旅ジャーナリストが使って選んだおすすめスーツケース5選と人気17選

旅ジャーナリストが使って選んだおすすめスーツケース5選と人気17選

旅ジャーナリスト:のかたあきこ
旅ジャーナリスト
のかたあきこ

『旅行読売』編集記者を経て2002年独立。旅と温泉と地域活性をテーマに年200日取材。旅美人SPECIAL編集長、温泉ソムリエアンバサダー、銭湯検定3級。テレビ東京『ソロモン流』『厳選いい宿』出演後、旅のコメンテーターとしても活躍。

旅に欠かせないのが旅行カバン。最近は伸縮するハンドルとキャスターが付いたスーツケースやキャリーバッグが主流です。でも空港やホテルのロビー、街中などでキャスターが壊れてしまったり、ハンドルがゆがんでケース収納できなくなるなど困っているツーリストもいますね。そこで本格的な旅行シーズンが始まる前に、スーツケースやキャリーバッグについて見直してみませんか? スーツケースのエキスパートで旅ジャーナリスト・のかたあきこさんにスーツケースの選び方のポイントと実際に使ってみておすすめできるスーツケースを教えていただきました。また、マイナビニュース会員へのアンケートをもとにしたおすすめスーツケースも紹介します。


スーツケースが並んでいるイメージ写真です
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

スーツケースは旅の相棒。1度選んだら長くパートナーになる場合が多いものです。あなたにぴったりのスーツケースとは?

スーツケースの選び方

まずは、マイナビニュース会員へのアンケートで、スーツケース選びで重視しているポイントについて尋ねてみた結果をご紹介します。

アンケート結果で重視されていたのは「値段」「軽さ」「容量」

Q1.スーツケースを選ぶ際に重視しているポイントを教えてください(複数回答)  ※回答数:515名

値段:247名(48.0%)
軽いこと:238名(46.2%)
容量の多さ(大きいこと):128名(24.9%)
キャスターの強度(タイヤ):114名(22.1%)
TSAロック(鍵付):101名(19.6%)
機内持ち込みサイズ(小さいこと):83名(16.1%)
4輪タイヤ:8名(316.1%)
ハードタイプ:76名(14.8%)
静音キャスター(タイヤ)70名(13.6%)
メーカー:65名(12.6%)

マイナビニュース会員へのアンケート結果より、10位までの回答は以上のようになりました。価格は最大の関心事のようです。次いで軽さ、容量、強度が続きます。

TSAロックとは?

101人が重視していると答えたTSAロックとはアメリカ運輸保安局(TSA)が決めたルールに合わせた鍵のことです。米国では安全対策のため、スーツケースを開梱することがあり、TSAロックならアメリカ運輸保安局の職員がもつ特殊なツールを使って開くことができるため、鍵を壊されないで済むことが多いです。

アメリカへの旅行やビジネス渡航を考えているならば、これから購入するスーツケースはTSAロックを採用しているタイプが無難かもしれません。もしも、お手持ちのスーツケースがTSAロック非対応の場合は、鍵をかけずに外付けのTSAロックを使うといいでしょう。

BVのTSAロック。ダイヤル型でワイヤー式なので取り扱いがカンタンです!

DABADAのスーツケースベルト。TSAロックがついているタイプで便利です。

ハードタイプとソフトタイプに加えて2Wayタイプも

スーツケースは、強くて重いハードタイプ(ハードケース)と、軽いけれど耐久性が気になるソフトタイプ(ソフトケース)に分けることができます。最近は、キャリーケースとバックパックを兼ねるタイプの2wayスイッチバッグも注目されています。

旅ジャーナリスト

軽量で強度のある素材がおすすめです

「軽くて強い」は必要最低限! 航空会社による重量規則が近年厳格化され、鞄本体の軽量化ニーズが高まっています。ドイツの老舗・リモワのポリカーボネイト素材は軽量で知られ、日本ブランド・エースはグラスファイバー配合の新素材を開発し超軽量で話題に。強度もあり、手荷物を少々雑に扱われても破損の心配はありません。

◆ハードタイプの素材

ハードケースは素材によっておおまかに3種類に分けられます。それぞれの特徴とメリット・デメリットを見てみましょう。軽量化素材による、見た目しなやかなボディも驚くほど頑丈なのです。

アルミニウム合金ケース

世界初のアルミニウム一枚成形ボディを実現したレジェンドウォーカーの『A BLADE 1000シリーズ』。機内持ち込みも可能な小型タイプは4.3kgとちょっと重ため……。

スーツケースを評価するとき「堅牢」という言葉がたびたび使われますが、アルミニウム合金のケースは見るからに堅牢です。アルミ合金のスーツケースでしか出せないクールなかっこよさも魅力ですし、使いこむほどに表面のキズさえも味になります。

もちろん見た目の通りに外側のシェルは硬く、強く中身を守ります。気密性もとても高いです。でも高価なモデルが多いですし、アルミ合金のケースは重くなりがち。軽いポリカーボネートのケースなら重量オーバーにならなかったのに……ということがアルミ合金のケースではたびたび起こります。それでもやはりひとつは持っていたいと思わせるのがアルミ合金のハードケースです。

ポリカーボネート素材のハードケース

軽量と耐久性に優れたポリカーボネートボディのリモワ『サルサエアー』。機内持ち込みが可能な小型タイプではなんと1.9kgと最軽量クラスです!

現在主流のハードケースの素材としては最も軽いのがポリカーボネート。警備業界では防弾盾などにも使われ、建設業界でも強化ガラスに代わる素材として期待されていたりするくらい強い素材です。単純比較は難しいですが、アルミ合金のハードケースの3分の1ほどの軽さに仕上がります。そしてシェルを非常に薄くできるため、同じ外寸ならば容量を大きくすることもできます。

ただし、薄い分、広い面を押したりするとペコペコするため、「何となく頼りない」と感じるユーザーは多いようです。特殊なプラスチック素材ですのでポリカーボネートのハードケースはコスト高で、各メーカーでも上位機種から導入しているのが実情です。

ABS樹脂素材のハードケース

サムソナイトの新ブランドカメレオンのVERONA(ベロナ)は、ABS樹脂を採用し、頑丈で傷のつきにくいテクスチャー加工!

