Bluetoothキーボードおすすめ5選|打ち心地や便利機能、サイズで選ぶ

Bluetoothキーボードおすすめ5選|打ち心地や便利機能、サイズで選ぶ
ITライター
海老原 昭

大学在学中よりパソコン総合誌、Windowsプログラミング誌、Mac専門誌の記者/編集者として活動し、その後輸入自動車やカーナビ等のマニュアル翻訳/制作などを経て、フリーランスとして現在に至る。 キャリアは25年目に突入。専門はアップル製品だが、WindowsもAndoridも周辺機器もソフトも等しく愛する何でも屋。

ITライターの海老原 昭さんに、Bluetoothキーボードの選び方とおすすめ商品についてうかがいました。近年、パソコンの他にスマホやタブレットを活用しメールやインターネットを楽しむ方が増えていると思います。文字を入力するならやはりキーボードの方がスムーズですし、配線がなくキーボードが使えるととても便利ですよね。そこでこの記事では、配線がいらず持ち運びに便利で、パソコン以外にも使えるブルートゥースキーボードの選び方のコツやおすすめ商品を紹介してもらいました。パソコン単体はもちろん、他のデバイスと連動させ1台でいくつものデバイス接続ができるものもあるのでぜひ、参考にしてみてください。


ワイヤレスキーボードとの違いとは?

Bluetoothキーボードと聞くと、ワイヤレスのキーボードと同じく「無線でつながるキーボード」と考えられがちです。間違いではありませんが、実は、それぞれに特徴があり、使いやすい・使いにくいがあるので、しっかりと理解しておきましょう。

黒色のワイヤレスキーボードをタイピングしている写真
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

目的や使い方、好きな仕様にあわせて、自分好みのキーボードを見つけてください。

Bluetoothキーボードの特徴

Bluetoothキーボードは、Bluetooth対応の機種同士が「ペアリング」を行うことで接続します。対応さえしていれば、メーカー・ブランドに限らずどの機種も使用できます。持ち運びする場合などに便利な機種です。

逆に言うと、Bluetoothキーボードは対応しているパソコンでないと使えません。そのため、現在使用しているパソコンが対応しているかどうかは注意深く確認してください。

ワイヤレスキーボードの特徴

ワイヤレスキーボードは、USBレシーバー(受信用端子)をパソコンに差し込むことで接続します。差し込んだ瞬間から使えるので、面倒な設定などは一切いりません。
しかし、キーボードとUSBレシーバーがセットになっていないと使えず、どちらか一方をなくしたら使用できなくなるというデメリットもあります。手軽に使いたい、ずっとパソコンに設置し、なくす必要がないという方にピッタリかもしれません。

「打ち心地」の種類を知ろう

キーボードには、実は種類が複数あります。そしてそれがタイピング時の打ち心地に関係してきます。デスクトップパソコンのキーボードとノートパソコンのキーボードの打つ触感が違うのは想像できますよね。それは製造方式によって変わります。

同じに見えるキーボードもタイピングをしてみると打ちやすい・打ちにくいがありますので、それぞれの特徴を知り、好みのキーボードを選びましょう。

メンブレン方式

メンブレン方式は、打ちやすく、安価であるため、多くのデスクトップパソコンに普及しているタイプ。内部にラバードームを採用しているため、キーを押し戻す力が強く、弾力感のある感触が特徴的です。「飲み物をこぼしてしまった」といった汚れにも強い傾向があります。

デスクトップ用の白いキーボードのいくつかのキーの写真
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

デスクトップパソコンに多く使われるメンブレン方式。弾力のある打ち心地が特徴です!

