ソロキャンプ道具おすすめ9選|最低限揃えておきたいアイテム!

ソロキャンプ道具おすすめ9選|最低限揃えておきたいアイテム!
作家/アウトドアライター
夏野 栄

作家、マルチクリエイター、アウトドア・ファッションのライター・エディターとして活躍。 アウトドア誌やファッション誌でジャンルを超えて連載。ライトノベルやゲームシナリオを執筆。 アウトドアでは『キャンプチャリ』の制作やキャンプ場プロデュースを手掛ける。またファッションマーケットの企画運営からプロダクト開発まで幅広く活動。山岳部出身、海育ちのテンカラ師。 『BE-PAL』や『camp hack』、『OCEANS』や『MonoMax』『Fine』といったメンズ誌のほか、女性ファッション誌にも参加。

アウトドアライターが選ぶソロキャンプ道具9選をご紹介します。大自然をひとり占めできる贅沢さが魅力のソロキャンプですが、道具が充実していれば、より、ひとりだけの醍醐味を満喫することができます。この記事では、アウトドアライターの夏野 栄さんに、ソロキャンプに役立つ道具の選び方と、おすすめの商品を教えてもらいました。自分に合った道具を選んで、ワンランク上のソロキャンプを楽しんでください。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてくださいね。


ソロキャンプに役立つ道具の選び方 アウトドアライターに聞く

作家でマルチクリエイター、アウトドアライターの夏野 栄さんに、ソロキャンプに役立つ道具を選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。プロの意見を参考にしながら、自分に合う道具を選んで活用してみてください。

焚火で炊かれるスチール製の鍋
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

道具にこだわれば、より「自分流」のソロキャンプを満喫することができます。

「自分に合う」から選ぶ

作家/アウトドアライター

ソロキャンプというと登山に近い斬新なキャンプや、UL(ウルトラライト)ハイクのようなキャンプを連想する方もいるかもしれませんが、制約は一切ありません。

「ひとりで準備できる」なら、世界観を作りこんだキャンプサイトを設営したり、超斬新な野宿スタイルを楽しんだりするなど、どんなスタイルだってアリです。

ひとりだからこそ、「自分に合う」や「好み」を優先させながら、「ひとりで準備できる」との兼ね合いで道具を選んでみてください。

オンウェー(Onway)『アジャストカフェテーブル』

自分に合った高さに調整できる、ロースタイルからハイスタイルまで楽しむことができるテーブル。

>> Amazonで詳細を見る

コンパクトさから選ぶ

作家/アウトドアライター

「自分に合う」もしくはそれが「好み」なら、ソロキャンプで大きなテントを使うことも自由です。そのうえで「必要な道具」に関しては、コンパクトさがポイントになります。

大きなキャンプ道具は、モノによってはひとりで設置運用することが面倒な場合もあります。極限まで軽く小さなギアを選ぶ必要はありませんが、コンパクトな道具を選ぶことも快適さにつながります。

快適さ、贅沢さから選ぶ

作家/アウトドアライター

キャンプのなかでもっとも自由なソロキャンプ。キャンプ地のレギュレーションを守る必要はありますが、その範囲内であれば誰の目を気にする必要もない空間で、自由気ままに過ごせるのが醍醐味です。

思いっきり快適に、ここぞとばかりに自堕落に、あるいは贅沢に過ごせる空間を作りましょう。より快適で、より贅沢な道具を選ぶことで、ぼっちのひとときをより豊かに過ごせます。

ヘリノックス(Helinox)『タクティカルスウィベルチェア』

座ったまま360度方向を変えられるチェアなので、快適なソロキャンプが楽しめる。

>> Rakuten市場で詳細を見る

ソロキャンプに役立つおすすめの道具3選 アウトドアライターが厳選!

