【徹底検証】アップル AirPods Pro【ソニー WF-1000XM3との比較も】

【徹底検証】アップル AirPods Pro【ソニー WF-1000XM3との比較も】
IT編集者:中筋 義人
IT編集者
中筋 義人

最新技術搭載のカッコいいグッズを見つけるとつい買ってしまう、IT系編集者。そんな性格ゆえに、いわゆる「人柱」経験多数。 そうした経験を生かして、スマホ、電子ガジェット、デジタル家電を中心にいいモノをおすすめしてまいります。

アップル「AirPods Pro」とソニー「WF-1000XM3」を、iPhone関連プロダクトに詳しいITライター中筋義人さんに、実機を使って性能や使い勝手まで比較してもらいました。このジャンルは、2019年7月に発売された「WF-1000XM3」が販売開始後しばらくは売り切れが続く人気でしたが、それに対抗するような「AirPods Pro」をアップルが投入してきてきました。さぁ軍配はどちらに上がるのか? 外観やケース出し入れの比較動画もあります。ぜひ参考にしてください。


目次

最強のノイキャン完全ワイヤレス頂上決戦!? 実機で比較してみました

ノイズキャンセリング機能を備えた完全ワイヤレスヘッドホンの2大製品を、14のポイントにわけてガチンコ比較します。

AirPods ProとWF-1000XM3の比較画像、外観

Photo by マイナビおすすめナビ

レベルの高いノイズキャンセリング製品を以前より発売していたソニーが、満を持して世に出したWF-1000XM3(右下の金/黒のケース)と、後発ながらiPhoneを軸にしたノイキャン生活シーンを提供するアップルのAirPods Pro(右上の白いケース)。さぁ勝つのはどっちでしょうか?(撮影:中筋 義人)

実機比較(1)高性能チップでノイキャン、高音質、低遅延を実現

IT編集者

双方高性能チップで、高品質なノイキャン性能を発揮

AirPods Proは、H1ヘッドホンチップをベースにした半導体チップを採用。ノイズキャンセリング時には毎秒200回の調整をこのチップで高速処理しているとのことです。WF-1000XM3は、省電力で高音質なノイズキャンセリングプロセッサー「QN1e」を搭載。

両製品とも、内側と外側に搭載したマイクで正確にノイズだけを除去するようになっています。ワイヤレスでの信号伝送に加えてノイズキャンセリングという複雑な処理にも関わらず高速な専用チップを搭載することで、両製品とも有線のイヤホンと比較しての遅延(レイテンシー)が少なく、動画を視聴してもズレがほとんど感じられないレベルを実現しています。

Apple『AirPods Pro』

常に最適なノイキャン機能を提供するため、双方のヘッドホンとも高速なチップを搭載しています。

※ 2019年11月10日時点 での税込価格

実機比較(2)【比較動画あり】イヤピースの種類が豊富なのはWF-1000XM3

IT編集者

アップルはアプリで、ソニーはイヤピースの数で

AirPods Proには、S/M/L3サイズのシリコン製専用イヤーチップ(イヤーピース)が付属していて交換できます。iPhoneの設定アプリの「イヤーチップ装着状態テスト」機能で、密閉具合を自動計測することができるのは、さすが端末、OS、イヤホンを一社で開発しているアップルの強みと言えます。

WF-1000XM3には、フィット感の高い「ハイブリッドイヤーピースロング」(SS/S/M/Lの4サイズ)と遮音性が高く長時間の装着に適した「トリプルコンフォートイヤーピース」(S/M/Lの3サイズ)の合計7種類ものイヤーピースが付属しているので、耳の形や好みと合うものを選びやすいはず。また、WF-1000XM3へイヤーピースを取り付けるステムが一般的な軸状の形になっているので、低反発ウレタン製などのサードパーティのものも利用できそうです。

AirPods Proのイヤーチップテスト画面

音を届けるイヤピース部分を個体差のある耳の形状にフィットさせられるかが、ノイキャン性能に大きく関わります。AirPods Proは「イヤーチップ装着状態テスト」で診断しながら、最適なフィット具合を見つけるという方法をとっています。

AirPods ProとWF-1000XM3の比較画像、付属しているイヤーピース

Photo by マイナビおすすめナビ

一方、WF-1000XM3は、AirPods Proよりたくさんのイヤーピースを付属させ、最適なフィットを提供します。(撮影:中筋 義人)

実機比較(3)装着感の評価は? 圧迫感は?