パンタグラフ方式

パンタグラフ方式は、多くのノートパソコンに採用されるタイプ。メンブレン方式と同じく、内部にラバードームが採用されていますが、全体的に薄型であるため、打ち心地は軽い感触を得ることができます。

しかし、耐久面にやや心配な部分がありますので、定期的な掃除などはした方がいいでしょう。

ノートパソコン用の白いキーボードのいくつかのキーの写真
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

ノートパソコンに広く採用されている、軽量で、軽い打ち心地のパンタグラフ方式です。

メカニカル方式

メカニカル方式には、金属製のスプリングが組み込まれた「接点接触型」と、ラバードームとスプリングの2つが組み込まれた「静電容量無接点型」が2種類あります。どちらも1キーに対し1スイッチを組み込んでいるので、非常に打ち心地が良く、反応も敏感です。

しかし、高価である点と、プロ仕様であるため、安価なものを求めている方や、ハイスペックなものを求めていない方にはあまりおすすめはできません。

ゲーム用の光るキーボードのキーの写真
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

ゲーム用や証券、金融機関でも使用される、スイッチ寿命の長いメカニカル方式。魅力的な打ち心地が特徴的です。

Bluetoothキーボードを選ぶポイントは? ITライターが教える

【Bluetoothキーボードとワイヤレスキーボードの違い】、【うち心地に影響するキーボードの構造の違い】を理解した上で、ITライターの海老原 昭さんに、Bluetoothキーボードを選ぶときのポイントを3つを確認してみましょう。ぜひ、参考にしてくださいね!

白いデスクの上にあるパソコンモニターとスピーカーやキーボードなどの機材

Photo by Niclas Illg on Unsplash

Bluetoothなら配線もいらないのでデスク周りもスッキリ!

機能で選ぶ

ITライター

製品によって、さまざまな機能があります

キーボードによっては複数の機器に登録して、ボタン一つで接続先を切り替えられたり、特定のキーに操作や機能を割り当てるなどの特殊な機能を持ったものがあり、こうした製品は、文字の入力やパソコンの操作を効率化してくれます。

また、製品によっては防水機能があったり、キーにバックライトが付いていて、裏側からキーを照らしてくれるので、暗い場所でもなんのキーかはっきりわかりやすいというものもあります。こうした付加価値の機能の有無で製品を選んでみてもいいでしょう。

Logicool(ロジクール)『K780 マルチデバイス Bluetooth キーボード』

3つデバイスをEasy-Switchボタンでかんたんに切り替えられるテンキー付きのフルサイズキーボード。PCもスマホもゲームもこれ1台でOK!

>> Amazonで詳細を見る

対応OSで選ぶ

ITライター

環境に依存しない魅力があります

Bluetooth自体はOSに依存しない規格なので、WindowsでもMacでも、iPhoneやAndroid、LinuxでもPlaystation 4でも利用できます。

またキーボード自体も、文字キーなどはどの環境でもほぼ同じです。ただしWindows用とMac用では、一部の修飾キー(他のキーと一緒に押すことで、入力される文字や機能などを一時的に変更するためのキー)の配置が違ったり、機能の割り当てが違うこともあります。

キーボードのドライバーソフトやOS側の機能でキーの割り当てを変更することもできますが、キーに直接印字されているほうが安心という人や、互換性に保証が欲しい人は、それぞれのOS専用の製品を買ったほうが安全でしょう。

なお、Mac用キーボードはiOSでもそのまま修飾キーなどが共通で利用できます。

Apple(アップル)『Magic Keyboard 日本語(JIS)』

Apple純正のBluetoothキーボードなので、MacやiPhone・iPadユーザーにぴったり!

>> Amazonで詳細を見る

サイズで選ぶ

ITライター

使用用途にあわせて、テンキーの有り無しを決めよう

Bluetoothキーボードに限った話ではありませんが、キーボードには文字キーだけのものと、独立した数字キー(テンキー)を備えたものがあります。

テンキーがないものは小型でテーブルの上でも邪魔になりにくく、製品によっては持ち歩きも容易ですが、数字を大量に入力する表計算などの作業では慣れが必要です。

テンキー付きの製品はちょうどその逆で、サイズ的に持ち歩きは難しいものの、数字の入力が多い場合は役立ちます。

一般にキーボードにあまり慣れていない人やデスクトップメインで使う人、数字入力が多い人はテンキー付きを、ブラインドタッチができる人や持ち歩きする人、机の上が狭い人はテンキーなしがいいでしょう。

Ewin『ミニ bluetooth キーボード(EW-RB05)』

リモコンくらいのコンパクトサイズながらタッチパッド付なのでマウスも不要! スマホのように使えるBluetoothキーボードです。

>> Amazonで詳細を見る

Bluetoothキーボードおすすめ5選 ITライターが選んだ

ここからは、ITライターの海老原 昭さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。上記の知識・ポイントを踏まえ、自分好みのキーボードを選んでみてください!

