おすすめの「カメラ」に関する記事

カメラとカメラグッズの選び方、おすすめ情報と関連情報をお届けします。

カメラに関連するタグ

デジタルカメラ カメラアクセサリ・サプライ品 双眼鏡・望遠鏡・光学機器 ビデオカメラ レンズ
>>カメラに関連するタグ一覧

【2020年】一眼レフのダブルズームキットおすすめ6選|標準・望遠ズームセット

【2020年】一眼レフのダブルズームキットおすすめ6選|標準・望遠ズームセット

はじめてデジタル一眼レフカメラを購入するときにおすすめなのがダブルズームレンズキット。現在、一眼レフカメラを製造・販売しているメーカーのなかでダブルズームキットとレンズキットがあるのは、キヤノンとニコンのみです。ここでは、写真家/カメラ評論家・田中希美男さんと編集部が厳選した一眼レフのダブルズームキットのおすすめと選び方のポイントをご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


望遠レンズおすすめ8選|【ミラーレス・一眼レフ】キヤノン・ニコンなど厳選

望遠レンズおすすめ8選|【ミラーレス・一眼レフ】キヤノン・ニコンなど厳選

遠くの被写体をクッキリ撮影したり、近くの被写体を大きく撮影したりできる望遠レンズ。手ぶれ補正機能付きの望遠レンズなどは決して安い買い物ではありませんので、間違いのない商品を選びたいですよね。そこで、写真家/カメラ評論家の田中希美男さんと編集部が選んだ望遠レンズのおすすめと選び方についてご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


フィールドスコープおすすめ商品11選|【直視型・傾斜型】高倍率モデルも

フィールドスコープおすすめ商品11選|【直視型・傾斜型】高倍率モデルも

野鳥観察など、対象物にあまり近寄れないものを見るときには双眼鏡や望遠鏡などが欠かせません。双眼鏡と違ってフィールドスコープは片目でしか見られませんが、その代わりにデジタルカメラの装着や接眼レンズの交換など、双眼鏡にはない機能が備わっており、見え方も異なります。ここでは、IT・テックライターの石井英男さんと編集部が選んだフィールドスコープのおすすめと選び方をご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


【バッテリーグリップ】のおすすめ商品5選|フォトグラファーが徹底解説

【バッテリーグリップ】のおすすめ商品5選|フォトグラファーが徹底解説

カメラの扱いに慣れてくると、撮りたい写真の種類も増えてきますよね。動きの早いスポーツの写真を撮っているときに連写性能を上げたくなったり、長時間撮影時に稼働時間をもっと長くしたくなったり。そんなときに購入を検討したいのがバッテリーグリップ。現在、キヤノンやニコン以外のメーカー各社からも発売されています。そこで、フォトグラファーでフォトララ写真未来研究所代表の瀬川陣市さんにお話をうかがい、バッテリーグリップの選び方とおすすめ商品を紹介します。もっと撮影の幅を広げたい、効率化したいという方は、ぜひそれぞれ比較しながら参考にしてみてください。


カメラ用レンズクリーナーおすすめ10選|【汚れをサっと落とす】

カメラ用レンズクリーナーおすすめ10選|【汚れをサっと落とす】

フォトグラファーの瀬川陣市さんに、カメラ用レンズクリーナーの選び方、おすすめ9選を教えてもらいました。レンズクリーナーがあれば、外出先などでカメラのレンズ汚れが気になっても、かんたんに汚れを落とすことができます。効率的なクリーニングのためには、用途に適した商品を選ぶことが大切です。一眼レフなどのカメラの性能を活かすためにもケアは欠かせません。記事後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみましょう。


広角レンズおすすめ13選|キヤノン・ニコンなど厳選! ズーム・単焦点も

広角レンズおすすめ13選|キヤノン・ニコンなど厳選! ズーム・単焦点も

旅行先や山などで美しい風景や夜景を目にしたとき、その景色を迫力ある1枚の写真におさめてくれる広角レンズ。人の目に映る視界よりも、さらに広がりのある風景の撮影を可能にしてくれます。ここでは、写真家・カメラ評論家の田中希美男さんと編集部が厳選した広角レンズおすすめ13選と選び方のポイントをご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


カメラの防水ケースおすすめ9選|iPhoneスマホ、Gopro、一眼、デジカメ別に紹介!プロカメラマンが厳選!

カメラの防水ケースおすすめ9選|iPhoneスマホ、Gopro、一眼、デジカメ別に紹介!プロカメラマンが厳選!