IT編集者

AirPods Proは、カナル型が苦手な人向き

AirPods Proは、シリコン製イヤーピースのおかげで、従来のAirPodsと比べてしっかり装着されます。ただし、イヤーピースの軸になるトリムがなく、耳の内と外の均圧するための機構があることで、装着しても圧迫感があまりありません。一般的なカナル型イヤホンの装着感が苦手な人でも比較的使いやすいのではないでしょうか。

WF-1000XM3は、一般的なカナル式のイヤーピース形状なので耳に突っ込めば、特に意識なく装着でき、耳センのように遮音された状態になります。半面、密閉度が高い分、体の動きが耳に届いて気になるといった人は苦手かもしれません。

AirPods ProとWF-1000XM3の比較画像、ノズル部分

Photo by マイナビおすすめナビ

耳センのように耳に入れる部分が長いWF-1000XM3(下)は、「穴にフタをする」物理的な妥当性があるので高いノイキャン効果はありますが、「耳に物を入れている感覚」が苦手な人には、長時間の使用はやはりツライようです。一方、AirPods Pro(上)は長いノズルを差し込まず、機構などの仕組みでノイキャン効果を出し、不快感を軽減しています。あくまで生活の中で快適に使えるものを追求する姿勢が垣間見えます。(撮影:中筋 義人)

実機比較(4)実際のノイズキャンセリング性能は?

IT編集者

形状効果もあり、高い遮音性のWF-1000XM3

実際にノイズキャンセリング機能を試してみたところ、AirPods Proは正しく装着をしていれば非常に高い効果が得られます。広範囲の音域でノイズ軽減が効果している印象で、空調などのノイズから人の話し声までかなり小さくなります。

WF-1000XM3も、ノイズキャンセル性能はかなり高機能です。装着しただけで遮音性が高いことと併さるため、消音効果は強く感じます。傾向としては高音に対して消音が強めで、人の話し声などは比較的聞こえやすくなっています。

AirPods ProとWF-1000XM3の比較画像、AirPods Pro装着画像

Photo by マイナビおすすめナビ

ノイキャンオーディオの雄、ソニーのWF-1000XM3は耳セン的な形状もありしっかりノイキャン効果を出してします。一方、アップルのAirPods Proは、機構的、技術的な革新性を突き詰めることで、ノイキャン効果と不快感の軽減を両立させています。(撮影:中筋 義人)

実機比較(5)外音取り込み機能を評価

IT編集者

WF-1000XM3は細やかな調整が可能

AirPods Proは「外部音取り込みモード」、WF-1000XM3は「外音コントロール」という、マイクで拾った周囲の音の取り込む機能を搭載しています。話しかけられたり、警告音などの音が聞こえなくなって不安という場合は、この機能が役立ちます。

AirPods Proの「外部音取り込みモード」は、環境音や話し声がよく聞こえます。WF-1000XM3の「外音コントロール」機能も違和感なく外部の音を聞くことができます。また、専用アプリ「Headphones」を操作することで、取り込み音の量を調整したり、音声をよく聞こえるようにする「ボイスフォーカス」モードに切り替えられます。

AirPods ProとWF-1000XM3の比較画像、WF-1000XM3、外音取り込み画面

WF-1000XM3はアプリ上で、ノイズキャンセリングのOn/Off、外音取り込みを1~20レベルで調整できます。

AirPods ProとWF-1000XM3の比較画像、AirPods Pro外音取り込み画面

AirPods Proは、設定画面はもちろん、ロック時のコントロールセンターでも設定が可能です。ポイント12でも指摘されてますが、このあたりのアクセスの容易さは、OS含めて提供しているアップルが有利になります。

実機比較(6)肝心の音質の評価は?

IT編集者

WF-1000XM3はイコライズ機能が豊富

音質については、私はオーディオ評論家ではないので個人の感想となりますが、AirPods Proの音質は従来のAirPodsのサウンドをより分厚くし、低音を強調した印象。耳の中を反響したサウンドをマイクで拾って自動調整する仕組み(アダプティブイコライゼーション)を搭載していて、自分でイコライジングすることはできません。

WF-1000XM3の音質は、低音、中高音強めのいわゆる「ドンシャリ」系サウンドの傾向があります。ただし、専用アプリにイコライジング機能が用意されているので、自分好みに調整するといいでしょう。なお、WF-1000XM3は圧縮音源をアップスケールして音の解像度を補完する機能「DSEE HX」を搭載しています。ソニーはこの機能を「ハイレゾ級」として打ち出していますが、実際に使用してみたところ、高音域がやや強調されて聞こえ、個人的には好みの音ではありませんでした。

AirPods ProとWF-1000XM3の比較画像、WF-1000XM3アップスケール機能

WF-1000XM3には、圧縮のために間引きされた音声データを、転送されたヘッドホン側でアップスケールするDSEE HXというソニー独自の信号技術が初めて搭載されました。非可逆圧縮をアップスケールするので、ニュアンスが加わる部分もあり好みは別れます。でも選択肢としてあるのは、いいですね。

実機比較(7)最長再生時間はどれぐらい?

