【絶景も素早い魚も美しく撮影する】防水デジタルカメラおすすめ5選

【絶景も素早い魚も美しく撮影する】防水デジタルカメラおすすめ5選
フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表
瀬川 陣市

米国ウィスコンシン州立大学などで写真を学び、帰国後に独立。 1995年からプロカメラマンとして人物、ウェディング、料理、建築、海外取材など広い分野の撮影をする傍ら、写真講座やメディア出演、執筆などを通じて撮影テクニックやフォトライフの楽しみ方を伝えている。 さらに動画撮影、ドローン撮影にも着手。画像や動画を未来につなげる活動を提案している。2018年には、長崎県五島市アンバサダーに就任。 写真と映像で行う地域貢献や海外に向けた日本文化の映像発信にも積極的に取り組んでいる。

フォトグラファーの瀬川陣市さんへの取材のもと、シュノーケリングやダイビング、アウトドアシーンなどで活躍する防水デジタルカメラの選び方とおすすめ商品をご紹介いたします。


防水デジタルカメラの魅力

ダイビングをする人の写真
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

防水デジタルカメラが一台あることで得られるメリットは、水辺の写真を撮ることだけではありません。ダイビングやシュノーケリングでは、光が入りにくい水中でも、自動で調節し、美しい風景と水中の生物たちとの関わりを綺麗な写真で撮ることができます。また、結露や雨などが発生しやすいキャンプや登山でも、カメラの故障を気にせず写真が撮れます。

機能によっては、水中や登山中、動きながらでも手ブレ補正により、劇的なその瞬間を写真に収めることができます。防水だけでなく、防塵、衝撃にも強く設計されています。本記事では、フォトグラファーの瀬川さんへの取材のもと、水中でも、水のないアウトドアシーンでも美しい瞬間を残すために、防水デジタルカメラの選び方とおすすめ商品をご紹介いたします。

防水デジタルカメラの選び方

フォトグラファーの瀬川陣市さんへの取材のもと、防水デジタルカメラを選ぶ際のポイントをご紹介いたします。防水性能以外にも、衝撃や通信機能などいろいろいな着眼点がありますので、ぜひ参考にしてください。

【1】性能は最大水深を確認

水深の長さを示す画像

※防水デジタルカメラの水深の目安

やはり一番重要になるのが「防水性能」です。防水デジタルカメラの防水機能は基本的に「最大水深」で設定されています。その水深を超えると水圧の関係で水が機種内に侵入し、故障の原因になるため、注意が必要です。

海辺、プール、シュノーケリングなどを楽しむのであるなら10m程度のものを。ダイビング体験なら12m程度のものを。ライセンスを取得したダイビングであるなら18m以上、ライセンスのレベルやポイントによっては30m以上のものなど、これから楽しむ水辺の水深に合わせて商品を選びましょう。

(※)ポイント:最大水深を超えるならハウジングケースも検討

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

防水デジタルカメラは製品によって使用可能な最大水深が異なります。なので選ぶ際は「使用できる水深」を基準にするのがひとつの方法です。

ダイビングなど水中で使用する場合は、カメラの使用可能な水深を事前に確認することが必要です。深いところでカメラを使う予定の方はとくに注意しましょう。また、使用可能な水深を超えた場所では、カメラをカバーする「ハウジングケース」に入れて使用できるものもあります。

【2】オートフォーカス性能を確認

オートフォーカスとは、自動的に被写体にピントを合わせる機能のこと。このオートフォーカスの機能性が高いほど、素早く動く被写体を綺麗に写真に収めることができます。一般的なデジタルカメラには、ほとんど搭載されていますので、詳しい機能について解説していきます。

オートフォーカスの性能を測るには、「測距点(そっきょてん)=フォーカスポイント」をみましょう。測距点とはピントを合わせるための目印となるポイントで、数値で表されます。この数値が高いほど、自動で綺麗にピントが合わせられますので、防水デジタルカメラを選ぶ際は注目してみましょう。

【3】手ブレ補正機能はしっかり確認

アウトドアや海水浴、シュノーケリング、ダイビングなどで、子どもたちや、魚、鳥などの生き物を写真に収める際、重要になるのが手ブレ補正機能です。この手ブレ補正機能は、電子式と光学式の2種類があります。

