【2020年】はじめてのソロキャンプにそろえるべき道具おすすめ10選|女子ソロキャンプの注意点も解説

【2020年】はじめてのソロキャンプにそろえるべき道具おすすめ10選|女子ソロキャンプの注意点も解説
作家/アウトドアライター
夏野 栄

作家、マルチクリエイター、アウトドア・ファッションのライター・エディターとして活躍。 アウトドア誌やファッション誌でジャンルを超えて連載。ライトノベルやゲームシナリオを執筆。 アウトドアでは『キャンプチャリ』の制作やキャンプ場プロデュースを手掛ける。またファッションマーケットの企画運営からプロダクト開発まで幅広く活動。山岳部出身、海育ちのテンカラ師。 『BE-PAL』や『camp hack』、『OCEANS』や『MonoMax』『Fine』といったメンズ誌のほか、女性ファッション誌にも参加。

この記事では初めてのソロキャンプに欠かせない道具をご紹介します。アウトドアライターの夏野 栄さんにソロキャンプに役立つ道具の選び方と、おすすめの商品を教えてもらいました。最近ではYouTubeやアニメなどでソロキャンプが注目されています。初心者の方がまずそろえるべき道具を集めました! 記事後半にはAmazonやヤフーの人気売れ筋ランキングや口コミもありますのでぜひ参考にしてみてくださいね。


ソロキャンプの魅力

焚火で炊かれるスチール製の鍋
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

ソロキャンプの魅力は、なんといっても大自然でのんびり自分だけの時間をすごすことができること!

最近では女子のソロキャンプも人気のようです!

自分の好きな道具を使って、自分の好きなキャンプめしを作って食べて、自分の好きな時間を過ごすことができるのはソロキャンプの最大のメリットではないでしょうか?

また、一人でキャンプをするので、大勢でのキャンプと違ってスケジュール調整の面倒さもありません!

どうですか?ソロキャンプに興味がでてきましたか?

しかし、ただ楽しいことだけではないのがソロキャンプです。ひとりでの行動には危険がたくさん潜んでいます。

ここからは、ソロキャンプの注意点を解説します!

ソロキャンプの注意点

女子のソロキャンプ
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

車か電車か交通手段を考える!

まずは何で行くか?です。

レンタカーを借りると丸1日以上の費用はかかりますが、荷物を車に積んでいくだけなので移動はとても楽です。また、最近では電車で行く人も増えています。

とくに女子のソロキャンパーはスーツケースをゴロゴロしながらまるで旅行みたいにキャンプの荷物を運ぶ姿が素敵ですよね。

虫対策を万全に準備しておく!

虫対策もキャンプで大事なことのひとつになります。

大自然なキャンプ場は見たこともない虫がたくさんいることでしょう。虫嫌いな人は、虫よけスプレーはもちろん、蚊取り線香や、虫が寄り付かないような虫対策グッズは必需品です。

虫は明るいところによって来るので、ランプを灯す場所も考えておかなければいけませんね。

防犯対策グッズも忘れずに!

防犯対策として、テントに取り付けられるような南京錠や防犯ブザーを設置しましょう。

ソロキャンプはひとりですべて行わなければいけないので、テント内に見張りはいません。トイレに行くときも、炊事場に行くときも、万が一に備えて防犯対策はしっかりとしておくといいでしょう。

女性の場合は夜暗くなったら明かりをつけて夜通しともしておきましょう。

ソロキャンプ初心者がそろえるべきおすすめの道具10選

ここまで紹介したソロキャンプに役立つ道具の選び方をふまえて、作家でマルチクリエイター、アウトドアライターの夏野 栄さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

ナイフ ソロキャンプにおすすめの道具1

BUCK(バック)『フォールディングハンター110』

BUCK(バック)『フォールディングハンター110』

出典:Amazon

重量 約205g
サイズ オープン時:約22cm、収納時:約12.5cm

カンタンに折りたたみができる便利なナイフ

アメリカの老舗ナイフブランドのロングセラーナイフです。別名バロテンと呼ばれ、50年以上もデザインが変わることなく売れ続けており、キャンプや、釣りをするときにも重宝します。

