旅行用バックパックおすすめ6選|[着こなし工学]提唱者が解説!

旅行用バックパックおすすめ6選|[着こなし工学]提唱者が解説!
ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者
平 格彦

メンズファッションがメインのライター/編集者/コラムニスト。 AllAbout「メンズファッション」ガイド。[着こなし工学]提唱者。 また、メンサ (JAPAN MENSA) 会員。野菜ソムリエの資格も保有。 出版社から独立後、計60近くのメディアに関わり、客観的、横断的、俯瞰的なファッション分析を得意とする。そんな視点を活かした[着こなし工学]を構築中。

旅行に行くとなると、スーツケースに荷物を詰める人も多いでしょう。しかし、旅行用バックパックがあれば、両手があき、たくさんの荷物もラクに持ち運びできます。宿泊日数や目的によって、必要な容量なども変わってきますので、適切なものを選びたいですよね。この記事では、[着こなし工学]提唱者・平 格彦さんへの取材をもとに、旅行用バックパックの上手な選び方とおすすめ商品を紹介します。平さんならではの選び方を参考に、自分に合った旅行用バックパックを選んで旅にでかけましょう!


旅行用バックパックの上手な選び方|[着こなし工学]提唱者が教えるポイント

[着こなし工学]提唱者・平 格彦さんに、旅行用バックパックを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。平さんならではのチェックポイントを、使いやすい商品選びに役立てましょう。

バックパックを背負ったカップルの後ろ姿
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

背負いやすく使いやすい、旅行用バックパックに荷物を詰めて旅に出かけましょう!

1泊なら約30L、2〜3泊なら45L以上を目安に

ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者

旅行の移動はふだんよりも荷物が増えてしまうので、旅行用のバックパックは容量が重要になります。1泊2日程度なら30L(リットル)、2〜3泊なら45Lくらいを目安に選ぶというのを基準にするといいでしょう。それ以上の長期旅行になる場合は、スーツケースなどにも頼るのが賢明です。もちろん、同じ日数でも、荷物の量により必要な容量が変わってきますので、きちんとチェックして容量を決めましょう。また、荷物を入れると重くなるので、バックパック本体の重さも考慮するといいですね。

そのほか、空の旅なら飛行機内への持ち込みが可能なサイズかどうかも確認すべきです。大きさは幅55×奥行25×高さ40cm以内、3辺合計で115cm(45インチ)以内、重さは10kg(22ポンド)以下がスタンダードです。航空会社や飛行機の大きさ、行き先などによって基準が変わることもありますので、その都度チェックしましょう。

GREGORY(グレゴリー)『ジャーニーマン』

こちらの容量は30L。1泊2日程度の旅行にぴったりです。丈夫な素材を使っているので、耐久性もあり安心です。

>> Amazonで詳細を見る

目的地に合うテイストか、二刀流タイプを選ぶ

ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者

バックパックは、アウトドア系と都会系に大別できます。アウトドア系は機能性や視認性を追求していて、都会系はシンプルでモダンなデザインを重視しているのが一般的です。都会的なバッグがキャンプ場でNGということはありませんが、デザインだけでなく使い勝手も合う合わないがありますので、テイストは合わせたほうがベター。

ただし、どちらにも使えるバッグがないわけではありません。二刀流が可能なバッグのほうが費用対効果もアップします。アウトドア系の機能を搭載しながら見た目はモダンで都会的。そんなバックパックならおしゃれで便利に使えるので、もっともおすすめです。

着替えることを前提にして色や形はシンプルに

ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者

宿泊する旅行は、基本的に着替えますよね。そこで、どんなコーディネートにもマッチするバッグを選ぶのが賢い手段です。具体的には、装飾的なディテールや色数が少なめのシンプルなタイプを選択するのがおすすめ。

服装は極力シンプルにして派手なバッグをアクセントにするというコーディネートでも、トータルバランスは乱れません。ただし、「シーンを選ばない」という意味ではシンプルなバックパックのほうが重宝するでしょう。いずれにしても、持っていく服装や目的地とのバランスも考慮してバックパックを選ぶのがベストです。

TUMI(トゥミ) ALPHA BRAVO『ロンドン ロール・トップ・バックパック』

57Lの大容量バックパック。シンプルなデザインなので、どんな服装にもマッチします。ストラップにはパッドが入っていて、快適に背負えるのもポイントです。

>> Amazonで詳細を見る

旅行用バックパックのおすすめ6選|[着こなし工学]提唱者がイチオシ!