電子式とは画像を一度メモリに取り込み、画素をずらしてブレを補正する仕組み。光学式はレイズやカメラ内のセンサーが自動で働き、上下左右に軸をずらすことでブレを補正する仕組み。場所や条件により変わりますが、光学式の方がブレを少なくすることができるとされています。この手ブレ補正についても注目してみましょう。

【4】F値を見て光量のバランスを確認

カメラのレンズの画像
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

F値は、カメラのレンズの光量を調節する数値のことを言います。絞り値とも表現されますが、光を取り入れるレンズの穴を広げる(絞りを小さくする)か、狭める(絞りを大きくする)かを決める数値です。つまり、数値が小さいと光を取り入れ明るい写真が撮れ、数値が大きいと光を取り込まず、暗い写真になるということです。

水中では太陽からの光が遮られるため、この数値が小さいほど綺麗な写真が撮れます。もちろん、シュノーケリングとダイビングで絞りの適正値は変わりますが、このF値を覚えておくことで、美しい写真が撮れるカメラを選べますのでしっかり確認しましょう。

【5】ズームの性能も確認

水中・水上関わらず注目したいのがズーム機能です。基本的にデジタルカメラのズーム機能には光学ズームとデジタルズームの2種類があります。光学ズームとはカメラのレンズを動かすことでピントを合わせ、拡大処理をするズーム機能。逆にデジタルズームはカメラのレンズはそのままに、部分的に拡大していくズーム機能です。

ほとんどのデジタルカメラは、上記の両方のズーム機能を駆使して画質のいい写真を撮りますが、より重要視すべきなのは光学ズーム機能です。水中でもそれ以外でも、魚や鳥などの生き物、もしくは景色は、ベストな距離にいるとは限りません。そのため、遠くの被写体を綺麗にズームしてくれる光学ズーム機能も注目し、スペックの高いものを選びましょう。

【6】その他の便利機能をお好みでチェック

(a)画素数をチェック

デジタルカメラの画素数とは、写真の画質を構成する画素の数のこと。画素が多ければ多いほど精密で綺麗な写真になる反面、画像の容量も大きくなります。しかし、画素数が多ければ写真上でのズームも綺麗になります。スマートフォンの画素数は1000万画素以上のものが多いため、デジタルカメラは1000万画素以上を目安に、予算と相談しながら選びましょう。

(b)耐衝撃性能をチェック

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

防水デジタルカメラは、アウトドアで使用されることを想定して設計されています。アウトドアで使用したい人には、防水性に加え、カメラ本体の耐衝撃性が高い機種がおすすめです。とくにタフな環境でカメラを使うことが多いユーザーは、耐衝撃性が高いものを選ぶとよいでしょう。

耐衝撃性能の目安は、各社で実施された落下試験の結果にもとづいて示されています。そのため、たとえば「耐衝撃2.0m」と表記されていれば、「2メートルの高さからの落下試験をクリアしている」ということを確認できます。

(c)GPSやWi-Fi通信など多機能性をチェック

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

防水デジタルカメラはアウトドアで使用されることが多く、外でカメラを使うときに便利な機能が搭載されている機種も少なくありません。

アウトドアで多彩にカメラを使用をしたいという方は、カメラの多機能性にも注目しましょう。GPS機能やWi-Fi通信のほか、リモートコントロール機能があれば、離れた場所からシャッターチャンスをねらうことも可能です。アウトドア向けの機能が多いカメラは、そういった楽しさも増えます。

防水デジタルカメラおすすめ5選

上で紹介した防水デジタルカメラの選び方のポイントをふまえて、フォトグラファーの瀬川さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。機能が豊富なもの、水中深くでも使えるものなど色々な商品がありますが、初心者でもわかりやすいよう丁寧に解説してもらいました。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

OLYMPUS『Tough TG-5』

OLYMPUS『ToughTG-5』 OLYMPUS『ToughTG-5』 OLYMPUS『ToughTG-5』 OLYMPUS『ToughTG-5』 OLYMPUS『ToughTG-5』 OLYMPUS『ToughTG-5』 OLYMPUS『ToughTG-5』 OLYMPUS『ToughTG-5』 OLYMPUS『ToughTG-5』 OLYMPUS『ToughTG-5』

出典:Amazon

防水深度 15m
防塵性能 JIS / IEC保護等級6級相当
耐衝撃性 2.1m
画素数/ズーム 1200万画素/光学ズーム4倍
F値 F2.0(W)〜 F4.9(T)
焦点距離 4.5mm ~ 18.0mm(35mmカメラ換算25mm ~ 100mm)
手ぶれ補正 あり