IT編集者

ソニーに軍配。使用上はどちらも問題はないはず

ノイズキャンセリング機能オンでの最長再生時間を比べると、AirPods Proイヤホン単体では4.5時間。フル充電のバッテリーケースを使うと合計24時間まで再生できます。一方、WF-1000XM3はイヤホン単体で最長6時間再生可能、ケース込みだと24時間再生可能です(いずれもコーデックはAAC、ノイズキャンセリング機能ON、DSEE HX やイコライザーOFF時)。

WF-1000XM3のほうがイヤホン単体で再生時間が長いですが、通常、使用しないときはケースに収める使い方をするはずなので、あまり気にしなくもいいでしょう。ちなみにバッテリー切れたときの充電時間ですが、AirPods Proは5分の充電で約1時間の再生、WF-1000XM3は10分の充電で約90分間の再生が可能になるということです。

ソニー『WF-1000XM3』

充電されていない時のガッカリ感は半端ありませんが、これだけの急速充電力があれば問題ないでしょう。

※ 2019年11月10日時点 での税込価格

実機比較(8)音は途切れない? 接続は大丈夫?

IT編集者

両機問題なし。WF-1000XM3は専用モードも

AirPods Pro、WF-1000XM3とも、Bluetooth 5.0対応でiPhoneとのコーデックはAACとなります。私がiPhone 11 Proと接続して使用していた間、両方とも、かつてのBluetoothイヤホンにありがちだった音が途切れるようなことはほぼありませんでした。WF-1000XM3は、専用アプリで「音質優先モード」と「接続優先モード」を選べるので、もし音切れなどがあれば「接続優先モード」を選ぶといいでしょう。
使用開始時のBluetooth接続のスムーズさは、AirPods Proのほうが若干早くつながります。
ちなみに、AirPods Pro、WF-1000XM3とも片耳ずつ装着して使用することができます。

実機比較(9)ケースも比較、評価!

IT編集者

WF-1000XM3ケースはやや残念

バッテリーケースの大きさを比較すると、AirPods Proのケースは高さ45.2 x 幅60.6 x 厚さ21.7mm、WF-1000XM3のケースは高さ54 x 幅79 x 厚さ28mmと(実測値)で、AirPods Proのケースがポケットに収まりやすいのに対して、WF-1000XM3のほうはややかさばり、カバンに入れて持ち運びたくなります。またWF-1000XM3のケースのフタは、傷がつきやすい素材が使われていて、また作りが華奢な印象な点もやや残念です。

ちなみに、AirPods Proの充電ケーブルは、iPhone用と同じLighteningケーブル。AirPods Proは、iPhoneと組み合わせて使うのが前提なので問題ないでしょう。ただし、付属するのがUSB Type-C/Lighteningケーブルなので、このケーブルを使うにはUSB Type-C ACアダプターを別途用意する必要があるので注意。WF-1000XM3は、USB Type-Cケーブルを採用しています。

AirPods ProとWF-1000XM3の比較画像、ケース比較

Photo by マイナビおすすめナビ

毎日持ち歩くケースだけに、その大きさも重要なファクターになります。WF-1000XM3のケースは高級感はあるのですが、ご覧とおりの大きさです。(撮影:中筋 義人)

実機比較(10)【比較動画あり】ケース出し入れのスムーズさも評価してみた

IT編集者

AirPods Proポロリに注意

バッテリーケースは、非常に便利な仕組みですが、取り出しと収納を頻繁に行うことになるので、そのスムーズさもチェックしてみました。

取り出しの際、AirPods Pro、WF-1000XM3ともに少しコツがいります。特にAirPods Proは、つまみ損ねてポロリと落とすことがあったので注意しましょう。AirPods Proはケースの左右外側から親指をイヤホンの下に差し込むように入れて取り出しましょう。WF-1000XM3は、ケースのフタを開けると真ん中にある左右イヤホンの隙間に指を入れて持ち上げると取り出しやすいです。

収納は、どちらもすっぽり収まってマグネットで固定されるのでスムーズです。使い始めは左右イヤホンを入れ替えて収めようとしてしまいがちですが、慣れれば問題ないでしょう。

AirPods ProとWF-1000XM3の比較画像、取り出し方画像

完全ワイヤレスで怖いのは、外出先でのポロリ落下。どちらもコツがありますが、慣れてしまえば大丈夫です。(撮影:中筋 義人)

実機比較(11)音漏れを比較、評価!

