おすすめの「カメラ」に関する記事

カメラとカメラグッズの選び方、おすすめ情報と関連情報をお届けします。

カメラに関連するタグ

デジタルカメラ カメラアクセサリ・サプライ品 双眼鏡・望遠鏡・光学機器 ビデオカメラ レンズ
>>カメラに関連するタグ一覧

カメラグリップおすすめ5選【握りやすい・三脚にもなる商品を紹介!】

カメラグリップおすすめ5選【握りやすい・三脚にもなる商品を紹介!】

フォトグラファーの瀬川陣市さんが解説する選び方とカメラグリップ5選をご紹介します。カメラの扱いに慣れ、さまざまな場所で撮影するようになってくると、理想的な撮影姿勢を守ることが難しくなってきます。そんなときに役に立つのがカメラグリップ。片手でカメラを支えたり、スティックの先にカメラを固定したりといった無理な姿勢でも、ブレることのない撮影が可能になります。しかし素材もいろいろで、付け方もさまざまです。多くの撮影現場を経験してきたプロが紹介する選び方とおすすめ商品を参考に、ご自身にぴったりなカメラグリップを探してみてください。


Eマウントレンズおすすめ6選|広角・望遠・単焦点レンズもご紹介!

Eマウントレンズおすすめ6選|広角・望遠・単焦点レンズもご紹介!

フリーランスライターでプロカメラマンの武石 修さんが選ぶEマウントレンズ6選をご紹介します。Eマウントレンズとはソニーのミラーレス一眼用の交換レンズの規格。標準ズームで満足できない人は写真撮影の構成の幅をぐっと広げることができます。Aマウントレンズとの違いは、接合部分(マウント)の規格です。ソニーのミラーレス一眼を愛用されているなら、この規格の交換レンズから選べば、「使えない……」という最悪のケースは避けられます。あとは、自分の思うような写真を撮るためのレンズを選ぶだけ。本記事で紹介される選び方や商品を参考にして、イメージする写真撮影にチャレンジしてみましょう。


音質を劇的に変える【一眼レフ用外部マイクおすすめ5選】ステレオ・モノラル両方紹介

音質を劇的に変える【一眼レフ用外部マイクおすすめ5選】ステレオ・モノラル両方紹介

フォトグラファーの瀬川陣市さんへの取材をもとに、一眼レフ用外部マイクの選び方とおすすめ5選をご紹介します。ひと口に外部マイクといっても、商品によって収音タイプやサイズなどの特徴が異なります。本記事を参考に、室内撮影、屋外撮影など使う場面や、お持ちのカメラの設定、カメラとバッテリーの接続方法などにあった商品を探してみてくださいね。


【パナソニック製広角レンズ】おすすめ5選 | カメラ評論家が商品の選び方も解説

【パナソニック製広角レンズ】おすすめ5選 | カメラ評論家が商品の選び方も解説

カメラ評論家の田中希美男さんが選ぶパナソニック製広角レンズ5選をご紹介します。パナソニックからはさまざまな広角レンズが販売されています。それぞれどういう違いがあり、自分はどれを選べばよいか迷ってる方もいるでしょう。レンズの特性を理解するのはなかなか大変ですが、カメラ評論家の田中希美男さんに一つひとつ丁寧に解説してもらっていますので、自分にぴったりなレンズ選びのヒントになるはずです。最後にECサイトの売れ筋ランキングも掲載しています。そちらも広角レンズ選びの参考にしてみてください。


タムロン製広角レンズのおすすめ5選【単焦点とズームレンズの商品を厳選】

タムロン製広角レンズのおすすめ5選【単焦点とズームレンズの商品を厳選】

カメラ評論家が選ぶタムロン製広角レンズ5選をご紹介します。いわゆるレンズメーカー、サードパーティーが展開する交換レンズのラインナップには、純正レンズにはない焦点距離をカバーしたものや、すぐれた描写性能のわりに価格が安く設定されているものなど、魅力的な製品がたくさんあります。サードパーティー製のレンズをうまく使いこなせれば、写真撮影は今よりもっと楽しく、充実したものになるでしょう。写真家・カメラ評論家の田中希美男さんから、タムロン製の広角レンズの選び方とおすすめ商品を解説してもらっています。ぜひ参考にしてみてください。最後にECサイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、あわせてご覧ください。


【大光量!持ち運びラク!】撮影用モノブロックストロボおすすめ5選

【大光量!持ち運びラク!】撮影用モノブロックストロボおすすめ5選

フォトグラファーの瀬川陣市さんが選ぶ撮影用モノブロックストロボ5選と選び方のポイントをご紹介します。写真撮影には光の強さ、当たり方がとても重要です。とくにモデルや小物をはっきりと撮影するには、光の調節が不可欠です。そこで利用される機材が、モノブロックストロボです。カメラ搭載のストロボより、もっと大きな光量を出力することができる、電源一体型のストロボです。活用の場の多い機材ですが、選び方の難しい製品でもあります。この記事で紹介する選び方やおすすめ商品をぜひ参考にしてみてください。


