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


関連するブランド・メーカー


Makita(マキタ) TJM Design(TJMデザイン)

新着記事


司法書士事務所のおすすめ11選|債務整理の費用からそれ以外の相談まで

司法書士事務所のおすすめ11選|債務整理の費用からそれ以外の相談まで

最近は実にたくさんの法律事務所が、過払い金請求のCMなどで宣伝をしています。しかし債務整理の相談はデリケートな問題であり、周囲に知られたくないという方もいるでしょう。また、CMなどで有名なところよりも、さらに実績があって信頼できる司法書士事務所もたくさんあります。そこで本記事では、司法書士事務所のおすすめ11選をFP2級技能士の逆瀬川勇造さんの解説とともにご紹介します。債務整理以外の相談ができるところもありますので、ぜひ参考にしてくださいね。


クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

アッセンダーは登高器とも呼ばれるクライミング時に使用するギア。ロープ上に固定し、クライミングを効率よくするものです。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめの商品を紹介します。サイズ・重量・右手用と左手用など、クライミング用アッセンダーの選び方についても解説していますので、ぜひ参考にしてください。


火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたん【電動・手動も】

火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたん【電動・手動も】

キャンプやバーベキューで炭を使って火を起こすとき、うちわであおいでいると時間がかかりますが、火起こし送風機を使えば、効率よく炭に風を送り、かんたんに火を起こすとができます。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだ、電動式と手動式それぞれのおすすめ商品をご紹介します。効率よく火を起こして、バーベキューやたき火を快適に楽しみましょう!


菜切り包丁おすすめ12選|切れ味、ステンレス製で調理効率があがる【お手入れ方法も】

菜切り包丁おすすめ12選|切れ味、ステンレス製で調理効率があがる【お手入れ方法も】

野菜を刻んだり切ったりするときに大活躍する「菜切り包丁」。しかし菜切り包丁といっても素材・大きさがさまざまで、なにを選べばいいか悩んでしまいますよね。この記事では、フードコーディネーターの加治佐由香里さんと編集部が、菜切り包丁の選び方と厳選したおすすめの12商品をご紹介します。


2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

ギターとアンプをシールドを使わずに接続できる機材がギターワイヤレスシステム。それぞれ、チャンネル数、使用周波数帯、通信可能範囲などが異な音楽機材です。そこで、 ピアノ講師/元大手楽器メーカー勤務・山野辺祥子さんと編集部で、ギターワイヤレスシステムを選ぶときのポイントと、おすすめ商品12選をご紹介します。


人気の記事


>>総合ランキングを見る