ほどよい重量感と、美しい木目の高級感、そして切れ味のよさによって実用性とデザイン性が両立しています。また、しっかりと手入れをして、長く使うことで自分の手になじんでくるので、長く使えるナイフをお探しの方は検討してみてもいいでしょう。

カトラリーセット ソロキャンプにおすすめの道具2

UNIFLAME(ユニフレーム)『fanカトラリー solo』

UNIFLAME(ユニフレーム)『fanカトラリーsolo』

出典:Amazon

重量 スプーン:約39g、フォーク:約35g、箸:約20g
サイズ スプーン:約18.5cm、フォーク:約19cm、箸:約22.5cm

キャンプやバーベキューで大活躍のカトラリー

箸、スプーン、フォークのシンプルな必要最低限のものがそろったカトラリーセット。 天然の木とステンレスを使用した優しいデザインで、軽くて使いやすいです。

キャンプやバーベキューをする際に使い捨ての箸を使わなくてすむのでエコにもつながり、ゴミを減らせます。 また、アウトドア以外でも家庭用に使ってもいいでしょう。 キャンプサイトの細部のデザインまでこだわりたい人には打ってつけの商品です。

調理セット ソロキャンプにおすすめの道具3

GSI (ジーエスアイ)『ピナクル ソロイスト2.0』

GSI(ジーエスアイ)『ピナクルソロイスト2.0』 GSI(ジーエスアイ)『ピナクルソロイスト2.0』 GSI(ジーエスアイ)『ピナクルソロイスト2.0』 GSI(ジーエスアイ)『ピナクルソロイスト2.0』 GSI(ジーエスアイ)『ピナクルソロイスト2.0』

出典:Amazon

重量 1577g
サイズ 直径23×高さ14.7cm

ソロキャンプにぴったりのコンパクト調理セット

一人用のガスバーナーとカートリッジを収納するスペースもあるので、このセットと合わせればかんたんに調理が完結できるというすぐれもの。

また、スポークと、EVAフォームという、保温性の高い熱可塑性合成樹脂で巻かれたマグ、バケツとしても使用できる収納バッグが付属されているので、アウトドアでもお湯を沸かしてコーヒを飲んだりインスタントラーメンを調理することが可能。ソロキャンプの食事を支えてくれる強い味方です。

テント ソロキャンプにおすすめの道具4

Coleman(コールマン)『ツーリングドーム ST(170T16400J)』

Coleman(コールマン)『ツーリングドームST(170T16400J)』 Coleman(コールマン)『ツーリングドームST(170T16400J)』 Coleman(コールマン)『ツーリングドームST(170T16400J)』

出典:Amazon

重量 4400g
サイズ 収納時:約直径23×高さ54cm、使用時:約幅120×奥行210×高さ100cm

かんたんに設営できるコンパクトなひとり用テント

ツーリング用のソロテントで、コスパ抜群の価格と、ひとりでも設営しやすい工夫が施されています。 なかでも一番のポイントは、通常テントを組み立てる際は、テントの四つ隅にピンを差し込んで組み立てますが、このテントはピンではなくボールをポケットに入れることでポールが外れにくい仕様になっており、ひとりでの設営が可能。

テント設営というなかなか時間のかかる作業をパッと終わらせて、まったりとしたソロキャンプの時間を楽しんでみてはいかがでしょうか。

マットレス ソロキャンプにおすすめの道具5

Therm-A-Rest(サーマレスト)『ネオエアーウーバーライト』

Therm-A-Rest(サーマレスト)『ネオエアーウーバーライト』 Therm-A-Rest(サーマレスト)『ネオエアーウーバーライト』 Therm-A-Rest(サーマレスト)『ネオエアーウーバーライト』 Therm-A-Rest(サーマレスト)『ネオエアーウーバーライト』 Therm-A-Rest(サーマレスト)『ネオエアーウーバーライト』 Therm-A-Rest(サーマレスト)『ネオエアーウーバーライト』