IT編集者

形状メリットで、WF-1000XM3に軍配!

AirPods Proは、従来のAirPodsほどではありませんが、オフィスで大音量にして音楽を再生すると、周囲にどの曲を聴いているかがわかるぐらいには音漏れします。WF-1000XM3は、密閉性が高いのでAirPods Proに比べて音漏れは少ないです。

実機比較(12)操作性の評価は?

IT編集者

iOSに統合されたAirPods Proが有利

ともに感圧センサーを備えていて、指でタッチして、再生/停止、スキップ、ノイズキャンセリングや外音取り込みの切り替えが可能です。両機会とも、写真のようにセンサー部分に指でタッチすると反応するようになっています。ちなみに、耳からイヤホンを取り外すと再生を停止させる機能は、両製品とも用意されています。

また、ノイズキャンセリングや外音取り込みのコントロールは、AirPods ProはiOSに統合されていてコントロールセンターの音量メーターをタップすると変更できます。WF-1000XM3は、専用のアプリが用意されていて、外音取り込みのレベル調整やサウンドのイコライジング機能などが用意されています。

AirPods ProとWF-1000XM3の比較画像、WF-1000XM3装着画像

Photo by マイナビおすすめナビ

ヘッドホン側は、両機ともセンサー部分に指でふれて操作します。デバイス側の設定は、iPhone使用を前提とすると、やはりAirPods Proが有利です。(撮影:中筋 義人)

実機比較(13)AirPods Proはランニングイヤホンになる?

IT編集者

防水機能は、AirPods Proに軍配

AirPods Proは、防水等級IPX4に対応で、いわゆる「生活防水」対応です。汗やちょっとした水しぶきに耐えられますので、ランニングなどの際に利用できそうです。ただし、移動時は外音取り込みモードで周囲に注意を払うことを怠らないようにしましょう。

WF-1000XM3は、防水仕様にはなっていません。またサイズや重量が大きいため、走ったりしていると耳から取れてしまう可能性も高いので、スポーツ時の使用はおすすめしません。

実機比較(14)色、目立ちやすさも評価!

IT編集者

本体色・白が好きか、嫌いかで判断

AirPods Proのカラーは、白一択。その白さから、装着した様子が「耳からうどん」と呼ばれるAirPodsですが、AirPods Proは耳から下がる円筒形部分がAirPodsより短くなっていて「うどん感」が軽減されています。

WF-1000XM3のカラー展開は、プラチナシルバーとブラックの2種類があります。いずれの色のモデルも真っ白なAirPods Proよりは目立たない印象なので、「うどんは嫌だ」という人や、さりげなく使用したいという人はこちらのほうがおすすめです。

AirPods ProとWF-1000XM3の比較画像、AirPods Pro装着時画像

Photo by マイナビおすすめナビ

著者近影を兼ねて。最後に「耳からうどん感」をチェックしてください。あまり目立たくはなりました。(撮影:中筋 義人)

トータル的には○○○に軍配が上がる。あとは音の好み

iPhone連携が前提ならAirPods Pro

IT編集者

トータルでの比較では、AirPods ProがWF-1000XM3に勝ります。ただし、WF-1000XM3が劣っているというよりは、アップルが後発だけにしっかりノイキャン機能を作り込んできた上に、OSレベルからiPhoneに最適化された使い心地と提供する必勝態勢を取ってきたという気がします。

WF-1000XM3も素晴らしい製品なので、ソニーのサウンドが好みであったり、アップル製品以外の端末などでも使用したいという人はチョイスしても全く問題ないと思います。今後、さらにこの2製品に続く、すごいノイキャンイヤホンが登場することに期待です!