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Logicool(ロジクール)『K780 マルチデバイス Bluetooth キーボード』

Logicool(ロジクール)『K780マルチデバイスBluetoothキーボード』 Logicool(ロジクール)『K780マルチデバイスBluetoothキーボード』 Logicool(ロジクール)『K780マルチデバイスBluetoothキーボード』 Logicool(ロジクール)『K780マルチデバイスBluetoothキーボード』 Logicool(ロジクール)『K780マルチデバイスBluetoothキーボード』 Logicool(ロジクール)『K780マルチデバイスBluetoothキーボード』 Logicool(ロジクール)『K780マルチデバイスBluetoothキーボード』 Logicool(ロジクール)『K780マルチデバイスBluetoothキーボード』 Logicool(ロジクール)『K780マルチデバイスBluetoothキーボード』

出典:Amazon

サイズ 380×158×8(前部)・22(後部)mm
重量 875g
カラー ブラック×グレー
付属品 単四形乾電池x2(装着済み)、USBレシーバー
Thumb lg 60e03aca 3acd 4759 8da8 328fb53d3398

ITライター

マルチデバイス対応の省電力キーボード

最大3台まで機器を登録でき、ボタン1つで切り替えられるブルートゥースキーボード。

たとえば、デスクトップPCとタブレット、スマートフォンを登録しておき、その全てで従来の携帯電話のように物理的に押して入力する物理キーボードを使った快適な文字入力が可能。ケーブルを抜き差ししなくても機器を切り替えて接続できるのはワイヤレスならではのメリットです。

切り替え速度も非常に早く、切り替え後にはOSを自動認識して内部のキー配列も最適化されます。テンキーも備えたタイプで、数字入力の多い人も安心です。

さらに、キーボードの奥側に溝があり、そこにタブレットやスマートフォンを立てかけてスタンド代わりにできます。

スマートフォンなどで調べ物を表示し、パソコンで文字入力、といったようなマルチディスプレイ的な使い方もこのキーボードなら容易です。単4乾電池2本で約2年使える省電力設計で、マルチデバイスユーザーにおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Anker(アンカー)『Ultra-Slim Bluetooth Keyboard』

Anker(アンカー)『Ultra-SlimBluetoothKeyboard』 Anker(アンカー)『Ultra-SlimBluetoothKeyboard』 Anker(アンカー)『Ultra-SlimBluetoothKeyboard』 Anker(アンカー)『Ultra-SlimBluetoothKeyboard』 Anker(アンカー)『Ultra-SlimBluetoothKeyboard』 Anker(アンカー)『Ultra-SlimBluetoothKeyboard』 Anker(アンカー)『Ultra-SlimBluetoothKeyboard』 Anker(アンカー)『Ultra-SlimBluetoothKeyboard』

出典:Amazon

サイズ 約284×122×18.5mm
重量 約190g
カラー ホワイト、ブラック
付属品 -
Thumb lg 60e03aca 3acd 4759 8da8 328fb53d3398

ITライター

コンパクト&シンプルな薄型キーボード

モバイルバッテリーなどで人気のAnkerが販売するBluetoothキーボードです。

キーボードとしては非常にシンプルで、配列はUS配列(英語配列)のため、一部「@」キーの位置などがJIS配列と異なりますが、Windows、Mac、iOS、Androidなどで広く使えます。電源は単4乾電池ですが、3カ月以上もつ省電力設計です。

重さ約200gと軽量なので、モバイル機器と一緒に持ち歩くのも負担になりません。何より無線式なのに販売価格が2000円程度という格安が最大の魅力。Bluetoothキーボードのデビュー用にちょうどいい1台です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

PFU『HHKB Professional BT 日本語配列(PD-KB620)』

PFU『HHKBProfessionalBT日本語配列(PD-KB620)』 PFU『HHKBProfessionalBT日本語配列(PD-KB620)』 PFU『HHKBProfessionalBT日本語配列(PD-KB620)』 PFU『HHKBProfessionalBT日本語配列(PD-KB620)』 PFU『HHKBProfessionalBT日本語配列(PD-KB620)』 PFU『HHKBProfessionalBT日本語配列(PD-KB620)』 PFU『HHKBProfessionalBT日本語配列(PD-KB620)』

