PR(アフィリエイト)

中華スマートウォッチおすすめ10選|高コスパのアイテムを多数紹介!

HUAWEI Band 8 スマートウォッチ フルビューディスプレイ1.47インチ 2週間持続バッテリー 高精度睡眠測定 ミッドナイトブラック
出典:Amazon
HUAWEI Band 8 スマートウォッチ フルビューディスプレイ1.47インチ 2週間持続バッテリー 高精度睡眠測定 ミッドナイトブラック
出典:Amazon

◆本記事はプロモーションが含まれています。

コスパに優れる上に機能も豊富で使い勝手がとても良い中華スマートウォッチ。FitbitやAppleWatchと比べても遜色のないライフログ機能や電子決済機能を持っているものもあります。しかし、とにかく種類が多く機能もたくさんあるため、何を基準に選べば良いかいまいち分かりづらいですよね。

この記事では中華スマートウォッチの選び方と、HUAWEIやXaiomiなど人気メーカーのおすすめ商品を紹介します

後半には、比較一覧表や通販サイトの最新人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


この記事を担当するエキスパート

プロの家電販売員 兼 家電・ITライター
たろっさ
家電量販店、家電情報ブログ「家電損をしない買い方をプロの販売員が教えます」を運営するプロの現役家電販売員。 学生時代から家電に対する並々ならぬ興味を持ち、アルバイトを経てそのまま家電量販店の道へと進んで15年弱。 個人で年間2億円を売り上げ、数々の法人内コンテスト等で表彰された経験を持っています。 家電アドバイザーの資格を有し、家電と名の付く物全てに精通しています。家電で分からないことはありません。 現在は家電ライターの業務も通して「全ての人が平等に良い家電に巡り会える機会の提供」に尽力しています。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:家電・AV機器、PC・スマホ・カメラ
福本 航大

「家電・オーディオ」「パソコン・スマホ」「カメラ・ビデオカメラ」を担当。シンプルでミニマルなガジェットには目がなく、つい散財してしまう。とくに、白無地のガジェットが大好物。ひそかに、折りたたみ式のスマートフォンへの乗り換えを計画中。

中華スマートウォッチの特徴は?

 

中華スマートウォッチの性能はとにかく価格が安いという点。AppleWatchなどの通常であれば数万円するような製品でも、似たような性能で1万円以下というものも珍しくありません。それでいて多機能かつ使いやすいというものも多いため、気軽に購入することができます。

また、コスパの良さを活かしてその日のファッションや気分によっていくつかのものを付け替えるといった使い方もできるので、オシャレの幅も広がりますよ。

中華スマートウォッチの選び方

それでは早速中華スマートウォッチの選び方を見ていきましょう。ポイントは下記。

【1】使用シーン
【2】対応OS
【3】日本語対応かどうか
【4】アクティビティ向け機能の有無

上記のポイントをおさえることで、よりほしい商品をみつけることができます。一つひとつ解説していきます。

使用シーンにあわせて選ぶ

主に使用する場面や環境によっておすすめできる中華スマートウォッチは変わります。ここでは代表的な2種類を紹介します。

腕時計タイプ|ビジネスシーンに!

 

一見すると普通の腕時計に見えるようなタイプは普段使いからビジネスシーンまで幅広く使用することができます。文字盤のデザインなども自分で変更することができるものが多いので、普段は通常のアナログ時計の文字盤、プライベートでは家族の写真を用いた文字盤など、使い分けをすることが可能。

また、電子決済機能が付いていればコンビニなどでの買い物でいちいちスマホを取り出すことなくスマートに会計を済ますことができるのもポイントです。

リストバンドタイプ|運動時・アウトドアシーンに!