Thumb lg b9147965 a60c 458e 82ad fa1886fe538f

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

機能豊富で最高峰の防水デジタルカメラ

アウトドア志向のカメラメーカーのパイオニアと言える、オリンパスが発売する防水デジタルカメラのフラッグシップ機です。耐久性、多機能性などのスペック性能も高く、F2.0の明るいレンズが搭載されていて暗い場所でも撮影がしやすくなっています。

4K動画、タイムラプス機能など撮影モードの機能も豊富でアウトドアの様々な撮影シーンに対応しています。最高峰の防水デジタルカメラを使いたいという方にはこの機種がおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Nikon『COOLPIX W300』

NikonデジタルカメラCOOLPIXW300BKクールピクス1605万画素ブラック防水耐寒防塵 NikonデジタルカメラCOOLPIXW300BKクールピクス1605万画素ブラック防水耐寒防塵 NikonデジタルカメラCOOLPIXW300BKクールピクス1605万画素ブラック防水耐寒防塵 NikonデジタルカメラCOOLPIXW300BKクールピクス1605万画素ブラック防水耐寒防塵 NikonデジタルカメラCOOLPIXW300BKクールピクス1605万画素ブラック防水耐寒防塵 NikonデジタルカメラCOOLPIXW300BKクールピクス1605万画素ブラック防水耐寒防塵 NikonデジタルカメラCOOLPIXW300BKクールピクス1605万画素ブラック防水耐寒防塵 NikonデジタルカメラCOOLPIXW300BKクールピクス1605万画素ブラック防水耐寒防塵 NikonデジタルカメラCOOLPIXW300BKクールピクス1605万画素ブラック防水耐寒防塵 NikonデジタルカメラCOOLPIXW300BKクールピクス1605万画素ブラック防水耐寒防塵 NikonデジタルカメラCOOLPIXW300BKクールピクス1605万画素ブラック防水耐寒防塵 NikonデジタルカメラCOOLPIXW300BKクールピクス1605万画素ブラック防水耐寒防塵 NikonデジタルカメラCOOLPIXW300BKクールピクス1605万画素ブラック防水耐寒防塵 NikonデジタルカメラCOOLPIXW300BKクールピクス1605万画素ブラック防水耐寒防塵 NikonデジタルカメラCOOLPIXW300BKクールピクス1605万画素ブラック防水耐寒防塵

出典:Amazon

防水深度 30m
防塵性能 JIS / IEC保護等級6相当
耐衝撃性 MIL-STD 810F Method 516.5-Shockに準拠したNikon社試験条件をクリアー
画素数/ズーム 1605万画素/光学ズーム5倍、デジタルズーム最大4倍
F値 F2.8-4.9
焦点距離 4.3mm 〜 21.5mm(35mmカメラ換算24mm 〜 120mm相当)
手ぶれ補正 あり

Thumb lg b9147965 a60c 458e 82ad fa1886fe538f

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

初心者から本格派まで。4K撮影も可能なモデル。

ニコンの防水デジタルカメラです。4K動画撮影も可能で、手軽な防水カメラを使いたいという方から映像にこだわる方まで、幅広い方に使ってもらえるスペックをもつカメラです。

ハウジングがなくても30メートルまで潜ることが可能な設計でダイビングにも使えそうです。旅行などのビーチや水辺遊び、釣りなどの水回りの環境で、水濡れを気にせずに撮影を楽しめます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

リコーイメージング『RICOH WG-60』

リコーイメージング『RICOHWG-60』 リコーイメージング『RICOHWG-60』 リコーイメージング『RICOHWG-60』 リコーイメージング『RICOHWG-60』 リコーイメージング『RICOHWG-60』 リコーイメージング『RICOHWG-60』 リコーイメージング『RICOHWG-60』

出典:Amazon

防水深度 14m
防塵性能 JIS保護等級6
耐衝撃性 1.6m
画素数/ズーム 約1600万画素/光学ズーム5倍、デジタルズーム約7.2倍
F値 F3.5(W)~ F5.5(T)
焦点距離 5mm ~ 25mm(35mmカメラ換算約28mm 〜 140mm)
手ぶれ補正 あり