出典:Amazon

重量 250g
サイズ 収納時:直径15×高さ9cm、使用時:幅51×奥行183cm

ソロキャンプに必需品のコンパクトな超軽量マット

ハイキングや登山家にもおすすめなエアーマットレス。 一番大きなサイズでも340g、一番小さいサイズなら170gと超軽量。大きさもとてもコンパクトで、たたむと500mlのペットボトルほどのサイズに収納ができ、ポケットにも入れられるほど邪魔になりません。

また、トライアンギュラーコアマトリックスという構造で熱を逃がさない仕様になっており、機能性もしっかり備わっています。

寝袋(シュラフ) ソロキャンプにおすすめの道具6

モンベル アルパインダウンハガー800#5#1121376 ブルーリッジ(BLRI)

モンベルアルパインダウンハガー800#5#1121376ブルーリッジ(BLRI)

出典:Amazon

重量 450g
サイズ 収納時:直径12×高さ24cm、適応身長:183cmまで

伸縮性にすぐれた素材で身動きしやすい快適な寝袋

軽量で保温性にすぐれ、アウトドアに限らず車中泊などにも使える便利な寝袋です。
独自の機能であるスーパースパイラルストレッチシステムを採用していることにより、とても伸縮性があり、寝ている間の動きにも自然に伸縮して対応できるため寝心地も快適。

また、ほどよく体にフィットし素材も高品質の保温力が高いダウンを使用しているため、あたたかく体を休めることができますよ。

テーブル ソロキャンプにおすすめの道具7

snowpeak (スノーピーク) 『オゼン ライト SLV-171』

スノーピーク(snowpeak)テーブルオゼンライト[登山用] スノーピーク(snowpeak)テーブルオゼンライト[登山用] スノーピーク(snowpeak)テーブルオゼンライト[登山用] スノーピーク(snowpeak)テーブルオゼンライト[登山用]

出典:Amazon

重量 270g(本体のみ)
サイズ 29.7 x 12 x 2.5 cm

イス ソロキャンプにおすすめの道具8

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Helinox(ヘリノックス)『タクティカル スウィベルチェア』

重量 使用時:1220g、収納時:1360g
サイズ 使用時:幅53×奥行52×高さ70cm、収納時:幅40×奥行12×高さ14cm

Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

座ったまま自在に身体を動かせる快適回転チェア

軽量ポータブルチェアが世界で大人気のヘリノックス。「キャンプチェアといえばヘリノックス」というほどポピュラーになりつつあるキャンプチェアブランドで、ラインナップも豊富です。

なかでも、もっとも快適に「自堕落」できるのがこのスウィベルチェア。通常のヘリノックスとの最大の違いは、チェア部分が回転することです。軽量で座り心地のよいヘリノックスチェアですが、通常モデルでは横や後ろに体を向ける場合、身体を捻るかいちいち立ち上がる必要があります。スウィベルチェアなら、座ったまま360度、どの方向にも楽に体を向けることが可能です。

もしあなたがソロキャンプをのんびりと存分に楽しみたいのなら、このチェアがイチオシです。手の届く範囲にすべてのギアを置くことで、ソロキャンプで思いっきり心地よく自堕落できちゃいます。

焚火台 ソロキャンプにおすすめの道具9

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

尾上製作所『フォールディングファイアスタンド FF-35』

尾上製作所『フォールディングファイアスタンドFF-35』 尾上製作所『フォールディングファイアスタンドFF-35』 尾上製作所『フォールディングファイアスタンドFF-35』 尾上製作所『フォールディングファイアスタンドFF-35』 尾上製作所『フォールディングファイアスタンドFF-35』 尾上製作所『フォールディングファイアスタンドFF-35』 尾上製作所『フォールディングファイアスタンドFF-35』 尾上製作所『フォールディングファイアスタンドFF-35』 尾上製作所『フォールディングファイアスタンドFF-35』

