メンズデニムジャケットおすすめ2選【リーバイス、リー、ラングラーほか】おしゃれな人気ブランドも

LEVI'S(リーバイス)『VINTAGE CLOTHING 1936モデル TYPE1 ファーストトラッカージャケット』
出典:Amazon

着回しやすく1枚持っていると便利なメンズデニムジャケット。カジュアルアイテムの定番ですが、デザインやポケットなどのディテール、加工の度合いによってイメージが大きく異なります。ステキに着こなすために、どのようなジャケットを選びどのように合わせるか悩むところ。この記事では[着こなし工学]提唱者の平 格彦さんへの取材をもとに、メンズデニムジャケットの選び方とおすすめ商品を紹介します。記事後半には、比較一覧表、通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


目次

ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者
平 格彦

メンズファッションがメインのライター/編集者/コラムニスト。 AllAbout「メンズファッション」ガイド。[着こなし工学]提唱者。 また、メンサ (JAPAN MENSA) 会員。野菜ソムリエの資格も保有。 出版社から独立後、計60近くのメディアに関わり、客観的、横断的、俯瞰的なファッション分析を得意とする。そんな視点を活かした[着こなし工学]を構築中。 最近の「マイナビおすすめナビ」の記事においては、商品選びのアドバイスなど、監修者として携わる。

「メンズデニムジャケット」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
LEVI'S(リーバイス)『VINTAGE CLOTHING 1936モデル TYPE1 ファーストトラッカージャケット』
Wrangler(ラングラー)『11MJZ デニムジャケット』
商品名 LEVI'S(リーバイス)『VINTAGE CLOTHING 1936モデル TYPE1 ファーストトラッカージャケット』 Wrangler(ラングラー)『11MJZ デニムジャケット』
商品情報
特徴 クラシックでシンプルなフォルムが新鮮 ジップアップ式で開け閉めがラクチン
素材 ジャケット:綿100%、パッチ:牛革 綿100%
サイズ S、M、L XS、S、M、L、XL
カラー Rigid インディゴブルー、中色ブルー
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年6月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月14日時点 での税込価格

デニムジャケットの型と種類 1st・2nd・3rdの各モデルタイプの違いを確認

デニムジャケットは歴史とともに、1st・2nd・3rd(4th)の代表的な型があります。まずはそれぞれの型の違いや特徴を知っておきましょう。

1st|ファーストモデルタイプ ワークウェアとしての機能を重視

 

1st(ファーストモデル)は、ワークウェアとしての機能が重視されている形であり、着丈は短くてややルーズなシルエットです。

プリーテッドブラウスと呼ばれるゆえんとなったフロントプリーツと、左胸のみに設けられたフラップポケットとパッチが特徴的。また、背面のウエスト部分に、シンチバックと呼ばれるベルトが付いています。

2nd|セカンドモデルタイプ シンメトリーなデザインを採用

 

2nd(セカンド)はファーストの基本設計は踏襲しながら、パッチとフラップポケットを両胸に配置したシンメトリーなデザインを採用しているのが特徴的です。

さらにシンチバックをサイドアジャスターへ変更したことで、より機能的なワークウェアへと進化しています。ファーストよりもデザイン性が高くなっているので、スマートに着こなすことができます。

3rd(4th)|サードモデルタイプ ワークウェアからファッションアイテムへと進化

 

デニムジャケットも、若者のあいだでファッションアイテムとして楽しまれるようになってきたころに、3rd(サード)が登場しました。ワークウェアからファッションアイテムへと進化させるために、大きなモデルチェンジに着手。見た目で大きく変わった点は、胸ポケットから裾にかけて入ったV字シームです。

そして、見た目はあまり3rdとは変わりませんが、よりファッションとして着こなしやすくなったのが4thです。

メンズデニムジャケット2選 人気のリーバイスのほか、大人の着こなしができる!