Thumb lg b9147965 a60c 458e 82ad fa1886fe538f

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

グローブでも操作しやすい、アウトドア向けカメラ

リコーの防水デジタルカメラです。防水深度14m、耐衝撃1.6mの性能があり、アウトドアで使う機能としてはじゅうぶんなスペックで、アウトドアでの使用を意識したボディデザインも目を引きます。

アウトドアのスタイルにこだわるユーザーにとっては、所有欲を満たしてくれるカメラとも言えそうです。レンズがボディの中心にあり、グローブなどをしていてもカメラをつかみやすいデザインが施されていて、アウトドアシーンでの使いやすさを追求したつくりも評価できます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Panasonic『LUMIX DC-FT7』

Panasonic『LUMIXDC-FT7』 Panasonic『LUMIXDC-FT7』 Panasonic『LUMIXDC-FT7』 Panasonic『LUMIXDC-FT7』 Panasonic『LUMIXDC-FT7』 Panasonic『LUMIXDC-FT7』 Panasonic『LUMIXDC-FT7』

出典:Amazon

防水深度 31m
防塵性能 JIS CO920 / IEC 60529 保護等級6相当
耐衝撃性 2m
画素数/ズーム 2040万画素/光学4.6倍、デジタルズーム最大4倍
F値 F3.3mm 〜 10mm(W)F5.9mm 〜 18mm(T)
焦点距離 4.9mm 〜 22.8mm(35mmカメラ換算28mm〜128mm)
手ぶれ補正 あり

Thumb lg b9147965 a60c 458e 82ad fa1886fe538f

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

ルミックスの機能を搭載した防水カメラ

ルミックスの防水デジタルカメラです。秒間30コマ連写できる4Kフォトや4K動画など、ルミックスカメラの高画質を追求した機能がそのままこの防水カメラにも搭載されています。

高画質の動画撮影機能や、シャッターチャンスを逃さずに撮れる機能を求めるユーザーには、ぜひ選択肢に入れていただきたい機種です。また、手ぶれ補正機能もあるので暗いところでの撮影にも安心して使用できます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

FUJIFILM『FinePix XP140』

送料無料!!【富士フィルムFUJIFILM】富士フィルムFUJIFILMXP140スカイブルーFinePixXP140防水カメラ【smtb-u】 送料無料!!【富士フィルムFUJIFILM】富士フィルムFUJIFILMXP140スカイブルーFinePixXP140防水カメラ【smtb-u】

出典:楽天市場

防水深度 25m
防塵性能 JIS保護等級6
耐衝撃性 1.8m
画素数/ズーム 1,635万画素/光学ズーム5倍、デジタルズーム約2倍
F値 F3.9/F6.2(W)、F4.9/F8.0(T)
焦点距離 5.0mm ~ 25.0mm(35mmカメラ換算28mm ~ 140mm相当)
手ぶれ補正 あり

Thumb lg b9147965 a60c 458e 82ad fa1886fe538f

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

GPS搭載など多機能なエントリーモデル

富士フイルム製の防水デジタルカメラです。4K動画、タイムラプス動画撮影機能、手ぶれ補正機能など多彩な機能が搭載されています。また、専用のアプリをインストールすることで、GPSによる位置情報の取得やスマホとのWi-Fi接続など、アウトドアで役立つ機能を利用することが可能です。