最強のノイキャン完全ワイヤレス頂上決戦!? AirPods Pro vs WF-1000XM3

まだ新しい分野である、完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンですが、いきなりの本命2製品がハイレベルな競争を繰り広げています! こちらが真っ向勝負してもらう2機種です。AirPods Proに関しては、なぜかプレミア価格にしている通販サイトもありますが、今回は公式ショップと同じ価格のものにリンクをしています。売り切れショップも多いので、もしご所望でしたらお早めに。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Apple『AirPods Pro』

出典:Amazon

サイズ(H×W×D)
30.9 × 21.8 × 24.0 mm
イヤホン重量
5.4 g
通信機能
Bluetooth 5.0
Thumb lg 6a3b580a d5c3 442d bd1b 9693c821ea4d
IT編集者

iPhoneと一緒に使うなら最強!?

満を持してアップルがノイキャン領域に送り込んできた強力なノイズキャンセリングイヤホン。一見カナル式に見えますが、実際は耳の奥にねじ込まずに使用し、十分なノイズキャンセリング性能を発揮します。

そのため、有線を含めてこれまでのノイキャンイヤホンにはなかった装着感を実現します。アップル製品とはOSレベルで統合され、洗練された操作性も高評価です。

※各社通販サイトの 2019年11月15日時点 での税込価格

ソニー『WF-1000XM3』

出典:Amazon

サイズ(H×W×D)
非公開
イヤホン重量
8.5 g
通信機能
Bluetooth 5.0
Thumb lg 6a3b580a d5c3 442d bd1b 9693c821ea4d
IT編集者

ノイキャン完全ワイヤレスの開拓者

2019年夏の登場以来、AirPods Proが登場するまでは、ノイキャン完全ワイヤレスイヤホン界隈の話題をさらっていた一台。アラウンドイヤー型ノイキャンヘッドホンの名機『WH-1000XM3』の技術を進化させつつ、小さい本体に詰め込んだ衝撃はかなりのもので、iPhoneユーザーにも多くの支持者がいます。

AirPods Proにない機能としては、Googleアシスタントをサポートしており、設定を有効にすれば指一本で簡単に呼び出せます。

※各社通販サイトの 2019年11月15日時点 での税込価格

ここ最近、電車に乗るとよく目にする完全ワイヤレスイヤホン。BOSEやSONYをはじめ、多くのメーカーが高音質で防水防塵といった機能を兼ね備えた商品を発売しています。なかには、高コスパでおしゃれな商品もあり、どれを選んでいいのか悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。そこで、オーディオ・ビジュ...

新旧比較! AirPodsとAirPods Pro、どっちがいい?

ここでは番外編的に、AirPodsの新旧比較をしてみたいと思います。どんな点が進化したのか、今一度、参考にしてみてください。

 AirPodsとAirPods Proの比較、違いまとめ表

Photo by マイナビおすすめナビ

AirPodsとAirPods Proの相違点です。※価格は、2019/11/14現在のAmazon価格です。※AirPodsの価格は、Apple AirPods with Charging Case(最新モデル)のものになります。

IT編集者

まず機能や仕様の差異点を挙げると上の表のようになります。なんといっても最大の違いは、(1)のノイズキャンセリング機能がAirPodsにはありません。(2)はAirPods Proはイヤーピースがある分、耳にフィットしやすいつくりになっています。(3)の耳から下がる円筒部分がAirPods Proのほうが短くなっています。いわゆる「うどん度」の軽減ですね。(4)の本体寸法のスペックでも、AirPods Proは小ぶりになっているのがわかるかと思います。(5)の充電ケースはAirPods Proのほうがやや大きいのですが、それほど気になりません。(6)のイヤホン単体のバッテリーの持ち(再生時間)が、AirPods Proが4.5時間なのに対してAirPodsが5時間とやや長くなっています。これは絶え間なくノイキャン効果を出すためにフル稼働しますから、致し方ないですね。(7)の操作方法も違いますが、どちらも難しくはないと思います。(8)の音質は、AirPods Proのほうが遮音性が高いためか低音部に違いを感じますが、音の傾向は似ています。最後に重要なのが価格。AirPodsが19,570円なのに対して、AirPods Proは30,580円(いずれもAmazon価格)。たった1万円ほどの価格差で快適なノイズキャンセリング機能が付いてくる! うどん度も低減したし、お得! と感じる人は、AirPods Proを選んでいいでしょう。

ノイズキャンセリングヘッドホンの基礎知識

アップル製品にテクノロジーの解説をつけるのは無粋なのですが、ノイズキャンセリングの原理などについて知っておきたい方もいるかもしれませんので、簡単に解説させていただきます。

ノイズキャンセリングとは

頭の周りで鳴っている外音と正反対(逆位相)の音を出すことで、外音を耳に届かないようにする技術です。外音をマイクで取り込み正反対の音に変換して鳴らしますので、変換をできるだけ早く細かく頻繁に行う必要があり、そのため今回の両機とも高機能なチップを搭載しています。

ノイズキャンセリング効果って、実際どのくらい?