うえで紹介した旅行用バックパックの選び方のポイントをふまえて、[着こなし工学]提唱者・平 格彦さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。宿泊日数や目的地に合わせて選んでみましょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

GREGORY(グレゴリー)『ジャーニーマン』

GREGORY(グレゴリー)『ジャーニーマン』 GREGORY(グレゴリー)『ジャーニーマン』 GREGORY(グレゴリー)『ジャーニーマン』 GREGORY(グレゴリー)『ジャーニーマン』 GREGORY(グレゴリー)『ジャーニーマン』

出典:Amazon

容量 30L
サイズ 幅30×奥行20×高さ48cm
重さ 1,145g
素材 420Dパッククロスナイロン
カラー展開 ブラック、HDナイロン
Thumb lg 5087d321 e817 49a1 b188 cf78f43b373e

ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者

旅での使用を想定、スーツケースのような作りが特徴

旅行を意味する「ジャーニー」がモデル名に使われていることからもわかるように、旅での使用が想定されています。スーツケースのような作りが大きな特徴です。小型のスーツケースを背負う感覚で使えますので、両開きの仕様が好きな人にはイチオシ。使い方によっては、見た目以上に収納できて重宝します。

GREGORY(グレゴリー)は本格派のアウトドア系ブランドですが、このバッグは外観がシンプル。アウトドアでもシティでも、オールマイティに使えるのも大きな魅力です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

mont-bell(モンベル)『トライパック45』

容量 45L
サイズ 幅36×奥行24×高さ55cm
重さ 1,010g
素材 330デニール、バリスティックウルトラ ナイロン、リップストップ(ウレタン・コーティング)
カラー展開 ブラック、カーキグリーン、ネイビー
Thumb lg 5087d321 e817 49a1 b188 cf78f43b373e

ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者

じゅうぶんな容量で3WAYの使い方が可能!

バックパックといっても、ちょっとした移動の際や中身を取り出したい場合など、手に持ちたいときもあるでしょう。そんなシーンが多い人は、持ち方が選べる3WAYタイプのバッグがおすすめです。使い方は、ハンドルを使って手持ち、ショルダーベルトで肩かけ、バックパックとして背負って使用の3通りです。

旅行に対応できる「容量」と「3WAY」というふたつの重要な要素をあわせ持っているのがこの『トライパック 45』。さらに価格もリーズナブルですので、持っておいて損はないでしょう。フレームを内蔵し、型崩れしにくい構造に仕上げているのも特徴的。荷物に影響を与えづらいので、安心して移動できます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『テルス35』

THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『テルス35』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『テルス35』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『テルス35』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『テルス35』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『テルス35』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『テルス35』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『テルス35』

出典:Amazon

容量 M:36L、L:38L
サイズ M:幅27×奥行22×高さ61cm、L:幅27×奥行22×高さ66cm
重さ M:1,310g、L:1,330g
素材 210DスノーダイアHTナイロン、355DHTナイロン
カラー展開 ブラック、ミリタリーウッドランドカモ
Thumb lg 5087d321 e817 49a1 b188 cf78f43b373e

ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者

旅行からキャンプまで対応するバックパック

アウトドアのシーンで便利なディテールを取り入れつつ、比較的シンプルなデザインに仕上げているのはさすが「THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)」。なかでもこの 『テルス』シリーズは利便性を追求し、レインカバーも内蔵。こちらの商品は、旧モデルと比べてさらなる強度アップと軽量化を同時に実現し、スペックがいっそう向上しています。

キャンプをはじめとするアウトドア系の旅をメインにしつつ、都会的な旅行にも対応してくれるバックパックを探している方にイチオシのモデルです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

F/CE.(エフシーイー)『AU TYPE B トラベルバックパック』

F/CE.(エフシーイー)『AUTYPEBトラベルバックパック』 F/CE.(エフシーイー)『AUTYPEBトラベルバックパック』 F/CE.(エフシーイー)『AUTYPEBトラベルバックパック』 F/CE.(エフシーイー)『AUTYPEBトラベルバックパック』