[着こなし工学]提唱者の平 格彦さんが選んだおすすめ商品を紹介します。

LEVI'S(リーバイス)『VINTAGE CLOTHING 1936モデル TYPE1 ファーストトラッカージャケット』

[リーバイス]ビンテージクロージングVINTAGECLOTHING506506XX705061936モデルTYPE11stファーストトラッカージャケットGジャンリジッドセルビッジメンズ未洗い705060024M(40日本サイズL)リジッド [リーバイス]ビンテージクロージングVINTAGECLOTHING506506XX705061936モデルTYPE11stファーストトラッカージャケットGジャンリジッドセルビッジメンズ未洗い705060024M(40日本サイズL)リジッド [リーバイス]ビンテージクロージングVINTAGECLOTHING506506XX705061936モデルTYPE11stファーストトラッカージャケットGジャンリジッドセルビッジメンズ未洗い705060024M(40日本サイズL)リジッド [リーバイス]ビンテージクロージングVINTAGECLOTHING506506XX705061936モデルTYPE11stファーストトラッカージャケットGジャンリジッドセルビッジメンズ未洗い705060024M(40日本サイズL)リジッド [リーバイス]ビンテージクロージングVINTAGECLOTHING506506XX705061936モデルTYPE11stファーストトラッカージャケットGジャンリジッドセルビッジメンズ未洗い705060024M(40日本サイズL)リジッド [リーバイス]ビンテージクロージングVINTAGECLOTHING506506XX705061936モデルTYPE11stファーストトラッカージャケットGジャンリジッドセルビッジメンズ未洗い705060024M(40日本サイズL)リジッド [リーバイス]ビンテージクロージングVINTAGECLOTHING506506XX705061936モデルTYPE11stファーストトラッカージャケットGジャンリジッドセルビッジメンズ未洗い705060024M(40日本サイズL)リジッド [リーバイス]ビンテージクロージングVINTAGECLOTHING506506XX705061936モデルTYPE11stファーストトラッカージャケットGジャンリジッドセルビッジメンズ未洗い705060024M(40日本サイズL)リジッド

出典:Amazon

ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者

クラシックでシンプルなフォルムが新鮮

デニムジャケットの元祖となるTYPEⅠ。左胸にフラップポケットがひとつだけセットされているデザインが特徴的です。非常にシンプルな表情ですが、それがかえって新鮮。クラシックなムードが好きな人にはおすすめのデニムジャケットです。

ボックス型のシルエットにも注目。リラックスできるフォルムは今のトレンドともマッチしています。インナー使いも視野に入れ、大きすぎないサイズを選ぶのが賢明です。

Wrangler(ラングラー)『11MJZ デニムジャケット』

WRANGLER(ラングラー)LEFTHANDSTORY11MJZDENIMJACKET(レフトハンドストーリーデニムジャケット)ONEWASH(ワンウォッシュ)WM1620-300 WRANGLER(ラングラー)LEFTHANDSTORY11MJZDENIMJACKET(レフトハンドストーリーデニムジャケット)ONEWASH(ワンウォッシュ)WM1620-300 WRANGLER(ラングラー)LEFTHANDSTORY11MJZDENIMJACKET(レフトハンドストーリーデニムジャケット)ONEWASH(ワンウォッシュ)WM1620-300

出典:楽天市場

ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者

ジップアップ式で開け閉めがラクチン

名作として覚えておきたいもうひとつのデニムジャケットが、Wrangler(ラングラー)の「11MJZ デニムジャケット」です。モデル名の最後の「Z」は「Zip-up(ジップアップ)」仕様をあらわしています。フロントがボタンではなく、ジッパーなので開け閉めがラクチン。

斜めのセットアップポケットも独創的。さらに、ポケットに施された、Wrangler(ラングラー)の頭文字である「W」型のステッチが個性的で目を引きます。名作でありながらほかとは一線を画するデザインで、デニムジャケットにこだわりを持ちはじめた方のおメガネにもかなうはずです。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする メンズデニムジャケットの売れ筋をチェック

楽天市場、Yahoo!ショッピングでのメンズデニムジャケットの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

楽天市場:Gジャン/デニムジャケットランキング
Yahoo!ショッピング:メンズGジャン、デニムジャケットランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

メンズデニムジャケットの選び方 定番、ジャストサイズ、ストレッチ素材、カラーや色落ちなど

[着こなし工学]提唱者の平 格彦さんに、メンズデニムジャケットを選ぶときのポイントを教えてもらいました。

デニムを着る若者
Pixabayのロゴ

定番タイプのデニムジャケットを選ぶ 着回しやすい、コーディネートしやすい

ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者

デニムジャケットは着回しやすいのが大きな魅力。合わせるアイテムを選ばないデニム生地を用いているため、いろいろなコーディネートが楽しめます。

定番なフォルムのデニムジャケットを選ぶと、もともとのファッションの個性も活かせるのでおすすめ。スタンダードなデザインはもちろん、デニム生地1枚で仕立てているタイプのものがいいでしょう。1枚仕立ての仕様は、裏地がないため薄手のつくりになります。重ね着がしやすく、着こなしのバリエーションが増えますよ。