つい最近までABS樹脂がハードケース用の素材の主流でしたが、より軽く、より強いポリカーボネート・ハードケースの登場で、ABS樹脂は各メーカーの普及モデルやノーブランドの安価なハードケースに使用されるようになっています。

ポリカーボネートと比べて、ABS樹脂のハードケースはやや重めです。同じ外寸なら容量も少し小さくなってしまいます。また、衝撃や歪みといった面でも、ポリカーボネートに比べたら劣ります。

◆ハードタイプの開閉方式

ハードケースにはセンターにいかにも頑丈そうな金属製のフレームがあるタイプと、ファスナーで開閉するタイプがあります。どちらにもメリットがあり、デメリットもあります。

フレーム式

クロースのスーツケースは空港などで乱雑な扱いをされても開閉しにくく、フレーム部もゆがみにくい設計に。

ケースのセンターに凹型の金属枠があるタイプです。この金属枠でスーツケースを歪みや変形からしっかりと守っています。一般的にフレームが厚く凹の溝が深いタイプのほうがより強度が高いと言われています。またケース内部の気密性を高めたり、堅固な鍵が設定しやすくこじ開けに強い設計も可能なのでセキュリティ面でのメリットもあります。ケースの開閉も簡単です。

しかし、金属枠そのものが重いため、スーツケース全体の重量増に繋がってしまうというデメリットもあります。また粗悪なモデルではフレームそのものが弱くて曲がったり、歪んだりする場合も。メジャーなメーカーのブランドを選んだほうがよいでしょう。

ファスナー式

アメリカンツーリスターのファスナー式スーツケース。軽量なのが特長。

凹型の金属フレームの部分がファスナーになっているタイプです。フレーム式に比べて重量をおさえられるメリットがあります。コスト面でも安上がりで、価格もフレーム式に比べて安い場合が多いです。またモデルによってはファスナーの布の部分にマチをもうけていて荷物が増えたときにスーツケースが多少膨らんでしまってもファスナーを閉められるタイプもあります。

ただし、セキュリティの面ではフレーム式にかないません。ファスナー脇の布の部分を鋭利な刃物で切り裂かれたという事例もあります。またファスナー部は撥水加工が施されていますが、使用が長くなったら定期的に撥水処理をしたほうがいいかもしれません。

◆多少の荷物増にも対応する軽量なソフトタイプ

ソフトタイプのキャリーケースにはナイロンやポリエステル、それからナイロンの5倍の強度を持つバリスティックナイロンなどの繊維素材が使われています。ソフトタイプの場合はほとんどのモデルが前面開閉なのでハードケースの半分のスペースでメインコンパートメントの開閉ができます。またある程度フレキシブルなので、荷物が増えても収納できます。

それに、一般的には繊維素材のソフトタイプのほうがハードケースよりも軽く作れるといわれています。さらに大小の外ポケットがあるのもソフトタイプのメリットです。セキュリティの面ではハードケースにはかないませんが、最近のモデルは鍵もずいぶんと進歩しています。

◆2wayスイッチバッグ|空港ではキャリーバック、街中はバックパックに

SOLO-TOURIST(ソロ・ツーリスト)『アブロードキャリー 43』は、機内持ち込みが出来る便利なサイズ。背面にエアメッシュクッション、チェストベルトとウエストベルトが付いているので長時間背負っても疲れにくく、また、安定して転がしやすいキャスターもついています。

ハードケース、ソフトタイプのキャリーバッグに続いて最近注目されている第三の選択肢がスイッチバッグとか2wayキャリー、またはキャリア付バックパックと呼ばれるスタイルの旅行カバンです。

旅先ではキャスターが転がりやすい道もあれば石ダタミや未舗装路、雪道など転がりにくい場所もあります。トランクには手持ちのハンドルも付いてはいますが、持ち歩きはなかなかつらいでしょう。スイッチバッグにはキャスターも付いていますが、背面にハーネスも付いていて、バックパックとしても使えます。しっかりと背負ってしまうので両手が自由になり地図を手に町歩き……と、荷物に煩わされずに旅が楽しめます。とりわけ、ホテルを基地にできない連日移動の旅ではスイッチバッグが便利です。また駅の乗り換え階段など段差の多い場所でも活躍します。

が、もちろんデメリットもあります。ふつうのバックパックに比べてキャスター周りのパーツやハンドルなどが増える分、バックパックとしてはかなり重くなります。

スーツケース・キャリーバッグの容量はどう選ぶ?

◆スケジュールに合わせてスーツケースやキャリーバッグのサイズを決める

スーツケースやキャリーバッグの大きさはS、M、L、LLと表記されることもあれば、高さ/幅/奥行きで寸法表示されることもあります。また容量でも大きさを示すことがあり、その場合の単位はL(リットル)です。

●サイズと容量 旅行日数の目安
Sサイズ/35L以下 1~3泊程度
Mサイズ/36~50Lぐらい 2~4泊程度
Lサイズ/51~80Lぐらい 3泊~1週間前後
LLサイズ/81L以上 5~10泊程度

携行品の量にもよりますがひとつのトランクやキャリーバッグで旅をするとすれば、サイズ/容量とスケジュールの目安にして下さい。なお、メーカーによってサイズと容量の基準が異なることもあります。

◆国内旅行は搭乗する飛行機の大きさで機内持ち込み可のサイズが異なる場合も

Sサイズのスーツケースやキャリーバッグにはたいがい「機内持ち込み可」と書かれています。が、国内線にはもう少し細かいルールがあります。 ※搭乗する国内線航空会社に必ず確認して下さい。

100席以上の国内線の機内持ち込み可サイズの目安

高さ55cm以内×幅40cm以内×奥行き25cm以内 3辺(高さ+幅+奥行き)115cm以内 重量(バッグ重量含む)10kgまで

100席未満の国内線の機内持ち込み可サイズの目安

高さ45cm以内×幅35cm以内×奥行き25cm以内 3辺合計100cm以内 重量10kgまで

LCCの国内線ではさらに持ちこみサイズや重量条件が厳しい場合があります。トランク購入時の「機内持ち込み可」は必ずしもスタンダードではありません。

◆海外旅行は預ける荷物に気をつかいたいもの

一方、荷物が大きくなりがちな海外旅行の場合ですが、機内持ち込み可サイズにも無料受託荷物(貨物室預けの荷物)にも航空各社でそれぞれ規定があります。

※搭乗する国際線航空会社に必ず確認して下さい。

国際線の機内持ち込み可サイズの目安

高さ55cm以内×幅40cm以内×奥行き25cm以内 3辺合計115cm以内

ほとんどのSサイズのスーツケースやキャリーバッグは問題ありません。ただし重量は航空会社によって上限にかなり差がありますので、旅行前に確認したほうがいいでしょう。

エコノミークラスの受託荷物の制限(JALの場合)

3辺合計203cm以内 23kgまで 2個まで

ただし短距離便では「32kgまで 1個まで」という場合もあります。

ファーストクラス、ビジネスクラスの受託荷物の制限(JALの場合)

3辺合計203cm以内 32kgまで 3個まで

ANAの場合はサイズ制限が更に厳しく、どのクラスでも「3辺(縦・横・高さ)の合計が158cm以内となっています。

また、最近はLCCを上手に使って格安で長旅をするツーリストも増えています。LCC各社にはそれぞれの規定があり、上記の範疇ではありませんのでお気をつけ下さい。

内外の機能からスーツケース/キャリーバッグを選ぶ

重さ(軽さ)に満足して、サイズも納得したら、スーツケースやキャリーバッグの機能にも注目してみましょう。

外側では多段階でハンドルの長さが固定できること。鍵は、先にふれたTSAロックのように、ユーザーには使いやすく、しかも開けられにくいことが大切なポイントです。

内部では仕切りや小物入れのポケットが使いやすそうかどうかをしっかり吟味します。

それから外装ですが、ツヤツヤでピカピカの鏡面仕上げはキレイで惹かれます。しかしツヤがなくデコボコしているエンボス加工には汚れやキズが目立ちにくいというメリットがあります。