ここまで紹介したソロキャンプに役立つ道具の選び方をふまえて、作家でマルチクリエイター、アウトドアライターの夏野 栄さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。自分に合った道具を選んで、ソロキャンプの醍醐味を満喫してくださいね。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

尾上製作所『フォールディングファイアスタンド FF-35』

尾上製作所『フォールディングファイアスタンドFF-35』 尾上製作所『フォールディングファイアスタンドFF-35』 尾上製作所『フォールディングファイアスタンドFF-35』 尾上製作所『フォールディングファイアスタンドFF-35』 尾上製作所『フォールディングファイアスタンドFF-35』 尾上製作所『フォールディングファイアスタンドFF-35』 尾上製作所『フォールディングファイアスタンドFF-35』 尾上製作所『フォールディングファイアスタンドFF-35』 尾上製作所『フォールディングファイアスタンドFF-35』

出典:Amazon

重量 2,500g
サイズ 幅35×奥行35×高さ28cm

Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

ぼっち焚き火からBBQまで楽しめる

ソロキャンプでも、しっかり楽しみたいのが焚き火です。むしろ、ソロキャンプだからこそじっくり火と対話してみてください。焚き火の炎の揺らめきは、ぼっちで物思いにふけるひとときの良きパートナーです。

コンパクトなモバイルBBQ台は多数リリースされていますが、私はあえてソロでもしっかり焚き火を楽しめるよう、このサイズの焚き火台をおすすめします。

炭受けの小さなBBQ台では、薪をくべる頻度が高くなるため落ち着きません。ある程度、薪受け部分にサイズのある焚き火台なら、薪を放り込んでしばらく放置でOKです。ぼっち焚き火やBBQをのんびり楽しめます。

「ソロキャンプのよき相棒」と言っても過言ではないので、「焚き火」のクオリティにこだわりたいという方にはぜひ使ってほしいアイテムです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Helinox(ヘリノックス)『タクティカル スウィベルチェア』

Helinox(ヘリノックス)『タクティカルスウィベルチェア』

出典:Amazon

重量 使用時:1220g、収納時:1360g
サイズ 使用時:幅53×奥行52×高さ70cm、収納時:幅40×奥行12×高さ14cm

Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

座ったまま自在に身体を動かせる快適回転チェア

軽量ポータブルチェアが世界で大人気のヘリノックス。「キャンプチェアといえばヘリノックス」というほどポピュラーになりつつあるキャンプチェアブランドで、ラインナップも豊富です。

なかでも、もっとも快適に「自堕落」できるのがこのスウィベルチェア。通常のヘリノックスとの最大の違いは、チェア部分が回転することです。軽量で座り心地のよいヘリノックスチェアですが、通常モデルでは横や後ろに体を向ける場合、身体を捻るかいちいち立ち上がる必要があります。スウィベルチェアなら、座ったまま360度、どの方向にも楽に体を向けることが可能です。

もしあなたがソロキャンプをのんびりと存分に楽しみたいのなら、このチェアがイチオシです。手の届く範囲にすべてのギアを置くことで、ソロキャンプで思いっきり心地よく自堕落できちゃいます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Black Diamond(ブラックダイヤモンド)『 アポロ』

BlackDiamond(ブラックダイヤモンド)『アポロ』 BlackDiamond(ブラックダイヤモンド)『アポロ』 BlackDiamond(ブラックダイヤモンド)『アポロ』 BlackDiamond(ブラックダイヤモンド)『アポロ』 BlackDiamond(ブラックダイヤモンド)『アポロ』

出典:Amazon

重量 350g(電池込)
サイズ -

Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

軽量コンパクトでソロにじゅうぶんなスペック

ソロキャンプの場合、ランタンの光量はそれほど必要ではありません。焚き火をするならなおさらです。

そんな状況にハマるのが、山岳でも使用されるコンパクトなLEDランタン。なかでも、米国の登山用品メーカー「ブラックダイヤモンド」のアポロは狙い目です。軽量コンパクトながら225ルーメンという必要じゅうぶんな明るさで自然な光を均一に配光してくれるため、ソロテントのランタンに適しています。

「ソロキャンプのライトには優しい光量のランタンを使いたい」「食後には明るすぎない光源を使いたい」そんな方は、ぜひアポロを試してみてください。

道具選びに困ったら|アウトドアライターからアドバイス

ソロキャンプだからこそぼっちを楽しみ、自由に贅沢に

作家/アウトドアライター

ソロキャンプというと「寂しそう」とか「難しそう」というイメージをもたれる場合もありますが、むしろもっとも自由で楽なキャンプです。

好きなキャンプ飯を好きなだけ作って、好きな時間に寝て好きな時間に起きる。誰にも縛られず、大自然に包まれた時間を存分に堪能するソロキャンプは、アウトドアの醍醐味のひとつです。

ひとりで準備できるコンパクトさを意識しながら、「自分に合う」道具を最優先させ、より快適で贅沢な道具を選んで楽しんでみてください。

ソロキャンプで使いたい道具6選 まだまだある!