インナーとしても使えるジャストサイズを選ぶ ビッグシルエットが人気ではあるものの

 

ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者

最近はビッグシルエットのアウターが人気を集めています。ただし、デニムジャケットに限ってはジャストサイズを。インナーとしても着用しやすいからです。

オーバーサイズなアウターのインナーとしてデニムジャケットを合わせれば、内側からチラッと覗くデニムがおしゃれなスタイリングの完成。軽めのアウターとしてだけでなく、インナーとしても着回せると、コーディネートの幅がひじょうに広がります。インナー使いを視野に入れたセレクトでおしゃれを追求していきましょう。

ストレッチ素材のものを選ぶ 動きやすさと性質に注目!

デニムジャケット

Photo by kemal alkan on Unsplash

ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者

本来、デニム生地は綿(コットン)100%ですが、最近はポリウレタンを混紡するなどして伸縮性の備わったストレッチデニムも増えています。動きやすさを優先したい方は、ストレッチデニムを選ぶとストレスなく着こなしを楽しめるはず。

伸縮性が高いほど耐久性が低くなる傾向にありますが、最近はそのバランスを調整した生地が増えています。仮に生地がヘタってしまっても、デニムならそれが味となってファッションを引き立たせてくれます。そのため、とくにこだわりがない方にもストレッチデニムはおすすめです。

デニムジャケットのカラーや色落ちで選ぶ リジッド、ワンウォッシュ、ストーンウォッシュなどのタイプも

 

デニムジャケットは、カラーによってコーディネートの印象が大きく変わります。定番色はブラックやブルーですが、ふだんの自分のファッションにあわせて取り入れやすいものを選びましょう。

デニムらしいものを好むのであれば定番のインディゴブルー、カジュアルに着こなしたいのであればライトブルーを選べばサッと着こなせます。また、おしゃれで都会的なイメージを与えるブラックは、きれいめのアイテムと合わせやすいのがポイントです。

過度なダメージ加工などは避けたほうがよい 着回しが難しいデニムジャケットは?

デニムジャケットのなかには、ダメージ加工されたものや色落ちされているものもあります。しかし、過度なダメージ加工や色落ちは、相手にラフすぎる印象を与えがちに。コーディネートを選ぶデザインですので、着回しが難しいかもしれません。

ふだん使いできるデニムジャケットを探したいという方は、色落ちも控えめでシンプルなデザインのものを選びましょう。

年代ごとに選ぶ基準が変わる デニムジャケットは定番アイテム

 

デニムジャケットは定番のアイテム。若い世代から高齢者までかっこよく着こなせます。

30代、40代、50代と年代ごとにデニムジャケットの購入基準が変わってることもあります。若者はハイブランドのおしゃれなデザインなどの見た目を意識します。年を重ねると色落ちなどの経年変化に拘りをもつ方も増えてきます。

デニムジャケットは永遠の定番アイテム。そのときの自分の価値観に合ったデニムジャケットを楽しむという考え方もいいかもしれませんね。

デニムジャケットのおすすめメンズコーデ術 理想のコーデに一歩近づく!

デニムジャケットにもさまざまなデザインや型があります。理想のコーデに近づけるためには、デニムジャケットと合わせるアイテムも重要になってきます。ここからは、失敗しないデニムジャケットコーデを紹介します。

定番!パーカーをインしたカジュアルコーデ

デニムジャケットコーデ

Photo by Nathan Dumlao on Unsplash

淡いブルーのデニムジャケットに黒のパーカーを合わせた定番コーデです。淡いブルーを際立たせるために全体をシックなブラックでまとめてあるので、少年感が出過ぎず、大人なカジュアルコーデになっています。少し短めのサコッシュ(バッグ)を合わせることで全体的なバランスもいいですよね。

デニムジャケットが少しワイドなので、パンツをタイトなスキニーで合わせているのでダボッとした感じもなく全体を引き締めてくれています。

濃紺でデニムジャケットでキレイめコーデ

 