旅ジャーナリスト

素材やデザイン性など機能面以外にも注目を

デザイン性は大事にしたい! ファッションを楽しむように旅行カバンもシーンで使い分けたいものです。色やサイズはもちろん、素材やデザインも、各メーカー個性豊かに展開。大航海時代のような革製トランクのスーツケースにも憧れます。機能性を重視しがちですが、素材に応じた手入れなどを学べば、スーツケース選びの楽しみが倍増します。

◆2キャスターか4キャスターか

2キャスターはハンドル側のコーナにだけキャスターがあるタイプです。車軸はボトムに固定されています。一方、4キャスターはボトムの4隅に近い部分に360度フリーのキャスターが付いています。

2キャスタータイプ

2輪タイプは本体を少し傾けなければ転がせないため、後ろ手で引くことになります。このタイプのメリットは、路面の状況にあまり左右されないことです。デメリットは、移動中はずっと力を入れていなければならないことと、後方に気を配る必要があることです。

4キャスタータイプ

4輪タイプはケースを傾ける必要がなく、体の真横の近いところで小さな力で転がすことができます。しかし荒れた路面はあまり得意ではなく、石ダタミの街はかなり苦手です。

最後にキャスターについてもうひとつ。一般論としてキャスターの径は大きい方が荒れた路面に強いといわれています。しかし、同じ素材なら大きいキャスターは小さいキャスターよりも耐久性で劣るともいわれています。

旅ジャーナリスト

キャスターの動きやすさは最も大事にして

キャスターの動きやすさは最重要! スムーズに移動できれば、旅の快適性もアップします。動きが悪い安価のキャスター商品を選ぶと、持ち手に重さがかかり、長時間の負担は腱鞘炎を招くことも。前後左右360度回転する4輪キャスターなど、少々高価でも機動性に優れ、修理保証も万全のメーカーなら、長い目では賢い買い物に。

レジェンドウォーカーのグランドブレイドは、2輪と4輪の両シリーズを展開

T&S『LEGEND WALKER(レジェンドウォーカー) GRAND BLADE(グランド ブレイド) 6607シリーズ』

こちらは4輪タイプ。

T&S『LEGEND WALKER(レジェンドウォーカー) GRAND BLADE(グランド ブレイド) 6606シリーズ』

こちらは2輪タイプです。

信頼できるメーカーやブランドから選ぶ

スーツケースやキャリーバッグは帰宅するときまで大切な荷物を守ってくれる大切なアイテムです。たとえばキャスターの破損、ケースが歪んで閉まらないなどのトラブルが起こりにくい商品を選びたいものです。

この業界でトップとか一流と評価されているブランドは、そうした起こりうるトラブルに対して商品テストを繰り返しています。高レベルの安全性が確認できて初めて商品になります。だから格安のノーブランド品と比べれば高価ではあるものの、トップブランドや一流メーカーの商品を選ぶということは、ある意味で安心もいっしょに購入していることになります。しかも、万が一のトラブルでも、たいていは各社独自の保証が受けられます。

価格が安いものに惹かれてしまいがちですが、コストパフォーマンス(以下コスパ)を考えるときは、パフォーマンスの部分をしっかり吟味することが重要です。パフォーマンスが高いと人気のスーツケースのメーカーやブランドについて、アンケートで上位となったものは以下のとおりです。

Q2.お持ちのスーツケースのメーカーを教えてください(※複数お持ちの方は一番使っているものを教えてください。)  ※回答数:515名

1位 Samsonite(サムソナイト):54名(10.5%)
2位 エース:36名(7.0%)
3位 無印良品:28名(5.4%)
4位 吉田カバン:16名(3.1%)
5位(同率)RIMOWA(リモワ):10名(1.9%)
5位(同率)Proteca(プロテカ):10名(1.9%)
7位 TUMI(トゥミ):7名(1.4%)
8位(同率)SANCO(サンコー):6名(1.2%)
8位(同率)ZEROHALLIBURTON(ゼロハリバートン):6名(1.2%)
10位(同率)LOUIS VUITTON(ルイヴィトン):4名(0.8%)
10位(同率)GUCCI(グッチ):4名(0.8%)
10位(同率)レジェンドウォーカー:4名(0.8%)

その他:31名(6.0%) メーカーがわからない:179名(35.0%)
持っていない:120名(23.0%)

マイナビニュース会員のアンケートでもユーザーが多かったメーカーやブランドのなかから、いくつか代表的なメーカー/ブランドについて触れておきましょう。

Samsonite(サムソナイト)

アメリカ発祥の世界最大級のスーツケースメーカーです。グループ内に『TUMI(トゥミ)』、『American Tourister(アメリカンツーリスター)』など、老舗・人気のブランドを多く抱えています。

エース

日本の旅行カバンメーカーではトップクラスのシェアをほこっています。『Proteca(プロテカ)』はエースの展開するブランドのひとつです。また、女性社員チームが「本当に欲しいと思うスーツケースを作る」というコンセプトのもと開発した『HaNT(ハント)』は女性に支持されています。

無印良品

ユーザー目線で企画されたハードケースもソフトキャリーも使い勝手がよくて高品質。コスパもバツグンです。

吉田カバン

日本製にこだわるカバンメーカーです。PORTERは吉田カバンのブランド。ソフトタイプのキャリーケースを『トロリーバッグ』としてラインナップしています。

RIMOWA(リモワ)

アルミ合金のハードケースで有名なドイツのメーカーです。8/1よりリニューアルし『オリジナル』『クラシック』『エッセンシャル』『ハイブリッド』のラインナップ構成となりました。

SANCO(サンコー)

創業は明治という老舗の旅行カバンメーカーです。数代にわたるリピーターも多いようです。『SUPER LIGHTS(スーパーライト)』が代表的なシリーズです。また、イギリスの老舗ブランド『Antler(アントラー)』、フランスの老舗ブランド『DELSEY(デルセー)』などの委託販売もしています。

ZEROHALLIBURTON(ゼロハリバートン)

アルミ合金のハードケースはクール。アポロ計画では備品に選ばれ、月の石を地球に運んできました。エース傘下の現在もメイド・インUSAにこだわっています。

siffler(シフレ)

業界に参入したのはそれほど古くないですが、品質と機能で人気の日本のメーカーです。上記のランキングからは惜しくも漏れましたが、おすすめです。

旅ジャーナリスト・のかたあきこさんおすすめのスーツケース5選

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

リモワ『RIMOWA サルサエアー』

出典:Amazon

タイプ
ハード
TSAロック
あり
サイズ(高x幅x奥行)
55x40x20cm
容量
34L
重量
1.9kg
素材
ポリカーボネート
Thumb lg 393be1af de13 44c9 8465 85b3667ee7b9
旅ジャーナリスト