出典:Amazon

重量 2,500g
サイズ 幅35×奥行35×高さ28cm

Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

ぼっち焚き火からBBQまで楽しめる

ソロキャンプでも、しっかり楽しみたいのが焚き火です。むしろ、ソロキャンプだからこそじっくり火と対話してみてください。焚き火の炎の揺らめきは、ぼっちで物思いにふけるひとときの良きパートナーです。

コンパクトなモバイルBBQ台は多数リリースされていますが、私はあえてソロでもしっかり焚き火を楽しめるよう、このサイズの焚き火台をおすすめします。

炭受けの小さなBBQ台では、薪をくべる頻度が高くなるため落ち着きません。ある程度、薪受け部分にサイズのある焚き火台なら、薪を放り込んでしばらく放置でOKです。ぼっち焚き火やBBQをのんびり楽しめます。

「ソロキャンプのよき相棒」と言っても過言ではないので、「焚き火」のクオリティにこだわりたいという方にはぜひ使ってほしいアイテムです。

ランプ ソロキャンプにおすすめの道具10

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Black Diamond(ブラックダイヤモンド)『 アポロ』

BlackDiamond(ブラックダイヤモンド)『アポロ』 BlackDiamond(ブラックダイヤモンド)『アポロ』 BlackDiamond(ブラックダイヤモンド)『アポロ』 BlackDiamond(ブラックダイヤモンド)『アポロ』 BlackDiamond(ブラックダイヤモンド)『アポロ』

出典:Amazon

重量 350g(電池込)
サイズ -

Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61

作家/アウトドアライター

軽量コンパクトでソロにじゅうぶんなスペック

ソロキャンプの場合、ランタンの光量はそれほど必要ではありません。焚き火をするならなおさらです。

そんな状況にハマるのが、山岳でも使用されるコンパクトなLEDランタン。なかでも、米国の登山用品メーカー「ブラックダイヤモンド」のアポロは狙い目です。軽量コンパクトながら225ルーメンという必要じゅうぶんな明るさで自然な光を均一に配光してくれるため、ソロテントのランタンに適しています。

「ソロキャンプのライトには優しい光量のランタンを使いたい」「食後には明るすぎない光源を使いたい」そんな方は、ぜひアポロを試してみてください。

「ソロキャンプ道具」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
BUCK(バック)『フォールディングハンター110』
UNIFLAME(ユニフレーム)『fanカトラリー solo』
GSI (ジーエスアイ)『ピナクル ソロイスト2.0』
Coleman(コールマン)『ツーリングドーム ST(170T16400J)』
Therm-A-Rest(サーマレスト)『ネオエアーウーバーライト』
モンベル アルパインダウンハガー800#5#1121376 ブルーリッジ(BLRI)
snowpeak (スノーピーク) 『オゼン ライト SLV-171』
Helinox(ヘリノックス)『タクティカル スウィベルチェア』
尾上製作所『フォールディングファイアスタンド FF-35』
Black Diamond(ブラックダイヤモンド)『 アポロ』
商品名 BUCK(バック)『フォールディングハンター110』 UNIFLAME(ユニフレーム)『fanカトラリー solo』 GSI (ジーエスアイ)『ピナクル ソロイスト2.0』 Coleman(コールマン)『ツーリングドーム ST(170T16400J)』 Therm-A-Rest(サーマレスト)『ネオエアーウーバーライト』 モンベル アルパインダウンハガー800#5#1121376 ブルーリッジ(BLRI) snowpeak (スノーピーク) 『オゼン ライト SLV-171』 Helinox(ヘリノックス)『タクティカル スウィベルチェア』 尾上製作所『フォールディングファイアスタンド FF-35』 Black Diamond(ブラックダイヤモンド)『 アポロ』
商品情報
特徴 カンタンに折りたたみができる便利なナイフ キャンプやバーベキューで大活躍のカトラリー ソロキャンプにぴったりのコンパクト調理セット かんたんに設営できるコンパクトなひとり用テント ソロキャンプに必需品のコンパクトな超軽量マット 伸縮性にすぐれた素材で身動きしやすい快適な寝袋 座ったまま自在に身体を動かせる快適回転チェア ぼっち焚き火からBBQまで楽しめる 軽量コンパクトでソロにじゅうぶんなスペック
重量 約205g スプーン:約39g、フォーク:約35g、箸:約20g 1577g 4400g 250g 450g 270g(本体のみ) 使用時:1220g、収納時:1360g 2,500g 350g(電池込)
サイズ オープン時:約22cm、収納時:約12.5cm スプーン:約18.5cm、フォーク:約19cm、箸:約22.5cm 直径23×高さ14.7cm 収納時:約直径23×高さ54cm、使用時:約幅120×奥行210×高さ100cm 収納時:直径15×高さ9cm、使用時:幅51×奥行183cm 収納時:直径12×高さ24cm、適応身長:183cmまで 29.7 x 12 x 2.5 cm 使用時:幅53×奥行52×高さ70cm、収納時:幅40×奥行12×高さ14cm 幅35×奥行35×高さ28cm -
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年9月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月1日時点 での税込価格

