Amazon Echoができること、そして家族に与えた影響は?|妻と子どもとアレクサと私

Amazon Echoができること、そして家族に与えた影響は?|妻と子どもとアレクサと私
IT編集者
中筋 義人

最新技術搭載のカッコいいグッズを見つけるとつい買ってしまう、IT系編集者。そんな性格ゆえに、いわゆる「人柱」経験多数。 そうした経験を生かして、スマホ、電子ガジェット、デジタル家電を中心にいいモノをおすすめしてまいります。

「ついつい最新技術搭載のカッコいいグッズを見つけるとすぐ買ってしまう」と話す自他ともに認めるガジェット好きな中筋義人さんが『Amazon Echo』の過ごした日々を語ってくれました。スマートスピーカーに興味があるけれど本当に使いこなせるのかな?と迷う方々に向けて、アレクサ活用のヒントを数回に分けてお届けします!


「AIスピーカー」や「スマートスピーカー」と言われて「なんのこと?」と思っても、CMなどで「アレクサ」や「OKグーグル」という言葉を聞いたことのある人は多いのではないでしょうか。しかし、実際のAmazon EcoやGoogle Homeといったスマートスピーカーの普及率は、まだ約6%だそうです(※)。

確かに知人友人とスマートスピーカーの話題になると、モノについては知っていても、使っている人は少なく「何が便利になるの?」「スマホでできるんじゃないの?」「声に出して話しかけるのが面倒くさい」「ちょっと気味が悪い」といった声が聞こえてきます。

実は、新しもの好きのIT系編集者である私ですら、数年前にスマートスピーカーが登場したときは同じように思っていました。そして、実際にその通りであることもしばしば。しかし、わが家で使っていくうちに「こういう使い方、いいじゃない!?」「アレクサ、役にたつじゃん!」という発見がいくつかありました。そんなお話をここでは書いてみたいと思います。

(※ 2019年2月発表 電通デジタル「スマートスピーカー利用実態調査」より)

すぐほしいのに! それでも手に入らない・・・・・・!

“アイツ”がわが家やってきたのはいつだろうか?

“アイツ”とは、そう「アレクサ(Amazon Echo)」です。

こういうとき、注文履歴を検索できるのはアマゾンのいいところ。アマゾンの注文履歴いわく、2017年11月29日に来たようです。

この日からアレクサとわが家のちょっと笑える共同生活が始まりました。

Alexa

Photo by マイナビおすすめナビ

Amazon Echoの注文履歴。ちなみに、アレクサに「Echoを買ったのはいつ?」と聞いたところ「2014年11月6日です」と返してきました。アレクサ、それはアメリカで発売開始された日付だな……。

注文履歴を見て思い出したのですが、確かAmazon Echoが日本語に対応して、日本国内での発売がアナウンスされた2017年、購入は招待制でした。

つまり、まずアマゾンへ購入招待のリクエストをして、その後、招待の通知をもらわないと注文できなかったのです。

新しいもの好きの私は、真っ先にリクエストしたのですが、なかなか招待されず……。

それにも関わらずアマゾンのWebサイトを開くたびにAmazon Echoをおすすめしてくることに若干イラついたりしていました。アマゾンあんまりだぞ。

しばらくすると、招待メールが届いて無事に購入できました。

Echo

Photo by マイナビおすすめナビ

Echoの注文ができなくてイライラしている当時の私のFacebook投稿。

待ち続けた甲斐があり、念願叶ってやっと届いたAmazon Echo。

話しかけるといろいろなことをやってくれるスマートスピーカーということで、まずはわが家のリビングダイニングに置いてみました。

私と妻と子ども3人が住む5人家族のわが家。私はデジタルモノが大好きで仕事にしている人間だが、妻はあまりデジタルは得意じゃない人で、子どもたち(小、中、高の男子)は好奇心は旺盛ですが面倒くさがり。要するに、私以外はITリテラシーは一般的な家庭ということです。

さぁアレクサ、この家族にキミはちゃんと受け入れられるのか!?