 

リストバンド型は腕時計型に比べて小さく、運動やアウトドアのシーンでも邪魔にならないような設計になっているのが特徴です。ヘルスチェックやライフログの測定、優れた防水防塵性能などで健康的な生活をサポートしてくれます。電子決済機能などは付いていないものが多いですが、筐体が小さいのでバッテリーが長持ちするなどの利点があります。

対応OSで選ぶ

 

中華スマートウォッチは基本的にAndroidOSに対応しているものが多数です。なのでiPhone以外の通常のスマホを使用している方であればほとんど対応OSを気にすることなく使用できます。

しかし、iPhoneを使用している方は機器がiOSに対応しているかどうかが重要になるため、事前に確認が必要です。iOS対応の製品は中華スマートウォッチと言えども若干高価な傾向にあるので注意しましょう。

日本語に対応したモデルを選ぶ

 

有名メーカーのスマートウォッチであればどの国のメーカーであってもあまり気にする必要はありませんが、中華スマートウォッチの中には中国語と英語にしか対応していないものなどもあります。その場合は当然説明書も日本語表記されていないため、使用するだけで苦労することも。しっかりと日本語に対応したものを選んだほうが分かりやすいでしょう。

ただし、安い中華スマートウォッチは日本語対応と謳っているにも関わらず使用言語に無いと言ったこともあります。口コミなどを確認し、使用するようにしましょう。

アクティブ向けの機能もチェック

アウトドアやスポーツが趣味の場合は対応する機能が付いているかどうかを事前に確認していきましょう。

ランニングやジムには、ヘルスケア・GPS機能が便利!

 

ジムやランニング、趣味のスポーツサークルなどで使用したい場合、ヘルスケア機能やスポーツモードがついているかどうかを確認しましょう。スポーツモードは振動の仕方からどういった運動やスポーツを行っているかを自動で判別し、それに沿った目標指標などのガイドを行う機能です。これが付いていると効率的に運動を行うことができるため、シェイプアップや健康促進に効果をもたらします。

また、GPS機能が付いていると登山やキャンプなどのアクティビティで万が一方角がわからなくなった場合などに重宝します。専用のGPS機などよりも精度は落ちますが、いざというときのために備えておくと良いでしょう。

防水機能搭載は、マリンスポーツも安心!

 

スマートウォッチは屋内だけでなく、屋外でも使用するという方がほとんどです。雨の中のランニングや、趣味でのマリンスポーツなどを楽しむ方はスマートウォッチの防水防塵規格をチェックしましょう。「IP◯△」という表記がされており、◯が防塵規格、△が防水規格を表しています。「IPX6」であれば防塵規格はとくになし、防水規格が6等級という点を示しています。砂浜やプールで使用するのであれば「IP68」のものを選ぶのが良いでしょう。

また、最近は『3気圧』や『5ATM』といった表記も増えてきています。これも防水の等級で1気圧ごとに水深10mの水圧まで対応できるという意味を表しているため、『5気圧』であれば水深50mまでの水圧に耐えることが出来るという意味になります。

ただし、防水防塵はあくまでも目安です。お湯や入浴剤が入っている湯船などがあるお風呂ではその限りではありませんのでご注意ください。

中華スマートウォッチのおすすめメーカー

HUAWEI(ファーウェイ)

 

ファーウェイとは中国の深センに本拠地を置く、中国がほこる大手ITメーカーです。主にスマホやタブレット、データ端末といったモバイル系の開発を得意としており、通信機器市場において世界トップのシェアを取っています。ファーウェイの製品はコスパが良く、価格の割にも機能や性能が高いのが特徴。2024年現在、グーグルモバイルサービスを使用できないためAndroid向けのアプリなどはかなり制限がかかっているものの、ファーウェイ独自のサービスを展開し、補っています。

Xiaomi(シャオミ)

 

シャオミもファーウェイと同じく中国のメーカーで、2010年に設立された比較的新しい総合家電メーカーです。中でもとくにウェアラブルデバイスの開発に力を入れており、高性能・低価格を謳い文句にスマートウォッチを製造、開発。現在ではAppleWatchに迫る世界2位のシェアを獲得しています。製品はリストバンド型のものが多く、主に外でのアクティビティ向けの製品が目立ちます。