リモワの代表格。軽さ、機動力、デザイン性が優秀

軽さ、機動力、デザイン性抜群。軽量化を実現したポリカーボネートを使用する、リモワの代表商品。360度前後左右に回転する4輪ダブルキャスターで快適に動きます。T字型ハンドルも操作性に優れます。

旅ジャーナリスト

リモワ『サルサデラックス』27リットル

ビジネスシーンに相応しい!
ビジネス用キャリーの定番。横型タイプで内部は蛇腹(取り外し可能)仕様のため、書類やパソコンが取り出しやすいのが魅力です。会議室に持ち込んでも気にならないスマートなデザインもいいですね。4輪。

リモワ 『サルサDX ハイブリッド 』

出典:楽天市場

タイプ
ハード
TSAロック
あり
サイズ(高x幅x奥行)
42.5×40×22.5cm
容量
23L
重量
3.8kg
素材
ポリカーボネート

旅ジャーナリスト・のかたあきこさんおすすめのリモワ 『RIMOWA サルサデラックス』の現行品23リットル(リモワ サルサデラックス ハイブリッド)はこちらです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ACE(エース)『 ロックペイントSS』

出典:Amazon

タイプ
ソフト
TSAロック
あり
サイズ(高x幅x奥行)
55×43×25cm
容量
58L
重量
2.8kg
素材
ポリエステル
Thumb lg 393be1af de13 44c9 8465 85b3667ee7b9
旅ジャーナリスト

軽くて開閉しやすいソフトキャリー

ソフトキャリーケースで軽いのがいい。これはジッパータイプの縦開き。開閉しやすく使いやすいです。前ポケットほか内装に大型ポケットがあり便利。荷物が増えて多少膨らんでもOKなのはソフトキャリーの魅力ですね。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ACE(エース)『PROTECA(プロテカ)マックスパスH2s』

出典:Amazon

タイプ
ハード
TSAロック
あり(ダイヤル式)
サイズ(高x幅x奥行)
46×39×25cm 
容量
40L
重量
3.3 kg
素材
ポリカーボネート
Thumb lg 393be1af de13 44c9 8465 85b3667ee7b9
旅ジャーナリスト

たっぷり容量の機内持ち込みサイズ

機内持ち込み容量最大級(40L)のサイズ感がいい。フロントにパソコン収納ができる開閉式ポケットがあって使いやすいタイプ。デザイン性、傷が目立たない表面加工、メイドインジャパンの高品質もおすすめできる理由です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

無印良品『キャリーバッグ』

出典:www.muji.net

タイプ
ハード
TSAロック
あり
サイズ(高x幅x奥行)
54×37×23.5cm
容量
約35L
重量
約3.5kg
素材
ポリカーボネート・ABS樹脂
Thumb lg 393be1af de13 44c9 8465 85b3667ee7b9
旅ジャーナリスト

低価格ながら、機能充実で使いやすい

ストッパー付きハードキャリーで、坂道や電車内など転がらず安心です。5サイズ展開(19〜104L)や、無印良品ならではのシンプルなデザイン、リーズナブルな価格が魅力。静音キャスターや自由調整のキャリーバーもいいですね

定番から選ぶか、最新モデルにするか……スーツケースおすすめ17選

RIMOWA(リモワ)『TOPAS(トパーズ) Cabin MultiWheel(キャビンマルチホイール) 92377004』

出典:Amazon

タイプ
ハード
TSAロック
あり(ダイヤル式x2)
サイズ(高x幅x奥行)
81.5×55×28.5cm
容量
98L
重量
7.2kg
素材
アルミニウム合金(アルミニウム×マグネシウム)

◆旅行好きなら持っていたい一生もののスーツケース

1週間から10日分の旅行荷物をたっぷり詰められるLLサイズのTOPASです。アルミ合金のスーツケースは長い旅行が決まるたびに「ひとつ持っていたらよかったのに……」と考えがち。リモワなら一生ものだから、この機会に検討してもいいかもしれません。なお、2018年ラインナップが一新、『TOPAS』は『ORIGINAL』にリニューアルされました。

Samsonite(サムソナイト)『Cosmolite(コスモライト) Spinner75(スピナー75)』

出典:Amazon

タイプ
ハード
TSAロック
あり(ダイヤル式)
サイズ(高x幅x奥行)
75×51×31cm
容量
94L
重量
2.6kg
素材
Curv(R)(カーヴ) ※ポリプロピレンを使った新素材

◆最新テクノロジーから生まれた軽いハードケース

ボディ素材の『カーヴ』はサムソナイトだけのスペシャルテクノロジー。とても強靱でしかも超軽量に仕上がっています。75は1週間ほどの旅行にぴったりの94リットル。シェルのデザインやハンドルも独創的です。

AmericanTourister(アメリカンツーリスター)『BonAir(ボンエアー) Spinner55(スピナー55)』

出典:Amazon

タイプ
ハード
TSAロック
あり(ダイヤル式)
サイズ(高x幅x奥行)
55×40×20cm
容量
31.5L
重量
2.6kg
素材
ポリプロピレン

◆マット&グロスのおしゃれなデザインに注目

『BonAir』はマットとグロス、ふたつの仕上げを併用するファスナー式のハードケースシリーズ。TSAロックを搭載しています。『Spinner55』はシリーズ中のミニマムサイズで、57.5Lの『Spinner66』、91Lの『Spinner75』もラインナップしています。

ACE(エース)『PROTECA(プロテカ) MAXPASS(マックスパス) H2s(エイチツーエス) 02761』

出典:Amazon

タイプ
ハード
TSAロック
あり(ダイヤル式)
サイズ(高x幅x奥行)
46×39×25cm
容量
40L
重量
3.3kg
素材
ポリカーボネート

◆小さめなのにたっぷり!使い勝手◎のハードケース

外寸は機内持ち込み可能なSサイズ相当だけど容量はMサイズ相当の40L。書類やPCを整理して収納できるフロントポケット付でハードケースなのにソフトキャリーと同じような使い勝手です。滑らかで静かなサイレントキャスター。

ACE(エース)『HaNT(ハント) mine(マイン) 05747』

出典:Amazon

タイプ
ハード
TSAロック
あり(ダイヤル式)
サイズ(高x幅x奥行)
71×49×25cm
容量
75L
重量
4.1kg
素材
ポリカーボネート

◆女性目線で開発された女性にうれしいハードケース

エースの女性スタッフチームが開発したシリーズ。ルックス、収納性、それにうれしい付属品などオシャレで気の利いているハードケースです。ラインナップは33L、47L、75Lの3種類。カラーラインナップも豊富。