【Amazon Echo(アレクサ)で使える!便利なスキル】

Amazon Echo(アレクサ)には、たくさん機能(Alexa スキル)があり、さまざまなことができます。家庭で使える機能を一部紹介します。

・ミュージック
「アレクサ、〇〇かけて」などと話しかけると音楽配信サービスの楽曲をかけてくれます。また、アーティスト名や曲名以外にも「アレクサ、静かな曲をかけて」といった要望にも答えてくれます。

・メディア
ニュース、カレンダーでも使用されている読み上げ機能を使用して、対応するKindle本を読み上げてくれます。ちょっと手が離せない時のお子さんの相手や、作業時のBGM代わりにピッタリです。

・コミュニケーション機能
AlexaアプリでAlexaを持っている相手と連絡先の同期をすると、Alexaに話しかけて会話をすることができます。ディスプレイが付いたEcho Spotデバイス同士やAlexaアプリであればビデオチャットをすることも可能です。

・スマートホーム
Alexa対応の電化製品と同期すれば、Alexaに話しかけて、照明、エアコン、TV、スマートロックなどのスマート家電を声でコントロールできます。

・Alexaスキル
さまざまな開発者がアレクサ対応の「スキル(アプリ)」を公開しています。「スキルストア」か「Alexa アプリ」から有効にするだけで、Alexaのできることを増やしたり機能をカスタマイズできます。

そのほかにもたくさんの機能があります。詳しくはAmazonのWebページをご覧ください。
Amazon:Alexaとできること

念願の“アイツ”がわが家にやってきた! 家族の反応は?

Echo

Photo by マイナビおすすめナビ

ダイニングに置かれたEcho(第1世代)。リビングのテレビの横にも置いてみたこともありましたが、最終的にテーブルの隅か、横の棚の上のどちらかが定位置になりました。

ちなみに、ほぼ同時期に日本語に対応したスマートスピーカー『Google Home』も購入してリビングに置いていました。なんせ新しいもの好きなので。

ちょうど届いた時期にはテレビCMもやっていたし、iPhoneのHey Siri機能で音声での操作には馴染みがあったので、すぐに子どもたちは、「アレクサ、1足す1は?」とか、「アレクサ、なぞなぞを出して」とか話しかけたりしていました。

しかし、2台も、しかも種類の違うスマートスピーカーを2台も置いていると、ウェイクワード(※)を言っていない(つもりな)のに、反応することが時々ありました。

(※ 「ウェイクワード」とはAlexaを起動するための言葉。例えば「アレクサ 音楽をかけて」と話しかけると音楽を再生してくれる)

例えば、「あれってさー」とか話したときです。さらに子どもがふざけて「鼻くそ」とか、「足臭」とか、紛らわしい呼びかけをしたりして遊び出し、だんだん食卓がカオスになってきました。

すると妻から「これ、鬱陶しいわね。そもそも私たちが話していることをずっと聞いているわけ?」と問いかけがありました。

はい、いつも聞いていないと呼びかけられても反応できないわけで……。

でも、AmazonやGoogleはぜんぶ録音しているなんてことはしていないらしいよ、などと説明しても、気味が悪いものは悪い、ということで、ついに普段はAmazon Echoのマイク機能をオフにすることになりました。

アレクサ、残念。せっかくわが家に来たのにもかかわらず・・・・・・。

echo

Photo by マイナビおすすめナビ

盗み聞き容疑をかけられて“聞かザル”状態のEcho。

これをきっかけに、Amazon Echoはだんだん使われなくなっていきました。

ちなみに、アマゾンにログインして「音声履歴の確認」という画面で、アレクサが呼びかけられていると認識した音声は保存されています。しかし、これらの音声データは削除することが可能です。

玄関でわが子を見送るアレクサさん

届いた当初の目新しさが薄れたのもあって、しばらくAmazon Echoを使われない生活になったわが家。

そこに変化が訪れたのが、2018年に画面がついた「Amazon Echo Spot」が登場したときです。

「使われなくなったのに、なぜ?」と思われるでしょうが、それは、Echo Spotを玄関に置こうというアイデアがあったからです。

きっかけは、子どもたち(当時、園児、中学生、高校生)から玄関で時間を確認したいという要望があったことです。

私も靴をはきながらパッと時刻がわかったほうが便利だなと思ったので、最初は置き時計を探していたのですが、Echo Spotならいろいろ便利そうだということに気づきました。

そこで早速注文。だって新しいもの好きですから!