エントリータイプながら、多機能の防水カメラを求めたいユーザーの選択肢のひとつとしておおすめできます。また、日常のスナップカメラとしても使うことができ、水まわりの環境でも使えるカメラを求めるユーザーにはうってつけの機種と言えます。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
OLYMPUS『Tough TG-5』
Nikon『COOLPIX W300』
リコーイメージング『RICOH WG-60』
Panasonic『LUMIX DC-FT7』
FUJIFILM『FinePix XP140』
商品名 OLYMPUS『Tough TG-5』 Nikon『COOLPIX W300』 リコーイメージング『RICOH WG-60』 Panasonic『LUMIX DC-FT7』 FUJIFILM『FinePix XP140』
商品情報
特徴 機能豊富で最高峰の防水デジタルカメラ 初心者から本格派まで。4K撮影も可能なモデル。 グローブでも操作しやすい、アウトドア向けカメラ ルミックスの機能を搭載した防水カメラ GPS搭載など多機能なエントリーモデル
防水深度 15m 30m 14m 31m 25m
防塵性能 JIS / IEC保護等級6級相当 JIS / IEC保護等級6相当 JIS保護等級6 JIS CO920 / IEC 60529 保護等級6相当 JIS保護等級6
耐衝撃性 2.1m MIL-STD 810F Method 516.5-Shockに準拠したNikon社試験条件をクリアー 1.6m 2m 1.8m
画素数/ズーム 1200万画素/光学ズーム4倍 1605万画素/光学ズーム5倍、デジタルズーム最大4倍 約1600万画素/光学ズーム5倍、デジタルズーム約7.2倍 2040万画素/光学4.6倍、デジタルズーム最大4倍 1,635万画素/光学ズーム5倍、デジタルズーム約2倍
F値 F2.0(W)〜 F4.9(T) F2.8-4.9 F3.5(W)~ F5.5(T) F3.3mm 〜 10mm(W)F5.9mm 〜 18mm(T) F3.9/F6.2(W)、F4.9/F8.0(T)
焦点距離 4.5mm ~ 18.0mm(35mmカメラ換算25mm ~ 100mm) 4.3mm 〜 21.5mm(35mmカメラ換算24mm 〜 120mm相当) 5mm ~ 25mm(35mmカメラ換算約28mm 〜 140mm) 4.9mm 〜 22.8mm(35mmカメラ換算28mm〜128mm) 5.0mm ~ 25.0mm(35mmカメラ換算28mm ~ 140mm相当)
手ぶれ補正 あり あり あり あり あり
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年8月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月19日時点 での税込価格

ECサイトの防水デジタルカメラランキングを参考にする

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの防水デジタルカメラの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:防水デジタルカメラランキング
楽天市場:防水デジタルカメラランキング
Yahoo!ショッピング:防水デジタルカメラランキング

※上記リンク先のランキングは、各ECサイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【最後に】フォトグラファーからのアドバイス

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

防水デジタルカメラに何を求めるのか明確にしよう

防水デジタルカメラは、水中にカメラを入れても撮影が可能な性能をもっています。防水機能のほかに、どのような性能を求めるのかを明確にすれば、自分にぴったりのカメラが自ずと決まってくるでしょう。

耐衝撃性や防水性などの機能面か、あるいは高画質さを求めるのか、カメラに何を求めるかによって選択肢は絞られます。防水カメラの選択肢も増えてきているので、選択軸を決めてからそのスペックを比較して、自分に合う一台を選ぶのがいいでしょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:ピカルディ修士、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/09/08 コンテンツの追加、商品情報の更新を行いました。(協力:マグスター 掲載:マイナビおすすめナビ編集部 加藤佑一)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【2020年】360度カメラおすすめ7選|全方向の写真・動画を撮影!

【2020年】360度カメラおすすめ7選|全方向の写真・動画を撮影!

上下左右・全天球や半天球の撮影が楽しめる360度カメラ。最近ではInstagramやfacebookなどのSNSでも、360度カメラで撮影された写真を見かけることが多くなってきました。この記事では、写真家・カメラ評論家の田中希美男さんと編集部が選んだ360度カメラ7選と選び方のポイントについてご紹介します。


【写真家に聞いた】シャッターリモコンのおすすめ人気5選!スマホ用のBluetoothタイプも!

【写真家に聞いた】シャッターリモコンのおすすめ人気5選!スマホ用のBluetoothタイプも!

コードレスでカメラのシャッター操作をおこなうことができる、便利なシャッターリモコン。メーカー純正のものだけでなく、多機能な互換品などラインナップも多彩です。そんなシャッターリモコンを選ぶとき、使用したいカメラが対応機種であることはもちろん、操作可能な範囲など、用途によって見逃せないポイントもいくつかあります。この記事では、写真家である瀬川陣市さんへの取材をもとに、シャッターリモコンを選ぶポイントとおすすめの商品を紹介します。


デジカメ液晶保護フィルムおすすめ10選【ガラス硬度の商品も紹介】キズや破損防止に

デジカメ液晶保護フィルムおすすめ10選【ガラス硬度の商品も紹介】キズや破損防止に

フォトグラファーの瀬川陣市さんにデジカメ液晶保護フィルムの選び方とおすすめの商品について教えてもらいました。液晶保護フィルムは必要かどうか迷う方もいるかもしれませんが、バッグの中のものと接触したり、あるいはうっかり落としてしまったりして、デジカメの液晶モニター画面が傷ついたり破損したりした経験がある方もいるかもしれません。液晶モニター画面の損傷は撮影にも影響します。デジカメ液晶保護フィルム選びに迷ったら選び方などのアドバイスを参考にしてみてください。