ZERO HALLIBURTON(ゼロハリバートン)『Geo Aluminum3.0TR 94261』

出典:Amazon

タイプ
ハード
TSAロック
あり(ダイヤル式x2)
サイズ(高x幅x奥行)
83×57×26cm
容量
95L
重量
8.3kg
素材
アルミニウム

◆どんな環境下でも中身を守るのがポリシー

あらゆる環境でケースの中身を守り抜くという思想を貫くブランド。『Geo Aluminum 3.0 TR』シリーズはそんなゼロハリの中でも、もっともゼロハリらしいシリーズ。サイズも豊富でライフスタイルに合わせやすい。使いこむほどについてしまうキズまでも旅の思い出になります。

SANCO(サンコー)『SUPER LIGHTS(スーパーライト) MGC1-69』

出典:Amazon

タイプ
ハード
TSAロック
あり(シリンダー式x2)
サイズ(高x幅x奥行)
74×51×30cm
容量
93L
重量
4.2kg
素材
HTポリカ ※ポリカーボネート独自改良

◆十分な強度をキープしつつ超軽量で大容量

シェルはエンボス加工のポリカーボネート。フレームにはマグネシウム合金を採用しています。だから十分な強度をキープしつつ超軽量で大容量(SサイズのMGC1-57は56Lで約3.5kg、MサイズのMGC1-63は73Lで約3.8kg、LサイズのMGC1-69は約4.2kgで93L)。また、全てのハンドルを抗菌加工しており、持つ人の心地よさも追求しています。

Innovator(イノベーター)『INV48』

出典:Amazon

タイプ
ハード
TSAロック
あり(シリンダー式)
サイズ(高x幅x奥行)
55×37×23cm
容量
38L
重量
2.7kg
素材
ポリカーボネート

◆7色のカラーバリエーションから選べます

IVNシリーズはシェル&ジッパータイプの軽量ハードケース。ブルー/イエロー、ネイビー/レッドなど個性的なカラーリングも選べる7色の多彩なバリエーションも魅力です。ひと回り大きな50LのINV-55もラインナップ。

無印良品『半分の厚みで収納できるソフトキャリーS』

出典:www.muji.net

タイプ
ソフト
TSAロック
なし
サイズ(高x幅x奥行)
54×36.5×24cm
容量
36L
重量
3.2kg
素材
ポリエステル

◆使わないときの保管のことまで考えてくれています

キャリーバックは使わないときにはけっこうじゃまになります。そこで無印良品のソフトキャリーは内部のパネルを上げることでSサイズもLサイズも厚みを約半分にたためる省スペース設計のキャリーです。なお、LサイズにはSサイズがすっぽり収まります。

Samsonite(サムソナイト)『B-Lite3(ビーライトスリー) Spinner71(スピナー71) エキスパンダブル 39D-006』

出典:Amazon

タイプ
ソフト
TSAロック
あり(ダイヤル式)
サイズ(高x幅x奥行)
71×46×29cm(拡張時32cm)
容量
81.5L(拡張時88L)
重量
3kg
素材
ナイロン+ポリエステル

◆男女問わず使えそうな軽量の4輪キャリー

B-Lite3スピナーシリーズは超軽量の4輪キャリー。サムソナイトのソフトキャリーらしいすっきりとしたブラックまたはダークブルーで、男女問わず、またビジネスにもレジャーにも使えそう。55は36.5L、63は最大61L、71は最大88L、78は最大117.5L。

TUMI ALPHA2 22020 TSAロック付き インターナショナル・エクスパンダブル・2ウィール・キャリーオン ブラック [並行輸入品]

出典:Amazon

タイプ
ソフト
TSAロック
なし
サイズ(高x幅x奥行)
56×35.5×23cm(拡張時28cm)
容量
30L
重量
4.9kg
素材
FXTバリスティックナイロン

◆ダイレクトにメインコンパートメントにアクセス

強靭なFXTバリスティックナイロンのソフトキャリーです。フロントファスナーからメインコンパートメントにダイレクトのアクセスできます。スーツ2着がおさまるセクションがあったり、小物用のポケットが内外に備わっていて、旅先でバタバタしません。

Antler(アントラー)『TITUS(タイタス) Lサイズ ATIS-75』

出典:Amazon

タイプ
ハード×ソフト
TSAロック
あり(ダイヤル式)
サイズ(高x幅x奥行)
80×48×30cm
容量
90L
重量
2.8kg
素材
ナイロン+ポリプロピレン

◆ハードケースとソフトキャリーのハイブリット

ボディは軽いナイロン、強度のほしいトップとキャリーはポリプロピレン。だからタイタスシリーズは軽くてしなやかで、でもバツグンの安心感。大径ダブルホイールはデコボコ道でも快適です。Sは30Lで約2.3kg、Mは57Lで約2.5kg、Lは90Lで約2.8kg。

siffler(シフレ)『ZERO GRA(ゼログラ) ZERO2088-46』

出典:Amazon

タイプ
ハード
TSAロック
あり(シリンダー式)
サイズ(高x幅x奥行)
50×40×25cm
容量
42L
重量
2.3kg
素材
ポリカーボネート

◆ひとさし指一本で持ち上がる超軽量ハード

機内持ち込み可サイズに収まっているけれど、容量はひとクラス上の40リットルを達成。ゼログラ=ゼログラビティとは「無重力」のことで、4輪キャスタータイプでTSAロックも備えた乾燥重量はわずか2.3kg。

siffler(シフレ)『ESCAPES(エスケープ) 拡張スーツケース ESC2007-65』

出典:Amazon

タイプ
ハード
TSAロック
あり(シリンダー式)
サイズ(高x幅x奥行)
72×50×29cm(拡張時36cm)
容量
90L(拡張時102L)
重量
4.7kg
素材
ポリカーボネート、ABS

◆いざというときには容量がアップします

拡張型ジッパーを採用したハードケースは急に荷物が増えたときにも安心。シリーズ最大級のESC2007-65は90L→102Lに容量がアップ。拡張ジッパーを使って容量アップしても無料受託荷物サイズ限度いっぱいで収まります。

ACE(エース)『World Traveler(ワールドトラベラー) CLEARWATER(クリアウォーター)』

出典:Amazon

タイプ
ハード
TSAロック
あり(シリンダー式)
サイズ(高x幅x奥行)
66×47×27cm
容量
60L
重量
4kg
素材
ポリカーボネート、ABS

◆日本人好みと世界の旅を知り尽くしたエースの秀作

メッシュポケットの中仕切りはポケットの中の物がひと目で把握できて、しかも全開したときの荷物のこぼれ落ちも防ぐ……とかエースは几帳面な日本人気質をわかってくれています。サイレントキャスターは大きなゴロゴロ音を軽減します。

吉田カバン『PORTER(ポーター) TIME(タイム) TROLLEY BAG S(トロリーバッグ)』

出典:Amazon

タイプ
ソフト
TSAロック
あり(ダイヤル式)
サイズ(高x幅x奥行)
55×35.5×23cm
容量
25L
重量
3.9kg
素材
コーデュラ(R)ナイロンツイル