中華スマートウォッチおすすめ10選

それでは前述した中華スマートウォッチの選び方のポイントをふまえて、プロのIT家電ライターたろっささんと編集部が厳選したおすすめ商品をご紹介します。

HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEI Watch GT4』

HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEIWatchGT4』 HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEIWatchGT4』 HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEIWatchGT4』 HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEIWatchGT4』 HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEIWatchGT4』 HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEIWatchGT4』 HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEIWatchGT4』
出典:Amazon この商品を見るview item

健康管理のスペシャリスト

ウェアラブルデバイスで大きなシェアを獲得しているHUAWEIの人気製品です。466×466の高ピクセルで解像度が高く、画面がきれいなのが特徴。また、独自のHUAWEI Tru Seen 5.5+を利用したボディメーカーアプリによってカロリーの摂取量や消費量をリアルタイムに分析し、理想の体作りに一役買ってくれます。

ディスプレイサイズ 1.43インチ
ヘルスケア機能
ライフログ機能
通話・SNS通知
電子決済機能 -
バッテリー性能 14日間
防水・防塵 5 ATM防水
全てを見る全てを見る

ディスプレイサイズ 1.43インチ
ヘルスケア機能
ライフログ機能
通話・SNS通知
電子決済機能 -
バッテリー性能 14日間
防水・防塵 5 ATM防水
全てを見る全てを見る

HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEI Band 8』

HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEIBand8』 HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEIBand8』 HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEIBand8』 HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEIBand8』 HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEIBand8』 HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEIBand8』
出典:Amazon この商品を見るview item

軽さが特徴的なリストバンド型

画面サイズ1.47インチと大型を維持しながらも厚さ8.99mm、重量はわずか14グラムと軽量さをほこるリストバンド型スマートウォッチです。睡眠モニタリングの精度が高く、ひと目見ただけでどの程度熟睡できているのか、健康的な眠りを行えているのかが視覚的にわかりやすくなっています。

ディスプレイサイズ 1.47インチ
ヘルスケア機能
ライフログ機能
通話・SNS通知
電子決済機能 -
バッテリー性能 14日間
防水・防塵 5 ATM防水
全てを見る全てを見る

ディスプレイサイズ 1.47インチ
ヘルスケア機能
ライフログ機能
通話・SNS通知
電子決済機能 -
バッテリー性能 14日間
防水・防塵 5 ATM防水
全てを見る全てを見る

HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEI Watch FIT2』

HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEIWatchFIT2』 HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEIWatchFIT2』 HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEIWatchFIT2』 HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEIWatchFIT2』 HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEIWatchFIT2』 HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEIWatchFIT2』 HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEIWatchFIT2』
出典:Amazon この商品を見るview item

価格と性能のバランスが良いミドルクラス機種

HUAWEIの中でもちょうど中間辺りに位置するスマートウォッチです。1.74インチと大型のモニターを持っているため、操作しやすいのが大きなメリット。また、GPS・みちびき・Galileo・GLONASS・Beidouの5種衛星測位システムに対応しているので、ランニングの記録や登山などでも十二分に活用できるのもポイントです。

ディスプレイサイズ 1.74インチ
ヘルスケア機能
ライフログ機能
通話・SNS通知
電子決済機能 -
バッテリー性能 10日間
防水・防塵 5 ATM防水
全てを見る全てを見る

ディスプレイサイズ 1.74インチ
ヘルスケア機能
ライフログ機能
通話・SNS通知
電子決済機能 -
バッテリー性能 10日間
防水・防塵 5 ATM防水
全てを見る全てを見る

HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEI Watch GT Runner』

HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEIWatchGTRunner』 HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEIWatchGTRunner』 HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEIWatchGTRunner』 HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEIWatchGTRunner』 HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEIWatchGTRunner』 HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEIWatchGTRunner』 HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEIWatchGTRunner』 HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEIWatchGTRunner』
出典:Amazon この商品を見るview item