ソロキャンプ初心者がそろえるべき道具の選び方

アウトドアライターの夏野 栄さんに、ソロキャンプ初心者がそろえるべき道具を選ぶときのポイントを教えてもらいました。プロの意見を参考にしながら、自分に合う道具を選んで活用してみてください。

自分の好きなブランドやデザインの道具を選ぶ

ソロキャンプというと登山に近い斬新なキャンプや、UL(ウルトラライト)ハイクのようなキャンプを連想する方もいるかもしれませんが、制約は一切ありません。

「ひとりで準備できる」なら、世界観を作りこんだキャンプサイトを設営したり、超斬新な野宿スタイルを楽しんだりするなど、どんなスタイルだってアリです。

ひとりだからこそ、「自分に合う」や「好み」を優先させながら、「ひとりで準備できる」との兼ね合いで道具を選んでみてください。

コンパクトな道具を選ぶ

「自分に合う」もしくはそれが「好み」なら、ソロキャンプで大きなテントを使うことも自由です。そのうえで「必要な道具」に関しては、コンパクトさがポイントになります。

大きなキャンプ道具は、モノによってはひとりで設置運用することが面倒な場合もあります。極限まで軽く小さなギアを選ぶ必要はありませんが、コンパクトな道具を選ぶことも快適さにつながります。

快適な道具を選ぶ

キャンプのなかでもっとも自由なソロキャンプ。キャンプ地のレギュレーションを守る必要はありますが、その範囲内であれば誰の目を気にする必要もない空間で、自由気ままに過ごせるのが醍醐味です。

思いっきり快適に、ここぞとばかりに自堕落に、あるいは贅沢に過ごせる空間を作りましょう。より快適で、より贅沢な道具を選ぶことで、ぼっちのひとときをより豊かに過ごせます。

アウトドアライターからアドバイス

作家/アウトドアライター

ソロキャンプというと「寂しそう」とか「難しそう」というイメージをもたれる場合もありますが、むしろもっとも自由で楽なキャンプです。

好きなキャンプ飯を好きなだけ作って、好きな時間に寝て好きな時間に起きる。誰にも縛られず、大自然に包まれた時間を存分に堪能するソロキャンプは、アウトドアの醍醐味のひとつです。

ひとりで準備できるコンパクトさを意識しながら、「自分に合う」道具を最優先させ、より快適で贅沢な道具を選んで楽しんでみてください。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ソロキャンプ道具の売れ筋をチェック

Amazon、Yahoo!ショッピングでのソロキャンプ道具の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ソロキャンプ道具ランキングランキング
Yahoo!ショッピング:ソロキャンプ道具ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

人気のアウトドアグッズをご紹介します!