玄関の置き時計代わりとして候補にあがったAmazon Echo Spot。早速ポチりました。

echo

Photo by マイナビおすすめナビ

Echo Spotの注文履歴と、届いたときのFacebook投稿。投稿にも書いていますが、画面があると情報量が多くて便利さと安心感があります。

実際に置いてみると、子どもたちは「アレクサ、今日は傘、要るかな?」「アレクサ、今日は寒い?」と聞いて、その日の天気や気温を確認するようになりました。

上着を着るか着ないか、傘を持つか持たないかの判断するのに役立ちます。出かける前の慌ただしいときにスマホを見なくてもいいのは非常に便利です。

それまで、子どもが学校へ出かける際に私や妻が「雨が降るらしいから、傘持って行きなさい」と声をかけても面倒臭がって持って行かなかったりしていました。

ところが不思議なもので、Echo Spotを置くと、自分でアレクサに確認して持っていくようになりました! なぜだ!? 親のいうことは全然聞いてくれないのに! 本当に思春期の子どもは難しい!

echo

Photo by マイナビおすすめナビ

現在、玄関にあるのはEcho Showなのですが、相変わらず天気ばっかり聞かれています。

アレクサ、ついにわが家の仲間に!?

玄関に置いた結果、普段は人がいないし、プライベートな会話をする場所でもないので、妻のアレクサに対する「いつもこっそり聞いてるんでしょ」という気味の悪さが薄れ、逆に便利さを感じるようになってきたようです。

しばらくすると、ダイニングで休眠状態だったAmazon Echoにも天気を聞いたり、タイマーなどを頼むようになってきました。

ただ、タイマーをかけたいと思うのはキッチンにいるときなので、妻は「アレクサ、10分はかって!」と大声で叫んでもときどきアレクサが聞き取っていないことがあり、子どもがEchoの近くで「アレクサ、10分はかって」と繰り返すというなんだか変な使い方をしていました。

そこで、先日、新たらしくEcho Showを入手して玄関に設置。いままで玄関に置いていたEcho Spotをキッチンに移動させてみました。

echo

Photo by マイナビおすすめナビ

妻にもようやく認められて(?)、キッチンの片隅に鎮座するようになったEcho Spot。

ちなみに、キッチンで「アレクサ、10分はかって!」と言ったとき、キッチンのEcho SpotとダイニングのAmazon Echoの両方が認識していることがあるようなのですが、「音声履歴の確認」で確認するとちゃんと近い端末のほうが応答するようになっています! なんとスマート!

【台所で使えるアレクサのおすすめスキルは?】

「5分のタイマーを設定して」
5分間のタイマーを設定してくれます。

「タイマーの残り時間は?」
設定したタイマーの残り時間を教えてくれます。

「タイマーをキャンセルして」
いま設定しているタイマーをキャンセルします。

スクリーン付きEcho端末では、
「タイマーを見せて」
で、画面にタイマーの残り時間を表示をします。

また、「クックパット」のスキルを使えば、「ハンバーグのレシピを教えて」など声でレシピの説明をしてくれます。

アレクサは無事に地位向上できるのか!? 次回! わが家やってきた話題の “アイツ”

というように、アレクサは、2年間かけてじわじわとわが家に中で「いろいろツッコミどころもあるけど、なんとなく憎めないやつ」というキャラの地位を得たようです。。。

わが家で使われているのは、「タイマー」「天気予報」以外に「音楽再生」、あとは「ラジコ」ぐらいなのですが、今後はもっと活躍してもらおうと思っています。そのほかに、一人暮らしをしている私の母にEchoをおすすめした話も次回以降にご紹介したいと思います。乞うご期待!