ランニング特化スマートウォッチ

HUAWEIのスマートウォッチの中でもとくにランニングにこだわった機種です。ランニング能力指数測定(RAI)が搭載されており、自分のランニングの能力を可能な限り可視化。科学的なランニングプログラムをAIが作成し、提案してくれます。進捗状況もひと目で確認できるので、ランニングの上達をしたい人に好適と言えるでしょう。

ディスプレイサイズ 46mm
ヘルスケア機能
ライフログ機能
通話・SNS通知
電子決済機能 -
バッテリー性能 14日間
防水・防塵 5 ATM防水
全てを見る全てを見る

ディスプレイサイズ 46mm
ヘルスケア機能
ライフログ機能
通話・SNS通知
電子決済機能 -
バッテリー性能 14日間
防水・防塵 5 ATM防水
全てを見る全てを見る

HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEI Watch GT 3』

HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEIWatchGT3』 HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEIWatchGT3』 HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEIWatchGT3』 HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEIWatchGT3』 HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEIWatchGT3』 HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEIWatchGT3』 HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEIWatchGT3』 HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEIWatchGT3』 HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEIWatchGT3』
出典:Amazon この商品を見るview item

カジュアルさがポイントの前モデル

GT4が出るまで上位の機種としてHUAWEIの人気を支えたスマートウォッチです。GT4と比べてボディメーカー機能などは削がれてはいるものの、軽さや価格では軍配が上がるため、いまだ根強い人気があります。とくにワークアウトモードやバッテリー持ちなどは変わらないため、価格を抑えて購入したいという人はこちらも検討してみましょう。

ディスプレイサイズ 1.43インチ
ヘルスケア機能
ライフログ機能
通話・SNS通知
電子決済機能 -
バッテリー性能 14日間
防水・防塵 5 ATM 防水
全てを見る全てを見る

ディスプレイサイズ 1.43インチ
ヘルスケア機能
ライフログ機能
通話・SNS通知
電子決済機能 -
バッテリー性能 14日間
防水・防塵 5 ATM 防水
全てを見る全てを見る

Xiaomi(シャオミ)『Mi Watch』

Xiaomi(シャオミ)『MiWatch』 Xiaomi(シャオミ)『MiWatch』 Xiaomi(シャオミ)『MiWatch』 Xiaomi(シャオミ)『MiWatch』 Xiaomi(シャオミ)『MiWatch』 Xiaomi(シャオミ)『MiWatch』 Xiaomi(シャオミ)『MiWatch』 Xiaomi(シャオミ)『MiWatch』
出典:Amazon この商品を見るview item

リアルタイム心拍数モニタリングが嬉しい

Xiaomiの人気機種、Mi Watchの最新モデルです。24時間のリアルタイム心拍数モニタリングに対応しており、アクティビティ以外でも高血圧などの予防にも効果的。心拍数が高すぎる場合はアラートを出すなどの機能も充実しています。16日間とかなり長寿命のバッテリーも嬉しいポイントです。

ディスプレイサイズ 1.39インチ
ヘルスケア機能
ライフログ機能
通話・SNS通知
電子決済機能 -
バッテリー性能 22日間
防水・防塵 5ATM(50メートル)
全てを見る全てを見る

ディスプレイサイズ 1.39インチ
ヘルスケア機能
ライフログ機能
通話・SNS通知
電子決済機能 -
バッテリー性能 22日間
防水・防塵 5ATM(50メートル)
全てを見る全てを見る

Xiaomi(シャオミ)『Smart Band 8』

Xiaomi(シャオミ)『SmartBand8』 Xiaomi(シャオミ)『SmartBand8』 Xiaomi(シャオミ)『SmartBand8』 Xiaomi(シャオミ)『SmartBand8』 Xiaomi(シャオミ)『SmartBand8』 Xiaomi(シャオミ)『SmartBand8』 Xiaomi(シャオミ)『SmartBand8』
出典:Amazon この商品を見るview item