マイナビおすすめナビのエキスパート3人が選んだ、ビギナーでも設営が簡単なテントをタイプ別にご紹介します。各タイプの設営しやすさ、コスパの分布図も掲載。ぜひこの記事で、秋のキャンプに最適なテントを見つけてください。

キャンプやアウトドアの花形となるBBQですが、毎回同じようなメニューばかりでマンネリになってしまいがちです。そこで、アウトドア&旅ライターの大森弘恵さんにお話をうかがい、アウトドアでの燻製器の選び方とおすすめ商品を紹介をしていきます。

キャンプなどで大活躍のシングルバーナー。荷物が多くなりがちなアウトドアレジャーでは、そのコンパクトさと軽さがとても魅力的です。アウトドアライター・キャンプブロガーで、星のソムリエでもあるSAMさんのアドバイスをもとに、おすすめのシングルバーナーをご紹介していきます!

登山用に軽く丈夫につくられているものが多い調理器具「クッカー」。コッヘルとも呼ばれ、長期登山に欠かせない相棒のような存在です。山岳ライターの高橋庄太郎さんへの取材をもとに、登山用クッカーの選び方とおすすめ商品をご紹介します。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/09/01 コンテンツ追加、本文修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 渡辺裕美)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


中級者向けテントの選び方&おすすめ7選|スノーピークなど人気商品を厳選

中級者向けテントの選び方&おすすめ7選|スノーピークなど人気商品を厳選

キャンプをはじめアウトドアの場数を踏むようになると、テントを使う場面や用途も幅広くなってきます。ここでは、アウトドアライターの夏野 栄さんと編集部が選んだアウトドアシーンの用途に応じて選べる中級者向けテントおすすめ7選と選び方のポイントについてご紹介します。


ワカサギ釣りテントおすすめ8選|サイズ・設営タイプ・重量で選ぶ

ワカサギ釣りテントおすすめ8選|サイズ・設営タイプ・重量で選ぶ

ワカサギ釣りの必需品といえば「ワカサギ釣り用テント」です。持ち運びに便利なコンパクトタイプや、初心者でも安心なワンタッチで設営できるもの、ドーム型や連結型など種類はさまざまです。また、Coleman(コールマン)やCAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)、DOD(ディーオーディー)などメーカーによっても特徴は違います。そこでこの記事では、フィッシングライターの田澤 晃さんと編集部が選んだワカサギ釣り用テントのおすすめ商品8選とその選び方を紹介します。あなたにぴったりのテントを見つけワカサギ釣りを快適に楽しんでください。


ウッドストーブのおすすめ4選+14商品! アウトドアのプロ厳選|キャンプや防災にも使える優れもの

ウッドストーブのおすすめ4選+14商品! アウトドアのプロ厳選|キャンプや防災にも使える優れもの

アウトドアキャンプには欠かせないアイテムのウッドストーブ。ここでは、アウトドアやキャンプのエキスパートである大森弘恵さんへにお話をうかがい、ウッドストーブの選び方のコツと、おすすめの商品をご紹介します。動画によるお湯の沸かし方も解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


メンズ用フリースのおすすめブランド17選【アウトドアやデイリーに】人気ブランド集合!

メンズ用フリースのおすすめブランド17選【アウトドアやデイリーに】人気ブランド集合!