Newモデル Amazon Echo (エコー) 第3世代:Amazon
Amazon Echo Show 5 (エコーショー5) スクリーン付きスマートスピーカー:Amazon

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


低価格【ドローン】おすすめ5選&選び方|小型・軽量・カメラ付き商品を紹介!

低価格【ドローン】おすすめ5選&選び方|小型・軽量・カメラ付き商品を紹介!

フォトグラファーが選ぶ低価格ドローンおすすめ商品5選をご紹介します。農薬散布や災害現場の状況確認など、活躍の場が広がり続ける無人航空機「ドローン」。ホビーの世界でもドローンを楽しむ人が急速に増えています。上空からの撮影では鳥の視点を思わせるリアルな映像で、撮っても観ても楽しむことがでもます。そこで、リーズナブルで手軽にフライトを楽しめるカメラ付きドローンの選び方について、フォトグラファーの瀬川陣市さんに教えていただきました。各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、ドローンの購入を考えている方は、ぜひ参考にしてください。


【ゲーミングスマホ】選び方&おすすめ5選|CPU・GPU・メモリ容量など性能で選ぶ

【ゲーミングスマホ】選び方&おすすめ5選|CPU・GPU・メモリ容量など性能で選ぶ

モバイル情報ブロガーが選ぶゲーミングスマホおすすめ商品5選をご紹介します。ゲームのなかには、高スペックゲーミングPCのようなゲーム向けパソコンを推奨するゲームがあります。同じくスマホゲームにおいても、高いスペックのスマートフォンが必要なゲームがあります。そこで、モバイル情報ブロガーの伊藤浩一さんにお話をうかがい、ゲーミングスマホの選び方とおすすめ機種について教えてもらいました。最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


DJI製【ドローン】おすすめ5選と選び方|憧れの空撮に挑戦! カメラ付き製品を厳選

DJI製【ドローン】おすすめ5選と選び方|憧れの空撮に挑戦! カメラ付き製品を厳選

フォトグラファーが選ぶDJI製ドローンのおすすめ5選をご紹介します。最近では、テレビなどのメディアでもドローンを使った撮影を目にする機会が増えました。実際にドローンを使って空撮をしてみたいとお考えの方も多いのではないでしょうか。そこで、フォトグラファーの瀬川陣市さんに、ドローンやアクションカメラなどのメーカーで知られるDJI製ドローンの選び方について教えてもらいました。この記事で紹介しているドローンはすべてカメラ備え付き製品になります。また、最後に各通販サイトの売れ筋ランキングもありますので、あわせて参考にしてみてください。


Apple Watchのフィルムおすすめ5選【気泡が入りにくい、TPU素材】

Apple Watchのフィルムおすすめ5選【気泡が入りにくい、TPU素材】

Apple系ライターの伊藤 朝輝さんに取材を行い、Apple Watchをキズなどから守るフィルムについて、選び方とおすすめ商品にをうかがいました。Series5も登場したApple Watchシリーズ。盤面をキズから守る保護フィルムは、iPhoneの保護フィルム同様にいくつかのタイプがあります。耐久性はもちろんのこと、貼るときには気泡が入りにくく、使っていて指紋がつきにくいものを選びたいものです。ここでは単純なガラスフィルム、枠付きガラスフィルム、TPU素材のフィルムの3タイプを紹介します。それぞれ長所・短所があるので自分の考えに合うものを選択してください。


スマートタグのおすすめ8選【形や機能がさまざま!】置き忘れや置き引きの対策に

スマートタグのおすすめ8選【形や機能がさまざま!】置き忘れや置き引きの対策に

防災ファシリテーター・南部優子さんへの取材をもとに、スマートタグの選び方やおすすめ商品をご紹介します。スマートタグは、貴重品などに取りつけ、Bluetoothによる通信機能やGPS機能を使ってスマートフォンと連動させることにより、見失ったものを探したり、忘れ物をすること自体を未然に防いだりする電子タグです。「GPS位置情報」「忘れ物防止機能」「アイテムファインダー」などの紛失防止・迷子防止に役立つ機能があり、その形もさまざまです。実は平常時だけではなく、災害時にも便利に使えます。本記事では、災害時の観点もたくさん解説いただいていますので、平常時用はもちろん、災害への備えのひとつとしてもぜひ参考にしてみてください。