好みに合わせてオシャレができる

200種類を超えるファッショナブルなデザインと謳っているXiaomiの小型リストバンド型スマートウォッチです。バンド部分のアクセサリの数が多く、自分の好きな色や材質に合わせて付け替えることが可能。液晶面は60Hzのリフレッシュレートを採用しているので、なめらかな操作が出来るのもポイントです。

ディスプレイサイズ 1.62インチ
ヘルスケア機能
ライフログ機能
通話・SNS通知
電子決済機能 -
バッテリー性能 16日間
防水・防塵 5ATM
全てを見る全てを見る

ディスプレイサイズ 1.62インチ
ヘルスケア機能
ライフログ機能
通話・SNS通知
電子決済機能 -
バッテリー性能 16日間
防水・防塵 5ATM
全てを見る全てを見る

Xiaomi(シャオミ)『Smart Band 7 Pro』

Xiaomi(シャオミ)『SmartBand7Pro』 Xiaomi(シャオミ)『SmartBand7Pro』 Xiaomi(シャオミ)『SmartBand7Pro』 Xiaomi(シャオミ)『SmartBand7Pro』 Xiaomi(シャオミ)『SmartBand7Pro』 Xiaomi(シャオミ)『SmartBand7Pro』
出典:Amazon この商品を見るview item

友人と競い合いながら健康を促進できる

1.64インチと大きな液晶面が特徴的なリストバンド型スマートウォッチです。この製品の特徴は友人たちと競い合いながら健康を高めていくことが出来る点で、毎日のエクササイズの達成度を競い合ったりワークアウトの時間や目標でポイントを集計したりと、ゲーム間隔でお互いの健康を促進することが可能。一人では長続きしないダイエットも楽しく行うことができます。

ディスプレイサイズ 10.7cm
ヘルスケア機能
ライフログ機能
通話・SNS通知
電子決済機能 -
バッテリー性能 12日間
防水・防塵 5ATM防水
全てを見る全てを見る

ディスプレイサイズ 10.7cm
ヘルスケア機能
ライフログ機能
通話・SNS通知
電子決済機能 -
バッテリー性能 12日間
防水・防塵 5ATM防水
全てを見る全てを見る

Amazfit『GTR4』

Amazfit『GTR4』 Amazfit『GTR4』 Amazfit『GTR4』 Amazfit『GTR4』 Amazfit『GTR4』 Amazfit『GTR4』
出典:Amazon この商品を見るview item

内蔵ストレージ搭載で音楽プレーヤーにも

Amazfitは中国のウェアラブルデバイスメーカーのZepp Health Corpが2015年に立ち上げたブランドで、現在は世界出荷台数第三位と大きなメーカーになっています。その中でもこちらのGTR4はかなりの高機能で、通常のヘルスケアや通話サポートなどの他に内蔵ストレージを搭載。直接音楽をWi-Fi経由で取り込むことが出来るため、音楽プレーヤーにもなる点がポイントです。これにより、スマホを自由に操作しながら音楽を聞くことができるなどの利便性が広がります。

ディスプレイサイズ 1.43インチ
ヘルスケア機能
ライフログ機能
通話・SNS通知
電子決済機能 -
バッテリー性能 約2週間
防水・防塵 5ATM
全てを見る全てを見る

ディスプレイサイズ 1.43インチ
ヘルスケア機能
ライフログ機能
通話・SNS通知
電子決済機能 -
バッテリー性能 約2週間
防水・防塵 5ATM
全てを見る全てを見る

Amazfit『Balance』

Amazfit『Balance』 Amazfit『Balance』 Amazfit『Balance』 Amazfit『Balance』 Amazfit『Balance』 Amazfit『Balance』 Amazfit『Balance』 Amazfit『Balance』
出典:Amazon この商品を見るview item

とにかく多機能な上位機種

Amazfitスマートウォッチの中でも上位に位置する製品です。Amazon Alexaによる音声制御やひと目で把握しやすいヘルスメーター、心と体のバランスが分かるレディネススコアやGPS測位機並の精度をほこるGPSテクノロジーなど、どの機能もとにかく高機能。時計モードでのバッテリー駆動時間は脅威の50日間という点も見逃せません。