ソロキャンプはただ荷物を少なめにすればいいわけではなく、きちんと道具を厳選することが重要です。そこで、ソロキャンプにぜひ持っていきたいアイテムをご紹介します。

ナイフ

BUCK(バック)『フォールディングハンター110』

BUCK(バック)『フォールディングハンター110』

出典:Amazon

重量 約205g
サイズ オープン時:約22cm、収納時:約12.5cm

カンタンに折りたたみができる便利なナイフ

アメリカの老舗ナイフブランドのロングセラーナイフです。別名バロテンと呼ばれ、50年以上もデザインが変わることなく売れ続けており、キャンプや、釣りをするときにも重宝します。

ほどよい重量感と、美しい木目の高級感、そして切れ味のよさによって実用性とデザイン性が両立しています。また、しっかりと手入れをして、長く使うことで自分の手になじんでくるので、長く使えるナイフをお探しの方は検討してみてもいいでしょう。

カトラリーセット

UNIFLAME(ユニフレーム)『fanカトラリー solo』

UNIFLAME(ユニフレーム)『fanカトラリーsolo』

出典:Amazon

重量 スプーン:約39g、フォーク:約35g、箸:約20g
サイズ スプーン:約18.5cm、フォーク:約19cm、箸:約22.5cm

キャンプやバーベキューで大活躍のカトラリー

箸、スプーン、フォークのシンプルな必要最低限のものがそろったカトラリーセット。 天然の木とステンレスを使用した優しいデザインで、軽くて使いやすいです。

キャンプやバーベキューをする際に使い捨ての箸を使わなくてすむのでエコにもつながり、ゴミを減らせます。 また、アウトドア以外でも家庭用に使ってもいいでしょう。 キャンプサイトの細部のデザインまでこだわりたい人には打ってつけの商品です。

調理セット

GSI (ジーエスアイ)『ピナクル ソロイスト2.0』

GSI(ジーエスアイ)『ピナクルソロイスト2.0』 GSI(ジーエスアイ)『ピナクルソロイスト2.0』 GSI(ジーエスアイ)『ピナクルソロイスト2.0』 GSI(ジーエスアイ)『ピナクルソロイスト2.0』 GSI(ジーエスアイ)『ピナクルソロイスト2.0』

出典:Amazon

重量 1577g
サイズ 直径23×高さ14.7cm

ソロキャンプにぴったりのコンパクト調理セット

一人用のガスバーナーとカートリッジを収納するスペースもあるので、このセットと合わせればかんたんに調理が完結できるというすぐれもの。

また、スポークと、EVAフォームという、保温性の高い熱可塑性合成樹脂で巻かれたマグ、バケツとしても使用できる収納バッグが付属されているので、アウトドアでもお湯を沸かしてコーヒを飲んだりインスタントラーメンを調理することが可能。ソロキャンプの食事を支えてくれる強い味方です。

ソロテント

Coleman(コールマン)『ツーリングドーム ST(170T16400J)』

Coleman(コールマン)『ツーリングドームST(170T16400J)』 Coleman(コールマン)『ツーリングドームST(170T16400J)』 Coleman(コールマン)『ツーリングドームST(170T16400J)』

出典:Amazon

重量 4400g
サイズ 収納時:約直径23×高さ54cm、使用時:約幅120×奥行210×高さ100cm

かんたんに設営できるコンパクトなひとり用テント

ツーリング用のソロテントで、コスパ抜群の価格と、ひとりでも設営しやすい工夫が施されています。 なかでも一番のポイントは、通常テントを組み立てる際は、テントの四つ隅にピンを差し込んで組み立てますが、このテントはピンではなくボールをポケットに入れることでポールが外れにくい仕様になっており、ひとりでの設営が可能。