雨の日や水辺、ダイビング時において、カメラ防水ケースを使うことで、非日常の風景を撮影できます。一眼レフ、デジカメなどカメラの種類によりカメラケースも専用のものが販売されています。この記事では、フォトグラファーの瀬川陣市さんおすすめのカメラの防水ケースを紹介します。記事後半にはAmazonやヤフー、楽天の人気売れ筋ランキングや口コミもありますので参考にしてみてくださいね!


【2020年】防水デジタルカメラおすすめ10選|4K動画撮影・Wi-Fi接続できる機種も

【2020年】防水デジタルカメラおすすめ10選|4K動画撮影・Wi-Fi接続できる機種も

海でダイビングする人もしない人も、水中写真への憧れってありますよね。ですが、深度が深くなるほど専用の防水カメラ、またはハウジング(防水ケース)が必要になります。ここでは、フォトグラファーの瀬川陣市さんと編集部が厳選したシュノーケリングやダイビング、アウトドアシーンなどで活躍する防水デジタルカメラのおすすめ商品と選び方のポイントをご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


富士フイルム広角レンズおすすめ11選【フジノンレンズ】単焦点やズームレンズも

富士フイルム広角レンズおすすめ11選【フジノンレンズ】単焦点やズームレンズも

外出先や旅先で美しい風景を目にした時、1枚の写真におさめたいと思ったことはありませんか? それを可能にしてくれるのが広角レンズです。富士フイルムの交換レンズのマウントは「Xマウント」で統一されており、XFとXCのふたつのラインがあります。富士フイルム「フジノンレンズ」のほか、カールツァイス社の対応レンズもあります。豊富なラインナップから「どのレンズをえらべばいいかわからない」と迷う人もいるでしょう。この記事では、写真家、カメラ評論家の田中希美男さんから、富士フイルムの交換レンズ、広角レンズの選び方についてアドバイスをいただきました。田中さんが厳選した6つの広角レンズをご紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。


【2020年】APS-C判ミラーレス一眼おすすめ11選|軽い・高画質・高コスパ

【2020年】APS-C判ミラーレス一眼おすすめ11選|軽い・高画質・高コスパ

高画質で写真を撮りたいけれど、重くて大きなカメラは持ち歩きたくない、そんなときに導入したいのがAPS-C判のミラーレスカメラです。小型軽量で高画質の写真が撮れるということで、SNS投稿用の写真を撮るカメラとしても、バッグに入れて持ち歩いて街角のなにげない景色を撮るお散歩カメラとしても最適です。ここでは、写真家・カメラ評論家の田中希美男さんが選んだAPS-C判ミラーレスカメラのおすすめと選び方のポイントをご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


コンバージョンレンズおすすめ5選【キヤノン・ニコン・ソニーほか】ワイドコンバージョンレンズも

コンバージョンレンズおすすめ5選【キヤノン・ニコン・ソニーほか】ワイドコンバージョンレンズも

手持ちのカメラやレンズに装着して、レンズの倍率を上げる「テレコン」、広角にする「ワイコン」、魚眼レンズに変換できるのが『コンバージョンレンズ』です。ニコン、キヤノン、ソニー、オリンパスといった各カメラメーカーのレンズマウントに適合する商品が用意されています。この記事では、写真家でカメラ評論家の田中希美男さんにコンバージョンレンズの選び方とおすすめ商品を取材しました。記事後半には比較一覧表、通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


富士フイルムの望遠レンズおすすめ10選|防塵防滴・小型軽量のXマウントレンズ

富士フイルムの望遠レンズおすすめ10選|防塵防滴・小型軽量のXマウントレンズ

富士フイルムでは、Xシリーズのミラーレスカメラを展開しており、防塵防滴、耐低温の構造を備えたレンズや小型軽量なレンズなどを展開しているのが特徴です。その交換レンズのマウントは「Xマウント」で統一されており、XFとXCのふたつのラインがあります。ここでは、写真家/カメラ評論家・田中希美男さんと編集部が選んだ望遠レンズのおすすめと選び方のポイントについてご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


魚眼レンズおすすめ11選|キヤノン、ニコン、シグマ、ソニーなど厳選

魚眼レンズおすすめ11選|キヤノン、ニコン、シグマ、ソニーなど厳選

広角レンズのように広範囲の景色を独特な歪みで表現することができる魚眼(フィッシュアイ)レンズ。海の水平線を撮れば地球のような球体状に撮ることができ、犬を撮れば鼻が強調された愛らしい写真が撮れます。いつもとひと味違ったアートな写真を撮りたいなら最適のレンズです。ここでは、写真家・カメラ評論家の田中希美男さんと編集部が選んだ魚眼レンズのおすすめと選び方のポイントについてご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