肌ざわりが心地よく軽量で保温性も高いことから、アウトドアでの中間着として必須のフリース。アウトドアだけでなくデイリーユースにも活躍します。この記事では、ファッションライターの平 格彦さんにお話をうかがい、メンズフリース選び方や、おすすめブランドと商品をご紹介。人気のノースフェイスやパタゴニア、コロンビアなどのアイテムをセレクトしています。


アウトドア用の鉈(なた)おすすめ7選【キャンプの薪割りや焚き火用に】

アウトドア用の鉈(なた)おすすめ7選【キャンプの薪割りや焚き火用に】

キャンプや狩猟などでよく使われる鉈(なた)。おもに火おこしに使用する薪割りなどで重宝されています。キャンプではまず火をおこせるようにならないといけませんが、そのままの木材を燃料として使うのは困難です。木材を適切な大きさに切断・加工できる鉈は、キャンプではとても便利なアイテムです。しかし、鉈といっても形・大きさ・重量など、さまざまなものがあり、ベストなものを選ぶのはキャンプに慣れた上級者でないと難しいでしょう。本記事では山岳写真家として知られる荒井裕介さんへの取材をもとに、鉈の選び方やおすすめの商品をご紹介します。


新着記事


毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年10月26日:「ハロウィン用コスプレドレス」

毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年10月26日:「ハロウィン用コスプレドレス」

Amazonタイムセール、実は毎日開催しているのをご存じですか? そこで、タイムセールのなかから、編集部部員が個人的に欲しいと思う一品を毎日ガチで厳選! 今日のおすすめタイムセールは「ハロウィン用コスプレドレス」。来るハロウィンに向け、ハロウィン用衣装がかなりお得になっています。ぜひチェックしてみてください!


【プロ厳選ランキング】メンズスノーボードウェアのおすすめ21選|GORE-TEX素材のウェアもご紹介!

【プロ厳選ランキング】メンズスノーボードウェアのおすすめ21選|GORE-TEX素材のウェアもご紹介!

保温性にすぐれており、ウインタースポーツで活躍するメンズスノーボードウェア。さまざまな商品が販売されており、素材や機能性も異なるのでどれを選べばいいか迷ってしまいますね。そこでここでは、メンズスノーボードウェアの選び方のポイントをご紹介していきます。プロスノーボードコーチの出口 超さんと編集部が選んだ、デザイン性と機能性にすぐれたおすすめの商品も一緒にご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。


レディーススノーボードウェアのおすすめ21選|選び方も徹底解説

レディーススノーボードウェアのおすすめ21選|選び方も徹底解説

冬に楽しみたいレジャーは「スノーボード」という方も多いでしょう。スノーボードを思い切り楽しむためにはウェア選びは重要です。おしゃれなウェアを身にまとうと、さらにテンションが上がりますよね。しかし「滑っているうちにびしょ濡れになった」など、ウェア選びに失敗したことがある方も多いようです。この記事では、レディーススノーボードウェアの選び方を解説し、プロスノーボードコーチの出口 超さんと編集部が選んだ、おすすめ21商品をご紹介します。


【プロ厳選ランキング】リーシュコードのおすすめ11選|絡みにくいコードの選び方も解説!

【プロ厳選ランキング】リーシュコードのおすすめ11選|絡みにくいコードの選び方も解説!

サーフィンをするときに忘れてはいけないのが、サーフボードを体につなぎとめておくリーシュコードです。ただ、「大事なのは知っているけれど、どう選べばいいのかわからない」という声もよく聞かれます。リーシュコードは長さや太さなどの種類が多く、なにを選べばいいのか悩む方が多いようです。この記事ではリーシュコードの選び方を解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだ、おすすめの11商品をご紹介します。


【プロ厳選ランキング】サーフィングローブのおすすめ11選|水温に合わせた選び方もご紹介!

【プロ厳選ランキング】サーフィングローブのおすすめ11選|水温に合わせた選び方もご紹介!

寒い地域や冬場のサーフィンに欠かせない「サーフィングローブ」。防寒だけではなく、紫外線やけがなども防いでくれる便利なアイテムです。しかし、各メーカーからさまざまな商品が販売されているので、どれを選べばよいか迷ってしまう人も多いですよね。ここでは、サーフィングローブの選び方のポイントを解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだおすすめ11商品をご紹介します。自分にぴったりのグローブを見つけて、快適にサーフィンを楽しみましょう!


アウトドア・キャンプの人気記事


>>もっと見る