出典:Amazon

容量 35L
サイズ 幅32×奥行22×高さ55cm
重さ 1,300g
素材 1260D CORDURA
カラー展開 ブラック、インディゴ
Thumb lg 5087d321 e817 49a1 b188 cf78f43b373e

ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者

小物用のポケットが充実、ノートPCの収納にも対応

道具としての完成度を追求しているブランドなので、どのバッグを選んでも使い勝手は抜群。そのなかでもこのバックパックは、フロントのポケットが特徴的です。スマホやバッテリー、イヤホンやコード類といった小物を収納するのに便利なので、移動中や旅先もデジタルガジェットが手放せない人に打ってつけです。

サイドや内側のポケットも充実していて、15インチまでのノートPCに対応するスリーブも内蔵。容量は35Lなので、1泊2日程度のショートトリップにぴったりでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

CABIN ZERO(キャビンゼロ)『クラシック 44L』

CABINZERO(キャビンゼロ)『クラシック44L』 CABINZERO(キャビンゼロ)『クラシック44L』 CABINZERO(キャビンゼロ)『クラシック44L』 CABINZERO(キャビンゼロ)『クラシック44L』

出典:Amazon

容量 44L
サイズ 幅36×奥行19×高さ51cm
重さ 760g
素材 600デニールポリエステル、ポリエステルインナー
カラー展開 アブソルートブラック、オリジナルグレー、ネイビー、ホットピンク ほか
Thumb lg 5087d321 e817 49a1 b188 cf78f43b373e

ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者

手頃な価格、国際線の機内持ち込み可能なサイズ

コストパフォーマンスを重視したい人におすすめなのが、「CABIN ZERO(キャビンゼロ)」の商品。手頃な価格で旅行用のバックパックを手に入れることができます。しかもデザインはシンプルでモダン。さらに、「キャビン(=航空機などの機内、客室)」という単語がブランド名に入っているだけあって、飛行機の機内に持ち込めるサイズのバッグを基本としています。

シグネチャーモデルがこのバックパックで、一般的な国際線での機内持ち込みが可能なギリギリのサイズ設定になっています。とりあえず旅行用のバックパックがほしいという人は選んでおいて間違いない! というくらい自信をもっておすすめできます。なお、航空会社や行き先によって機内持ち込み可能なサイズは変わりますので、チェックは忘れずに。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

TUMI(トゥミ) ALPHA BRAVO『ロンドン ロール・トップ・バックパック』

TUMI(トゥミ)ALPHABRAVO『ロンドンロール・トップ・バックパック』 TUMI(トゥミ)ALPHABRAVO『ロンドンロール・トップ・バックパック』 TUMI(トゥミ)ALPHABRAVO『ロンドンロール・トップ・バックパック』 TUMI(トゥミ)ALPHABRAVO『ロンドンロール・トップ・バックパック』 TUMI(トゥミ)ALPHABRAVO『ロンドンロール・トップ・バックパック』 TUMI(トゥミ)ALPHABRAVO『ロンドンロール・トップ・バックパック』

出典:Amazon

容量 57L
サイズ 幅35.5×奥行15×高さ48.5cm
重さ 約1,530g
素材 バリスティックナイロン
カラー展開 ネイビー、ブラッシュド ブルー、ネイビー(リサイクル)、ブラック、ブラック(リサイクル)
Thumb lg 5087d321 e817 49a1 b188 cf78f43b373e

ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者

ビジネス旅行、プライベート旅行どちらにも合う

ビジネストラベルに適したバックパックがほしいなら「TUMI(トゥミ)」が外せません。そのなかでもおすすめしたいのが、ブランドのなかでは比較的カジュアルなこのモデル。ミリタリーテイストを備えつつ、ロールトップ仕様で容量に余裕があり、幅広い旅行に対応してくれます。