濃紺のデニムジャケットの下には白のシャツを合わせることで、デニムの無骨さをおさえてくれて、品のあるキレイめコーデにしてくれます。ボトムスにジャケットと同系色のデニムをもってくることで、ワンランク上のおしゃれを楽しめます。

デニムオンデニムはなかなかハードルが高いということであれば、ボトムスにベージュの落ち着いたチノパンなどを持ってきてもいいでしょう。キレイめコーデの場合は同系の色味や無地のものを持ってくる方がよいでしょう。

定番のデザインを知ると見るべきポイントがわかる [着こなし工学]提唱者からのアドバイス

ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者

リーバイス、リー、ラングラーをチェック

今回は定番中の定番ともいえる名作や、名作をベースにしたおすすめ品をピックアップしました。基本のデザインを知ることで、こまかい違いやアレンジされたポイントが明確になります。ディテールを把握することで好みのデザインもわかってくるため、デニムジャケットを選ぶのが楽しくなるはずです。

ここで紹介した、リーバイスのⅢ型だけでも特徴をインプットしましょう。余裕があればリーとラングラーもチェックしてみてください。ネットで検索してもほしいものが見つけられない場合は、「デニムジャケット」だけでなく「ジージャン」「Gジャン」「トラッカージャケット」など多角的に調べてみましょう。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

朝食はプロテイン、身体を動かすことが好きな40代。テニス、フットサル、ジョギング、近年は空手を少々。kindleでの読書を日課にしているほか、Apple製品、カメラやレンズ系、ガジェット商品にも飛びつきがち。

関連する記事


アウトドアブランド発!おしゃれで動きやすいアウター特集

アウトドアブランド発!おしゃれで動きやすいアウター特集

ノースフェイスやコロンビア、パタゴニアなど人気アウトドアブランドのアウターを特集!デザイン性だけでなく機能性も高いので、冬本番に向けて持っておきたいところ。流行りのキャンプや年末年始のレジャーにも大活躍しますよ。

tag icon メンズアウター , レディースアウター , ZOZOTOWN

冬キャン・アウトドアで活躍必須!コロンビアのあったかアウター

冬キャン・アウトドアで活躍必須!コロンビアのあったかアウター

冬キャンプや寒い時期でのアウトドアには防寒対策が必須ですよね。動き回ることが少ない釣りなんかも同様。そこで、この記事では、キャンプ用品やスキーウェアなど、幅広いスポーツウェアを展開する「Columbia(コロンビア)」のアウターを中心に紹介します。

tag icon メンズアウター , レディースアウター , ZOZOTOWN

冬でも細身のライダース!カジュアルコーデで大人かっこいい

冬でも細身のライダース!カジュアルコーデで大人かっこいい

細身のシルエットを演出してくれるシングルライダース。男女ともに人気のアイテムで、1着持っておくとファッションの幅が広がりますよね。ただ、薄手のものほど冬には敬遠しがちですが、もともとレザーは防寒性や保温性にすぐれている素材です。そこでこの記事では、冬でも大人かっこよく着こなしたいライダースのカジュアルコーデを紹介します。

tag icon メンズアウター , ZOZOTOWN , メンズジャケット・アウター

冬アウターの新定番|軽くて暖かいフリースジャケット

冬アウターの新定番|軽くて暖かいフリースジャケット

ファストファッションブランドやアウトドアブランドがこぞって新作を発表するフリース素材のアウター。飽きずに長く着られる定番ブランドの商品を中心にご紹介します。

tag icon メンズアウター , ZOZOTOWN , メンズジャケット・アウター

メンズ用マウンテンパーカーおすすめ7選|高機能でファッション性も抜群!

メンズ用マウンテンパーカーおすすめ7選|高機能でファッション性も抜群!

アウトドアでの高い実用性を持ちながら、ふだんのファッションとしても着こなしを楽しめるマウンテンパーカー。もともとは登山用でしたが、今ではシンプルでおしゃれな街着としても定着しています。この記事では[着こなし工学]提唱者の平 格彦さんへの取材をもとに、カジュアルで機能性に富むマウンテンパーカーの選び方と、おすすめの商品をご紹介いたします。通販サイトの最新人気ランキングへのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。

tag icon メンズアウター , メンズジャケット・アウター , メンズファッション

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。