PR(アフィリエイト)

トレンドの「クロップドニット」でスタイルアップ!今季の人気アイテムを厳選

ボリュームスリーブニット
出典:ZOZOTOWN
ボリュームスリーブニット
出典:ZOZOTOWN

◆本記事はプロモーションが含まれています。
◆本記事は2022年11月25日に公開された記事です。

秋冬のコーディネートに欠かせないニットやセーター。今季は特にクロップド丈のアイテムが注目されています。スタイルアップもトレンドも両立できる優秀アイテムをゲットして、今シーズンの重ね着コーデをアップデートしてみましょう!


マイナビおすすめナビ編集部

担当:ファッション
西原 みなみ

「ファッション」カテゴリーを担当。仕事と育児の両立に奮闘中の20代ママ編集部員。プチプラアイテムを活かしたきれいめコーデが得意で、オンオフ着まわせる洋服に飛びつきがち。最近のマイブームは、子供とリンクコーデをしてでかけること。

クロップド丈のニットでスタイルアップ!

冬のトップスとして欠かせないニットやセーター。今季は、「クロップド丈」のアイテムが人気を集めています。
「クロップド」は、「切り取られた」という意味があり、「クロップドニット」は丈の短いニットをを表します。
クロップドニットは、ハイウエストのボトムスとの相性が良く、好バランスなコーデに仕上げることができます。
重たくなりがちな秋冬のコーディネートも、上半身を自然にコンパクトにみせてくれて、スタイルアップが期待できる優秀アイテムです。
また、ニットをボトムスにインしたい場合も、スッキリとしまうことができるので、着ぶくれ防止にも!

スタイルアップもトレンドも叶う「クロップドニット」をゲットして、秋冬のレイヤードスタイルを楽しんでみましょう!

今欲しい「クロップド丈のニット」はコレ!

【極上の肌ざわり】クロップドタートルネック-CreamyCotton /クリーミーコットン- ADAM ET ROPE'

柔らかく滑らかな着心地がポイント

1.肌に優しいナチュラルな風合い
肌に触れても優しいオーガニックコットンのモール糸を使用した快適な着心地。
コットンは静電気が起きにくく、自宅で洗濯もできてお手入れが簡単なのも特長です。
2.いつまでも触っていたくなる”極上の肌ざわり”
オーガニックコットンで作った繊細なモール糸をじっくりと時間をかけて編むことで、
独特な生地の風合いを生かしたなめらかな生地に仕上げました。
細かい凹凸のある立体的な表面感は、化学繊維では体感できない、一度触れたらやみつきになる"極上の肌ざわり"。
3.リラクシー&ファッショナブル
ONとOFFの境がなくなってきた今、お出かけにもおうち時間にも取り入れやすいデザインも人気の理由。
リラックスウェアの心地よさに加え、タウンユースなデザインはシーンレスでお楽しみいただけます。

引用:ZOZOTOWN

ワイドルーズニット EMODA

ワイドルーズニット ワイドルーズニット ワイドルーズニット ワイドルーズニット ワイドルーズニット ワイドルーズニット ワイドルーズニット ワイドルーズニット ワイドルーズニット ワイドルーズニット ワイドルーズニット ワイドルーズニット ワイドルーズニット ワイドルーズニット ワイドルーズニット
出典:ZOZOTOWN この商品を見るview item

マットモールで編みたてたニットトップス!

ライトミックスは3色のモールを撚糸したオリジナリティあふれる配色!
EMODA一押しはピンクカラー。
ブラックコーデやデニムコーデにも映える差し色カラーです。

引用:ZOZOTOWN

今季おすすめのニットを厳選!

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button