決して生真面目な印象ではないので、プライベート旅行でのカジュアルな服装にも合わせやすく、ユーティリティに使える逸品です。

「旅行用バックパック」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
GREGORY(グレゴリー)『ジャーニーマン』
mont-bell(モンベル)『トライパック45』
THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『テルス35』
F/CE.(エフシーイー)『AU TYPE B トラベルバックパック』
CABIN ZERO(キャビンゼロ)『クラシック 44L』
TUMI(トゥミ) ALPHA BRAVO『ロンドン ロール・トップ・バックパック』
商品名 GREGORY(グレゴリー)『ジャーニーマン』 mont-bell(モンベル)『トライパック45』 THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『テルス35』 F/CE.(エフシーイー)『AU TYPE B トラベルバックパック』 CABIN ZERO(キャビンゼロ)『クラシック 44L』 TUMI(トゥミ) ALPHA BRAVO『ロンドン ロール・トップ・バックパック』
商品情報
特徴 旅での使用を想定、スーツケースのような作りが特徴 じゅうぶんな容量で3WAYの使い方が可能! 旅行からキャンプまで対応するバックパック 小物用のポケットが充実、ノートPCの収納にも対応 手頃な価格、国際線の機内持ち込み可能なサイズ ビジネス旅行、プライベート旅行どちらにも合う
容量 30L 45L M:36L、L:38L 35L 44L 57L
サイズ 幅30×奥行20×高さ48cm 幅36×奥行24×高さ55cm M:幅27×奥行22×高さ61cm、L:幅27×奥行22×高さ66cm 幅32×奥行22×高さ55cm 幅36×奥行19×高さ51cm 幅35.5×奥行15×高さ48.5cm
重さ 1,145g 1,010g M:1,310g、L:1,330g 1,300g 760g 約1,530g
素材 420Dパッククロスナイロン 330デニール、バリスティックウルトラ ナイロン、リップストップ(ウレタン・コーティング) 210DスノーダイアHTナイロン、355DHTナイロン 1260D CORDURA 600デニールポリエステル、ポリエステルインナー バリスティックナイロン
カラー展開 ブラック、HDナイロン ブラック、カーキグリーン、ネイビー ブラック、ミリタリーウッドランドカモ ブラック、インディゴ アブソルートブラック、オリジナルグレー、ネイビー、ホットピンク ほか ネイビー、ブラッシュド ブルー、ネイビー(リサイクル)、ブラック、ブラック(リサイクル)
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年12月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月2日時点 での税込価格

宿泊先での荷物整理もイメージしてバッグ選びを|[着こなし工学]提唱者からのアドバイス

ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者

旅行に適したバッグパックといっても、バリエーションはさまざまです。重要なのは、自分に合うタイプを探すこと。日常よりも荷物が多くなりますので、実際に背負ってみて肩などに負担が少ないタイプを選ぶのもポイントになります。

さらに、滞在先で荷物が整理しやすいかどうかも大切。とくにテントで泊まるようなケースでは、滞在時の使い勝手もかなり重要になります。バックパック自体にポケットが多くて小分けしやすいほうが使いやすいのか、インナーバッグで整理するのでバックパックはシンプルな構造のほうがいいのかは使い方次第。そういった意味でも、自分にマッチするタイプを選んで旅行を楽しんでください!

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:結城助助、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/12/27 コンテンツ追加・修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


メンズトートバッグおすすめ21選|本革、ナイロン、キャンバスタイプなど!

メンズトートバッグおすすめ21選|本革、ナイロン、キャンバスタイプなど!

ひとつ持っておくと便利なトートバッグは、選択肢がとにかく豊富。素材は、革、ナイロン、キャンバスなど、サイズも大きめから小さめなものまでさまざま。そしてビジネス向きかカジュアルコーデ向きか、また予算が許せば人気有名ブランドも視野に入ってきます。この記事では、ファッションライターの平 格彦さんへの取材をもとに、たくさんあるメンズトートバッグの賢い選び方とおすすめ商品を紹介していきます。


アタッシュケースおすすめ21選【リモワ・ゼロハリバートンほか】ビジネス向け

アタッシュケースおすすめ21選【リモワ・ゼロハリバートンほか】ビジネス向け

ビジネスマンにとってアタッシュケースは、大切な仕事道具。取引先や出張先へ向かうときに、ノートPCやタブレット、重要書類などを運びます。ビジネスマンにとって頼りになる相棒です。アタッシュケースは中身を保護するだけでなく、できるビジネスマンとしてのスマートさも求められます。それにふさわしいアタッシュケースを、JSA認定ソムリエの数寄monoライター・杉浦直樹さんと編集部が選びました。おすすめの21選をご紹介します。


クラッチバッグおすすめ16選【メンズ必見】ポールスミスなどブランド別に紹介!

クラッチバッグおすすめ16選【メンズ必見】ポールスミスなどブランド別に紹介!