出典:Amazon

サイズ 294×120×40(キートップ上面まで)mm
重量 540g(電池除く)
カラー ホワイト、ブラック
付属品 -
Thumb lg 60e03aca 3acd 4759 8da8 328fb53d3398

ITライター

こだわりのキータッチが人気のプロ向けキーボード

余計なキーがないシンプルさと合理的な配列、キータッチの良さから、プログラマーなどを中心に絶大な人気を誇る「Happy Hacking Keyboard」(HHKB)シリーズのBluetooth接続モデルです。

キーボードとしては非常に高価な製品ですが、耐久性やキータッチによる負担の軽減などから、気持ちよく高速入力を長時間続けられる、プロのためのツールとして長期にわたり支持されています。

こうしたプロ仕様のキーボードは有線接続のものが多いため、貴重なBluetoothタイプとなっています。

日本語配列のほかに英語配列と、英語配列でキーに文字が刻印されていない無刻印モデルがありますが、英語配列はカーソルキーすらない(Controlキー+文字キーでカーソルを移動させるショートカット前提)ので、初心者には日本語配列のほうがおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Ewin『ミニ bluetooth キーボード(EW-RB05)』

Ewin『ミニbluetoothキーボード(EW-RB05)』 Ewin『ミニbluetoothキーボード(EW-RB05)』 Ewin『ミニbluetoothキーボード(EW-RB05)』 Ewin『ミニbluetoothキーボード(EW-RB05)』 Ewin『ミニbluetoothキーボード(EW-RB05)』 Ewin『ミニbluetoothキーボード(EW-RB05)』 Ewin『ミニbluetoothキーボード(EW-RB05)』 Ewin『ミニbluetoothキーボード(EW-RB05)』 Ewin『ミニbluetoothキーボード(EW-RB05)』

出典:Amazon

サイズ 58×150×15mm
重量 90g
カラー ブラック
付属品 USBレシーバー、USB充電ケーブル
Thumb lg 60e03aca 3acd 4759 8da8 328fb53d3398

ITライター

リモコン的に使える超小型キーボード

わずか150gという軽さと、ゲーム機のコントローラー程度の超コンパクトなサイズが特徴の小型Bluetoothキーボードです。このサイズなのでキーは極小サイズで、両手で持って親指で入力するようなスタイルのほうが使いやすいです。

キーボード右側にはマウスの代わりに使われるトラックパッドも用意されており、これ一台でパソコンの操作が一通り行えます。日常的に使うというよりは、立ったままでも操作できるので、プレゼン中の操作などに向いています。

かなりニッチな製品ですが、ピンポイントで有効なシーンがあるので、覚えておいて損のない製品です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Apple(アップル)『Magic Keyboard 日本語(JIS)』

Apple(アップル)『MagicKeyboard日本語(JIS)』 Apple(アップル)『MagicKeyboard日本語(JIS)』 Apple(アップル)『MagicKeyboard日本語(JIS)』

出典:Amazon

サイズ 279×114.9×4.1~10.9mm
重量 231g
カラー シルバー×ホワイト
付属品 Lightning-USBケーブル
Thumb lg 60e03aca 3acd 4759 8da8 328fb53d3398

ITライター

MacとiPhone専用のコンパクトキーボード

アップルがMac用に販売しているBluetooth接続のキーボードです。テンキーなし・ありの両方のモデルがありますが、テンキーなしモデルのほうがコンパクトで持ち運びも視野に入ります。

キー配列はJIS配列と英語配列が選べますが、JIS配列の場合、Mac用キーボード特有の「かな」「英数」キーがあり、すばやくかな漢字変換と英数直接入力のモードを切り替えられます。またCommandキーやoptionキーといった、MacやiOSのコンビネーションキーで使う修飾キーが標準で印字されているのも、ユーザーには心強いでしょう。

電源は充電タイプで、約1カ月の利用が可能です。接続/充電ポートはUSBではなくiPhoneなどで使われるLightningポートになります。MacやiPhone、iPadユーザー限定ですが、やはり純正の強みで互換性の心配なしに使えるのは大きいです。