自撮り向きデジカメおすすめ5選|キレイに撮れる!機能充実のカメラを紹介

自撮り向きデジカメおすすめ5選|キレイに撮れる!機能充実のカメラを紹介

ITライターの酒井麻里子さんへの取材をもとに、自撮りに適したデジタルカメラの選び方とおすすめ製品を5つ紹介します。近年、自撮りに便利な機能を備えたデジタルカメラが増えています。自撮りはスマートフォンでもできますが、デジカメは高画質で、夜景もキレイに撮影できるものが多いのが特徴。なかには肌をきれいに見せたり、背景をぼかしたりと自撮りをより美しく撮影するための機能が搭載されている製品も。スマホと接続すれば、家族や友達、カップルと撮った思い出の写真を手軽に共有できますよ! おすすめ商品や選び方を参考に、自分にぴったりの自撮り向きデジカメを見つけてみてください。


ワンランク魅力的な映像に仕上げる!GoProアクセサリおすすめ6選

ワンランク魅力的な映像に仕上げる!GoProアクセサリおすすめ6選

本記事では、GoProアンバサダーのtaiyo masudaさんへの取材のもと、GoProの映像を更に魅力的にするアクセサリの選び方とおすすめ商品をご紹介いたします。


スマホ用スタビライザーのおすすめ5選【手ブレを軽減】コンパクトな商品などを紹介

スマホ用スタビライザーのおすすめ5選【手ブレを軽減】コンパクトな商品などを紹介

ITライター酒井麻里子さんへの取材をもとにして、スマホ用スタビライザーを選ぶ際にはどこに着目すればいいかを解説するとともに、おすすめ商品を紹介します。SNSへの動画投稿など、動画を撮影するときにスマホを使う方も多いでしょう。動画撮影で避けたい手ブレ。とくに動きながら動画を撮影していると、ブレを起こさず動画を撮影することは困難です。そんなときに活用したいのがスマホ用スタビライザーです。手ブレの影響を軽減して美しく見やすい動画が撮影できるようになります。さまざまな種類のスマホ用スタビライザーを紹介しますので、ご自身にぴったりの商品を探してみてください。


【コンパクト・軽量・使いやすい】ビデオカメラ用三脚のおすすめ6選

【コンパクト・軽量・使いやすい】ビデオカメラ用三脚のおすすめ6選

フォトグラファーの林 孝典さんに、ビデオカメラ用三脚の選び方とおすすめ商品についてお話をうかがいました。旅行先や運動会・発表会などの学校行事、野球やサッカーなどのスポーツ観戦と、ビデオ撮影をする機会は多いですよね。そんなときに重宝するのがビデオカメラ用三脚。がたがたと揺れの激しい状態で撮影すると、くねくねと画面酔いする動画ができあがってしまいます。ビデオカメラ用三脚を使用することで、手持ち撮影よりもブレや振動が少なくなります。ビデオカメラ用三脚は、各社さまざまな商品が販売されており、高さ調節ができるものや持ち運びしやすいものなど、どれを買えばいいのか迷ってしまいませんか。この記事で紹介する選び方とおすすめ商品を参考にしてみて下さい。


カメラ用三脚のおすすめ7選|コンパクトタイプもご紹介!

カメラ用三脚のおすすめ7選|コンパクトタイプもご紹介!

フォトグラファーの林 孝典さんにカメラ用三脚の選び方とおすすめ商品についてうかがいました。手持ちよりも安定し、手振れを防いでくれる三脚。天体星空の撮影や夜景のような暗いシーン、バードウォッチング野鳥撮影、風景撮影など待ちが必要な場合は、三脚がとても役に立ちます。しかし、カメラ用三脚の売り場を見るとたくさんの種類があり、どれを選んだらよいか分かりづらいですよね。そこで、フォトグラファーの林 孝典さんにカメラ用三脚の選び方とおすすめ商品についてうかがいました。専門家ならではの視点をぜひ参考にしてみてください。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもチェックしてみてくださいね。


ライカカメラおすすめ5選|カメラのレンズの特徴と一緒に商品を紹介!

ライカカメラおすすめ5選|カメラのレンズの特徴と一緒に商品を紹介!

100年の歴史を持つライカは高級カメラの代名詞。一度は手に入れてみたいと思っている方も多いでしょう。しかし、一口にライカといってもコンパクトカメラから一眼タイプまでさまざまな種類があり、なかには比較的手の出しやすい価格帯の製品もあります。この記事では、フォトグラファーの瀬川陣市さんにお話をうかがい、ライカのカメラを選ぶ際のポイントとおすすめ商品をご紹介します。


レンズフードおすすめ5選と選び方【ニコンやキヤノンなどの商品を紹介】

レンズフードおすすめ5選と選び方【ニコンやキヤノンなどの商品を紹介】

フォトグラファーの瀬川陣市さんにレンズフード選びのポイントとおすすめ製品について、伺いました。写真撮影のコツのひとつに、不要な光が写らないようにする、というものがあります。レンズフードは日よけのような存在です。帽子のつばで目が影に入るとものが見やすくなるように、レンズ周りをおおうことによって被写体をとらえやすくしてくれます。また、衝突や落下からのレンズ保護にも役立つアイテムです。各通販サイトの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。