テント設営というなかなか時間のかかる作業をパッと終わらせて、まったりとしたソロキャンプの時間を楽しんでみてはいかがでしょうか。

マットレス

Therm-A-Rest(サーマレスト)『ネオエアーウーバーライト』

Therm-A-Rest(サーマレスト)『ネオエアーウーバーライト』 Therm-A-Rest(サーマレスト)『ネオエアーウーバーライト』 Therm-A-Rest(サーマレスト)『ネオエアーウーバーライト』 Therm-A-Rest(サーマレスト)『ネオエアーウーバーライト』 Therm-A-Rest(サーマレスト)『ネオエアーウーバーライト』 Therm-A-Rest(サーマレスト)『ネオエアーウーバーライト』

出典:Amazon

重量 250g
サイズ 収納時:直径15×高さ9cm、使用時:幅51×奥行183cm

ソロキャンプに必需品のコンパクトな超軽量マット

ハイキングや登山家にもおすすめなエアーマットレス。 一番大きなサイズでも340g、一番小さいサイズなら170gと超軽量。大きさもとてもコンパクトで、たたむと500mlのペットボトルほどのサイズに収納ができ、ポケットにも入れられるほど邪魔になりません。

また、トライアンギュラーコアマトリックスという構造で熱を逃がさない仕様になっており、機能性もしっかり備わっています。

寝袋

mont-bell(モンベル)『ダウンハガー800 #5』

重量 450g
サイズ 収納時:直径12×高さ24cm、適応身長:183cmまで

伸縮性にすぐれた素材で身動きしやすい快適な寝袋

軽量で保温性にすぐれ、アウトドアに限らず車中泊などにも使える便利な寝袋です。
独自の機能であるスーパースパイラルストレッチシステムを採用していることにより、とても伸縮性があり、寝ている間の動きにも自然に伸縮して対応できるため寝心地も快適。

また、ほどよく体にフィットし素材も高品質の保温力が高いダウンを使用しているため、あたたかく体を休めることができますよ。

「ソロキャンプ道具」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
尾上製作所『フォールディングファイアスタンド FF-35』
Helinox(ヘリノックス)『タクティカル スウィベルチェア』
Black Diamond(ブラックダイヤモンド)『 アポロ』
BUCK(バック)『フォールディングハンター110』
UNIFLAME(ユニフレーム)『fanカトラリー solo』
GSI (ジーエスアイ)『ピナクル ソロイスト2.0』
Coleman(コールマン)『ツーリングドーム ST(170T16400J)』
Therm-A-Rest(サーマレスト)『ネオエアーウーバーライト』
mont-bell(モンベル)『ダウンハガー800 #5』
商品名 尾上製作所『フォールディングファイアスタンド FF-35』 Helinox(ヘリノックス)『タクティカル スウィベルチェア』 Black Diamond(ブラックダイヤモンド)『 アポロ』 BUCK(バック)『フォールディングハンター110』 UNIFLAME(ユニフレーム)『fanカトラリー solo』 GSI (ジーエスアイ)『ピナクル ソロイスト2.0』 Coleman(コールマン)『ツーリングドーム ST(170T16400J)』 Therm-A-Rest(サーマレスト)『ネオエアーウーバーライト』 mont-bell(モンベル)『ダウンハガー800 #5』
商品情報
特徴 ぼっち焚き火からBBQまで楽しめる 座ったまま自在に身体を動かせる快適回転チェア 軽量コンパクトでソロにじゅうぶんなスペック カンタンに折りたたみができる便利なナイフ キャンプやバーベキューで大活躍のカトラリー ソロキャンプにぴったりのコンパクト調理セット かんたんに設営できるコンパクトなひとり用テント ソロキャンプに必需品のコンパクトな超軽量マット 伸縮性にすぐれた素材で身動きしやすい快適な寝袋
重量 2,500g 使用時:1220g、収納時:1360g 350g(電池込) 約205g スプーン:約39g、フォーク:約35g、箸:約20g 1577g 4400g 250g 450g
サイズ 幅35×奥行35×高さ28cm 使用時:幅53×奥行52×高さ70cm、収納時:幅40×奥行12×高さ14cm - オープン時:約22cm、収納時:約12.5cm スプーン:約18.5cm、フォーク:約19cm、箸:約22.5cm 直径23×高さ14.7cm 収納時:約直径23×高さ54cm、使用時:約幅120×奥行210×高さ100cm 収納時:直径15×高さ9cm、使用時:幅51×奥行183cm 収納時:直径12×高さ24cm、適応身長:183cmまで
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月27日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ソロキャンプ道具の売れ筋をチェック

