コメディー映画おすすめ5選|名作から笑いが止まらない話題作まで

コメディー映画おすすめ5選|名作から笑いが止まらない話題作まで

日々のストレスに負けそうになったときや、悲しいことがあったときに、お笑いという形で元気を与えてくれるコメディー映画。

名作も多く、さまざまな年代や出演俳優が魅力ですが、自分の感性に合った作品を見つけるのに迷ってしまう方も多いことでしょう。

本記事では、厳選されたおすすめのコメディー映画5選をご紹介。好みのコメディー映画を見つけるコツや、洋画と邦画からおすすめ作品を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。


目次

映画ライター
杉本 穂高

日本映画学校(現:日本映画大学)出身。 神奈川県のミニシアター「アミューあつぎ映画.comシネマ」の元支配人。 映画.com、ハフポスト、リアルサウンド映画部、シネマズPLUS、FILMAGA、アニメ!アニメ!など、ウェブの様々なところで映画について書いています。 好きな映画監督はケン・ローチとアッバス・キアロスタミ。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
KADOKAWA 角川書店『街の灯』
バップ『カメラを止めるな!』
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 『めぐり逢えたら』
ジェネオン・ユニバーサル(現・NBCユニバーサル)『Mr.ビーン 劇場版』
東宝 『ラヂオの時間』
商品名 KADOKAWA 角川書店『街の灯』 バップ『カメラを止めるな!』 ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 『めぐり逢えたら』 ジェネオン・ユニバーサル(現・NBCユニバーサル)『Mr.ビーン 劇場版』 東宝 『ラヂオの時間』
商品情報
特徴 パントマイムが特徴的なサイレント映画不朽の名作 センスが光るホラーコメディー ユーモアあふれる会話がただただ面白いラブロマンス 独特の身のこなしで笑いが止まらない海外コメディー 笑いと感動のバランスが絶妙なギャグコメディー
製作年 1931年 2017年 1993年 1997年 2000年
製作国 アメリカ 日本 アメリカ アメリカ 日本
上映時間 87分 96分 104分 89分 104分
監督 チャールズ・チャップリン 上田慎一郎 ノーラ・エフロン メル・スミス 三谷幸喜
主演 チャールズ・チャップリン 濱津隆之 メグ・ライアン、トム・ハンクス ローワン・アトキンソン 唐沢寿明
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年10月31日時点 での税込価格

超笑えるコメディー映画おすすめ5選

それでは、コメディー映画のおすすめ作品を紹介します。

KADOKAWA 角川書店『街の灯』

KADOKAWA角川書店『街の灯』

出典:Amazon

映画ライター

パントマイムが特徴的なサイレント映画不朽の名作

チャップリンの映画は、文化の違いも時代の違いも乗り越える力がありますよね。台詞のないサイレント映画ですが、そのセンスは古びることなく、普遍的なおもしろさと感動に満ちています。

チャップリンの神業的なパントマイムで笑わせてもらった後、最後には感動のエンディングが待っています。笑いと涙が見事にブレンドされた一級の娯楽映画。映画史上の不朽の名作なので、一度は観ておいて損はありません。

バップ『カメラを止めるな!』

バップ『カメラを止めるな!』

出典:Amazon

映画ライター

センスが光るホラーコメディー

ゾンビものの自主制作映画の撮影中に本物のゾンビが乱入。ハプニングをくぐり抜ける撮影スタッフたちの涙ぐましい努力が、おかしいやら勇気づけられるやら。上田慎一郎監督はこの映画で一躍有名になりましたが、映画監督になるか、お笑い芸人になるか迷った時期もあるそうで、笑いのセンスが非常に高い人。そのセンスは海外でも絶賛されています。

最後には家族愛も盛り込んだ、ホラーコメディーの最高峰。登場人物が多いのですが、みんなアクの強いおバカなキャラばかりで観ていて飽きませんし、何回観ても新しい発見があります。

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 『めぐり逢えたら』

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント『めぐり逢えたら』 ソニー・ピクチャーズエンタテインメント『めぐり逢えたら』

出典:Amazon

映画ライター

ユーモアあふれる会話がただただ面白いラブロマンス

ロマンティック・コメディーの女王といわれたメグ・ライアンの全盛期のころの代表作。共演はトム・ハンクスで、全編ユーモアにあふれた会話がたくさん。女優のメグ・ライアンがとにかくびっくりするほどかわいい!