「Bluetoothキーボード 」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Logicool(ロジクール)『K780 マルチデバイス Bluetooth キーボード』
Anker(アンカー)『Ultra-Slim Bluetooth Keyboard』
PFU『HHKB Professional BT 日本語配列(PD-KB620)』
Ewin『ミニ bluetooth キーボード(EW-RB05)』
Apple(アップル)『Magic Keyboard 日本語(JIS)』
商品名 Logicool(ロジクール)『K780 マルチデバイス Bluetooth キーボード』 Anker(アンカー)『Ultra-Slim Bluetooth Keyboard』 PFU『HHKB Professional BT 日本語配列(PD-KB620)』 Ewin『ミニ bluetooth キーボード(EW-RB05)』 Apple(アップル)『Magic Keyboard 日本語(JIS)』
商品情報
特徴 マルチデバイス対応の省電力キーボード コンパクト&シンプルな薄型キーボード こだわりのキータッチが人気のプロ向けキーボード リモコン的に使える超小型キーボード MacとiPhone専用のコンパクトキーボード
サイズ 380×158×8(前部)・22(後部)mm 約284×122×18.5mm 294×120×40(キートップ上面まで)mm 58×150×15mm 279×114.9×4.1~10.9mm
重量 875g 約190g 540g(電池除く) 90g 231g
カラー ブラック×グレー ホワイト、ブラック ホワイト、ブラック ブラック シルバー×ホワイト
付属品 単四形乾電池x2(装着済み)、USBレシーバー - - USBレシーバー、USB充電ケーブル Lightning-USBケーブル
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年2月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月3日時点 での税込価格

ITライターからのアドバイス

ITライター

充電タイプと乾電池タイプについて

ブルートゥースキーボードの電源は、充電タイプと乾電池タイプに分かれます。

充電タイプはUSB接続で給電して充電するため、電源アダプターに加えてパソコンやモバイルバッテリーがあれば充電可能です。ただし充電してから利用できる期間は短めで、数日〜数週間程度で再充電の必要があります。乾電池タイプの場合、電池交換の手間はかかりますが、電池自体のもちは比較的よく、数カ月〜1年以上使えるものもあります。

どちらも一長一短ですが、予備の電池さえ切らさなければ、乾電池タイプが意外と便利です。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 無線キーボードの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの無線キーボードの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:パソコン用キーボードランキング
楽天市場:無線キーボードランキング
Yahoo!ショッピング:パソコン用キーボードランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】キーボード情報をさらに確認する

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【2020年】ゲーミングキーボードおすすめ17選|片手用やテンキーレスなども

【2020年】ゲーミングキーボードおすすめ17選|片手用やテンキーレスなども

IT・テックライターの石井英男さんに取材した内容をもとに、ゲーミングキーボー17選と選び方をご紹介します。世界大会の開催やプレイヤーのプロ化など、PCゲームを取り巻く環境は急速に変わりつつあります。そして、ゲームをプレイするためのデバイス(機材)もまた進化しています。なかでも、自分の手足の役割を果たすキーボードは、その操作性によってプレイの結果に違いをもたらす重要パーツのひとつ。さらに、タイプ別の人気商品や通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ商品選びの参考にしてみてください。


【3ボタンやワイヤレスも!】CADマウスのおすすめ5選|ITライター厳選

【3ボタンやワイヤレスも!】CADマウスのおすすめ5選|ITライター厳選

「CADに特化したCADマウスで作業効率化!」と思ってみるものの、マウス形状、有線・無線(ワイヤレス)、ボタン数や機能性など、多機能ゆえに、どう選べばいいかわからない……なんてことはないでしょうか? 本記事ではITライターの酒井麻里子さんへの取材をもとに、CADマウスの選び方のポイントとおすすめ商品を紹介します。シンプルなCADマウスから多機能なもの、トラックボールマウスなど、幅広く教えていただいたので、ぜひ参考にしてみてください。


Mac向けキーボードおすすめ6選|掃除がラクなタイプもご紹介!

Mac向けキーボードおすすめ6選|掃除がラクなタイプもご紹介!