試してもらうのが一番ですが、高価な機種のノイキャン効果はかなりのものです。そこそこうるさい場所でも、「遠くで音がなっているな」ぐらいまでは静かになる程度ではないでしょうか。

睡眠時の家人のいびき対策には使える?

これも個人差がありますが、有効な方法ではないでしょうか。いびきは、ある程度の周期をもってゆったり鳴動しますので、ノイズキャンセリングしやすい部類にはいります。また完全ワイヤレスなら本体が小さいので、寝返りをうったりする際の違和感も少ないといえます。

飛行機の時に使うと快適?

今回は時間がなくできませんでしたが、飛行機はノイズキャンセリングヘッドホン性能テストの定番というほど、効果的なシーンになります。一定のベースノイズが長時間鳴っている機内で使うとかなり快適です。海外取材が多い家電業界のライター陣は、機内持ち込みにしているケースがほとんどではないでしょうか。

完全ワイヤレスのメリットは? デメリットは?

いろいろありますが、まず小さいので携帯性に優れています。また、アラウンドイヤー型ワイヤレスヘッドホンと比べると、頭頂部に触れないので髪型を制約しない点も地味にメリットですね。デメリットは小さいので紛失してしまうことと、今回の両機はカナル型ですので、耳をすっぽり覆うアラウンドイヤー型より快適なつけ心地とはいえません。

お目立ちするなら、AirPods Proケースにもこだわる

せっかく買ったAirPods Pro。できれば傷つけずに、キレイに使いたいですね。ここでは
AirPods Pro用のケースをご紹介します。

ESR『AirPods Pro ケース 2019』

出典:Amazon

サイズ(H×W×D)
--
イヤホン重量
--
通信機能
--

ツルツルケースが苦手な人に

本体ケースにかぶせる、シリコンケースカバーです。もともとのケース本体はツルツルしていますが、これをかぶせることでサラサラした手触りに変わり滑りにくくなりますし、傷もつきにくくなります。カバーが薄いのでワイヤレス充電は装着したまま使えます。LEDインジケーターの明滅は少しわかりにくくなるので注意してください。

※各社通販サイトの 2019年11月19日時点 での税込価格

ESR『AirPods Pro ケース(クリア)』

出典:Amazon

サイズ(H×W×D)
--
イヤホン重量
--
通信機能
--

本体色を隠したくないなら

こちらは、衝撃吸収TPUフレームを使用したシースルーのAirPods Proケースです。カラビナが付いているので携帯性もアップ。ワイヤレス充電も行えます。カラビナを使って、リュックのドローコードなどに取り付けるといいかもしれません。

※各社通販サイトの 2019年11月19日時点 での税込価格

オドロキ『PRISMART Case for AirPods Pro Wood Camel』

オドロキ『PRISMART Case for AirPods Pro Wood Camel』

出典:楽天市場

サイズ(H×W×D)
--
イヤホン重量
--
通信機能
--

ポリカーボネートに印刷された木目調ケース

木目や花柄など、目を引く模様をポリカーボネートに印刷したケースのシリーズです。これ以外にも、マーブル調や迷彩柄、コルク柄などいろいろ。これからAirPods Proをプレゼントするなら、こんなケースも一緒にあげると喜ばれるかもしれません。

※各社通販サイトの 2019年11月19日時点 での税込価格

「アップルAir Pods Pro」のおすすめ商品の比較一覧表

画像

Apple『AirPods Pro』
ソニー『WF-1000XM3』
ESR『AirPods Pro ケース 2019』
ESR『AirPods Pro ケース(クリア)』
オドロキ『PRISMART Case for AirPods Pro Wood Camel』

商品

Apple『AirPods Pro』 ソニー『WF-1000XM3』 ESR『AirPods Pro ケース 2019』 ESR『AirPods Pro ケース(クリア)』 オドロキ『PRISMART Case for AirPods Pro Wood Camel』

特徴

iPhoneと一緒に使うなら最強!? ノイキャン完全ワイヤレスの開拓者 ツルツルケースが苦手な人に 本体色を隠したくないなら ポリカーボネートに印刷された木目調ケース