トム・ハンクスは妻を亡くして男手ひとつで息子を育てるパパ役ですが、息子との掛け合いが微笑ましくもおもしろいです。最後はとびきりロマンティックな結末を迎えるので、カップルで観るには最高のハートフルコメディーでしょう。

ジェネオン・ユニバーサル(現・NBCユニバーサル)『Mr.ビーン 劇場版』

ジェネオン・ユニバーサル(現・NBCユニバーサル)『Mr.ビーン劇場版』

出典:Amazon

映画ライター

独特の身のこなしで笑いが止まらない海外コメディー

「ミスター・ビーン」ことローワン・アトキンソンの代表作です。言葉ではなく身体を使ったギャグタイプのイギリスコメディー作品において、現代ではこの人の右に出るものはいないのではないでしょうか。この人にしかできないドタバタの身のこなしや表情は、一度観たら病みつきになります。

ストーリーもわかりやすいですが、わからなくてもこの人を観ているだけでおもしろい作品なので、子供向けでもあります。なにも考えずに心から爆笑したい人にもおすすめですし、友達などと一緒にツッコミを入れながら観るのもいいですよね。

東宝 『ラヂオの時間』

東宝『ラヂオの時間』

出典:Amazon

映画ライター

笑いと感動のバランスが絶妙なギャグコメディー

日本を代表するコメディー作家といえば三谷幸喜でしょう。三谷監督の映画作品ではこれが一番おもしろいです。ラジオの生放送ドラマのストーリーが、俳優のワガママやトラブルで次々と変わってしまうのがおもしろく、それを知恵と機転で乗り切る作り手たちの情熱が感動を誘います。子供にもむせたい映画として親世代の人気も根強いです。人生もドラマ作りも思いどおりにはいきませんが、諦めずにやればきっと活路は開けると、笑いと一緒に勇気ももらえる元気が出る映画です。

キャストも豪華で、今ではハリウッドスターの渡辺謙が、泣き上戸なトラックの運転手役でコミカルな芝居を見せているのも注目です。

コメディー映画の選び方

それでは、コメディー映画の基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の4つ。

【1】年代で選ぶ
【2】ジャンルで選ぶ
【3】洋画か邦画か
【4】俳優で選ぶ


上記の4つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】年代で選ぶ

映画ライター

よく知る年代の作品を選ぶのがおすすめ

笑いのセンスは、時代を反映します。コメディー映画は映画黎明期のサイレント時代から人気のジャンルで、数多くの名作が作られていますが、昔のコメディーと現在の作品を比べるとそのセンスは明らかに違いますよね。ネタにされるものも、その時代の時事ネタや社会背景であったりしますし、自分が詳しい年代の作品を選ぶのがいいでしょう。

しかし、よく知らない年代の作品を観ることは新しい知見を得ることにも繋がりますので、たまには挑戦することをおすすめします。

【2】ジャンルで選ぶ

映画ライター

コメディー映画にはいろいろなジャンルがある!

ひと口にコメディーといってもタイプはさまざま。たとえば、ラブコメディーと『Mr.ビーン』のようなスラップスティック・コメディー(激しい動きや誇張した演技、発作的展開などを特徴とするくだらないドタバタ喜劇)はまったく別物です。また、アクションコメディーやホラーコメディー、シュールな要素の強いブラック・コメディーなど、多くのジャンルがあります。

自分の好きなジャンルがなにかを見きわめることは大事ですが、どんなジャンルも一度は観ておくと新しい発見があるかもしれません。

【3】洋画か邦画か

映画ライター

洋画と邦画では、笑いのセンスが大きく異なる

文化が違えば、笑いのセンスも当然変わります。笑いはなにかしらの共通の知識を持っていることを前提にしたものが多いですから、文化の違いは重要。もちろん文化の違いを乗り越える普遍的な笑いのセンスもありますが、アメリカのコメディーと日本のコメディーでは違いが明確にありますから、邦画か洋画かで選ぶのもありです。

文化を知れば知るほど、コメディー映画は家族で笑い、楽しめるもの。「アメリカのコメディーは苦手だな」と最初は思っても、徐々におもしろく観られるようになりますので、少しずつ観ながら学ぶといいでしょう

【4】俳優で選ぶ

映画ライター

輝かしい個性的で面白い俳優が勢ぞろい!