【2020年】アクションカメラおすすめ17選|GoPro・DJI・SONY・中華製など厳選

【2020年】アクションカメラおすすめ17選|GoPro・DJI・SONY・中華製など厳選

スポーツなど動きのある迫力ある動画をハンズフリーで撮影できるアクションカメラ。この記事では、人気メーカーから中華製まで、ITジャーナリストの一条真人さんと編集部が選ぶ2020年版アクションカメラおすすめ17選と選び方のポイントをご紹介します。


【2020年】GoProおすすめ13選|【HERO7・8・9・MAX】など選び方を解説

【2020年】GoProおすすめ13選|【HERO7・8・9・MAX】など選び方を解説

ダイビングや動きのあるスポーツなど迫力ある動画の撮影ができ、アクセサリーも豊富なアクションカメラ「GoPro」。ここでは、モバイル情報ブロガーの伊藤浩一さんと編集部が選ぶ、2020年版GoProおすすめ12選と選び方のポイントをご紹介します。GoPro HERO7で撮影したダイビング動画もありますので、ぜひ参考にしてみてください。


新着記事


【プロ厳選ランキング】メンズスノーボードウェアのおすすめ21選|GORE-TEX素材のウェアもご紹介!

【プロ厳選ランキング】メンズスノーボードウェアのおすすめ21選|GORE-TEX素材のウェアもご紹介!

保温性にすぐれており、ウインタースポーツで活躍するメンズスノーボードウェア。さまざまな商品が販売されており、素材や機能性も異なるのでどれを選べばいいか迷ってしまいますね。そこでここでは、メンズスノーボードウェアの選び方のポイントをご紹介していきます。プロスノーボードコーチの出口 超さんと編集部が選んだ、デザイン性と機能性にすぐれたおすすめの商品も一緒にご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。


レディーススノーボードウェアのおすすめ21選|選び方も徹底解説

レディーススノーボードウェアのおすすめ21選|選び方も徹底解説

冬に楽しみたいレジャーは「スノーボード」という方も多いでしょう。スノーボードを思い切り楽しむためにはウェア選びは重要です。おしゃれなウェアを身にまとうと、さらにテンションが上がりますよね。しかし「滑っているうちにびしょ濡れになった」など、ウェア選びに失敗したことがある方も多いようです。この記事では、レディーススノーボードウェアの選び方を解説し、プロスノーボードコーチの出口 超さんと編集部が選んだ、おすすめ21商品をご紹介します。


【プロ厳選ランキング】リーシュコードのおすすめ11選|絡みにくいコードの選び方も解説!

【プロ厳選ランキング】リーシュコードのおすすめ11選|絡みにくいコードの選び方も解説!

サーフィンをするときに忘れてはいけないのが、サーフボードを体につなぎとめておくリーシュコードです。ただ、「大事なのは知っているけれど、どう選べばいいのかわからない」という声もよく聞かれます。リーシュコードは長さや太さなどの種類が多く、なにを選べばいいのか悩む方が多いようです。この記事ではリーシュコードの選び方を解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだ、おすすめの11商品をご紹介します。


【プロ厳選ランキング】サーフィングローブのおすすめ11選|水温に合わせた選び方もご紹介!

【プロ厳選ランキング】サーフィングローブのおすすめ11選|水温に合わせた選び方もご紹介!

寒い地域や冬場のサーフィンに欠かせない「サーフィングローブ」。防寒だけではなく、紫外線やけがなども防いでくれる便利なアイテムです。しかし、各メーカーからさまざまな商品が販売されているので、どれを選べばよいか迷ってしまう人も多いですよね。ここでは、サーフィングローブの選び方のポイントを解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだおすすめ11商品をご紹介します。自分にぴったりのグローブを見つけて、快適にサーフィンを楽しみましょう!


【プロ厳選ランキング】サーフボードケースのおすすめ11選|ニットケースからトラベルケースまでご紹介!

【プロ厳選ランキング】サーフボードケースのおすすめ11選|ニットケースからトラベルケースまでご紹介!

衝撃や紫外線、潮風などで傷みやすいサーフボードを守るために欠かせない「サーフボードケース」。購入しようと思うと種類が多く、サイズやデザインもさまざまで正直どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。この記事では、サーフボードケースの選び方を解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだ、おすすめの11商品をご紹介します。


PC・スマホ・カメラの人気記事


>>もっと見る