価格

Amazon : ¥ 30,580
ノジマオンライン : ¥ 30,580
ヤマダウェブコム : ¥ 30,580
※各社通販サイトの 2019年11月15日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 25,751
ノジマオンライン : ¥ 25,493
Yahoo!ショッピング : ¥ 25,542
※各社通販サイトの 2019年11月15日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 1,199
※各社通販サイトの 2019年11月19日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 1,299
Yahoo!ショッピング : ¥ 2,019
※各社通販サイトの 2019年11月19日時点 での税込価格
楽天市場 : ¥ 2,981
※各社通販サイトの 2019年11月19日時点 での税込価格

サイズ(H×W×D)

30.9 × 21.8 × 24.0 mm 非公開 -- -- --

イヤホン重量

5.4 g 8.5 g -- -- --

通信機能

Bluetooth 5.0 Bluetooth 5.0 -- -- --

商品情報

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※2019/11/20 主に商品情報の追加のため、記事を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 関口信太郎)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ヘッドホンリケーブルのおすすめ商品5選【SHURE・ソニー・AKG対応製品ほか】

ヘッドホンリケーブルのおすすめ商品5選【SHURE・ソニー・AKG対応製品ほか】

AV評論家の折原一也さんに、ヘッドホンリケーブルの選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。へッドホンのケーブルを付属品から交換する「リケーブル」。もともとの目的は付属のケーブルが断線してしまって交換する修理のものでしたが、現在はケーブルの素材による音質向上を目的とするリケーブルも趣味として楽しまれています。イヤホンでの愛好家も多いリケーブルですが、ヘッドホンではイヤホン以上に接続端子のバリエーションがあります。ゼンハイザー、SHURE、ソニー、AKG、オーディオテクニカと高音質愛好家にとって定番の機種を中心に紹介いただきました。ぜひ折原一也さんの解説を参考に、自分のヘッドホンにぴったりのリケーブルを見つけてください。


レコードクリーナーのおすすめ4選+α【オーディオ&ビジュアルライターが解説】

レコードクリーナーのおすすめ4選+α【オーディオ&ビジュアルライターが解説】

オーディオ&ビジュアルライターの折原一也さんにレコードクリーナーの選び方とおすすめ商品をうかがいました。音楽のデジタル配信が普及してきたいまでも、アナログのレコードを愛好するひとは多く存在します。CDなどと違いレコードは盤面の溝を針で読み込むので、ほこりやよごれが直接音に影響してきます。そこで必要になってくるのがレコードのクリーニングです。この記事ではオーディオ&ビジュアルライターの折原一也さんが、レコードクリーナーの選び方のポイントやおすすめ商品、さらにお助けアイテムまで紹介してくれています。ぜひ参考にして、大切なレコードのお手入れに役立ててください。


ガジェット系ライターが選ぶBeatsヘッドホン・イヤホンのおすすめ5選!

ガジェット系ライターが選ぶBeatsヘッドホン・イヤホンのおすすめ5選!

ガジェット系ライターの堀井塚 高さんにBeatsヘッドホン・イヤホンの選び方とおすすめ商品をお聞きしました。Beats(ビーツ)の創業は2006年。比較的新しい音響機器メーカーですが、海外セレブが使っていることで人気が拡大。2014年にアップルに買収されたこともあり、以降に発売されたモデルは、iPhoneやiPadなどとの親和性が高くなっています。またヘッドホン・イヤホンとしての性能はもちろん、デザイン性が高いのもBeatsブランドの魅力です。特徴的な「b」のロゴマークは、ひと目でBeats製品とわかります。そんなBeats製品の選び方を紹介します。


ポータブルカセットプレーヤーおすすめ5選|家電ライターが選び方のポイントを解説

ポータブルカセットプレーヤーおすすめ5選|家電ライターが選び方のポイントを解説

家電ライターが選ぶポータブルカセットプレーヤー5選をご紹介します。テープを聴いたりデジタル化したりすることができるポータブルカセットプレーヤー。そんなポータブルカセットプレーヤーの選び方を家電ライターの秋葉けんたさんが解説します。また、ポータブルカセットプレーヤーのおすすめ商品5選についても取り上げています。通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しているので、あわせて参考にしてみてください。


ガジェット・家電ライターが教えるカセットプレイヤーおすすめ6選【テープ愛用・デジタル対応】

ガジェット・家電ライターが教えるカセットプレイヤーおすすめ6選【テープ愛用・デジタル対応】

ガジェット・家電ライターの渡辺まりかさんに話をうかがい、カセットプレイヤーの選び方から、おすすめ商品までご紹介いただきました。音楽再生や語学学習など、まだまだ現役で使っている方も多いカセットプレイヤー。最盛期とは異なり、現行機種はあまり選択肢がないと思われがちですが、実は未だに最新機種が出ている家電ジャンルだったりします。電池式か否か、リピート機能の有無、デジタル録音対応など、購入ポイントを確認しましょう。通販サイトの売れ筋ランキングも参考にしてください。