◆ポーターのソフトキャリケース「トロリーバッグ」

日本製にこだわり確かな品質で、さまざまなカバンを展開している吉田カバン。スタイリッシュかつ、シンプルなデザインと、使い勝手のよい収納や強度・軽さ・防水性など色々な工夫が人気の理由で、「トロリーバッグ」でもその工夫は健在です。

OUTDOOR PRODUCTS(アウトドアプロダクツ)『リュックキャリー』

出典:Amazon

タイプ
ソフト(マルチ機能)
TSAロック
なし
サイズ(高x幅x奥行)
55×36×23cm
容量
35L
重量
2.4kg
素材
ポリエスエル

◆多機能リュックキャリー 機内持ち込みも

アメリカでリーズナブルであるにも関わらず、機能性と耐久性で高い評価を得ているアウトドア用品メーカーの多機能リュックキャリーです。機内持ち込みもできる小型タイプ。背負った際の工夫が施されており、エアメッシュで背中が蒸れにくく、キャスターにはワンタッチカバーで付いており、背中が汚れにくいです。

一覧表でおすすめ商品を比較する

画像

リモワ『RIMOWA サルサエアー』
リモワ 『サルサDX ハイブリッド 』
ACE(エース)『 ロックペイントSS』
 ACE(エース)『PROTECA(プロテカ)マックスパスH2s』
無印良品『キャリーバッグ』
RIMOWA(リモワ)『TOPAS(トパーズ) Cabin MultiWheel(キャビンマルチホイール) 92377004』
Samsonite(サムソナイト)『Cosmolite(コスモライト) Spinner75(スピナー75)』
AmericanTourister(アメリカンツーリスター)『BonAir(ボンエアー) Spinner55(スピナー55)』
ACE(エース)『PROTECA(プロテカ) MAXPASS(マックスパス) H2s(エイチツーエス) 02761』
ACE(エース)『HaNT(ハント) mine(マイン) 05747』
ZERO HALLIBURTON(ゼロハリバートン)『Geo Aluminum3.0TR 94261』
SANCO(サンコー)『SUPER LIGHTS(スーパーライト) MGC1-69』
 Innovator(イノベーター)『INV48』
無印良品『半分の厚みで収納できるソフトキャリーS』
Samsonite(サムソナイト)『B-Lite3(ビーライトスリー) Spinner71(スピナー71) エキスパンダブル 39D-006』
TUMI ALPHA2 22020 TSAロック付き インターナショナル・エクスパンダブル・2ウィール・キャリーオン ブラック [並行輸入品]
Antler(アントラー)『TITUS(タイタス) Lサイズ ATIS-75』
siffler(シフレ)『ZERO GRA(ゼログラ) ZERO2088-46』
siffler(シフレ)『ESCAPES(エスケープ) 拡張スーツケース ESC2007-65』
ACE(エース)『World Traveler(ワールドトラベラー) CLEARWATER(クリアウォーター)』
吉田カバン『PORTER(ポーター) TIME(タイム) TROLLEY BAG S(トロリーバッグ)』
OUTDOOR PRODUCTS(アウトドアプロダクツ)『リュックキャリー』

商品

リモワ『RIMOWA サルサエアー』 リモワ 『サルサDX ハイブリッド 』 ACE(エース)『 ロックペイントSS』 ACE(エース)『PROTECA(プロテカ)マックスパスH2s』 無印良品『キャリーバッグ』 RIMOWA(リモワ)『TOPAS(トパーズ) Cabin MultiWheel(キャビンマルチホイール) 92377004』 Samsonite(サムソナイト)『Cosmolite(コスモライト) Spinner75(スピナー75)』 AmericanTourister(アメリカンツーリスター)『BonAir(ボンエアー) Spinner55(スピナー55)』 ACE(エース)『PROTECA(プロテカ) MAXPASS(マックスパス) H2s(エイチツーエス) 02761』 ACE(エース)『HaNT(ハント) mine(マイン) 05747』 ZERO HALLIBURTON(ゼロハリバートン)『Geo Aluminum3.0TR 94261』 SANCO(サンコー)『SUPER LIGHTS(スーパーライト) MGC1-69』 Innovator(イノベーター)『INV48』 無印良品『半分の厚みで収納できるソフトキャリーS』 Samsonite(サムソナイト)『B-Lite3(ビーライトスリー) Spinner71(スピナー71) エキスパンダブル 39D-006』 TUMI ALPHA2 22020 TSAロック付き インターナショナル・エクスパンダブル・2ウィール・キャリーオン ブラック [並行輸入品] Antler(アントラー)『TITUS(タイタス) Lサイズ ATIS-75』 siffler(シフレ)『ZERO GRA(ゼログラ) ZERO2088-46』 siffler(シフレ)『ESCAPES(エスケープ) 拡張スーツケース ESC2007-65』 ACE(エース)『World Traveler(ワールドトラベラー) CLEARWATER(クリアウォーター)』 吉田カバン『PORTER(ポーター) TIME(タイム) TROLLEY BAG S(トロリーバッグ)』 OUTDOOR PRODUCTS(アウトドアプロダクツ)『リュックキャリー』

特徴

リモワの代表格。軽さ、機動力、デザイン性が優秀 軽くて開閉しやすいソフトキャリー たっぷり容量の機内持ち込みサイズ 低価格ながら、機能充実で使いやすい ◆旅行好きなら持っていたい一生もののスーツケース ◆最新テクノロジーから生まれた軽いハードケース ◆マット&グロスのおしゃれなデザインに注目 ◆小さめなのにたっぷり!使い勝手◎のハードケース ◆女性目線で開発された女性にうれしいハードケース ◆どんな環境下でも中身を守るのがポリシー ◆十分な強度をキープしつつ超軽量で大容量 ◆7色のカラーバリエーションから選べます ◆使わないときの保管のことまで考えてくれています ◆男女問わず使えそうな軽量の4輪キャリー ◆ダイレクトにメインコンパートメントにアクセス ◆ハードケースとソフトキャリーのハイブリット ◆ひとさし指一本で持ち上がる超軽量ハード ◆いざというときには容量がアップします ◆日本人好みと世界の旅を知り尽くしたエースの秀作 ◆ポーターのソフトキャリケース「トロリーバッグ」 ◆多機能リュックキャリー 機内持ち込みも