Amazon、Yahoo!ショッピングでのソロキャンプ道具の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ソロキャンプ道具ランキングランキング
Yahoo!ショッピング:ソロキャンプ道具ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】そのほかのキャンプ向け関連商品はこちら

マイナビおすすめナビのエキスパート3人が選んだ、ビギナーでも設営が簡単なテントをタイプ別にご紹介します。各タイプの設営しやすさ、コスパの分布図も掲載。ぜひこの記事で、秋のキャンプに最適なテントを見つけてください。

キャンプやアウトドアの花形となるBBQですが、毎回同じようなメニューばかりでマンネリになってしまいがちです。そこで、アウトドア&旅ライターの大森弘恵さんにお話をうかがい、アウトドアでの燻製器の選び方とおすすめ商品を紹介をしていきます。

キャンプなどで大活躍のシングルバーナー。荷物が多くなりがちなアウトドアレジャーでは、そのコンパクトさと軽さがとても魅力的です。アウトドアライター・キャンプブロガーで、星のソムリエでもあるSAMさんのアドバイスをもとに、おすすめのシングルバーナーをご紹介していきます!

登山用に軽く丈夫につくられているものが多い調理器具「クッカー」。コッヘルとも呼ばれ、長期登山に欠かせない相棒のような存在です。山岳ライターの高橋庄太郎さんへの取材をもとに、登山用クッカーの選び方とおすすめ商品をご紹介します。

ソロキャンプ道具についての3つのポイントをおさらい

1) 「自分に合う」から選ぶ
2) コンパクトさから選ぶ
3) 快適さ、贅沢さから選ぶ

ソロキャンプ初心者の方はとくに、最初はなにをそろえたらよいか迷ってしまうと思います。ご紹介した用品があれば最低限ひとりでもキャンプを楽しめると思いますし、これらのポイントをぜひ参考にしていただいてソロキャンプを楽しんでください。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/12/2 コンテンツ追加、本文修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 名原広雄)

※2020/04/13 タイトル変更のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 水貝英斗)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


登山用バックパックおすすめ5選|アウトドアライターが厳選し特徴を解説

登山用バックパックおすすめ5選|アウトドアライターが厳選し特徴を解説

アウトドアライターの夏野 栄さんへの取材をもとに、登山用バックパックの選び方とおすすめ商品をご紹介します。登山は日常生活で使う道とは違い、舗装されてない道で、道具や食料を持ち運ぶ必要があります。場合によってはテントなどの大きなものを持って行かなければならず、必要なものをまとめられる登山用バックパックは必要不可欠です。安全かつ快適に登山するためにも、用途に合う登山用バックパックを、本記事でしっかり見ていきましょう。通販サイトの人気売れ筋ランキングもご参考に!


ハイキングシューズおすすめ17選|プロのおすすめや男女別にもご紹介

ハイキングシューズおすすめ17選|プロのおすすめや男女別にもご紹介

アウトドアライターの夏野 栄さんに取材を行い、ハイキングシューズの選び方とおすすめ商品についてうかがいました。休みの日にハイキングや、ちょっとした山歩きをする人が増えつつありますよね。専用のハイキングシューズは、土の道や石・岩などがあっても歩きやすいよう工夫されていて、運動靴で山歩きするよりも歩きやすく、ますますハイキングが楽しくなるアイテムです。山歩きを快適に行なうためにも、しっかり見ていきましょう。記事後半にある通販サイトの人気売れ筋ランキングもご参考に!


アークテリクスジャケットおすすめ6選|街着としても活躍させよう!

アークテリクスジャケットおすすめ6選|街着としても活躍させよう!

アウトドアではもちろん、今やデザイン性、耐久性、動きやすさという点からタウンユースとしても人気を集めているアークテリクスジャケット。モデルによって、用途が変わってきますので、どのような点に着目して選んだらよいか気になりますよね。この記事では、[着こなし工学]提唱者でライターでもある平 格彦さんに、アークテリクスジャケットのおすすめ商品をご紹介いただきました。失敗しない選び方のポイントも教えていただいたので、ぜひ参考にしてください。


登山用水筒おすすめ7選|ナルゲンやプラティパスなど人気ブランドをプロが厳選

登山用水筒おすすめ7選|ナルゲンやプラティパスなど人気ブランドをプロが厳選

水分補給に必要となる登山用水筒。登山では水を確保できる場所が限られており、脱水症状を防ぐためにも水筒の携帯は欠かせません。しかし登山用水筒を選ぼうと思っても、材質や形状、容量など、なにを基準に買えばいいか迷う方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで山岳/アウトドアライターの高橋庄太郎さんへの取材をもとに、登山用水筒の選び方とおすすめ商品をご紹介します!