Wi-Fi付きSDカードおすすめ5選【撮影したら転送してスマホで確認】

Wi-Fi付きSDカードおすすめ5選【撮影したら転送してスマホで確認】

ITライターの酒井麻里子さんに聞いたWi-Fi付きSDカードの選び方と、おすすめ商品を紹介します。撮影した画像を手軽にスマホやパソコンに転送できるWi-Fi付きSDカード。Wi-Fi機能のないデジタルミラーレス、一眼レフカメラ、ホルガデジタルのようなトイカメラなど、対応カメラであればWi-Fi付きSDカードがあれば、画像の転送が可能です。あれば便利なアイテムですが、転送速度やカードの規格を確認しなければ、所有している機器で使えない可能性もあります。使いたい機器に適したWi-Fi付きSDカードを探している方は、ぜひ参考にしてください。


一眼レフ用カメラストラップおすすめ9選|【本革、ディズニー、アパレルブランド発など】

一眼レフ用カメラストラップおすすめ9選|【本革、ディズニー、アパレルブランド発など】

家電エキスパートの東 智美さんに、一眼レフ用カメラストラップの選び方とおすすめ8選を紹介いただきました。一眼レフカメラを持ち歩く際に便利なカメラストラップ。本体の購入時、付属していたものをそのまま使っている方も多いかと思います。機能としてはそれでも十分ですが、一新することでカメラライフの充実に繋がるものです。記事後半には、Amazonなどの人気売れ筋ランキングやスペック比較表もあるので、ぜひチェックしてみてください。


レンズフィルターおすすめ11選【保護・ソフト・夜景撮影用のフィルターなどを紹介】

レンズフィルターおすすめ11選【保護・ソフト・夜景撮影用のフィルターなどを紹介】

写真家でありカメラ評論家でもある田中希美男さんへの取材をもとに、レンズフィルターの選び方とおすすめ商品をご紹介します。保護フィルター、PLフィルター、NDフィルターなど、さまざまな種類がレンズフィルターにはありますが、どのように選べば間違いがないのでしょうか? 本記事では、基本的なレンズフィルターの選び方から、写真撮影をより楽しくするレンズフィルターの紹介までさまざまなお話をいただきました。なかなか奥が深そうなレンズフィルターの世界、いっしょにのぞいてみませんか?


ストロボディフューザーのおすすめ5選【静物撮影やポートレート撮影で活躍!】

ストロボディフューザーのおすすめ5選【静物撮影やポートレート撮影で活躍!】

料理写真専門カメラマンが選ぶストロボディフューザー5選をご紹介します。ストロボディフューザーは、クリップオンストロボや内蔵ストロボの光が強すぎたり、濃い影ができてしまったりする場合に、光量を調整したり、自然光のような柔らかな光に調整したりするために使われます。室内での静物撮影やポートレート撮影など、活用の場は幅広く、うまく使いこなすことで写真のクオリティを引き上げることができるでしょう。本記事で、料理写真専門カメラマン長谷川敬介さんにお話をうかがい、ストロボディフューザーの選び方とおすすめ商品5選を紹介していただきます。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひチェックしてみてください。


写真のプロ厳選【1万円台~2万円台】コンパクトデジタルカメラおすすめ4選

写真のプロ厳選【1万円台~2万円台】コンパクトデジタルカメラおすすめ4選

フォトジャーナリストの内村コースケさんがおすすめする、1万円台~2万円台のコンパクトデジタルカメラ4点と、その選び方を紹介します。市場は年々縮小しているものの、独自の機能や性能面のメリットにより、一定の支持が存在し続けているのが低価格帯のコンパクトデジタルカメラ。ニーズに合った1台探しに、ぜひお役立てください。


【鮮明な写真を手軽に撮れる】おすすめの露出計5選|フォトグラファー厳選

【鮮明な写真を手軽に撮れる】おすすめの露出計5選|フォトグラファー厳選

本記事では、フォトグラファーの瀬川陣市さんへの取材をもとに、露出計の選び方とおすすめ商品5選をご紹介します。光に左右されず思ったとおりの写真を撮るために、ぜひ本記事を参考に露出計を選んでみてください。


ガジェット選びのプロがおすすめするハイエンドアクションカメラ5選

ガジェット選びのプロがおすすめするハイエンドアクションカメラ5選

アウトドアで写真や動画の撮影に重宝されるアクションカメラ。アクションカメラ専門のメーカーもある中で、一般的なカメラを製造するメーカーやドローンメーカーなど、さまざまなメーカーから販売されるようになりました。1万円台で購入できるモデルあるなかで、高価格帯の商品にはどのような魅力や性能の違いがあるのでしょうか。本記事では、ガジェット選びのプロフェッショナルの東 智美さんに、ハイエンドアクションカメラの選び方とおすすめ商品5選をご紹介いただきました。アウトドアの相棒としてカメラをお探しの方、2つ目は高機能な商品がほしいとお考えの方はぜひご検討ください。


カメラの人気記事