ディスプレイサイズ 1.5インチ
ヘルスケア機能
ライフログ機能
通話・SNS通知
電子決済機能 -
バッテリー性能 14日間
防水・防塵 5ATM
全てを見る全てを見る

ディスプレイサイズ 1.5インチ
ヘルスケア機能
ライフログ機能
通話・SNS通知
電子決済機能 -
バッテリー性能 14日間
防水・防塵 5ATM
全てを見る全てを見る

「中華スマートウォッチ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEI Watch GT4』
HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEI Band 8』
HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEI Watch FIT2』
HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEI Watch GT Runner』
HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEI Watch GT 3』
Xiaomi(シャオミ)『Mi Watch』
Xiaomi(シャオミ)『Smart Band 8』
Xiaomi(シャオミ)『Smart Band 7 Pro』
Amazfit『GTR4』
Amazfit『Balance』
商品名 HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEI Watch GT4』 HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEI Band 8』 HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEI Watch FIT2』 HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEI Watch GT Runner』 HUAWEI(ファーウェイ)『HUAWEI Watch GT 3』 Xiaomi(シャオミ)『Mi Watch』 Xiaomi(シャオミ)『Smart Band 8』 Xiaomi(シャオミ)『Smart Band 7 Pro』 Amazfit『GTR4』 Amazfit『Balance』
商品情報
特徴 健康管理のスペシャリスト 軽さが特徴的なリストバンド型 価格と性能のバランスが良いミドルクラス機種 ランニング特化スマートウォッチ カジュアルさがポイントの前モデル リアルタイム心拍数モニタリングが嬉しい 好みに合わせてオシャレができる 友人と競い合いながら健康を促進できる 内蔵ストレージ搭載で音楽プレーヤーにも とにかく多機能な上位機種
ディスプレイサイズ 1.43インチ 1.47インチ 1.74インチ 46mm 1.43インチ 1.39インチ 1.62インチ 10.7cm 1.43インチ 1.5インチ
ヘルスケア機能
ライフログ機能
通話・SNS通知
電子決済機能 - - - - - - - - - -
バッテリー性能 14日間 14日間 10日間 14日間 14日間 22日間 16日間 12日間 約2週間 14日間
防水・防塵 5 ATM防水 5 ATM防水 5 ATM防水 5 ATM防水 5 ATM 防水 5ATM(50メートル) 5ATM 5ATM防水 5ATM 5ATM
商品リンク

※各社通販サイトの 2024年1月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年1月23日時点 での税込価格

中華スマートウォッチのデメリットはあるの??

 

これだけ高機能でコストが安いとなにか裏があるのではないかと思ってしまう方もいるかと思いますが、基本的には中華スマートウォッチを使用したからと言って特別に何か問題があるわけではありません。個人情報が抜かれる、流出するなどの危険性はインターネットに繋がるデバイスである以上、どの製品でもリスクがあります。ただし、中華スマートウォッチだからセキュリティ対策が少し心もとないと言う点はありえますので、そういった心配をとにかくするのであれば使用を避けるのも一つかもしれません。

また、ヘルスケアにおいてかなりの多機能が目立つ中華スマートウォッチですが、日本とは医療機器の規格が全く違うため、血圧や体温などの内容はあくまでも目安程度に捉えておいたほうが良いでしょう。

中華スマートウォッチに関連する記事のご紹介

まとめ:中華スマートウォッチで良コスパを実感しよう

プロの家電販売員 兼 家電・ITライター:たろっさ

プロの家電販売員 兼 家電・ITライター

中華スマートウォッチは見慣れないメーカーや価格が多いため、使用する前は少し不安に思うかもしれません。しかしながらポイントを押さえ、自分に必要なものを取捨選択していくことにより驚くほどの低価格で満足のいくスマートウォッチを手に入れることも夢ではありません。皆さんも今回の記事を読んで是非とも中華スマートウォッチを手に入れ、その便利さを実感してみてください。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button