ガジェットレビュアーが選ぶMac向けキーボード6選をご紹介します。Macユーザーの方は純正のキーボードを利用している方は多いでしょうが、ほかにもMac向けのキーボードは各社から販売されています。パソコンを触れるときに必ず使うものですから、自分に合った商品を選ぶことはとても大切です。キー配列やタッチしたときの感覚など、売りとなるポイントもいろいろありますので、どの商品が自分に向いているのかわかりづらいという方も少なくないはず。そこで、ガジェットレビュアーの東雲八雲さんに、Mac向けキーボードの選び方とおすすめ商品について教えてもらいました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


トラックボールおすすめ5選|有線・ワイヤレスタイプをご紹介!

トラックボールおすすめ5選|有線・ワイヤレスタイプをご紹介!

ITライター酒井麻里子さんへの取材をもとに、マウスの中でもトラックボールの選び方とおすすめ商品5選をご紹介します。トラックボールとは、マウスに設けられたボールを回してポインターを動かすポインティングデバイスです。通常のマウスよりもボタンが多く搭載されているものが多く、片手で行える作業が多くなります。また、マウスパッドが必要なく、固定して操作が可能なので、最小限のスペースで作業できます。この記事では、ロジクール、Digio2、エレコム、ケンジントンの各ブランドがリリースする、エントリーモデルから上級者が納得できる1台までをご紹介。ぜひ参考にしていただき、手にしっくりなじむトラックボールを見つけてください!


Bluetoothキーボードおすすめ7選|折りたたみ型もご紹介!

Bluetoothキーボードおすすめ7選|折りたたみ型もご紹介!

ガジェットレビュアーの東雲八雲さんにお話をうかがい、Bluetoothキーボードの選び方とおすすめ7選をご紹介します。Bluetoothキーボードは、ワイヤレス化できるとパソコンまわりをスッキリできるメリットがありますが、種類が多くてどれを選んだらいいかわからないという方も多いのではないでしょうか。複数ペアリングができるものや、テンキー付きのものもあります。キーボードをワイヤレス化したいという方、買い替えを検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。


新着記事


クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

アッセンダーは登高器とも呼ばれるクライミング時に使用するギア。ロープ上に固定し、クライミングを効率よくするものです。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめの商品を紹介します。サイズ・重量・右手用と左手用など、クライミング用アッセンダーの選び方についても解説していますので、ぜひ参考にしてください。


火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたん【電動・手動も】

火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたん【電動・手動も】

キャンプやバーベキューで炭を使って火を起こすとき、うちわであおいでいると時間がかかりますが、火起こし送風機を使えば、効率よく炭に風を送り、かんたんに火を起こすとができます。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだ、電動式と手動式それぞれのおすすめ商品をご紹介します。効率よく火を起こして、バーベキューやたき火を快適に楽しみましょう!


菜切り包丁おすすめ12選|切れ味、ステンレス製で調理効率があがる【お手入れ方法も】

菜切り包丁おすすめ12選|切れ味、ステンレス製で調理効率があがる【お手入れ方法も】

野菜を刻んだり切ったりするときに大活躍する「菜切り包丁」。しかし菜切り包丁といっても素材・大きさがさまざまで、なにを選べばいいか悩んでしまいますよね。この記事では、フードコーディネーターの加治佐由香里さんと編集部が、菜切り包丁の選び方と厳選したおすすめの12商品をご紹介します。


2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

ギターとアンプをシールドを使わずに接続できる機材がギターワイヤレスシステム。それぞれ、チャンネル数、使用周波数帯、通信可能範囲などが異な音楽機材です。そこで、 ピアノ講師/元大手楽器メーカー勤務・山野辺祥子さんと編集部で、ギターワイヤレスシステムを選ぶときのポイントと、おすすめ商品12選をご紹介します。


ミニカーのおすすめ商品12選|素材、手押し・プルバック型など厳選!

ミニカーのおすすめ商品12選|素材、手押し・プルバック型など厳選!

子どものとき大好きだったミニカー。大人にとっても単なるオモチャではありません。バス、スポーツカー、パトカー、消防車など、車は今でも男の子の憧れ。そこで、大人と子どもが一緒に遊べるミニカーのおすすめ商品12選を、保育士の武田優希さんと編集部が厳選しました。選び方もあわせてご紹介します。


人気の記事


>>総合ランキングを見る