新着記事


ベビーマットおすすめ5選【助産師に聞いた】選び方も詳しく解説

ベビーマットおすすめ5選【助産師に聞いた】選び方も詳しく解説

助産師の河井恵美さんに、ベビーマットについて詳しくお話をうかがいました。ベビーマットには、寝返り前の赤ちゃんを寝かせるマットや、転倒したときの衝撃を軽くする目的で床に敷く大きめのマットなど、さまざまなタイプのものがあります。家庭の環境やメンテナンスのしやすさなども考えながら、用途に合ったものを選びたいですね。この記事では助産師であり、保育士の資格もお持ちの河井さんに、ベビーマットの選び方とおすすめの商品を教えていただきました。後半に掲載した各通販サイトの売れ筋ランキングと合わせて、赤ちゃんが快適に過ごせるマット選びにお役立てください。


キッズ用ラッシュガードおすすめ5選【保育士ライターに聞いた】紫外線から子どもの肌を守る

キッズ用ラッシュガードおすすめ5選【保育士ライターに聞いた】紫外線から子どもの肌を守る

紫外線から肌を守り、ケガの予防にもなるラッシュガード。海やプールのレジャーはもちろん、子どもたちは水泳の授業でも着用することが多くなりました。さまざまなタイプがあるラッシュガードですが、購入するにはどのような点に着目したらよいのでしょうか。この記事では保育士ライターのすぎ けいこさんに、キッズ用のラッシュガードの選び方とおすすめの商品を教えていただきました。後半には各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。子どもにぴったりのラッシュガードを選ぶ参考にしてみてください。


バスライトおすすめ6選|くつろぎのひとときに【アロマやプラネタリウムを楽しむ】

バスライトおすすめ6選|くつろぎのひとときに【アロマやプラネタリウムを楽しむ】

家電コンシェルジュの松本レイナさんに、バスライトの選び方とおすすめ商品についてうかがいました。備え付けの照明と違って、落ち着いた空間にもきらびやかな空間にもしてくれるバスライト。デザインやカラーもさまざまで、1つ買うといろいろな種類を試してみたくなるバスグッズのひとつです。興味はあるけれども、どの商品を選んだらよいか迷っている方も多いのではないでしょうか。本記事を参考に、自分好みの商品を見つけてみてください。


スイッチングハブおすすめ6選|通信速度を快適に!【LANポートを増やす】

スイッチングハブおすすめ6選|通信速度を快適に!【LANポートを増やす】

家電コンシェルジュの松本レイナさんに、スイッチングハブのおすすめ商品と選び方を教えてもらいました。ゲーム機やテレビなど、LANケーブルで複数の機器を接続したい場合に役立つスイッチングハブ。ルーターのLANポートと繋げるだけで、かんたんにポートの増設ができます。自分の家にはどの商品があっているのか、ぜひ本記事を参考にして選んでみてください。


【ミネラル豊富な塩】おすすめ5選! 塩料理研究家が選び方も解説

【ミネラル豊富な塩】おすすめ5選! 塩料理研究家が選び方も解説

塩料理研究家の青山志穂さんに聞いた、ミネラル豊富な塩を選ぶポイントと、おすすめの商品を紹介します。塩を構成する主たるミネラルには、「ナトリウム」「マグネシウム」「カルシウム」「カリウム」があります。塩の主成分である塩化ナトリウムもミネラルですが、本記事では「ナトリウム以外のミネラル」を多く含んだ塩にスポットを当てました。記事後半には各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、合わせて塩選びの参考にしてみてください。


人気の記事


>>総合ランキングを見る