新着記事


メーカー別トースターおすすめ5選|いつものパンがもっとおいしくなる!【バルミューダ、デロンギ、アラジン】

メーカー別トースターおすすめ5選|いつものパンがもっとおいしくなる!【バルミューダ、デロンギ、アラジン】

フードコーディネーターの國塩亜矢子さんに、メーカー別トースターの選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。朝はトーストにコーヒーという人も多いと思います。トーストを焼くにはトースターが必要ですが、メーカー別にどのような違いがあるのでしょうか? この記事ではフードコーディネーターの國塩亜矢子さんが、さまざまなメーカーの中から、バルミューダ、デロンギ、アラジンを厳選。焼き加減にこだわっていたり、おしゃれなデザインだったりと、それぞれ特徴がみえてくると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。


ホットプレート5選|メーカ別に選び方とおすすめ商品を解説!【ホームパーティーでも活躍】

ホットプレート5選|メーカ別に選び方とおすすめ商品を解説!【ホームパーティーでも活躍】

フードコーディネーターの國塩亜矢子さんに、メーカー別ホットプレートの選び方とおすすめ商品を教えてもらいました。家族や友人を呼んでわいわい焼き肉やお好み焼き、たこ焼きパーティーなど、ホットプレートは欠かせませんよね。最近では、料理に合わせてプレートを変えられたりと各メーカーで独自の進化を続けています。この記事では國塩亜矢子さんが、さまざまなメーカーから象印、パナソニック、YAMAZEN、アイリスオーヤマ、ブルーノを厳選。それぞれのメーカーごとの特徴やおすすめの商品を紹介しています。最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


メーカー別ホームベーカリーおすすめ5選|パン好き必見!【自宅でいつでも手作り生活】

メーカー別ホームベーカリーおすすめ5選|パン好き必見!【自宅でいつでも手作り生活】

料理研究家の上田のりこさんへの取材のもと、手軽にパン作りを楽しめるホームベーカリーを、メーカー別にご紹介します。パンを本格的に作るとなると生地をこねるところから始まり、焼きあがるまでにさまざまな工程を経て、早くても3時間ほどかかります。パンの種類や大きさによっては、さらに時間がかかることも。ところがホームベーカリーがあれば、家庭で手軽にパンを作れるうえ、焼き立てを毎日でも楽しむことができます。この記事では数あるホームベーカリーの中から、厳選したシロカ、ツインバード、タイガー、象印、パナソニックをご紹介します。はじめて購入しようとしている方も、買い替えを検討している方も、ぜひ参考にしてみてください。


【ゲーミングスマホ】選び方&おすすめ5選|CPU・GPU・メモリ容量など性能で選ぶ

【ゲーミングスマホ】選び方&おすすめ5選|CPU・GPU・メモリ容量など性能で選ぶ

モバイル情報ブロガーが選ぶゲーミングスマホおすすめ商品5選をご紹介します。ゲームのなかには、高スペックゲーミングPCのようなゲーム向けパソコンを推奨するゲームがあります。同じくスマホゲームにおいても、高いスペックのスマートフォンが必要なゲームがあります。そこで、モバイル情報ブロガーの伊藤浩一さんにお話をうかがい、ゲーミングスマホの選び方とおすすめ機種について教えてもらいました。最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


メーカー別ハンドミキサーおすすめ5選|調理時間が大幅に短縮!【お菓子作りにも】

メーカー別ハンドミキサーおすすめ5選|調理時間が大幅に短縮!【お菓子作りにも】

フードコーディネーターの倉田沙也加さんに、ハンドミキサーの選び方とおすすめ商品を教えてもらいました。ケーキの生地をまぜたり、クリームを泡立てたりするのに使うハンドミキサー。最近ではアタッチメントを付け替えて1台で複数の調理に活用できるもの、ハイパワーで時短調理できるもの、安全性や取り扱いに工夫があるものなど、各メーカーからさまざまなハンドミキサーが発売されています。この記事では、ブラウン、クイジナート、テスコム、タイガー、貝印を厳選。それぞれの特徴とおすすめ商品を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


人気の記事


>>総合ランキングを見る