タムロン望遠レンズおすすめ8選【キヤノン・ソニー・ニコンに対応した商品など】

タムロン望遠レンズおすすめ8選【キヤノン・ソニー・ニコンに対応した商品など】

写真家・カメラ評論家である田中希美男さんへの取材をもとに、タムロン製の望遠レンズの選び方やおすすめ商品を解説します。タムロンはサードパーティと呼ばれるレンズメーカーのひとつ。Nikon(ニコン)、Canon(キヤノン)、SONY(ソニー)などのボディに適合するレンズを製造しています。コスパの良さと高い性能が人気のメーカーです。この記事ではタムロンの望遠レンズに絞って紹介します。通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


超広角レンズおすすめ5選|【一眼レフ・ミラーレス】フルサイズ判用も

超広角レンズおすすめ5選|【一眼レフ・ミラーレス】フルサイズ判用も

曇や星空撮影、風景写真を撮るときなど、広いエリアを写真に収めたい場合に活躍するのが超広角レンズです。最近ではスマホなどで済ませてしまう人も多いですが、一眼レンズの魅力はスマホでは表現できない絵を切り取れるところでしょう。ここでは、写真家・カメラ評論家の田中希美男さんが厳選した超広角レンズのおすすめと選び方のポイントをご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


【ライカ広角レンズ】選び方&おすすめ6選|カメラ評論家が詳しく解説!

【ライカ広角レンズ】選び方&おすすめ6選|カメラ評論家が詳しく解説!

創業100年を超えるドイツの老舗カメラメーカー、ライカ。プロやハイアマチュアのカメラマンから根強く支持し続けられる秘密は、空気感まで表現する描写力と、ドイツ人の気風が表れた質実剛健なフォルムにあります。そこで、写真家/カメラ評論家の田中希美男さんにお話をうかがい、ライカ用の広角レンズの選び方とおすすめ商品を紹介していきます。


ニコン望遠レンズおすすめ13選|一眼レフ・ミラーレス純正レンズを厳選

ニコン望遠レンズおすすめ13選|一眼レフ・ミラーレス純正レンズを厳選

キヤノンと並ぶ2大カメラメーカーのひとつ、ニコン。ニコンのレンズの特徴は、自然な色合いと表現力の高さ、防塵防滴などすぐれた耐久性にあるといわれています。ここでは、写真家・田中希美男さんと編集部が選んだニコンの望遠レンズ13選と選び方のポイントをご紹介します。他社製ニコンマウントの望遠レンズもあります。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


【クローズアップレンズ】おすすめ商品5選|カメラ評論家が特徴を詳しく解説

【クローズアップレンズ】おすすめ商品5選|カメラ評論家が特徴を詳しく解説

接写写真は、我々に新たな発見と感動を与えてくれます。写真撮影に興味がある方なら、自分もこんな写真を撮ってみたい、と感じたことも多いでしょう。ですが、接写撮影には高価なマクロレンズが必要なのが悩みどころでした。そこで、マクロレンズよりもリーズナブルなクローズアップレンズについて、写真家/カメラ評論家の田中希美男さんに教えていただきました。また、接写リングという、接写撮影に使えるアタッチメントについても解説いただきました。それぞれの特徴やデメリット、おすすめ商品も紹介いたしますので、接写撮影に興味がある方はぜひ目を通してみてください。


【2020年版】フィルムカメラおすすめ10選|はじめての人でもレトロな写真が撮れる!

【2020年版】フィルムカメラおすすめ10選|はじめての人でもレトロな写真が撮れる!

フィルムカメラは、デジタルカメラに比べて柔らかい印象の写真が撮れることから、いまだ根強い人気があります。また、デジタルカメラとの大きな違いは現像の工程があるという点。この工程がフィルムカメラ独特の仕上がりにつながります。この記事では、写真家・カメラ評論家の田中希美男さんと編集部が選んだおすすめ商品をご紹介します。


カメラ用ブロアーおすすめ10選|空気の調節がしやすいモデルをご紹介

カメラ用ブロアーおすすめ10選|空気の調節がしやすいモデルをご紹介

フォトグラファーの瀬川陣市さんへの取材をもとに、おすすめのカメラ用ブロアーをご紹介します。カメラを使うにあたって欠かせないのがレンズのケア。ブロアーはカメラ以外ではなかなか使用することのないアイテムなので、いざ選ぼうとしてもどの商品がいいのかわからないのではないでしょうか。本体の大きさやノズルの形状の違いによって、持ち運びやすさや適した使い方が変わってきます。ぜひ参考にしてください。


カメラの人気記事