価格

Amazon : ¥ 50,879
楽天市場 : ¥ 50,999
Yahoo!ショッピング : ¥ 50,999
※各社ECサイトの 2019年1月8日時点 での税込価格
楽天市場 : ¥ 83,109
※各社ECサイトの 2019年1月21日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 15,120
楽天市場 : ¥ 15,120
※各社ECサイトの 2019年1月8日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 58,320
楽天市場 : ¥ 58,320
※各社ECサイトの 2019年1月8日時点 での税込価格
無印良品 : ¥ 14,900
Amazon : ¥ 141,439
※各社ECサイトの 2019年1月8日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 81,000
楽天市場 : ¥ 81,000
※各社ECサイトの 2019年1月8日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 22,680
楽天市場 : ¥ 22,680
※各社ECサイトの 2019年1月8日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 58,320
楽天市場 : ¥ 58,320
※各社ECサイトの 2019年1月8日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 33,480
楽天市場 : ¥ 33,480
※各社ECサイトの 2019年1月8日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 232,200
楽天市場 : ¥ 232,200
※各社ECサイトの 2019年1月8日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 32,400
楽天市場 : ¥ 32,400
※各社ECサイトの 2019年1月8日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 17,280
楽天市場 : ¥ 17,280
※各社ECサイトの 2019年1月8日時点 での税込価格
無印良品 : ¥ 9,900
Amazon : ¥ 39,960
楽天市場 : ¥ 39,960
※各社ECサイトの 2019年1月8日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 63,720
楽天市場 : ¥ 62,800
※各社ECサイトの 2019年4月16日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 24,840
楽天市場 : ¥ 24,840
※各社ECサイトの 2019年1月8日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 20,520
楽天市場 : ¥ 20,520
※各社ECサイトの 2019年1月8日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 12,744
楽天市場 : ¥ 12,744
※各社ECサイトの 2019年1月8日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 34,560
楽天市場 : ¥ 28,080
※各社ECサイトの 2019年1月8日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 69,120
楽天市場 : ¥ 69,120
※各社ECサイトの 2019年1月8日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 16,200
楽天市場 : ¥ 16,200
※各社ECサイトの 2019年1月8日時点 での税込価格

タイプ

ハード ハード ソフト ハード ハード ハード ハード ハード ハード ハード ハード ハード ハード ソフト ソフト ソフト ハード×ソフト ハード ハード ハード ソフト ソフト(マルチ機能)

TSAロック

あり あり あり あり(ダイヤル式) あり あり(ダイヤル式x2) あり(ダイヤル式) あり(ダイヤル式) あり(ダイヤル式) あり(ダイヤル式) あり(ダイヤル式x2) あり(シリンダー式x2) あり(シリンダー式) なし あり(ダイヤル式) なし あり(ダイヤル式) あり(シリンダー式) あり(シリンダー式) あり(シリンダー式) あり(ダイヤル式) なし

サイズ(高x幅x奥行)

55x40x20cm 42.5×40×22.5cm 55×43×25cm 46×39×25cm  54×37×23.5cm 81.5×55×28.5cm 75×51×31cm 55×40×20cm 46×39×25cm 71×49×25cm 83×57×26cm 74×51×30cm 55×37×23cm 54×36.5×24cm 71×46×29cm(拡張時32cm) 56×35.5×23cm(拡張時28cm) 80×48×30cm 50×40×25cm 72×50×29cm(拡張時36cm) 66×47×27cm 55×35.5×23cm 55×36×23cm

容量

34L 23L 58L 40L 約35L 98L 94L 31.5L 40L 75L 95L 93L 38L 36L 81.5L(拡張時88L) 30L 90L 42L 90L(拡張時102L) 60L 25L 35L

重量

1.9kg 3.8kg 2.8kg 3.3 kg 約3.5kg 7.2kg 2.6kg 2.6kg 3.3kg 4.1kg 8.3kg 4.2kg 2.7kg 3.2kg 3kg 4.9kg 2.8kg 2.3kg 4.7kg 4kg 3.9kg 2.4kg

素材

ポリカーボネート ポリカーボネート ポリエステル ポリカーボネート ポリカーボネート・ABS樹脂 アルミニウム合金(アルミニウム×マグネシウム) Curv(R)(カーヴ) ※ポリプロピレンを使った新素材 ポリプロピレン ポリカーボネート ポリカーボネート アルミニウム HTポリカ ※ポリカーボネート独自改良 ポリカーボネート ポリエステル ナイロン+ポリエステル FXTバリスティックナイロン ナイロン+ポリプロピレン ポリカーボネート ポリカーボネート、ABS ポリカーボネート、ABS コーデュラ(R)ナイロンツイル ポリエスエル

商品情報

ECサイトのスーツケースランキングを参考にする

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのスーツケースの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:スーツケースランキング
楽天市場:スーツケース・キャリーバッグランキング
Yahoo!ショッピング:スーツケース・キャリーバッグランキング

※上記リンク先のランキングは、各ECサイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

キャリーバッグ、ビジネス用キャリーバッグの選び方とおすすめ商品はこちら

【整理収納アドバイザーに取材】キャリーバッグの選び方とおすすめ商品5選

https://osusume.mynavi.jp/articles/878

多くの荷物をらくに運べるキャリーバック。日本では、ハードケースが主流ですが、ソフトケースの需要も高まっています。ビジネスや旅行、アウトドアなど、TPOにあわせてどれを選べばよいか迷ってしまう、そんな方も多いでしょう。そこで今回は整理収納アドバイザーの坂口 愛さんへの取材をもとに、キャリーバッグの選び方とおすすめ商品を5選ご紹介いたします。キャスターは2輪か4輪どちらがよいのか、ハードケースとソフトケースの違いや、それぞれの利点などをお届けいたします。

出張に便利なビジネスキャリーバッグ5選【プロダクトコンセプターが厳選】

https://osusume.mynavi.jp/articles/832

出張や長距離移動をともなう仕事には欠かせない、ビジネス向けのキャリーバッグ。資料や仕事道具でなにかとかさ張りがちなビジネスシーンでは、できるだけ快適に移動したいもの。サイズや素材・収納力のほか、さまざまなメーカーやタイプがあるので、どれを選べばよいか迷う方も多いのではないのでしょうか。ここでは、元『モノ・マガジン』編集長であり、現在はプロダクトコンセプターの土居輝彦さんへの取材をもとに、ビジネス向けキャリーバッグを選ぶポイントや、おすすめの商品をご紹介します。

まとめ

旅行用のスーツケースにしてもキャリーバッグにしても、購入にあたって価格は重要な要素ですが、実は「安かろう、悪かろう」の商品が多く存在します。旅行カバンのトラブルを回避するためにも、あまりに価格偏重なチョイスは避けたほうがいいでしょう。

日帰りから2週間にもなる旅行まで旅のスタイルはさまざま。プランに合わせて大小のスーツケースやキャリーバッグを使い分けて、快適な旅を楽しんでください。

◆アンケート情報
調査時期:2018年5月22日
調査対象:マイナビニュース会員
調査数:合計515名
調査方法:インターネットログイン式アンケート

※この記事は、2018/7/20にマイナビニュースの「おすすめナビ!」コーナーに掲載した内容を、エキスパートへの取材を経て、リライト・再編集の上で再公開したものです。(元記事執筆:帯津冨佐雄&おすすめナビ!編集部、取材・編集・リライト:マイナビおすすめナビ編集部 中村亜紀子)

※マイナビニュース会員とは、Tポイントが貯まるアンケートやキャンペーンの参加、メールマガジンの購読などができる「マイナビニュース」の会員サービスです。(https://news.mynavi.jp/lp/2018/present/present/register_campaign/

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

※2019/08/5 イメージ画像等の調整のため、記事を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 成田晴香)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