コメディーセンスは役者によっても変わるもの。映画史のなかにはきらびやかなコメディー俳優が数多く存在するので、役者によってコメディー映画を選ぶのもいいでしょう。

パントマイムの天才チャップリンはもちろん、その意志を現代に受け継ぐローワン・アトキンソン、マシンガントークならエディ・マーフィとロビン・ウィリアムス、顔面軟体動物ことジム・キャリーなど、それぞれの個性を映画でも存分に活かしていますよね。最近ではシリアスな役も多いトム・ハンクスですが、実はコメディアン出身で、初期の出演作『ビッグ』でそのコメディーセンスをいかんなく発揮しています。

未知のジャンルに挑戦! おもしろさに気づくことも 映画ライターからのメッセージ

映画ライター

多種多様なコメディー映画。自分好みを見つけよう!

コメディー映画は、古今東西たくさんあります。笑いのセンスは人それぞれで、時代や文化によっても異なるもの。ジャンルもラブコメディーやアクションコメディー、ホラーコメディー、ジョークコメディーなどさまざまです。

どんなジャンルも一度は挑戦してみて、自分の好きなタイプを探ってみましょう。今まで観たことのないジャンルでも、新鮮な発見があるかもしれません。ネットフリックスやアマゾンプライムでも多くのコメディー映画を見ることができます。苦手なタイプの作品でも、観ていくうちにお約束のようなものがわかってきて、おもしろさに気づくこともありますよ。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

映画・アニメ鑑賞が趣味の20代編集部員。ホラー以外ならなんでも好みで、学生時代は800本以上の作品を鑑賞。知りたがりで、気になったことは何でも調べてしまう半面、興味のないことには見向きもしない性格。ちなみに、夏でも冬でも半袖Tシャツを着る根っからの暑がりで、冷暖房の気温はみんなが寒いと思うくらいがちょうどいい。担当は『家電』『アウトドア』『ホビー』など。

関連する記事


ゾンビ映画おすすめランキング52選|洋画、日本・韓国・香港・台湾の作品も

ゾンビ映画おすすめランキング52選|洋画、日本・韓国・香港・台湾の作品も

本記事では、映画ファン215人へのアンケート調査をもとにした、コメディやホームドラマ、B級ものや名作まで、幅広いゾンビ映画の総合おすすめ人気ランキングをご紹介。記事の最後には脚本家でライターの難波 望さんによる選び方のポイントもありますので、ぜひ参考にしてみてください。

tag icon 洋画 , 邦画 , ホラー

B級映画おすすめ人気30選|邦画・洋画・パニック映画も紹介

B級映画おすすめ人気30選|邦画・洋画・パニック映画も紹介

低予算かつ、ユニークなアイデアで勝負する作品群のことをいう「B級映画」。メジャー映画では味わえない際どい描写なども魅力のひとつです。本記事では、B級映画選びのポイントとおすすめのタイトルを紹介します。B級映画の巨匠ともいわれる方の作品や、有名俳優の新人時代の作品なども紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

tag icon アクション , 洋画 , 邦画

泣ける映画おすすめ16選|恋愛・青春・家族愛・インド映画など厳選!

泣ける映画おすすめ16選|恋愛・青春・家族愛・インド映画など厳選!

「泣ける映画」にも青春・恋愛・家族愛・実話など様々なジャンルが存在します。せつない物語で号泣したり、はたまた最後はほっこりするハッピーエンドで泣いて笑ったり、楽しみ方も人それぞれ。本記事では、脚本家の難波 望さんと編集部が厳選した泣ける映画のおすすめ16選をご紹介します。

tag icon 洋画 , 恋愛 , 邦画

韓国映画おすすめランキング68選【ジャンル別】恋愛ものやサスペンス、アクションも

韓国映画おすすめランキング68選【ジャンル別】恋愛ものやサスペンス、アクションも

映画ライターの杉本穂高さんへの取材と、512名に向けたアンケート調査により、韓国映画おすすめランキングをジャンル別に発表! 恋愛ものやアクション、サスペンスやコメディなど幅広いジャンルの作品を紹介します。また、各映画の口コミも掲載しましたので、ぜひ参考にしてください!

tag icon アクション , 洋画 , 恋愛

サスペンス映画おすすめランキング62選|洋画・邦画別に紹介

サスペンス映画おすすめランキング62選|洋画・邦画別に紹介

ハラハラドキドキ、どんでん返しが痛快なサスペンス映画。ここでは、映画ファン309人へのアンケート調査をもとに洋画・邦画別サスペンス映画の名作・傑作おすすめ人気ランキングをご紹介します。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon 邦画 , 映画・ドラマ , DVD・ブルーレイソフト(映像作品)

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。