ビジネスからカジュアルまで、幅広いシーンで活躍するクラッチバッグ。この記事ではスタイリスト・高橋禎美さんと編集部で、メンズ向けクラッチバッグ選び方とおすすめ商品をブランド別に紹介します。ぜひお気に入りのクラッチバッグを見つけてください。


レディースビジネストートバッグおすすめ9選|スタイリストと編集部で厳選!

レディースビジネストートバッグおすすめ9選|スタイリストと編集部で厳選!

通勤時に書類やノートパソコン、タブレットなどを入れて持ち歩くのに便利なのがビジネストートバッグ。男性も女性もきちんとした印象を与えられる、丈夫なビジネストートバッグを使いたいものです。しかし、素材やサイズ、カラーなど、気にするポイントが多くてどれを買えばいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。そこで、ファッションスタイリストである高田空人衣さんへの取材をもとに、選び方とおすすめのビジネストートバッグをご紹介します。


アディダスのリュックおすすめ10選【メンズレディース問わず使える】通学にも!

アディダスのリュックおすすめ10選【メンズレディース問わず使える】通学にも!

アディダスといえば三つ葉のマークや3本線を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。デザイン性と機能性が高いアディダスのリュックはスポーツをしている人だけでなく、ファッションとしても男女問わず幅広い年代から愛されていますね。この記事では、アディダスのリュックの選び方や、ファッションライターの平 格彦さんと編集部が選んだおすすめ商品をご紹介します。ぜひ参考にしてすてきなお気に入りのアイテムを見つけてくださいね。


新着記事


デーツのおすすめ11選|食べやすい粒タイプや料理に使えるペーストタイプなど!

デーツのおすすめ11選|食べやすい粒タイプや料理に使えるペーストタイプなど!

日本ではあまりなじみのないデーツですが、世界ではメジャーなフルーツとして多くの人に食べられています。栄養価が高く強い甘みとクセになる味わいが特徴。ここでは、フードスタイリストの江口恵子さんと編集部で、デーツの選び方とおすすめのデーツをご紹介します。


スムージーシェイカーおすすめ12選|使いやすいシェイカーで【ダイエットにも】

スムージーシェイカーおすすめ12選|使いやすいシェイカーで【ダイエットにも】

毎日の健康をサポートするためにスムージーを飲む人が増えています。粉末タイプは溶けにくかったりしますが、そんなときに便利なのがスムージーシェイカー。ミキサーボール付きの便利な商品などもありますので、用途やシーンに合わせて選んでください。この記事では、管理栄養士の横川仁美さんと編集部が、スムージーシェイカーの選び方とおすすめ12選をご紹介します。


ボールプールおすすめ12選|子どもが喜ぶ多彩な遊び方【安心して遊べる】

ボールプールおすすめ12選|子どもが喜ぶ多彩な遊び方【安心して遊べる】

休園中や自宅待機などで外遊びができないと体力が有り余ってしまい、生活リズムが崩れてしまう場合も。そんなとき、子ども向けの遊具施設などにあるボールプールが自宅にあれば、体を動かして遊ぶことができます。商品によってサイズや仕様が異なるため、自宅に置けるものやどのように遊ばせるかで選ぶのが重要です。この記事では、保育士・武田優希さんと編集部でボールプールの選び方とおすすめ12商品を紹介します。


花粉対策メガネのおすすめ商品12選|紫外線カット・曇り止めなど

花粉対策メガネのおすすめ商品12選|紫外線カット・曇り止めなど

花粉が飛ぶシーズンになると悩まされるのが花粉性結膜炎。ゴロゴロとした不快な異物感も症状のひとつです。本記事では、花粉対策に役立つメガネの選び方をご紹介します。医療ライターの宮座美帆さんからのアドバイスと編集部が選んだおすすめ商品12選もチェックしていきましょう。


目打ちおすすめ12選|手芸やレザークラフトに!【美しい出来上がりを】

目打ちおすすめ12選|手芸やレザークラフトに!【美しい出来上がりを】

レザークラフト作家のHARUさんと編集部が、目打ちの選び方とおすすめ12選をご紹介します。目打ちはレザークラフトや刺繍、裁縫などの手芸で使う道具で、目打ちを使うことで、作品の出来上がりに差が出ます。こまかい部分まで美しく仕上げたい人は、ぜひ一度使ってみましょう。


人気の記事


>>総合ランキングを見る