トラベルクロック5選|目利きライターおすすめ【旅に余裕を】

トラベルクロック5選|目利きライターおすすめ【旅に余裕を】

国内・海外を問わず、旅行に持っていくと何かと重宝するトラベルクロック。目覚まし時計の機能ならスマホだけでもじゅうぶんかもしれませんが、ふと目をやるだけで時刻や時差をかんたんに確認できるなど、トラベルクロックならではのメリットもあります。この記事では目利きライターの納富廉邦さんへの取材を元に、おすすめの商品や選び方のポイントをご紹介します。お気に入りのトラベルクロック探しに、ぜひお役立てください。


プロのヘアメイクが選ぶ! CCクリームのおすすめ7選と人気ランキング

プロのヘアメイクが選ぶ! CCクリームのおすすめ7選と人気ランキング

肌のお悩みをカバーしつつ、やさしくケアしてくれるCCクリーム。一石二鳥(以上!?)のお助けアイテムとして注目されていますが、スキンケアを重視するアイテムから、日焼け止め効果を重視するアイテム、カバー力重視のアイテムまで、商品バリエーションはさまざまです。そこで、プロのヘアメイクアーティストとして活躍する西 亜莉奈さんのおすすめと、アンケートからわかった人気のCCクリームランキング、さらにBBクリームとの使い分け方など関連情報までまとめてお届けします。


プロのヘアメイクが選ぶ! BBクリームおすすめ5選と人気ランキング

プロのヘアメイクが選ぶ! BBクリームおすすめ5選と人気ランキング

時短メイクのベース作りにとても役立つBBクリーム。なんとなく、お手軽で肌にも良さそうなイメージで注目されています。この記事ではどのBBクリームを買ってどう使ったらいいか迷っている人のために、BBクリームを使った「崩れない下地作りのコツ」を、プロのヘアメイクとして活躍されている西 亜莉奈さんへの取材をもとにご紹介します。また、肌に合ったBBクリームの選び方や、20代、30代、40代女性への世代別アンケートをもとに、おすすめ人気商品をランキング形式で発表します! さらには名前が似ているBBクリームとCCクリームの違いもていねいに解説しています。ぜひ参考にしてくださいね。


 携帯スリッパの選び方とおすすめ5選! 整理収納アドバイザーに取材

携帯スリッパの選び方とおすすめ5選! 整理収納アドバイザーに取材

旅先の飛行機やホテル、内ばきが必要な学校行事などで活躍してくれるのが携帯スリッパです。形やデザインなど、いろいろなタイプのものが販売されいるので、どんなものを選ぶのがベストなのか悩んでしまう方もいるのではないでしょうか。本記事では、整理収納アドバイザーでインテリアコーディネーターの斉藤夏枝さんへの取材をもとに、おすすめの携帯スリッパをご紹介します。プロのアドバイスを参考にして、自分好みの携帯スリッパを選びましょう。


整理収納アドバイザーが選ぶ|トラベルポーチおすすめ7選

整理収納アドバイザーが選ぶ|トラベルポーチおすすめ7選

トラベルポーチは荷物の整理に最適な収納アイテムです。ボックス状のトラベルポーチは、収納袋と違って無駄なスペースがうまれません。旅行や出張のときの荷物整理にはもちろん、衣類やメイク道具、洗面道具などを持ち運ぶときにも便利です。そこで、整理収納アドバイザーの鈴木久美子さんにトラベルポーチの選び方とおすすめ商品を伺いました。旅行や出張などでトラベルポーチを活用したい方はぜひ参考にしてみてください。


最新の記事


【電脳系フリーライターが厳選】おすすめのUSB PD対応充電器5選

【電脳系フリーライターが厳選】おすすめのUSB PD対応充電器5選

最近は、USB Type-C(USB-C)ポートを介して電力を供給できるデジタルデバイスが増えてきました。なかでもUSB Power Delivery(USB PD)という給電規格に対応していれば、最大100W(20V/5A)という電力供給が可能で、短時間で急速充電が行なえます。ただし、USB PD対応アダプタによってサイズや出力が異なるため、商品を選ぶ際はよくチェックしたいですね。そこで本記事では、電脳系フリーライターの早川厚志さんへの取材をもとに、USB PD対応充電器の選び方とおすすめ商品5選をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


羽根なし扇風機のおすすめ5選! 家電評論家が選んだ!

羽根なし扇風機のおすすめ5選! 家電評論家が選んだ!

回転するファンがなく、子どもの怪我の心配が普通の扇風機と比べて少ないといわれる羽根なし扇風機。各メーカーからさまざまな種類の商品が販売されていますが、送風だけでなく、温風、空気清浄機能など多彩な機能をもつ商品が展開されています。そのため、いざ買おうと思ったときに「選べない」と悩んでしまうことも多いでしょう。本記事では、家電評論家の神野恵美さんに取材をして、羽根なし扇風機の選び方のコツやおすすめ商品を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


クラリネットのおすすめ5選|レコーディングエンジニアが解説

クラリネットのおすすめ5選|レコーディングエンジニアが解説

やわらかく伸びのある音色が美しいクラリネット。美しい音色に魅了されて、「クラリネットを自分で奏でてみたい」と憧れる方も多いのではないでしょうか。クラリネットを選ぶときは、材質による音色の違いやメーカーごとの特徴を知っておくと役立ちます。また、すでにクラリネットを持っていて買い替えを検討している場合は、とくに高価な買い物になるため慎重に選びたいものですよね。そこで本記事では、レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんへお話をうかがい、クラリネットを選ぶときのポイントとおすすめ商品を教えてもらいました。ぜひ参考にしてみてください。


【ペットドクターに取材】ハムスター用ペレットのおすすめ8選|栄養をしっかりとれる

【ペットドクターに取材】ハムスター用ペレットのおすすめ8選|栄養をしっかりとれる

ペレットとは、ハムスターの主食となる木の実や種を粉末状にしてかためたエサのことで、ハムスターに必要な栄養が詰まっています。しかし、ペレットはメーカーによってかたさや大きさが異なります。さらに、ハムスターの種類によってもペレットの選び方が異なるため、どれを買うべきか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。この記事では、ペットドクターである霍野晋吉さんへの取材のもと、おすすめのペレットをご紹介いたします。


虫除けスプレーのおすすめ9選【害虫防除専門家が選ぶ】

虫除けスプレーのおすすめ9選【害虫防除専門家が選ぶ】

虫除け剤の効果確認試験を行なう有限会社モストップの取締役で、蚊についての書籍を複数執筆されている害虫防除専門家の白井良和さんに、虫除けスプレーの選び方とおすすめ商品9選をお聞きしました。虫除けスプレーには、効果の持続時間や使用タイプなどによってさまざまな種類があります。アース製薬、フマキラー、ジョンソンなどの商品が定番となっています。持ち運びにも便利ですし、虫が多そうなところで、さっと吹きかければ虫が近寄ってきにくくなるので有効に使って快適にレジャーを楽しんでください。