ダイワベイトリールのおすすめ5選|ギア比・ドラッグパワーなど特徴で選ぶ!

ダイワベイトリールのおすすめ5選|ギア比・ドラッグパワーなど特徴で選ぶ!

あらゆる釣り人に人気のベイトリールメーカーといえば、真っ先にダイワが思い浮かびます。コストパフォーマンスモデルから、トッププロが愛用するハイエンドモデルまで幅広いラインナップが魅力です。この記事では、釣りライターの中山一弘さんに、ダイワベイトリールの選び方、おすすめ5選をご紹介します。記事後半には、Yahoo!の人気売れ筋ランキングやスペック比較表もあるので、ぜひチェックしてみてください。


新着記事


エナジードリンクのおすすめ商品26選|ノンカフェイン商品も紹介!

エナジードリンクのおすすめ商品26選|ノンカフェイン商品も紹介!

仕事や勉強を始めるまえや、気分転換したいときに頼りになるエナジードリンク。ここでは、エナジードリンクについて、フードアナリストの市岡充重さんと編集部で選び方とおすすめ商品26点を調べました。深夜に飲みたい人に向けたものも紹介していますので、ぜひ参考にしてみしてください。


【お家で本格カクテル】バーセットおすすめ9選|初心者でもかんたんに作れる!

【お家で本格カクテル】バーセットおすすめ9選|初心者でもかんたんに作れる!

バーテンダーがかっこよくシェイカーを振っている姿を見て「やってみたい」と憧れを抱いた方も多いのではないでしょうか。本格的なカクテル作りに必要なツールがそろったバーセットがあると、自宅でも手軽にバーテンダー気分を味わうことができます。 この記事では、暮らしスタイリスト・料理家の河野真希さんと編集部が、バーセットの選び方とおすすめ商品をご紹介。


ルーフボックスおすすめ11選| 収納機能だけでなくデザインでも【ルーフバッグタイプも】

ルーフボックスおすすめ11選| 収納機能だけでなくデザインでも【ルーフバッグタイプも】

車の屋根に取り付けてたくさんの荷物を持ち運びができるルーフボックス。キャンプやアウトドアに行く際に便利な収納ツールです。自分の車に取りつけたいと思っても、そのサイズや容量はさまざま。ブランドも異なるのでなかなかすぐには選べません。この記事では、フリーエディター&SUV生活研究家である山崎友貴さんと編集部が選んだ、ルーフボックスのおすすめ商品と選び方をご紹介します。


電子レンジラーメン調理器のおすすめ11選|素材・形状・機能で選ぶ!

電子レンジラーメン調理器のおすすめ11選|素材・形状・機能で選ぶ!

忙しいときや洗いものを増やしたくないときに活躍する「電子レンジラーメン調理器」。この記事では、湯切り穴や目盛り付き、時短できる商品など、フードコーディネーターの倉田沙也加さんと編集部が、おすすめの商品をご紹介。あわせて、電子レンジラーメン調理器の選び方を解説します。


フローラル系アロマオイルおすすめ12選|甘くて、優しい香りで穏やかな時間を過ごそう【注意点も】

フローラル系アロマオイルおすすめ12選|甘くて、優しい香りで穏やかな時間を過ごそう【注意点も】

なにかにつれストレスを感じることが多い日々……。ちょっとしたことでもすぐに落ち込んでしまうこともありますよね。そんなときはアロマオイルの香りでゆったりとした時間を過ごしてみてはいかがですか? 自分の好きな香りに包まれて、お手軽にリラックスできる空間を手に入れましょう!英国ITEC認定アロマセラピストの中野智美さんと編集部が選んだ、フローラル系アロマオイルおすすめ12選を紹介します。


アウトドア・キャンプの人気記事


>>もっと見る